カテゴリー別アーカイブ: 沖国大ラジオ講座~万国津梁を目指して~

比屋定泰治先生「国際法ってどんな法?」

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
10月17日の放送では、法学部 法律学科の比屋定泰治先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「考古学ゼミではどんなことを学んでいるの?」です。
再生

上原靜先生「考古学ゼミではどんなことを学んでいるの?(後編)」

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
10月10日の放送では、総合文化学部 社会文化学科の上原靜先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「考古学ゼミではどんなことを学んでいるの?」です。
再生

上原靜先生「考古学ゼミではどんなことを学んでいるの?」

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
10月3日の放送では、総合文化学部 社会文化学科の上原靜先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「考古学ゼミではどんなことを学んでいるの?」です。
再生

平敷卓先生「地域の視点から経済を考えるー沖縄経済の現状と課題」後編

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
9月26日の放送では、経済学部 経済学科の平敷卓先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「地域の視点から経済を考えるー沖縄経済の現状と課題」です。
再生

平敷卓先生「地域の視点から経済を考えるー沖縄経済の現状と課題」

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
9月19日の放送では、経済学部 経済学科の平敷卓先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「地域の視点から経済を考えるー沖縄経済の現状と課題」です。
再生

野村れいか先生「カウンセラーは人の心が分かる?!」

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
9月12日の放送では、総合文化学部 人間福祉学科 心理カウンセリング専攻 の 野村れいか先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「カウンセラーは人の心が分かる?!」です。
再生

井上 泉先生「翻訳の世界から『プロフェッショナル』を考える(後編)」

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
8月29日の放送では、総合文化学部 英米言語文化学科 の 井上泉先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「翻訳の世界から『プロフェッショナル』を考える」です。
再生

井上 泉先生「翻訳の世界から『プロフェッショナル』を考える」

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
8月22日の放送では、総合文化学部 英米言語文化学科 の 井上泉先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「翻訳の世界から『プロフェッショナル』を考える」です。
再生

石垣 直(なおき)先生「文化人類学、沖縄及びアジア・太平洋地域の社会文化を学ぶことの意義」

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
8月15日の放送では、総合文化学部 社会文化学科 の 石垣 直(なおき)先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「文化人類学、沖縄及びアジア・太平洋地域の社会文化を学ぶことの意義」です。
再生

総合文化学部 社会文化学科 の 石垣 直(なおき)先生「文化人類学、沖縄及びアジア・太平洋地域の社会文化を学ぶことの意義」

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
8月8日の放送では、総合文化学部 社会文化学科 の 石垣 直(なおき)先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「文化人類学、沖縄及びアジア・太平洋地域の社会文化を学ぶことの意義」です。
再生