月別アーカイブ: 2018年4月

2018年4月30日 第395回目の放送分です

4月30日 第395回
うちな~噺家、藤木勇人こと志ぃさーが、秋田出身で沖縄文化に詳しいフリーのしゃべり手、佐々木仁子をアシスタントとして迎え、沖縄ヤマトグチと秋田ヤマトグチで番組内の各コーナーを軽妙につないでまいります。 そして定期レギュラーとして神奈川・東京WEBマガジン、ハブコネクションの釣本忠勝編集長にも登場していただき、大和での沖縄芸能情報をピンポイントで届けます 。
オキナワンドリーム
ゲストは、ミュージシャンのタナカアツシさんの人生について伺います。
東京井戸端ユンタク
テーマは、沖縄のデリバリー・大和のデリバリー

再生

大宜味村で「日本一早出し」の新蕎麦まつり

方言ニュース2018年4月30日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報ニュースです。

「日本一早出し」と銘打った
新蕎麦まつりが昨日、
大宜味村江洲公民館で開かれ、
地元産の新そばなどを使った日本そば
およそ700食に、
訪れた家族連れらが舌鼓を打ちました。

新蕎麦まつりは収穫の時期にあたる
3月から4月に合わせて
昨年から開いているものです。

大宜味産のそばは粘りがあり、
つなぎを使わない「十割そば」でも
味わうことができます。

県外からそば職人3人が参加し、
細やかな手つきでそば打ちの
実演を披露していました。

午前10時から地元や県内各地から
家族連れが来場して、
そば打ちの様子に見入ったり、
かけそばを買い求めたりし、
「ずずっ」と麺をすすって
そばの香りを楽しむ姿が見られました。

中城村から訪れた高崎幸季(しい)さん(7歳)は
「麺の感触がおいしかった」と
話していました。

再生

琉歌と沖縄の滝

赤瓦ちょーびんのぐぶりーさびら 
毎週日曜日 午前9時~9時30分 放送中
4月29日放送分
フリーのガイドで
元沖縄観光コンベンションビューローの
歴史文化コーディネーターを務める赤瓦ちょーびんが
独特の語り口で沖縄の歴史、文化、民俗についてご紹介します。
今回は、『琉歌と沖縄の滝』
を、お送りします。

赤瓦ちょーびんホームページ始めました。

https://沖縄歴史観光.com
番組同様、歴史 風俗 イベント等 満載です。
赤瓦ちょーびんの 画像も ありますよ。
ちょーびんへの 質問コーナーも
随時 募集中です。
お待ちしています。
番組へのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで
aka@rokinawa.co.jp
再生

「山川のちゅんじゅくステーキ弁当」発売

2018年4月27日(金)
担当 糸数昌和先生

琉球新報の記事から紹介します。
プロ野球埼玉西武ライオンズは、那覇市出身で、
4番打者として活躍中の山川穂高内野手がプロデュースした弁当を
あすから、本拠地の西武ドームで販売します。
その名も「山川のちゅんじゅくステーキ弁当」で、
うちなーぐちで、思い切りや力強くを意味する
「ちゅんじゅく、ちゅーじゅく」が自身のプレースタイルに合う言葉として山川選手本人が商品名に提案しました。
弁当には、山川選手の好物のステーキのほか、
ゴーヤーチャンプルーやソーミンチャンプルーなどが入っており、
ご飯には自身の愛称にもなっているブランド豚「あぐー」を使用した「あぐーふりかけ」がトッピングされ、
税込み1500円となっています。

山川選手は「ステーキがやわらかくゴーヤーもおいしくて、最高です。
ぜひ食べてみてください。めっちゃおいしいよ」とコメントしています。

山川選手のプロデュース商品は「山川のあぐーまぜソバ」に次いで2つ目となります。

再生

「那覇市繁多川で石畳が発見される」

那覇市繁多川にある識名坂=シチナンダビラの
道路改良工事現場で、およそ500年前の琉球王朝時代に造られた
「真珠道」の一部とみられる石畳が発見されたことが分かりました。

真珠道は尚真王時代に整備された道路で、守礼門から金城町、
シチナンダビラなどを経て国場川河口の真珠港=那覇港まで
およそ4キロをつないでいました。

那覇市道路建設課によりますと、石畳は今月中旬に見つかり、
市文化財課が調査方法などを検討しています。
見つかった石畳はおよそ15メートルで、石畳は沖縄戦による砲弾で
所々破壊されたものの、1965年ごろまで残っていたということです。

その後、自治会が道路のコンクリート舗装を求め、
1970年ごろには自動車も通れる道路となりましたが、
その下に石畳が残っていることは明らかになっていませんでした。

那覇市歴史博物館の学芸員の外間政明さんは、
発見された場所などから真珠道の石畳である可能性が高いとの
見解を述べ
「沖縄戦で繁多川地域は砲弾が多く飛んできた場所なので、
戦争で破壊されている箇所もあったとみられる。
真珠道の石畳は現在、表面上残っているのは
首里金城町の石畳だけなので、貴重な発見だと思う」と語りました。

再生

オヤケアカハチ慰霊祭開催

2018年4月25日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

およそ500年前に琉球王府の過酷な徴税に反旗を翻し、
農民救済のために戦ったとされるオヤケアカハチをたたえる
「アカハチ慰霊祭」がこのほど、
慰霊碑のある石垣市大浜の崎原公園で行われ、
大浜小学校の6年生や地域住民らが出席し、
アカハチの遺徳をしのびました。

オヤケアカハチは波照間島に生まれ、
石垣島の大浜村に渡ったとされました。

琉球王府は反逆者として制圧しましたが、
地元では村人を救うために立ち上がった
英雄として語り継がれています。

慰霊祭はオヤケアカハチが亡くなったとされる
旧暦3月3日に毎年開かれており、
参加者は合掌してオヤケアカハチを慰霊し、
「アカハチの歌」を合唱して功績をたたえました。

また、八重山郷土史家の大田静男さんが
オヤケアカハチが生きた時代背景や人物像を解説しました。

大浜公民館の大濱館長は
「アカハチ精神は受け継がれ、
シンボルとして今なお生き続けている。
アカハチのことを広く世に
知ってもらいたい」とあいさつしました。
再生

闘牛のような成長目指して うるま市模合仲間「若人牛」

2018年4月24日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事の「ザ・モアイ」の中から紹介します。

中部農林高校畜産加の32期生でつくる「若牛人」。
1980年に始まり、現在では公務員や空手の先生など
さまざまな職種のメンバー7人で構成されており、
毎月の集まりでは近況などの話題のほかに、
共通の趣味でもある闘牛の話で盛り上がります。

月1度の模合のほか、ボウリングや
年に2回のパークゴルフなどでの交流も続けていますが、
それでもメンバーが集まれば、
話題は次第に闘牛の話しになります。

模合名の「若牛人」も若い牛が大きく成長していくように、
自分たちも成長していきたいとの思いで名付けました。

15年前には闘牛をプリントしたおそろいのシャツを作り、
その後は去年に「ユニホーム」として
紫色のシャツを作ったということで、
呼びかけ人のうるま市の幸地良明さんは、
「みんな闘牛が大好きだから、将来はみんなで
若い牛を1頭飼って、大会で1勝させたいね」と語りました。

メンバーの目標は模合を80歳まで続けることですが、
メンバーのうるま市の横田民夫さんは
「まずは60歳をみんなで迎えたい。
その時は『赤いちゃんちゃんこ』みたいなものでそろえたいね」
と笑いました。
再生

2018年4月23日 第394回目の放送分です

4月23日 第394回
うちな~噺家、藤木勇人こと志ぃさーが、秋田出身で沖縄文化に詳しいフリーのしゃべり手、佐々木仁子をアシスタントとして迎え、沖縄ヤマトグチと秋田ヤマトグチで番組内の各コーナーを軽妙につないでまいります。 そして定期レギュラーとして神奈川・東京WEBマガジン、ハブコネクションの釣本忠勝編集長にも登場していただき、大和での沖縄芸能情報をピンポイントで届けます 。
オキナワンドリーム
ゲストは、スタイリスト諸見里 司さんの人生について伺います。
東京井戸端ユンタク
テーマは、沖縄のサラリーマン・大和のサラリーマン

再生