月別アーカイブ: 2016年12月

フリー

12月30日(金)
テーマ「フリー」
担当は小橋川結子アナウンサー

※2016年最後の放送。
 今年一年ポッドキャストをお聴き頂きありがとうございました。

再生

「今年の自分に満足ですか?」

12月30日のアンケー島!

「今年の自分に満足ですか?」

A「はい。満足しています」68%
B「いいえ。もう少し頑張れたかな」32%

ティーサージ的沖縄の普通はAでした!

※「ティーサージ・パラダイス」
2017年1月2日(月)、3日(火)は特別編成のため休止となります。ポッドキャストの配信もございません。ご了承ください。

再生

クセになっている

パーソナリティー
SUSU・小橋川結子アナウンサー

・SMAP×SMAP最終回
・現代のリアル吸血鬼
・結婚の新しい形「共生婚」

【オトナの学校~夜の特別授業~】
1時間目「国語」
2時間目「偉人」

おまけあり

ヨルノイッポン大募集中!

次回のお題
「『苦しゅうない、近う寄れ』よっていったら何をされた?」

お題も募集中!
susu@rokinawa.co.jp

再生

発掘人骨から分かる宮古島の歴史

2016年12月28日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

宮古島市教育委員会の今年度の公開活用事業文化講座
「最新の研究が解き明かす宮古の歴史」が
このほど、宮古島市中央公民館で開かれ、
元琉球大学助教の土肥直美さんが
宮古島の人骨調査から判明した調査結果を講演しました。

この中で、土肥さんは、
市内平良の外間遺跡から出土した人骨のミトコンドリアDNAを分析すると、
男性は北アジアに多いG1タイプで、
女性は沖縄に特に多いM7aタイプが検知されたと説明し、
「M7aは母方からしか由来しない。
もしかしたら宮古が発祥なのかもしれない」と話しました。

また、土肥さんは、外間遺跡から出土した男性の人骨は
身長が高めで体形はガッチリしていたとし、
「一般的に貝塚時代の人は海によく出ていて、上半身がガッチリしている。
農耕時代になると、下半身がガッチリする傾向だ。
外間の人は上半身がガッチリしていたので、
海の仕事をしていたのかもしれない」と予測しました。

さらに、土肥さんは近年の宮古島の発掘状況について、
グスク時代の人骨の出土が増えきていると説明し、
「グスク時代が始まる直前の遺跡が出てきており、
今、宮古からワクワクするような
人類史の発見が見つかっている」と強調しました。
再生