月別アーカイブ: 2017年2月

テディベアで芭蕉布を世界へ 大宜味村・平良さん

2017年2月28日(火)

担当は伊狩典子さんです。

琉球新報の記事からご紹介します。

大宜味村喜如嘉の平良美恵子さん(68)歳が
世界中で愛されているくまの縫いぐるみ
「テディベア」を芭蕉布で製作しました。
涼しげで軽やか、それでいて丈夫な作品は、
テディベアのような柔らかさはないものの、
伝統織物ゆえ、凜とたたずむ姿は気品が漂っています。

着物や帯など従来の伝統工芸品から懸け離れたアイデアには、
伝統を絶やしてはいけないとする作り手の思いがあるからで、
平良さんは
「世界中にテディベアのコレクターがいるのは分かっていた。
手応えは感じている」と語ります。

去年11月にはアメリカニューヨークで
県内工芸品の展示会を実施し、芭蕉布ベアは一つ千ドル、
日本円でおよそ10万円にもかかわらず
3つ売れたということで、
芭蕉布の名を世界に広げるためにも、
継続して生産・販売を続ける構えです。

しかし、芭蕉布の里・大宜味村喜如嘉は
人口減が進み、作り手も高齢化しているのが現状で、 
技術や文化の伝承には、人材不足からの焦りもありますが、
先人たちは沖縄戦を乗り越え、
時代とともに新たな命を吹き込んできたことから、
平良さんは
「先人たちの思いを知っているからこそ
余計に守らないといけない」
と話しています。 

再生

2017年2月27日 第334回目の放送分です

2月27日 第334回
うちな~噺家、藤木勇人こと志ぃさーが、秋田出身で沖縄文化に詳しいフリーのしゃべり手、佐々木仁子をアシスタントとして迎え、沖縄ヤマトグチと秋田ヤマトグチで番組内の各コーナーを軽妙につないでまいります。 そして定期レギュラーとして神奈川・東京WEBマガジン、ハブコネクションの釣本忠勝編集長にも登場していただき、大和での沖縄芸能情報をピンポイントで届けます 。
オキナワンドリーム
ゲストは、慶應義塾大学野球部キャプテンの照屋塁さんの人生について伺います。
東京井戸端ユンタク
テーマは、沖縄の街路樹・大和の街路樹

再生

#4 2016年10月26日放送 「水納島(本部町)」

この番組は、沖縄県の離島観光・交流促進事業「島あっちぃ」を通して
沖縄の島の魅力を紹介する番組です。

今回は、水納島のコーディネーターとお電話をつないで
「島あっちぃ」プログラムに参加した皆さんの話などを伺いました。

番組の感想、離島での思い出など、皆様からのメッセージをお待ちしています。

「島あっちぃ応援隊」番組メールアドレス
rito864@rokinawa.co.jp

【パーソナリティ】小橋川結子、開 梨香(株式会社カルティベイト社長)
再生

#21 2017年2月22日放送分「伊江島」

この番組は、沖縄県の離島観光・交流促進事業「島あっちぃ」を通して
沖縄の島の魅力を紹介する番組です。

今回は、伊江島のコーディネーターとお電話をつないで
「島あっちぃ」プログラムに参加した皆さんの話などを伺いました。

番組の感想、離島での思い出など、皆様からのメッセージをお待ちしています。

「島あっちぃ応援隊」番組メールアドレス
rito864@rokinawa.co.jp

【パーソナリティ】小橋川結子、開 梨香(株式会社カルティベイト社長)
再生

2つの区が交流する「にるみ食堂」 にぎわう

方言ニュース 
2017年2月27日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

おいしい食事を味わいながら
鮮やかに生けられた花を囲むなど、
大宜味村上原と根路銘の2つの区が交流する根路銘公民館の「にるみ食堂」が
地域住民でにぎわっています。

「にるみ」は根路銘の昔からの呼び名で、
上原は1928年までは、根路銘の行政区、
つまり、ムラに属していたため、
ウンガミや豊年踊りも一緒に行われています。

上原が山手にあり、
日ごろは交流する機会が少ないため、
毎月1回、百円交流食堂を立ち上げたもので、
去年7月から夕方5時にオープンしており、
根路銘区会計の(75)歳の女性は
「区民や上原の方とも交流ができて
喜んでいただいている」と話しています。

今月も店開きと同時に、
農作業を終えた区民や仕事帰りの人、
上原区から親子らが次々と来店し、
「おばあは元気?学校は楽しい」など、
子どもから高齢者まで会話が弾み、
楽しい夕食会となっており、
このうち、子どもと来店した
上原区の団地に住む(40)歳の女性は
「ウンガミのエイサーで名前しか
分からない人とも
いろいろな話ができて楽しい」と笑顔で話していました。
再生