カテゴリー別アーカイブ: 沖国大ラジオ講座~万国津梁を目指して~

黒柳 保則先生「知事の二つの帽子」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
12月4日の放送では、法学部 地域行政学科の黒柳 保則先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「知事の二つの帽子」(後篇)です。
再生

黒柳 保則先生「知事の二つの帽子」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
11月27日の放送では、法学部 地域行政学科の黒柳 保則先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「知事の二つの帽子」(前篇)です。
再生

西迫 大祐先生「法哲学から予防接種を考える」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
11月20日の放送では、法学部 法律学科の西迫 大祐先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「法哲学から予防接種を考える」(後篇)です。
再生

西迫 大祐先生「法哲学から予防接種を考える」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
11月13日の放送では、法学部 法律学科の西迫 大祐先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「法哲学から予防接種を考える」(前篇)です。
再生

桃原 一彦先生「社会学から沖縄社会のいまを捉える」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
11月6日の放送では、総合文化学部 人間福祉学科の桃原 一彦先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「社会学から沖縄社会のいまを捉える」(後篇)です。
再生

桃原 一彦先生「社会学から沖縄社会のいまを捉える」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
10月30日の放送では、総合文化学部 人間福祉学科の桃原 一彦先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「社会学から沖縄社会のいまを捉える」(前篇)です。
再生

前堂 志乃先生「心理学を学ぶということ」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
10月23日の放送では、総合文化学部 人間福祉学科の前堂 志乃先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「心理学を学ぶということ」(後篇)です。
再生

前堂 志乃先生「心理学を学ぶということ」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
10月16日の放送では、総合文化学部 人間福祉学科の前堂 志乃先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「心理学を学ぶということ」(前篇)です。
再生

菅森 聡先生「原価計算と原価管理」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
10月9日の放送では、産業情報学部 企業システム学科の菅森 聡先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「原価計算と原価管理」(後篇)です。
再生

菅森 聡先生「原価計算と原価管理」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
10月2日の放送では、産業情報学部 企業システム学科の菅森 聡先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「原価計算と原価管理」(前篇)です。
再生