カテゴリー別アーカイブ: 沖国大ラジオ講座~万国津梁を目指して~

鵜池 幸雄先生「会計によって何が見えるか?(会計は何を見ているか?)」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
4月17日の放送では、産業情報学部 企業システム学科の鵜池 幸雄先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「会計によって何が見えるか?(会計は何を見ているか?)」(前篇)です。

再生

長嶋 佐央里先生「税金は必要ですか?ー財政学とはどんな学問か」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
4月10日の放送では、経済学部 経済学科の長嶋 佐央里先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「税金は必要ですか?ー財政学とはどんな学問か」(後篇)です。
再生

長嶋 佐央里先生「税金は必要ですか?ー財政学とはどんな学問か」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
4月3日の放送では、経済学部 経済学科の長嶋 佐央里先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「税金は必要ですか?ー財政学とはどんな学問か」(前篇)です。

再生

平山 篤史先生「心理療法を通して学ぶ支援のこころ」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
3月27日の放送では、総合文化学部 人間福祉学科 心理カウンセリング専攻の平山 篤史先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「心理療法を通して学ぶ支援のこころ」(後篇)です。
再生

平山 篤史先生「心理療法を通して学ぶ支援のこころ」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
3月20日の放送では、総合文化学部 人間福祉学科 心理カウンセリング専攻の平山 篤史先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「心理療法を通して学ぶ支援のこころ」(前篇)です。
再生

山川 彩子先生「あんやたん!沖縄の貝! 貝類利用の移り変わり」

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
3月13日の放送では、経済学部 地域環境政策学科の山川 彩子先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「あんやたん!沖縄の貝! 貝類利用の移り変わり」です。
再生

山川 彩子先生「沖縄をとりまく海岸環境~サンゴ礁から砂浜まで~」

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
3月6日の放送では、経済学部 地域環境政策学科の山川 彩子先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「沖縄をとりまく海岸環境~サンゴ礁から砂浜まで~」です。
再生

岩田 直子先生「障害学~障害者の視点から社会を見つめる~」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
2月27日の放送では、総合文化学部 人間福祉学科の岩田 直子先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「障害学~障害者の視点から社会を見つめる~」(後篇)です。
再生

岩田 直子先生「障害学~障害者の視点から社会を見つめる~」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
2月20日の放送では、総合文化学部 人間福祉学科の岩田 直子先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「障害学~障害者の視点から社会を見つめる~」(前篇)です。
再生

桃原 千英子先生「国語科教育とアクティブ・ラーニング」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
2月13日の放送では、総合文化学部 日本文化学科の桃原 千英子先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「国語科教育とアクティブ・ラーニング」(後篇)です。
再生