月別アーカイブ: 2017年5月

エロロン

パーソナリティー SUSU・小橋川結子アナウンサー

ゲストコメンテーター
 ビッグダディ 林下清志 さん

■今週のフクヤマ

・旦那がつまらない
・高学歴女性ほど経験人数が多い?!

【オトナの学校~夜の特別授業~】

1時間目「国語」
2時間目「地理」
3時間目「HR」

ヨルノイッポン大募集中!

次回のお題 「あなたが奇跡の男と呼ばれるのはなぜ?」

おまけあり

お題も募集中!
susu@rokinawa.co.jp

再生

ハワイで死亡の県人捕虜の墓標が見つかる

2017年5月31日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

沖縄戦で米軍の捕虜となり、
移送先の米ハワイ州で死去した
県出身男性2人のものとみられる墓標が、
オアフ島中央部ワヒアワ地区にある
米陸軍施設スコフィールド・バラック内で発見されました。

墓標は1946年に確認されていましたが、
その後、兵舎拡張のため撤去され、
移転先は不明となっていたもので、
戦後72年、遺骨を探し続けてきた遺族や
関係者からは「夢のよう」「感無量」と、
喜びの声が上がりました。

墓標には那覇市出身の安富祖泰平さん(享年37)と
糸満市出身の殿内正雄さん(享年18)の
名前と捕虜番号が記されています。

沖縄では戦時中、
3千人余の県人が捕虜となり、ハワイへ移送され、
最長1年半の抑留生活を終え、大半が帰沖しましたが、
安富祖さんと殿内さんを含む12人が現地で病気やけがで死去し、
遺骨の行方が分からなくなっていました。

12人の魂を慰めようと、遺族や元捕虜らでつくる実行委員会が、
来月4日にハワイで慰霊祭を開催します。

墓標が見つかった殿内さんの妹で、
糸満市の玉城文子さん(80)は
「まるで夢のよう。神のお導きとしか言いようがない」と感極まり、
「もう一度兄に会いたい」との思いから
急きょ、慰霊祭への参加を決めています。
再生

第60回 島唄 ボロジノ娘

5月30日(火)

内容:木曜芸能公演「百花繚乱」
   6月1日(木)島唄 ボロジノ娘

MC:玉城美香
出演者:テンブス館スタッフ 渡口宣一郎さん
    ボロジノ娘 冨里穂都美さん
          玉那覇妃音さん
          桃原来夢さん

再生

終戦前後に取られた写真 被写体の男性が判明

2017年5月30日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

琉球新報がこのほど掲載した
終戦前後にアメリカ・ハワイ州の収容所に移送された
県人捕虜の写真を巡り、
写真に写っている 元捕虜2人の身元が判明しました。

このうち、紙面で若かりし日の父親の朝保(ちょうほ)さんを見つけた
宜野湾市我如古の山本勇さん(69)歳は
「父は小柄で、なで肩だった。ひと目で父と確信した」と述べ、
72年前の写真に写し出された亡き父の姿を喜びました。

写真は当時のホノルル市ワイパフ地区の
自宅前の道路で撮影されたもので、
現地で撮影された写真はほとんど見つかっていないことから、
当時の生活を読み解く貴重な資料写真として期待が寄せられています。

山本さんによると朝保さんは生前、
ハワイでの捕虜生活を家族に語っており、
特に戦前に移住した地元我如古の知人から
弁当を差し入れしてもらうなど、
とても親切にされたという話が印象的だったと振り返りました。

2002年に家族でハワイを訪れた際、
朝保さんは捕虜時代に建設に携わったトリプラー陸軍病院を視察し、
当時の生活に思いを巡らせていたということです。
山本さんは紙面に写る父を見詰め
「生きているうちに、この写真を見せてあげたかった。
あらためて子や孫に父がたどった足跡を伝承したい」と語りました。
再生

覚ました?佐真下。

おしながき
・ピンスポのコーナー
・カタコト方言 「まちぶいん」
・心のモンスター
※ はづうたのコーナーは、コーナーの性質上Podcastにはアップできませんのでご了承ください。本放送でお楽しみくださいね♪

日曜の13時からの2時間半、ダイヤルはAM 864kHzで!

メールアドレスは → ss@rokinawa.co.jp
公式ツイッターは → https://twitter.com/service_sunday/
Twitterハッシュタグはこちらで → #ss864
LINE BLOGもやってます → http://lineblog.me/service_sunday/

再生

販売中止になったら、悲しいもの。

こちらはフリー。

今週のお便りテーマ、駆け込み需要?「販売中止になったら、悲しいもの」

おしながき
・お便りテーマ「販売中止になったら、悲しいもの」
・フリーメッセージ

日曜の13時からの2時間半、ダイヤルはAM 864kHzで!

メールアドレスは → ss@rokinawa.co.jp
公式ツイッターは → https://twitter.com/service_sunday/
Twitterハッシュタグはこちらで → #ss864
LINE BLOGもやってます → http://lineblog.me/service_sunday/

再生

2017年5月29日 第347回目の放送分です

5月29日 第347回
うちな~噺家、藤木勇人こと志ぃさーが、秋田出身で沖縄文化に詳しいフリーのしゃべり手、佐々木仁子をアシスタントとして迎え、沖縄ヤマトグチと秋田ヤマトグチで番組内の各コーナーを軽妙につないでまいります。 そして定期レギュラーとして神奈川・東京WEBマガジン、ハブコネクションの釣本忠勝編集長にも登場していただき、大和での沖縄芸能情報をピンポイントで届けます 。
オキナワンドリーム
ゲストは、格闘家 松田恵理也さんの人生について伺います。
東京井戸端ユンタク
テーマは、沖縄の香辛料・大和の香辛料

再生

還暦迎えた恩師祝うため、教え子たち集う 真志喜中 

方言ニュース  
2017年5月29日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

中学校教師として生徒たちに
バスケットボールを指導してきた
石川正信さんの定年退職に合わせ、
宜野湾市の真志喜中を卒業した
教え子たちがこのほど、
宜野湾市内で還暦祝いを開き、
およそ70人が駆け付け
「先生、ありがとう」と感謝の思いを伝え、
第二の人生に向けて激励しました。

石川さんは1981年に真志喜中へ赴任し、
バスケ部の顧問を務めました。
当初ユニホームすらなく、
初めての大会は体育着に手書きの
ゼッケンを付けて出場しましたが、

3年後には九州代表として全国大会に
出場できるほどまでに
チームを強化しました。

祝宴では、出席した全員が登壇し、
「先生のおかげで今もバスケに
携わっている」などとあいさつし、
「練習がきつくて逃げるために
跳び箱に隠れた」と具体的な思い出も
飛び出して、会場は笑顔に包まれました。
還暦祝いの赤いちゃんちゃんこの代わりに
背番号60の赤い特製ユニホームを
贈られた石川さんは「当時は若さもあり、
熱い思いをぶつけて厳しくしたこともあり、許してほしい。
大勢が集まってくれて感無量だ。
皆がそれぞれの道に
進んでいるということが私の力になる。
これからも頑張りたい」と感謝しました。
再生