カテゴリー別アーカイブ: 沖国大ラジオ講座~万国津梁を目指して~

我部大和先生「琉球王国時代の史資料などからみえる琉球舞踊・組踊について」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
9月16日の放送は、 総合文化学部 日本文化学科の我部 大和先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「琉球王国時代の史資料などからみえる琉球舞踊・組踊について」(前篇)です。

再生

呉錫畢(オ・ソクピル)先生「流れる水は止めない~沖縄・日本・韓国の事例を通して」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
9月9日の放送は、 経済学部 地域環境政策学科の呉錫畢(オ・ソクピル)先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「流れる水は止めない~沖縄・日本・韓国の事例を通して」(後篇)です。

再生

呉錫畢(オ・ソクピル)先生「流れる水は止めない~沖縄・日本・韓国の事例を通して」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
9月2日の放送は、 経済学部 地域環境政策学科の呉錫畢(オ・ソクピル)先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「流れる水は止めない~沖縄・日本・韓国の事例を通して」(前篇)です。

再生

根路銘もえ子先生「情報技術を活用した観光の楽しみ方」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
8月26日の放送は、経済学部 地域環境政策学科の根路銘もえ子先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「情報技術を活用した観光の楽しみ方」(後篇)です。
再生

根路銘もえ子先生「情報技術を活用した観光の楽しみ方」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
8月19日の放送は、経済学部 地域環境政策学科の根路銘もえ子先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「情報技術を活用した観光の楽しみ方」(前篇)です。
再生

小西 由浩先生「国際刑法から見る日米地位協定」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
8月12日の放送は、沖縄国際大学 法学部 地域行政学科の小西 由浩先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「国際刑法から見る日米地位協定」(後篇)です。
再生

小西 由浩先生「国際刑法から見る日米地位協定」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
8月5日の放送は、沖縄国際大学 法学部 地域行政学科の小西 由浩先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「国際刑法から見る日米地位協定」(前篇)です。
再生

片本 恵利先生「沖縄の教職って、どうなの?教職と心理学」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
7月29日の放送は、総合文化学部 人間福祉学科の片本 恵利先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「沖国の教職って、どうなの?教職と心理学」(後篇)です。
再生

片本 恵利先生「沖縄の教職って、どうなの?教職と心理学」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
7月22日の放送は、総合文化学部 人間福祉学科の片本 恵利先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「沖国の教職って、どうなの?教職と心理学」(前篇)です。
再生

宮城 弘樹先生「土に埋もれた地域の歴史」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
7月15日の放送は、総合文化学部 社会文化学科の宮城 弘樹先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「土に埋もれた地域の歴史」(後篇)です。
再生