カテゴリー別アーカイブ: 沖国大ラジオ講座~万国津梁を目指して~

岡野 薫先生「ドイツ語圏について学ぶということ」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
8月21日の放送では、総合文化学部 英米言語文化学科の 岡野 薫先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「ドイツ語圏について学ぶということ」(前篇)です。
再生

田場裕規 先生「令和と萬葉集」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
8月14日の放送では、総合文化学部 日本文化学科の 田場裕規先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「令和と萬葉集」(後篇)です。
再生

田場裕規 先生「令和と萬葉集」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
8月7日の放送では、総合文化学部 日本文化学科の 田場裕規先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「令和と萬葉集」(前篇)です。
再生

イ・サンジョン先生「観光マーケティングにおける観光ブランドの意義」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
7月31日の放送では、産業情報学部 企業システム学科のイ・サンジョン先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「観光マーケティングにおける観光ブランドの意義」(後篇)です。
再生

イ・サンジョン先生「観光マーケティングにおける観光ブランドの意義」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
7月24日の放送では、産業情報学部 企業システム学科のイ・サンジョン先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「観光マーケティングにおける観光ブランドの意義」(前篇)です。
再生

前泊 博盛先生「『沖縄経済』は、いま~課題と展望~」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
7月17日の放送では、経済学部 地域環境政策学科の前泊 博盛先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「『沖縄経済』は、いま~課題と展望~」(後篇)です。
再生

2019年7月10日 放送分

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
7月10日の放送では、経済学部 地域環境政策学科の前泊 博盛先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「『沖縄経済』は、いま~課題と展望~」(前篇)です。
再生

曹 真先生「人工知能とロボットの光と影」(影篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
7月3日の放送では、産業情報学部 産業情報学科の曹 真先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「人工知能とロボットの光と影」(影篇)です。
再生

曹 真先生「人工知能とロボットの光と影」(光篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
6月26日の放送では、産業情報学部 産業情報学科の曹 真先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「人工知能とロボットの光と影」(光篇)です。
再生

藤波 潔先生「歴史を学ぶということ」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
6月19日の放送では、総合文化学部 社会文化学科の藤波 潔先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「歴史を学ぶということ」(後篇)です。
再生