月別アーカイブ: 2020年8月

小西 由浩先生「国際刑法から見る日米地位協定」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
8月5日の放送は、沖縄国際大学 法学部 地域行政学科の小西 由浩先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「国際刑法から見る日米地位協定」(前篇)です。
再生

ホテルロイヤルオリオン

ホテルロイヤルオリオン
GO!GO!ダウンタウン 国際通り発
2020年8月5日(水)

今日はホテルロイヤルオリオンにお邪魔しています。
レストラン「かたばみ」の夏のおいしい話題を伺います。

■□■□■□■□■□■□

ホテルロイヤルオリオン
(さいおんスクエア向かい)
那覇市安里1-2-21
電話:098-866-5533(代表)
HP:http://www.royal-orion.co.jp/

再生

 方言ニュース   2020年8月5日(水)
琉球新報の記事から紹介します。
きょうの担当は上地和夫さんです。

新型コロナウイルスの感染拡大による県の緊急事態宣言を受け、
県内各地の県営公園で遊具がロープなどで囲われ、使用が禁じられています。
屋内施設や駐車場も閉鎖され、利用がウオーキングなどに限られている公園もあります。
市町村管理の公園も一部で遊具使用が禁止され、市町村が管理する体育館や野球場、
グラウンドなども多くが閉鎖されました。このうち、沖縄市の県総合運動公園は
遊具の使用禁止を含めた全施設閉鎖となっており、きょうから駐車場も閉鎖します。
期間は「当面の間」としています。  芝生で子どもを遊ばせていた沖縄市の
(45)歳の男性会社員は「感染を防ぐには仕方ない面もある。2週間ぐらいだろうから我慢するしかない。きょうが遊び納め」
と寂しそうな表情で話しました。  
 県総合運動公園の福島所長は「消毒などは毎日入念に行ってきたが、県の基準に従って閉鎖した。15日以降に警戒レベルが引き下げられれば、高齢者など感染リスクの高い人を守りながら早めに開けたい。利用者の年齢や目的、運動の種目によって密にならない方法はある。免疫力を高めるには運動も大事だ」と話しました。
再生

ホテルロイヤルオリオン

ホテルロイヤルオリオン
GO!GO!ダウンタウン 国際通り発
2020年8月4日(火)

今日はホテルロイヤルオリオンにお邪魔しています。 
バー・ラグーンから、もろみ酢やクラフトジンを使ったカクテルの話題です。

■□■□■□■□■□■□

ホテルロイヤルオリオン
(さいおんスクエア向かい)
那覇市安里1-2-21
電話:098-866-5533(代表)
HP:http://www.royal-orion.co.jp/

再生

 方言ニュース  
2020年8月4日(火)
琉球新報の記事から紹介します。

多良間中学校はこのほど、夢や目標に向かって努力する大切さを学ぶことなどを目的に、ディアマンテスのボーカルのアルベルト城間さんによるキャリア講話を開きました。
城間さんは、祖父が名護市屋我地出身のペルー日系3世としてペルーで生まれ育った
自身の半生について、歌を交えながら語り、「沖縄に来た時、100パーセント見た目もウチナーンチュなのに、
日本語がしゃべれず苦労した」と振り返りました。
また、「コンドルは飛んでいく」を歌い、「アルバイト先の居酒屋で、ペルーから
来たならこの曲を歌ってくれと言われ、一生懸命練習して沖縄に来て初めて歌った思い出の曲だ」と笑いました。
そして、14歳の時に家にあった加山雄三のレコードで日本の歌に出合い、日系人の全米のど自慢大会での優勝が
きっかけで歌手を目指したことも懐かしそうに話しました。
その上で、城間さんは「一生懸命遊んで、楽しいことを見つければ夢は広がる。
やってみたいことは何でもトライする。やってみなければ
分からないことがいっぱいある。世界は広い。多良間を愛して成長してほしい」
と語り掛け、子どもたちに勝利をつかんでほしいと
最後に「勝利の歌」を歌って
エールを送りました。
         (了)

再生

2020年8月3日 第512回目の放送分です

8月3日 第512回
2010年10月よりスタートして今年で10年目に突入したこの番組。沖縄は益々ヤマトで元気です。2020年よりは、アルゼンチン3世ながら、100パーセント沖縄の血を継ぐ演歌歌手、大城バネサを新メンバーに迎えて、目指せ紅白を応援するべく「アリーバ!バネサ」の新コーナーもスタート。ぜひお聴き下さい!
オキナワンドリーム 
ゲストは、一般社団法人日本テレワーク協会 主任研究員の平良智広さんの人生について伺います。 
アリーババネサ
「バネサとバルサン」という話題でお話します。

再生

ホテルロイヤルオリオン

ホテルロイヤルオリオン
GO!GO!ダウンタウン 国際通り発
2020年8月3日(月)

今日はホテルロイヤルオリオンにお邪魔しています。 
ホテルロイヤルオリオンにお得に宿泊できる「那覇とまーるクーポン」の話題です。

■□■□■□■□■□■□

ホテルロイヤルオリオン
(さいおんスクエア向かい)
那覇市安里1-2-21
電話:098-866-5533(代表)
HP:http://www.royal-orion.co.jp/

再生

波照間でサトウキビ干ばつ被害

方言ニュース    
2020年8月3日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

竹富町の波照間島では6月9日を
最後にまとまった雨が降っておらず、
サトウキビの干ばつ被害が広がっています。

水分の蒸発を抑えるため葉が内側に巻かれる
「ロール現象」が発生しているほか、
株出しや夏植えが一部枯れ始めています。

ため池に十分な水もなく、思うように散水も
できない状況だということで、
波照間製糖の担当者は
「ここまで雨が降らないのは
およそ40年ぶり」と話し、
生育状況を懸念しています。

6月は9日に101・5ミリの
降水量があったものの、
それ以降は6・5ミリしか雨が降っておらず、
7月に入っても少雨傾向は続いています。

今期の生産量は1万1900トンの見込みでしたが、
干ばつの影響で1万トンを割る可能性が高く、
担当者は「春植えもあまり伸びていない。
今後の状況が続けば生育に影響する」
と話します。

また、与那国島でも干ばつ気味になっています。
与那国島では今期4500トンを
計画していますが、
少雨が続けば減収につながりかねません。

JAおきなわさとうきび振興部の
担当者によりますと、
現在は農家の希望を受けて、
タンク車で散水作業を行っています。
再生

下地敏彦(しもじとしひこ)さん 【宮古島市市長】

沖縄羅針盤
毎週日曜日 午後4時半~5時 放送中
8月2日放送分

今週のコーラルラウンジは、宮古島市市長の下地敏彦(しもじとしひこ)さんとラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんのおしゃべりです。

下地さんは1945年生まれ。宮古島のご出身です。

琉球大学生物学科を卒業後、琉球政府、沖縄県庁の職員、沖縄県宮古支庁長などを歴任しました。

県庁を退職した後、旧城辺町助役や、沖縄県漁業協同組合連合会会長を経て、2009年の市長選挙で初当選。現在は3期目を勤めています。

下地さんの地元宮古島への思いや、3期目の目玉となる政策についてお聞きしました。今週はその前編です。

なお、このインタビューは7月27日に収録したものです。

再生