月別アーカイブ: 2018年2月

「宮古島でくるりんバスが再開」

方言ニュース2月28日(水)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

今年度、2017年度の第3回宮古島市地域公共交通会議がこのほど、
宮古島市内で開かれ、去年9月から11月の期間、
宮古空港かを基点に運行した乗り合いタクシー「宮古島くるりんバス」を
4月から再開することなどが報告されました。

値段は据え置きの500円で、運行ルート上なら、どこでも乗り降りできます。
再開後は、土日は運休とするほか、運行台数や頻度、ルートを変更します。

去年に実施された「くるりんバス」の延べ利用者数は1405人で、
1日あたりの利用者数は15・8人でした。ほとんどの乗客は空港から利用しました。

再開後は、市民になじみの深い呼称として時計回りを「大漁まわり」、
反時計回りを「豊年まわり」と呼ぶことを確認し、
運行台数は以前の4台から2台に減らします。

千円の1日乗車券を発行するほか、指定の宿泊施設前で
乗り降りできるサービスも新たに実施します。

宮古タクシー事業協同組合の下地会長は
「利用者のほとんどが空港で乗り降りするのは課題だ。
本当は地元の人の足としてもっと活用してほしい。
将来的には電気自動車にするなど工夫して、PRしたい」と話しました。

再生

思い出のクルチの大木 沖縄と三重繋ぐ

2018年2月27日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

沖縄と三重県の絆をつなぐ一本のクルチの木が、
沖縄市高原に住む
城間幸一さん、安子さん夫婦の自宅にあります。

沖縄海邦国体が開催された31年前、
城間さん夫婦が三重県代表の高校生9人を
民宿先として受け入れ、記念として一緒に植樹したもので、
1987年10月27日、
幸一さんの44歳の誕生日に植樹し、
当初の3メートルほどの高さから
およそ8メートルに成長しました。

毎年1回、専門業者に依頼して
大事に手入れを続けています。
9人は陸上の代表選手で、
朝は幸一さんが小型バスで会場まで送り、
夜は広い畳間でみんなで雑魚寝しました。
亡くなった幸一さんの母親のカマドさんが
沖縄の歴史や文化を教えました。

今も定期的に来県する出口智美さんは
夫婦を「沖縄の親」と慕い、
このほど両親や成人した娘ら一家9人で
1年ぶりに来県して、
市内の沖縄そば屋で城間さん夫婦と夕食を共にしました。

出口さんは
「木が成長しているのを見るとうれしくなる。
ずっと大事に木を育て、ずっと家族のように接していただいて、
本当にありがたい」
と感謝を口にし、幸一さんは
「来ればいつでも歓迎したい。これからもつながり続けたい」
と満面の笑顔で語っていました。
再生

2018年2月26日 第386回目の放送分です

2月26日 第386回
うちな~噺家、藤木勇人こと志ぃさーが、秋田出身で沖縄文化に詳しいフリーのしゃべり手、佐々木仁子をアシスタントとして迎え、沖縄ヤマトグチと秋田ヤマトグチで番組内の各コーナーを軽妙につないでまいります。 そして定期レギュラーとして神奈川・東京WEBマガジン、ハブコネクションの釣本忠勝編集長にも登場していただき、大和での沖縄芸能情報をピンポイントで届けます 。
オキナワンドリーム
ゲストは、広島東洋カープ編成部 編成課長 比嘉 寿光(としみつ)さんの人生について伺います。
東京井戸端ユンタク
テーマは、沖縄のやちむん・大和の焼き物

再生

第29回新唄大賞 各賞決まる

方言ニュース
2018年2月26日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

新作の沖縄民謡のコンクール
新唄大賞の公開審査会がきのう、
沖縄市ミュージックタウン音市場で
開かれ、
訪れたおよそ400人の観客を
魅了しました。

新唄大賞は沖縄民謡の発展と継承を
目的にラジオ沖縄が
毎年開いているもので、
29回目となる今回は15作品が
本選に出場しました。

審査の結果、
「花に花蕾(はなにはなちぶみ)」を
歌った照喜名竹美さんが
大賞・グランプリを受賞しました。
3度目の挑戦で大賞を受賞した
照喜名さんは
「女性が経験する嬉しさ・喜び・
怖さなどの気持ちを、
花の中に花が咲いたという例えで
表現した。
4月に生まれてくる子と一緒に
ステージに立てて嬉しい。
お父さん、お母さん生んでくれて
ありがとう。
私もこれから子どもを生みますが、
そうやって生命が繋がっているのですね」
と興奮した様子で、喜びを語りました。

このほか歌唱賞には
「あんまー寄言」を歌った
名嘉愛理さんが、

また、「愛さ栄昇節」を歌った
護栄得栄昇さんが
大衆賞を受賞するなど、
各賞が決まりました。

新唄大賞公開審査会の模様は
来月4日、日曜日の夜7時から
ラジオ沖縄で放送します。

再生

オープニングトーク『みーかー旦那に弁当作って持たせてるけど、買ったほうが安いときもあって悩む』

2月25日放送分

給食係
「沖縄県内のおいしいお店を紹介」

きしゅへんロックンロール第153回
「スマホどんな機種使ってるのか教えて」
※au沖縄セルラーからのお知らせは放送日時点の情報です。

掲示係
「街で見かけたおもしろ看板や、地域の話題」

再生

2018年2月24日放送 祝!お誕生日(フライング)

2018年2月24日(土) 放送分 
第190回

ラジオ沖縄でコッソリ放送中♪
オンエアの一部を抜粋してお届けしま★

~おしながき~
・オープニング
・たまトピ!
・おたよりコーナー
・お誕生日スペシャル

※ゲストコメント、曲は省いておりますm(__)m

★Twitter★
@tama_age
★ブログ★
http://tamaagee.ti-da.net/
再生

鈴木洋一(すずきよういち)さん【沖縄県飲食業生活衛生同業組合理事長】

沖縄羅針盤
毎週日曜日 午後4時半~5時 放送中
2月25日放送分

今週のコーラルラウンジは、沖縄県飲食業生活衛生同業組合理事長の鈴木洋一(すずきよういち)さんとラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんのおしゃべりです。

鈴木さんは1955年生まれ。那覇市のご出身です。

1973年、那覇高校を卒業後、法政大学に進学。卒業後は沖縄へ戻り「りうぼうレストラン」に入社。飲食業界の道を進みます。

その後、数々の飲食店を経営、運営し、飲食業経営のアドバイザーや青年会議所の諸活動を積極的に行っておられます。2014年に現職の沖縄県飲食生活衛生共同組合の理事長に就任しました。

コーラルラウンジには初めてのご出演です。沖縄文化から外食店のトレンドまで、幅広い議論をしています。急増している外国人観光客への対応や、これからの課題について、話してもらいました。

再生

泊の散歩

赤瓦ちょーびんのぐぶりーさびら 
毎週日曜日 午前9時~9時30分 放送中
2月25日放送分
フリーのガイドで
元沖縄観光コンベンションビューローの
歴史文化コーディネーターを務める赤瓦ちょーびんが
独特の語り口で沖縄の歴史、文化、民俗についてご紹介します。
今回は、『泊の散歩』
を、お送りします。

赤瓦ちょーびんホームページ始めました。

https://沖縄歴史観光.com
番組同様、歴史 風俗 イベント等 満載です。
赤瓦ちょーびんの 画像も ありますよ。
ちょーびんへの 質問コーナーも
随時 募集中です。
お待ちしています。
番組へのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで
aka@rokinawa.co.jp
再生