作成者別アーカイブ: xmlrpc

南城市の人口増加

2017年5月26日(金)
担当は、上地和夫先生です。

4町村合併から11年目を迎える南城市の人口が増加しています。
一時減少傾向でしたが、人口、世帯数とも年々増加し、
3月末現在で人口が4万3230人、世帯数は1万6982世帯となっています。
地域別では、最も人口の増加が著しいのが旧大里村で、328人、234世帯増えました。
次いで、旧佐敷町で62人、147世帯増加しました。
県は2010年に「南城市計画」を施行し、市は計画に基づいて、
那覇広域都市計画区域から離脱し、市単独で土地利用を計画することが可能になり、
その後、住宅地の整備など開発を進めつつ、保全とも両立させたまちづくりを図ってきました。
旧大里村集落で最も人口が増えているのが島袋区で、この1年間に222人増加しました。
子供が成長し、実家近くに戻って家を建てて暮らすようになったほか、
至る所にアパートが建てられるなど、活気が見られます。
同じ大里で人口増が目立つのが湧稲国区の70人、28世帯の増加で、旧佐敷地域では、津波古区が66人、69世帯の増加と、
那覇広域都市計画から離脱した後のまちづくりが功を奏しています。

世帯数は増えているものの、旧玉城地域と旧志喜屋地域では、人口が減少傾向にあります。
古謝景春市長は「来年度までに総人口4万5千人を目指す」としており、今後の対策が注目されます。
再生

伊是名村の玉御殿、重要文化財に指定

「伊是名村の玉御殿、重要文化財に指定」
方言ニュース5月25日(木)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

国の文化審議会はこのほど、
伊是名村伊是名元島の墓所、玉御殿について、
重要文化財に指定するよう松野文部科学大臣に答申しました。

玉御殿は琉球王家第二尚氏初代・尚円王の
父親の尚稷らの墓所として1688年に整えられ、
当時の墓の形式や築造技術を残していることなどから指定が決まったものです。

重要文化財に指定されるのは県内では23カ所目で、
歴史資料なども含む国指定の国宝、
重要文化財としては34件目となります。

玉御殿は岩盤に接して造られた石造の墓室や石垣、
アーチ状の門と石段から構成され、
面積は373・03平方メートルです。

墓室は首里の玉陵を模しており、
琉球石灰岩で造った三角型の
屋根などが特徴の「破風墓」の形式で
建てられており、玉御殿は現在、伊是名村が管理しています

平敷県教育長は
「指定は大変うれしい。村教育委員会や関係者と連携し、管理や活用に努めたい」
とのコメントを発表しました。

再生

白保竿根田原洞穴遺跡、旧石器時代の墓地と確認

2017年5月24日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

県教育委員会はこのほど、
西原町の県立埋蔵文化財センターで、
石垣市の白保竿根田原洞穴遺跡の最終的な調査結果を発表し、
白保竿根田原洞穴遺跡を国内初の旧石器時代の墓地と確認しました。

遺跡からは少なくとも19体分の旧石器時代の人骨が確認されており、
世界でも最大規模だということで、
埋蔵文化財センターの金城所長は
「日本の人類学、考古学研究に新たな歴史を刻む重要な発見だ」
と強調しました。

出土した19体の中でも「4号人骨」はおよそ2万7千年前のもので、
港川人骨より5千年古く、頭骨を含めほぼ全身の骨格があり、
葬られた時の姿勢も明らかになりました。

県教育委員会は
「遺体を地下に埋めず地上の狭い岩陰に安置する
風葬に近い様式だったと考えられる」としました。

また、遺跡を墓地と判断した背景については、
5カ所の洞窟から、それぞれ複数の人骨が
見つかったことを挙げました。

センターの片桐千亜紀主任専門員は
「死者を弔う場所と生活する場所が洞窟の
外と中で分かれていた可能性が高い」と述べました。

「4号人骨」など頭骨がほぼ残っている4体の人骨は今月28日まで
県立埋蔵文化財センターで一般公開されます。
入場無料です。
再生

竿がもう一本

久しぶりの生放送!!

パーソナリティー SUSU・小橋川結子アナウンサー

ゲストコメンテーター
 まーちゃん さん(FECオフィス)

■今週のフクヤマ

・「一生一緒にいよう」という彼の言葉が、若気の至りに聞こえる
・およそ1,500円で購入したアクセサリーが、実は26カラットのダイヤだった?!
・有料動画配信サービスHuluで不具合

【オトナの学校~夜の特別授業~】

1時間目「国語」
2時間目「給食」

ヨルノイッポン・生

ヨルノイッポン大募集中!

次回のお題 「新入生を呼び込むために必死の〇〇研究会。なんの研究会?」

おまけあり

お題も募集中!
susu@rokinawa.co.jp

再生

かつての沖縄の様子を垣間見る 企画展「写真と道具が語る世界」

2017年5月23日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

企画展「写真と道具が語る世界」が
沖縄市戦後文化資料展示室「ヒストリート2」で
来月4日まで開かれており、
日本復帰前後の沖縄や
ベトナム戦争の様子を収めた写真のほか、
世界の戦中、戦後の道具類が展示されています。

日本復帰関連では、
報道写真家の石川文洋さんが
1972年5月15日当日に県内各地を巡り、
学校で日本復帰について討論する授業風景や、
ドルを円にする両替する人が並ぶ銀行、
国際通りであったデモ行進などの様子を収めた写真が
展示されています。

ベトナム戦争関連では、
現地の兵隊やベトナム人の他、
当時帰還兵らを相手にした商売で繁盛した
旧ビジネスセンター通りの夜の風景などもあります。

道具類では沖縄とベトナムの戦中、
戦後の皿や工具などの日用品が並べられており、
両方とも共通して、
戦闘機の残骸などを活用したジュラルミン製の道具が多く、
人々が知恵を絞って生き抜いた歴史が
垣間見えるということです。

今回は、展示室が2009年に開館した後、
初めて開いた企画を復活させたもので、
来年中に展示室がゲート通りに
移転することを受け、
今の展示室に関わってきた関係者への
感謝の意味が込められています。
再生

2017年5月22日 第346回目の放送分です

5月22日 第346回
うちな~噺家、藤木勇人こと志ぃさーが、秋田出身で沖縄文化に詳しいフリーのしゃべり手、佐々木仁子をアシスタントとして迎え、沖縄ヤマトグチと秋田ヤマトグチで番組内の各コーナーを軽妙につないでまいります。 そして定期レギュラーとして神奈川・東京WEBマガジン、ハブコネクションの釣本忠勝編集長にも登場していただき、大和での沖縄芸能情報をピンポイントで届けます 。
オキナワンドリーム
ゲストは、(株)アートアベニュー代表取締役社長 藤澤雅義さんの人生について伺います。
東京井戸端ユンタク
テーマは、沖縄のローカル清涼感・大和の清涼感

再生

第24回ふるさと歌自慢決勝大会 赤嶺清吉さんが優勝

方言ニュース
2017年5月22日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

昨日、うるま市民芸術劇場・響ホールにて
第二四回ふるさと歌自慢決勝大会が開催され、
赤嶺清吉(せいきち)さんが優勝を果たしました。

今年は、世界中にある支部を合わせて、およそ二千人あまりの会員の中から
三二名が応募し、一八人が決勝大会へ、
進みました。

4回目の挑戦で、優勝した赤嶺さんは
「8年前に怪我をし、
ずっと続けていた琉球舞踊が出来なくなった。
一念発起し、民謡歴25年の弟に5年前から弟子入りし、
やっと優勝できた」
と喜びを語り、
弟の清勇(せいゆう)さんは
「5年前に亡くなった末の弟も、私も
この大会に数回出場したが、
一番はとれなかった。
この優勝は、兄弟で勝ち取ったものだ」
と涙ながらに嬉しさを語りました。

親族4人の応援に来場した
宜野湾市立小学校2年の又吉遼太(りょうた)君は
審査を待つ間
「お姉ちゃんも、お母さんも
とっても緊張していた。
どっちも優勝してほしい。
僕も将来三線をたくさん練習して出てみたい」と話していました。

琉球民謡協会の上原政雄会長は
「平成生まれの出場者が増えてうれしい。
特にナークニーは、子供にふさわしい歌詞を
歌っていた。成長が楽しみだ」と語りました。

この大会の模様は
沖縄テレビでは、六月二十二日木曜日
午後三時五二分から
ラジオ沖縄では、六月十八日 日曜日
午後七時から九時まで放送予定です。

再生