月別アーカイブ: 2016年5月

近未来カフェ~名前はヘビだけどトカゲだよ。絶滅危惧種ミヤコカナヘビについて

近未来カフェは、サイエンスやテクノロジーなどについて語り合うバーチャルカフェです。
今回は、沖縄の希少な生き物ミヤコカナヘビが主人公です。
名前こそヘビですが、鮮やかな緑色の体が特徴的なトカゲです。
かつては民家の庭などでも見ることができた生き物ですが、ここ20年~30年の間に数が激減。今年3月15日に環境省が希少種として指定し、捕獲し売買すると法の下で罰せられます。

ミヤコカナヘビについて研究している琉球大学の熱帯植物圏研究センターの戸田守准教授にお話を伺います。

再生

沖縄市のアメリカンポリス人形 交通事故減少に貢献!?

2016年5月31日(火)放送分

担当は伊狩典子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

沖縄市与儀にある交差点に、
年季の入った大型バイクにまたがり、
笑いながら交差点を見守る
「アメリカンポリス」がいます。
本物の人間かと思いきや、実は作り物で、
両脇に交通安全の旗を携え、
運転手に安全運転を呼び掛けています。

制作したのは、沖縄市の特殊造形を手掛ける会社で、
徳平社長自身をモデルに今年1月に設置されました。 
同じ格好をして横に並ぶと、体格や表情までうり二つで、
赤黒くさび付いたバイク、
後部の入れ物からのぞくコーラとピザなど
細部にまでこだわりました。

国道329号から脇道に入ってすぐの会社前の交差点は
奥に県の教育施設などがあるため交通量が多く、
「優先道路が分からず、前は多いと週に3回から4回、
1日に2回事故が起きたこともあった」
ということで、
仕事は多忙ですが、遊び心は忘れず、
徳平社長は
「事故が減って何よりだ。ポリスのおかげで
名刺交換した時に会社を既に知られていることも増えた。
社員も楽しみながら創作している」
と、ポリスと同じ笑顔を見せ、
先代社長で、徳平社長の父親の國広さんは
「ポリスを見て、『なんだこれ』と感じ、
少し速度を緩めてくれたらいい。
実際に事故は減り、今は月に1回あるかないかだ」
と誇らしげに語りました。
再生

やざえもん沖縄国際通り県庁前店 ②

GoGoダウンタウン 国際通り発
2016年5月31日(火) 放送

今週は美味しい話題をお届けします!
今日は国際通りの入り口にある、まぐろ問屋
やざえもん沖縄国際通り県庁前店にお邪魔しています!
お話は、野田店長に伺います。

■□■□■□■□■□■□■□■□

まぐろ問屋やざえもん 沖縄国際通り県庁前店
(沖縄県那覇市松尾1丁目1-2 レグザリウボウ 1階)
 電話  098-860-2260   
営業時間 午前11時~午後10時
再生

写信(手紙を書く)

中国語や中国の文化について楽しくおしゃべりをするカラフル☆のレギュラーコーナー。
スペースチャイナ代表の佐藤未雲さんが、生きた中国語と情報を発信していきます。

佐藤未雲・髙江洲牧子・タマシイ(當山貴史)

宿題の答え・・・手紙を書く

・RNひまわりさんからの質問「ちょっとすみません。道を通してください」は中国語でなんて言うの?
・中国語 ひとり親家庭技能習得支援事業のお知らせ
・上級者向け中国語deニュース

未雲さんへの質問も受付中!
full864@rokinawa.co.jp

再生

2016年5月30日 第295回目放送分です

うちな~噺家、藤木勇人こと志ぃさーが、新メンバー秋田出身で沖縄文化に詳しいフリーのしゃべり手、佐々木仁子をアシスタントとして迎え、沖縄ヤマトグチと秋田ヤマトグチで番組内の各コーナーを軽妙につないでまいります。 そして定期レギュラーとして神奈川・東京WEBマガジン、ハブコネクションの釣本忠勝編集長にも登場していただき、大和での沖縄芸能情報をピンポイントで届けます 。
再生

重量挙げ 糸数陽一選手 五輪選出に家族も大喜び

方言ニュース  
2016年5月30日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

リオオリンピック重量挙げで、
沖縄出身の糸数陽一さんが
日本代表入りしましたが、
南城市に住む母の幸子さんや祖父母、
きょうだいは、
家族からオリンピック選手が出るという
快挙に大喜びしています。

陽一さんは小中学校を久高島で過ごし、
中学校の教諭の勧めで重量挙げを
始めましたが、豊見城高校時代、幸子さんに
「オリンピック選手になる」と
宣言していたということで、
電話で報告を受けた幸子さんは
「努力すれば何でもかなうと
言っていたけど、本当にかなえてくれた」
と誇らしげに語りました。

また、祖父母の勝雄さんとツル子さんは
陽一さんを取り上げた新聞を切り抜き、
切り抜きのスクラップブックは大切に
仏壇にしまっているということで、
「大会のたびに見返しているよ」
と笑顔を見せました。

家族は県内大会には毎回駆け付けますが、
リオオリンピックはテレビ中継で
応援する予定で、幸子さんは
大会での息子の奮闘ぶりを見ると、
思わず握り拳をつくり
「『やーっ』て声が出ちゃう」と話し、
「中継があれば仕事休んでも見るよ。
試技6本しっかり決めれば、
メダルは狙える」と競技についても
さすがの知識を持っており、
「しっかり頑張ってほしい」と息子の
活躍に期待しています。
再生