月別アーカイブ: 2024年4月

石垣市西部の名蔵湾 西表石垣国立公園に編入

2024年4月11日(木)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

石垣市西部に広がる名蔵湾が3月28日、
環境省指定の西表石垣国立公園に
編入されました。

海域2565ヘクタールが
普通地域として編入され、
西表石垣国立公園は海域と陸域合わせて
12万4720ヘクタールになりました。

名蔵湾は国内最大規模の沈水カルスト地形で、
良好なサンゴ群集などがあり、
環境省は適正な保全管理を図ります。

編入に向け、環境省の中央環境審議会が
2月15日に環境大臣に答申していました。

環境省は5年に1回を目安に、
国立公園の区域や計画を見直しており、
西表石垣国立公園は沖縄の日本復帰に伴い、
1972年5月に指定されました。

2007年に石垣島の一部を編入し、
さらに2012年に鳩間島や波照間島、
2016年に西表島全域を編入しました。

環境省石垣自然保護官事務所の近藤千尋さんは「大規模な開発は届け出が必要になり、 
名蔵湾の保全がより期待される」
と述べました。

再生

少雨傾向で プールのオープンも延期

2024年4月10日(水)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

少雨傾向で渇水が懸念されていることを受けて、
夏の風物詩のプールにも影響が生じています。

県総合運動公園は
屋内の25メートルプールと、
例年は大型連休に開いている
屋外の50メートルプールについて、
貯水率が回復するまでオープンを延期します。

県総合運動公園が通年でオープンしている
25メートルプールは、
工事のために水を抜いていました。

当初は6日に再開を予定していましたが、
800トンほどの水が必要となることなどから延期を決めました。

25メートルプールは梅雨時までに
ダム貯水率が50%程度まで回復すれば
再開を検討しますが、
50メートルは未定ということです。

県育教委員会は先月、各市町村教委員会や
小中高校の担当者らに水泳授業の開始時期の
変更を依頼しました。

4月4日の通知は水泳授業の開始時期について後日改めて文書で知らせるとしました。

一方、本島内の小中学校では水泳授業を
6月以降に延期する動きがあります。

那覇市の教員は「2週間程度の延期なら
大きな影響はないだろうが、
水不足がさらに続いて水泳授業が減った場合、
子どもたちの泳力低下が
懸念される」と語りました。

再生

仲地健先生「経済学的視点から見た米軍基地問題」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
4月10日の放送は、産業情報学部 企業システム学科の仲地健先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「経済学的視点から見た米軍基地問題」(前篇)です。

再生

#79 OFNE地域リーダーができたってよ! ーコミュニティ力強化中!ー

沖縄で活躍するさまざまな職種の女性フリーランスのためのワークシェア&交流コミュニティ、OFNE(オフネ)のPODCAST!
今週は副船長のシンコとコミュニティ部長のなおこがお送りします!
OFNEに地域リーダーが誕生!!
コミュ力強化中のOFNEについて、コミュニティ部長なおこが色々教えてくれました!
フリーランス仲間・目指す仲間と気軽に交流できるコミュニティを目指しています。
お聞き逃しなく!!再生