カテゴリー別アーカイブ: 沖国大ラジオ講座~万国津梁を目指して~

藤波 潔先生「歴史を学ぶということ」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
6月19日の放送では、総合文化学部 社会文化学科の藤波 潔先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「歴史を学ぶということ」(後篇)です。
再生

藤波 潔先生「歴史を学ぶということ」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
6月12日の放送では、総合文化学部 社会文化学科の藤波 潔先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「歴史を学ぶということ」(前篇)です。
再生

西岡 敏先生「沖縄国際大学周辺の「オモロ」「琉歌」「組踊」-フィールドで学ぶ琉球文学-」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
6月5日の放送では、総合文化学部 日本文化学科の西岡 敏先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「沖縄国際大学周辺の「オモロ」「琉歌」「組踊」-フィールドで学ぶ琉球文学-」(後篇)です。
再生

西岡 敏先生「沖縄国際大学周辺の「オモロ」「琉歌」「組踊」-フィールドで学ぶ琉球文学-」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
5月29日の放送では、総合文化学部 日本文化学科の西岡 敏先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「沖縄国際大学周辺の「オモロ」「琉歌」「組踊」-フィールドで学ぶ琉球文学-」(前篇)です。
再生

前村 昌健先生「地方財政と沖縄県の振興」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
5月22日の放送では、産業情報学部 産業情報学科の前村 昌健先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「地方財政と沖縄県の振興」(後篇)です。
再生

前村 昌健先生「地方財政と沖縄県の振興」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
5月15日の放送では、産業情報学部 産業情報学科の前村 昌健先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「地方財政と沖縄県の振興」(前篇)です。
再生

奥山 貴之先生「日本語教育ってそもそも何?」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
5月8日の放送では、総合文化学部 日本文化学科の奥山 貴之先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「日本語教育ってそもそも何?」(後篇)です。
再生

奥山 貴之先生「日本語教育ってそもそも何?」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
5月1日の放送では、総合文化学部 日本文化学科の奥山 貴之先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「日本語教育ってそもそも何?」(前篇)です。
再生

鵜池 幸雄先生「会計によって何が見えるか?(会計は何を見ているか?)」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
4月24日の放送では、産業情報学部 企業システム学科の鵜池 幸雄先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「会計によって何が見えるか?(会計は何を見ているか?)」(後篇)です。

再生

鵜池 幸雄先生「会計によって何が見えるか?(会計は何を見ているか?)」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
4月17日の放送では、産業情報学部 企業システム学科の鵜池 幸雄先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「会計によって何が見えるか?(会計は何を見ているか?)」(前篇)です。

再生