カテゴリー別アーカイブ: 沖国大ラジオ講座~万国津梁を目指して~

高哲央先生財政力指数から見る沖縄県」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
4月14日の放送は、経済学部 経済学科の高 哲央先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「財政力指数から見る沖縄県」(前篇)です。

再生

前津榮健学長「創立50周年を迎える沖縄国際大学」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
4月7日の放送は、沖縄国際大学の前津 榮健学長を迎えてお送りしました。
お話のテーマは「創立50周年を迎える沖縄国際大学」(後篇)です。

再生

前津榮健学長「創立50周年を迎える沖縄国際大学」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
3月31日の放送は、沖縄国際大学の前津 榮健学長を迎えてお送りしました。
お話のテーマは「創立50周年を迎える沖縄国際大学」(前篇)です。

再生

照屋翔大先生「かわる学校の姿~学校イメージのアップデート(更新)のススメ~」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
3月24日の放送は、経済学部 経済学科の照屋 翔大先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「かわる学校の姿~学校イメージのアップデート(更新)のススメ~」(後篇)です。

再生

照屋翔大先生「かわる学校の姿~学校イメージのアップデート(更新)のススメ~」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
3月17日の放送は、経済学部 経済学科の照屋 翔大先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「かわる学校の姿~学校イメージのアップデート(更新)のススメ~」(前篇)です。

再生

大城絢子「データサイエンス教育がもたらす可能性について」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
3月10日の放送は、経済学部 経済学科の大城 絢子先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「データサイエンス教育がもたらす可能性について」(後篇)です。

再生

大城絢子「データサイエンス教育がもたらす可能性について」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
3月3日の放送は、経済学部 経済学科の大城 絢子先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「データサイエンス教育がもたらす可能性について」(前篇)です。

再生

月野楓子先生「沖縄・人の移動・ラテンアメリカ・スペイン語」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
2月17日の放送は、総合文化学部 社会文化学科の月野 楓子先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「沖縄・人の移動・ラテンアメリカ・スペイン語」(後篇)です。

再生

月野楓子先生「沖縄・人の移動・ラテンアメリカ・スペイン語」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
2月17日の放送は、総合文化学部 社会文化学科の月野 楓子先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「沖縄・人の移動・ラテンアメリカ・スペイン語」(前篇)です。

再生

上江洲純子先生「倒産から『社会』がみえる~『倒産』のイメチェン大作戦!?~」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
2月10日の放送は、法学部 地域行政学科の上江洲 純子先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「倒産から『社会』がみえる~『倒産』のイメチェン大作戦!?~」(後篇)です。

再生