作成者別アーカイブ: xmlrpc

新曲の踊り披露 粟国村伝統行事『舟起こし』で

2018年1月16日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

旧正月を盛大に祝う伝統が残る粟国村。
旧暦1月2日に当たる2月17日に行われる
村伝統行事「船起こし」で、今年初めて、
村出身の国指定重要無形文化財「組踊」
胡弓保持者の新城清弘さんが作った歌
「粟国航路の通い船」が披露されます。

村の女性らおよそ140人からなる村女性連合会が、
曲に踊りを振り付けた
玉城流扇寿輪舞会会主の上門加代子さんに  
直接指導を受けながら、
本番に向けて毎週の稽古に励んでいます。

「船起こし」は1年間の航海の安全を願い、
フェリーあぐにの船内で開かれるもので、
新城さんは10年以上前、
フェリーの完成に合わせて「粟国航路の通い船」を作り、
10年前に上門さんが振り付けし映像を
記録していました。

実際に村内で披露されたことはありませんでしたが、
去年6月に新城さんがこの映像を見せたところ、
村女性連合会のメンバーから
「『船起こし』で踊りたい」との声が上がり、
上門さんは
「粟国村の地域活性化のためになればうれしい」
と指導を快諾しました。

上門さんは、
島の女性たちが踊りやすいよう
振り付けを変えるなど工夫も施し、
村女性連合会の呉屋貴美江会長は
「この歌は船起こしにぴったり。
しっかり身に付けて今後も続けていきたい」
と継承への意気込みを語りました。

再生

オープニングトーク『先週は次郎工業からの公開生放送にたくさんのリスナーさんありがとうございました!』

1月14日放送分

給食係
「沖縄県内のおいしいお店を紹介」

きしゅへんロックンロール第147回
「スマホどんな機種使ってるのか教えて」
※au沖縄セルラーからのお知らせは放送日時点の情報です。

掲示係
「街で見かけたおもしろ看板や、地域の話題」

再生

花井正光(はないまさみつ)さん【琉球弧世界遺産フォーラム会長】

沖縄羅針盤
毎週日曜日 午後4時半~5時 放送中
1月14日放送分

今週のコーラルラウンジは、琉球弧世界遺産フォーラム会長、花井正光さん(はないまさみつ)さんとラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんのおしゃべりです。

2018年、コーラルラウンジ最初のゲストには、琉球弧世界遺産フォーラム会長、花井正光さんを迎えました。

花井さんは、1944年生まれ。三重県松坂市のご出身です。

京都大学、大学院を卒業後、文化庁で文化財保護行政に携わる調査官を務められました。その後、琉球大学観光学科教授として持続可能な観光について研究されます。

2010年からは「特定非営利活動法人沖縄エコツーリズム推進協議会会長」、2016年には「琉球弧世界遺産フォーラム」を立ち上げ、現在は会長を務めていらっしゃいます。専門は保全生態学、文化財保存管理学。最近は行政と地域の協働による、世界遺産の保全・活用モデルの創造に向けた支援活動を行っています。

今日の話題は琉球奄美世界自然遺産登録について。興味深いお話が聞けそうです。

再生

2018年1月13日放送 ゲスト:さきはまりみこさん

2018年1月13日(土) 放送分 
第184回

ラジオ沖縄でコッソリ放送中♪
オンエアの一部を抜粋してお届けしま★

~おしながき~
・オープニング
・たまトピ!
・おたよりコーナー
・ゲスト:さきはまりみこさん

※曲は省いておりますm(__)m

★Twitter★
@tama_age
★ブログ★
http://tamaagee.ti-da.net/

再生

雨宿りの恋

赤瓦ちょーびんのぐぶりーさびら 
毎週日曜日 午前9時~9時30分 放送中
1月14日放送分
フリーのガイドで
元沖縄観光コンベンションビューローの
歴史文化コーディネーターを務める赤瓦ちょーびんが
独特の語り口で沖縄の歴史、文化、民俗についてご紹介します。
今回は、『雨宿りの恋』
を、お送りします。
「沖縄のなーんだ」の、コーナーでは、
『ウチナーヤマトグチ』を、
お送りします。
学問どぅ、やいびーくとぅぐぶりーさびらのコーナーは、
『沖縄の地名』
を、お送りします。

赤瓦ちょーびんホームページ始めました。

https://沖縄歴史観光.com
番組同様、歴史 風俗 イベント等 満載です。
赤瓦ちょーびんの 画像も ありますよ。
ちょーびんへの 質問コーナーも
随時 募集中です。
お待ちしています。
番組へのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで
aka@rokinawa.co.jp
再生

県内で製造された島豆腐に認定ロゴマークを

「県内で製造された島豆腐に認定ロゴマークを」
方言ニュース1月11日(水)放送分。
今日の担当は糸数昌和さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

県豆腐油揚商工組合は、
県内で製造され食塩が入っていることなど、
一定の基準を満たした商品に
認定ロゴマークを貼り付けて販売する取り組みを始めました。

沖縄料理の広まりに伴って県外でも島豆腐のニーズが高まる一方、
県外で「島豆腐」を製造する動きもあり
県内製造であることを強調してブランド化につなげる狙いです。

認定対象は島豆腐、ゆし豆腐、揚げ豆腐、ジーマミー豆腐の4種類です。
組合によりますと、県外で沖縄料理の普及が進んでいることに伴い、
チャンプルーにしても形が崩れにくい島豆腐の需要が高まり、
輸送コストを下げるため一部では県外で製造する動きが出ているということです。

一方、県内ではニーズの変化から日本風の豆腐をつくる業者もいて、
「島豆腐」の指すものが消費者に伝わりづらい実態もあり、
県内業者が危機感を持ったことが策定のきっかけとなりました。
島豆腐製造は家族経営など零細事業所が多く、
後継者不足への対応など課題も多くありますが、
久高理事長は
「製造業者に自分たちの製品に自信を持ってもらい、地場産業の育成につなげたい」
と意気込んでいます。

再生

家族に笑顔の花満開 元日ベイビー誕生

2018年1月9日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

元日の1日、県内各地で元気な赤ちゃんが誕生し、
家族に笑顔をもたらしました。

那覇市金城(かなぐすく)の病院では
午前1時29分、
豊見城市出身の金城美咲さんと
韓国人のイ・サンヒャンさん夫妻に
長男の汐(しほ)ちゃんが誕生しました。
「しほ」という響きは、
日本語でも韓国語でも通じることから、
この名前に決めました。

夫妻の願いは日韓関係が良好であることで、
「両国について理解し、懸け橋になるような子に育ってほしい」
と期待を話しました。

2人は4年前、
美咲さんの韓国留学中に出合い愛を深め、
遠距離恋愛を経て、去年4月1日に結婚し、
現在は韓国・ソウル市に住んでいます。

一方、那覇市泊の病院では、
押尾渓介(おしおけいすけ)さんと
那覇市出身の利奈さん夫妻に
午前7時3分、長女のあかりちゃんが誕生しました。
予定日は1月8日でしたが、
去年の大晦日の明け方に陣痛が始まり、
利奈さんは丸1日以上の痛みに耐え、無事出産しました。

「あかり」という名前は事前に決めていましたが、
渓介さんは
「元旦の初日の出の時間帯に生まれ、ぴったりの名前。
みんなを照らしてくれるような明るい子になってほしい」
と笑顔を見せました。

再生