作成者別アーカイブ: xmlrpc

平安座・旧盆17日会でウスデーク 97歳の森さん

2017年9月19日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

ことし97歳になる森ヨシさんは、
数年ぶりにそろった子どもたち5人と共に、
「旧盆17日会」に訪れました。

森さんは生まれも育ちも平安座で、
島に伝わる「ウスデーク」の長老として、
後輩たちの技術指導や継承などにも
積極的に携わってきました。

この日は、家庭の事情で17日会には
欠席予定でしたが、音色に導かれ、
子どもたちと共に公民館に足を運びました。

50代の頃からウスデークを
習い始めたという森さんは
「当時はもっとにぎやかでさ、人数も多かったよ」
と思い出を語ります。

現在は踊りには参加できませんが、
太鼓や歌声で後輩たちを応援し、
ウスデークの曲が流れると、
なじみの曲に自然と口から歌声が漏れ、
普段はつえをついていますが、
カチャーシーが始まると両足でしっかりと立ち上がり、
周囲とカチャーシーを楽しんでいました。

島一番のウスデーク好きで、
旧盆時期なると練習現場まで足を運ぶという森さんは
「来年はカジマヤーだから頑張りますので、
皆さんもぜひいらしてください」
とスピーチしていました。

再生

2017年9月18日 第363回目の放送分です

9月18日 第363回
うちな~噺家、藤木勇人こと志ぃさーが、秋田出身で沖縄文化に詳しいフリーのしゃべり手、佐々木仁子をアシスタントとして迎え、沖縄ヤマトグチと秋田ヤマトグチで番組内の各コーナーを軽妙につないでまいります。 そして定期レギュラーとして神奈川・東京WEBマガジン、ハブコネクションの釣本忠勝編集長にも登場していただき、大和での沖縄芸能情報をピンポイントで届けます 。
オキナワンドリーム
ゲストは、三軒茶屋鍼灸治療院代表 田場 吏さんの人生について伺います。
東京井戸端ユンタク
テーマは、沖縄の揚げ物・大和の揚げ物

再生

天下一パチパッチン!「そろばんらんどとうのくら」(2017年9月16日放送分)

県内のそろばん教室をめぐるコーナー「天下一パチパッチン!」

第12回目は、那覇市首里当蔵町にある そろばんらんどとうのくらにおじゃましました。

今回は12級の問題に挑戦しました。

レポーター:前徳比嘉 優(めーゆー)
再生

オープニングトーク『みーかー夏休み。ピンチヒッターは川満アンリ。』

9月17日放送分

給食係
「沖縄県内のおいしいお店を紹介」

きしゅへんロックンロール第131回
「スマホどんな機種使ってるのか教えて」
※au沖縄セルラーからのお知らせは放送日時点の情報です。

掲示係
「街で見かけたおもしろ看板や、地域の話題」

再生

下地芳郎(しもじよしろう)さん【琉球大学観光産業科学部教授】

沖縄羅針盤
毎週日曜日 午後4時半~5時 放送中
9月17日放送分

今週のコーラルラウンジは、琉球大学観光産業科学部教授の下地芳郎(しもじよしろう)さんとラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんのおしゃべりです。

下地さんは1957年生まれ。宮古島市のご出身です。

明治大学を卒業後、1982年に沖縄県庁に入庁。初代の沖縄県香港事務所長や観光振興課長、観光政策統括官などを務めた後、2013年に退職されました。

その後、琉球大学での教職に転じられ、現在は、琉球大学教授、国際観光学部長、学長補佐をお務めです。また、昨年からは琉球銀行の非常勤取締役も務めておられます。

コーラルラウンジには3度目のご出演。今日の話題は今年7月に中国返還20周年を迎えた香港のことや、「沖縄観光」のスペシャリストとして沖縄観光の現状や課題などについて。

今週はその前編をお送りします。

再生

2017年9月16日放送  フォルムっていうか

2017年9月16日(土) 放送分
第167回

ラジオ沖縄でコッソリ放送中!
マンガ、アニメ、ゲームの話題をおしゃべり♪
オンエアの一部を抜粋してお届けします★

~おしながき~
・オープニング
・おたよりコーナー
・エンディング

※ゲストコメント・曲は省いておりますm(__)m

★Twitter★
@tama_age
★ブログ★
http://tamaagee.ti-da.net/
再生

サカティ

赤瓦ちょーびんのぐぶりーさびら 
毎週日曜日 午前9時~9時30分 放送中
9月17日放送分
フリーのガイドで
元沖縄観光コンベンションビューローの
歴史文化コーディネーターを務める赤瓦ちょーびんが
独特の語り口で沖縄の歴史、文化、民俗についてご紹介します。
今回は、『サカティ』
を、お送りします。
「沖縄のなーんだ」の、コーナーでは、
『野菜の名前』を、
お送りします。
学問どぅ、やいびーくとぅぐぶりーさびらのコーナーは、
『シチマジムン』
を、お送りします。

赤瓦ちょーびんホームページ始めました。

https://沖縄歴史観光.com
番組同様、歴史 風俗 イベント等 満載です。
赤瓦ちょーびんの 画像も ありますよ。
ちょーびんへの 質問コーナーも
随時 募集中です。
お待ちしています。
番組へのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで
aka@rokinawa.co.jp
再生

海水淡水化装置貸与に座間味村から期待の声

2017年9月14日(木)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

2010年度までに常設の海水淡水化施設を整備する
県企業局の方針や移動式海水淡水化装置の貸与に、
座間味村の阿嘉島・慶留間島では、
慢性的な水不足が解消されると期待の声が高まっています。

島民らは「今後はダムの貯水率を心配する日々から解放される」と
設置を心待ちにしています。

阿嘉島・慶留間島では2011年から2012年を除き、
ほぼ毎年制限給水が実施されてきました。

午後8時から午前8時までの夜間制限や、
2010年には隔日で制限されたこともありました。

阿嘉島の阿嘉ウタハ堰を水源とする慶留間島の中村慶留間区長は
「海水淡水化施設を借りなければ、今年も確実に断水していただろう。
また、施設ができれば恒久的に不安が解消される」と期待を込めていました。

さらに、阿嘉島で宿泊施設を営む47歳の女性は
「今年もいつ断水が始まるのか心配だった。
制限給水によってはサービスに影響が出る。
海水淡水化施設を早期に運用してほしい」と話しました。
再生