月別アーカイブ: 2018年1月

伊江島の海底洞窟で新種エビ発見

2017年1月18日(木)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

伊江島の海底洞窟からテッポウエビ類の
新属新種が見つかりました。

千葉県立中央博物館の駒井智幸博士と
県立芸術大学の藤田喜久准教授が共同で発見し、
生活環境にちなみ
「クラヤミテッポウエビ」と命名したもので、
8日付の学術誌「ズータクサ」に掲載されました。

伊江島の海底洞窟はこれまでも新種や未記載種が見つかっており、
沖縄の生物多様性の高さを改めて示す発見となりました。

新種のエビは伊江島のサンゴ礁の
水深およそ17メートルにある海底洞窟で
発見、採取されたもので、
甲羅の長さが6ミリ程度の小型種です。

目が小さく足が細長いなど、
洞窟環境下に生息する甲殻類に
よく見られる特徴を備えていました。

はさみ足などの形態的特長は
テッポウエビ類の既知属とは
異なっていたため、新属と認められました。

藤田准教授は伊江島の海底洞窟について
「2011年以降だけでも5種の新種が
確認されるなど甲殻類の宝庫だ。
海底洞窟の調査は容易なものでないが、
今後も継続し、一つでも多く解明したい」と述べました。
再生

サバニの文化財・文化遺産指定を要請

方言ニュース1月17日(水)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

糸満帆掛サバニ振興会がこのほど、市役所に上原市長を訪ね、
糸満の人たちが作り育ててきたサバニと、付属する帆や櫂、
水中眼鏡など糸満海人文化の諸道具を含めて
市の文化財・文化遺産として指定するよう要望しました。

糸満帆掛サバニ振興会は去年11月、
島根県の重要有形民俗文化財で美保神社に保管されているサバニの実測調査をしました。

このサバニは、糸満の漁師十数人がアギヤー漁をするため、
1937年ごろから4年間、島根県沿岸などで使用されたもので、
戦後、漁師たちが戻る際にサバニを譲りました。

運んだ2艘のうち1艘は不明で、糸満に同じ型のサバニは残っておらず、
誰が製作したか分からないということです。

調査に参加したサバニ大工で振興会の大城会長は
「接着剤のない時代に複雑な接合技術で造船していることに驚いた。
技術は神業で、これまで見たことがない」と話しました。

これを受け、糸満市教育委員会では、糸満海人工房・資料館で展示されている、
基本的な型で作られ帆柱など一式そろった
およそ50年前のサバニの市有形民俗文化財指定に向け、
作業を進めており、水中眼鏡も指定する考えで、
サバニの製造技術も「保持者として認定可能」とし、
糸満海人文化の保存継承に取り組む構えです。

再生

第93回 てんぶすクラシックvol.9 氷上のクラシック2018

1月16日(火)

内容:木曜芸能公演「百花繚乱」
   1月18日(木)てんぶすクラシックvol.9 氷上のクラシック2018 
  
MC:もーりー
出演者:テンブス館スタッフ 池根愛美さん
    楽友協会おきなわ理事 喜納響さん
    バレエ振り付け 平良彦太さん

再生

新曲の踊り披露 粟国村伝統行事『舟起こし』で

2018年1月16日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

旧正月を盛大に祝う伝統が残る粟国村。
旧暦1月2日に当たる2月17日に行われる
村伝統行事「船起こし」で、今年初めて、
村出身の国指定重要無形文化財「組踊」
胡弓保持者の新城清弘さんが作った歌
「粟国航路の通い船」が披露されます。

村の女性らおよそ140人からなる村女性連合会が、
曲に踊りを振り付けた
玉城流扇寿輪舞会会主の上門加代子さんに  
直接指導を受けながら、
本番に向けて毎週の稽古に励んでいます。

「船起こし」は1年間の航海の安全を願い、
フェリーあぐにの船内で開かれるもので、
新城さんは10年以上前、
フェリーの完成に合わせて「粟国航路の通い船」を作り、
10年前に上門さんが振り付けし映像を
記録していました。

実際に村内で披露されたことはありませんでしたが、
去年6月に新城さんがこの映像を見せたところ、
村女性連合会のメンバーから
「『船起こし』で踊りたい」との声が上がり、
上門さんは
「粟国村の地域活性化のためになればうれしい」
と指導を快諾しました。

上門さんは、
島の女性たちが踊りやすいよう
振り付けを変えるなど工夫も施し、
村女性連合会の呉屋貴美江会長は
「この歌は船起こしにぴったり。
しっかり身に付けて今後も続けていきたい」
と継承への意気込みを語りました。

再生

オープニングトーク『先週は次郎工業からの公開生放送にたくさんのリスナーさんありがとうございました!』

1月14日放送分

給食係
「沖縄県内のおいしいお店を紹介」

きしゅへんロックンロール第147回
「スマホどんな機種使ってるのか教えて」
※au沖縄セルラーからのお知らせは放送日時点の情報です。

掲示係
「街で見かけたおもしろ看板や、地域の話題」

再生

小5の仲宗根いっしん君 ウズラの卵のふ可に成功

方言ニュース  
2018年1月15日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

宜野湾市のはごろも小学校5年の
仲宗根いっしん君は去年6月、
スーパーで買ったウズラの卵19個を
温めて5羽のふ化に成功しました。
母親の絵理さんによると、「ダメもと」の
挑戦は予想をうれしく裏切って、
1羽は今も元気な鳴き声を上げています。
仲宗根君は2匹ずつのリクガメと
イグアナを世話する動物好きで、
中でも卵や子どもを成長させるのが大好きです。
「とてもかわいかった」という
今回のウズラは、
「動物はこれ以上増やさない」という母親を説得し、
姉と3時間から4時間ごとに
卵を回転させるなど世話をしました。
学校にいけなかった日は、
日中も世話を欠かさず、
育つ過程を丁寧に写真に収めて
縦1メートルほどのポスターにまとめ、
ポスターは校内で金賞を受賞しました。
仲宗根君は現在、学校とは別にある
市教育委員会の適応指導教室に通っており、
ウズラを育て上げたことで自信を
深めて大きく成長したということで、
絵里さんは
「不登校を悩んだ時期もあったが、
本人も行きたくても行けないのだから仕方がない。
焦らず子どもとの信頼関係を大事にして、
子どもがやりたいことに協力していきたい」
と笑顔で話しました。
再生

花井正光(はないまさみつ)さん【琉球弧世界遺産フォーラム会長】

沖縄羅針盤
毎週日曜日 午後4時半~5時 放送中
1月14日放送分

今週のコーラルラウンジは、琉球弧世界遺産フォーラム会長、花井正光さん(はないまさみつ)さんとラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんのおしゃべりです。

2018年、コーラルラウンジ最初のゲストには、琉球弧世界遺産フォーラム会長、花井正光さんを迎えました。

花井さんは、1944年生まれ。三重県松坂市のご出身です。

京都大学、大学院を卒業後、文化庁で文化財保護行政に携わる調査官を務められました。その後、琉球大学観光学科教授として持続可能な観光について研究されます。

2010年からは「特定非営利活動法人沖縄エコツーリズム推進協議会会長」、2016年には「琉球弧世界遺産フォーラム」を立ち上げ、現在は会長を務めていらっしゃいます。専門は保全生態学、文化財保存管理学。最近は行政と地域の協働による、世界遺産の保全・活用モデルの創造に向けた支援活動を行っています。

今日の話題は琉球奄美世界自然遺産登録について。興味深いお話が聞けそうです。

再生

2018年1月13日放送 ゲスト:さきはまりみこさん

2018年1月13日(土) 放送分 
第184回

ラジオ沖縄でコッソリ放送中♪
オンエアの一部を抜粋してお届けしま★

~おしながき~
・オープニング
・たまトピ!
・おたよりコーナー
・ゲスト:さきはまりみこさん

※曲は省いておりますm(__)m

★Twitter★
@tama_age
★ブログ★
http://tamaagee.ti-da.net/

再生