月別アーカイブ: 2017年6月

照屋礼くん(9才)県内初のこままわし有段者誕生

方言ニュース  2017年6月30日放送分(金)

今日の担当は、糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。
沖縄県内初となるこま回しの
有段者が誕生しました。
数々の難易度が高い技をクリアして、
日本こままわし普及協会から7段に
認定されたのは、
浦添市立港川小学校4年の照屋礼君です。
照屋君がこま回しを始めたのは
保育園の頃で、
うどん屋のお子さまセットに付いていた
おもちゃのこまがきっかけで、
「できない技ができるようになるのが
楽しい」とめきめき実力を付けました。
師匠はいないものの、
インターネットの動画配信サイト
Youtubeで技を学び、
小学生は6段までの取得となっていますが、
高い技術が認められた照屋君は
暫定で7段となりました。
現在は通っている学童と自宅でこま回しの
修業に励んでおり、
9段の取得に意欲を見せる照屋君は
「9段の技はできるけど、8段の技に
できないものがある」と語り、
「最高位の9段まで頑張りたい」と
意気込みを見せます。
母親の貴子さんは
「たかがこまかもしれないが、
自信が付くなら伸ばしてあげたい。
こまのおかげで友人も増えた」
と目を細め、
父親の響さんは「有段者になれたのは、
息子の練習の成果でもあるが、
お母さんのサポートがあってこそ」
と語りました。

再生

国頭村で大相撲祝賀会が開催

「国頭村で大相撲祝賀会が開催」
方言ニュース6月29日(木)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

大相撲幕内西前頭10枚目の宇良関の父親の出身地の国頭村で
宇良関の国頭応援会が発足し、このほど、応援会などを中心に
村民およそ70人が辺土名漁港内の港食堂に集まり、
盛大に大相撲祝賀会を開催しました。

村内では場所中、各集落で、のぼりおよそ250本を掲げるほど、
宇良関の活躍に応援が盛り上がっているということで、
祝賀会では国頭応援会の大嶺会長が
「宇良関の初土俵のころから応援している。
隣村の東村ではゴルフの宮里きょうだいが大活躍しており、
私たちも負けないよう宇良関をもっともっと応援し、相撲を盛り上げていきましょう」
と力強くあいさつしました。

また、宇良関の伯父で、宜名真区在住の宇良恵一さんも
「弟の子どもが相撲で活躍していることがおじい、おばあの元気につながっている」
とあいさつしました。

また、宜名真区に暮らす祖父母の宇良繁さんとサチ子さんも
孫の活躍に元気をもらい、遠く離れたやんばるから声援を送っているということで
宜名真区の山入端区長は
「宇良関の活躍は区民の励み、誇りで、村民のみならず
県民にも夢と感動を与えている。これからも頑張って三役、
さらに上を目指してほしい」
と宇良関にエールを送っていました。

再生

平和祈念資料館などで来館者減少

2017年6月28日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

糸満市の県平和祈念資料館と
ひめゆり平和祈念資料館で
来館者が減少傾向にあります。

県平和祈念資料館では2000年のリニューアル時には
48万1018人だった来館者が、
昨年度は37万2502人まで減少し、
ひめゆり平和祈念資料館では
1999年度の来館者100万6600人をピークに、
昨年度には57万9865人まで減りました。

県平和祈念資料館では県民の来場減が顕著で、
県内からの有料来館者は2000年の11万1401人から、
昨年度には7963人まで落ち込みました。

平和学習などで各学校が見学する場合は無料のため、
大人の来館者が減っているとみられます。

ひめゆり平和祈念資料館でも、
県内からの訪問校数減少が目立ち、
県外の訪問校数は増えた一方、
県内の訪問校数は1991年度の124校から、
昨年は72校にまで減少しました。

戦争体験者が減少し、
戦争体験者でない世代が増えていることが影響しているとの指摘がある中、
関係者は県民の来館者減の背景を
「県内のレジャー施設の多様化などの影響が大きい」と推測し、
「教育や芸能などのテーマと戦争との関係を扱う企画展を企画し、 
県民にアピールしていきたい」
と話しています。
再生

高校生がしまくとぅば学ぶ 中部農林高校で特別授業

2017年6月27日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

中部農林高校福祉科はこのほど、
特別授業「わらべ歌からしまくとぅばを学ぶ」を行い、
2年生39人がわらべ歌の手遊びなどを学びました。

講師は、宮城葉子さんが務め、
方言札などによってしまくとぅばが
次第に使われなくなっていった経緯から説明しました。
また、沖縄戦を経験した高齢者らは
「文化や言葉を残して欲しいという強い思いを持っている」
と説明し、こうしたことを理解した上で
触れ合うことを提案しました。

さらに、歌詞に含まれるしまくとぅばの名詞や
あいさつの言葉も理解しながら、
「普段から少しずつ使ってもらいたい」と呼びかけ、
こうした心掛けが高齢者との現場でのやりとりに役立つと
アドバイスしました。

これに対して生徒たちは、
指遊びの「てぃーたーみー」や
「いったーすぅや」などを歌いながら手や体を動かして学び、
高齢者とのコミュニケーションに生かそうと、
真剣に聞き入っていました。

授業終了後、科を代表して大島海鈴さんは
「習った言葉でたくさんおおじい、おばあと楽しみたい。
 これからもたくさんのしまくとぅばを覚えていきたい」
などとお礼を述べました。

生徒たちは来月と9月に高齢者施設での実習を予定しています。

再生

2017年6月26日 第351回目の放送分です

6月26日 第351回
うちな~噺家、藤木勇人こと志ぃさーが、秋田出身で沖縄文化に詳しいフリーのしゃべり手、佐々木仁子をアシスタントとして迎え、沖縄ヤマトグチと秋田ヤマトグチで番組内の各コーナーを軽妙につないでまいります。 そして定期レギュラーとして神奈川・東京WEBマガジン、ハブコネクションの釣本忠勝編集長にも登場していただき、大和での沖縄芸能情報をピンポイントで届けます 。
オキナワンドリーム
ゲストは、ピッツァ職人 玉城 翼さんの人生について伺います。
東京井戸端ユンタク
テーマは、沖縄の県内旅行・大和の国内旅行

再生

戦後70年の平和の詩 具志川に記念碑

方言ニュース  
2017年6月26日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

戦後70年のおととしに
「児童・生徒の平和メッセージ展」で
最優秀賞を受賞し、
沖縄全戦没者追悼式で朗読された詩
「みるく世がやゆら」の記念碑が、
うるま市具志川の具志川アシビナーに
建立され、記念碑の建立記念式典と
慰霊祭がきのう、開かれました。

「平和の詩」が記念碑として
建立されるのは県内で初めてです。

詩は、認知症を患った祖父の姉が戦争で
失った夫を思い起こす姿を描いており、
沖縄戦の記憶の継承を訴えています。

詩の作者の具志川区の出身で、
現在は東京に住む大学生の
知念捷(まさる)さんは、
記念式典で「後世に戦争の記憶を伝え、
平和を築く、みるく世への懸け橋と
なることを祈ります」
と願いを込めました。

また、今回、慰霊塔の改修も行われ、
戦争で亡くしたきょうだい3人が
慰霊塔に追加刻銘され、
東京から参列した(76)歳の男性は
「ずっと平和であるように願った。
きょうだいも具志川に戻って
安堵するだろう」と述べ、
冥福を祈っていました。

さらに、慰霊祭では
遺族代表として(81)歳の男性が
「ありったけの地獄を集めたと言われる
戦争で、多くの県民の命が奪われた」
と述べ、戦没者に手を合わせていました。
再生

オープニングトーク『ナンブ祭りでの信ちゃんのコーディネートは短パンにトレパン、上着はない(笑)かもしれないよ』

6月25日放送分

ゲスト
「沖縄製粉から上間さん」
※紹介した情報は放送日時点のものです。

きしゅへんロックンロール第119回
「スマホの活用方法」
※au沖縄セルラーからのお知らせは放送日時点の情報です。

給食係
「沖縄県内のおいしいお店を紹介」

掲示係
「街で見かけたおもしろ看板や、地域の話題」

再生

山代寛(やましろひろし)さん【沖縄大學教授、副学長、医師】

沖縄羅針盤
毎週日曜日 午後4時半~5時 放送中
6月25日放送分

今週のコーラルラウンジは、沖縄大學教授、副学長で医師の山代寛(やましろひろし)さんとラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんのおしゃべりです。

山代さんは1961年生まれ。島根県松江市の出身です。山代さんの苗字、山代のしろはお城の「城」ではなく代表の「代」です。

島根県内の高校を卒業後、琉球大学医学部に進学。琉大医学部の一期生です。外科医として医師の道を歩まれますが、2008年、大學教授に転身、今年4月からは沖縄大學の副学長を務めておられます。

ご本人曰く「不思議な神のお導きにより沖縄へ、自称禁煙学教授、禁煙対策が自分の天職だと思っている」とのこと。

山代さんは、コーラルラウンジには7年振り二度目のご出演で、沖縄大學のこと、故郷島根のこと、そして天職である禁煙問題について、じっくりと話してもらいました。

今週はその後編です。
再生