カテゴリー別アーカイブ: 方言ニュース

園長が自作の絵本を読み聞かせ 宮古島のひよどり保育園 

方言ニュース  
2017年8月21日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

宮古島市平良のひよどり保育園園長の
花城千枝子さんは、自作の絵本を制作し子どもたちに読み聞かせをしています。

創作の材料は日頃の保育で触れ合う
子どもたちで、
6月には園庭の木の巣にすむハトの
巣立ちを追った「ハトぽっぽのヒナちゃん」
という絵本を作成し、
保護者から「涙があふれてきた」などと
評判を呼びました。

花城さんは2000年に研修でドイツを訪れた際、
現地の子どもたちの写真を撮影し
冊子にまとめた経験から
創作活動を始めました。

中でも、2002年に制作し、
長年子どもたちに読み聞かせをしている
絵本が「グワッペのぼうけん」です。

園児が園庭にいた子ガエルをズボンの
ポケットに入れたまま帰宅した出来事を
モチーフにした作品で、
ズボンは洗濯されましたが、
子ガエルは生きており、
翌日、親ガエルに再会する
までの様子をユーモラスに描いたものです。

花城さんは「園の日常を絵本にしているが、
絵本は保育の中の出来事を
子どもや保護者に見せる手段だ。
読み聞かせをすると子どもたちが身近に
感じてくれ、保護者も喜んでくれる。
保育に心の豊かさが加われればいい」
と柔和な表情で話しています。

再生

米須小の赤ちゃんヤギ「ホッシー」と命名

2017年8月18日(金)
担当 糸数昌和先生

琉球新報の記事から紹介します。

雌のヤギ2匹を飼っていた糸満市の米須小学校でこのほど、赤ちゃんヤギが生まれ、
想定外の出来事に児童や教諭らは驚きながらも、
新しい命の誕生を喜びました。ハッピーが出産した雄の子ヤギの名前は児童から公募しました。

全校朝会で生徒が挙手をし、「ホッシー」に決まり、
ホッシーはすぐに学校のアイドルになり、児童からかわいがられています。
命名した4年生の玉城幸里さんは「星のようにキラキラ輝くように名付けた」と笑顔で語りました。

実は母ヤギのハッピーには放浪癖があり、学校を抜け出して行方不明になり、
駐在所に捜索願を出したこともありました。
今年1月にも脱走し、雄ヤギがいる近所のヤギ小屋で発見されたということで、
幸地校長は「脱走した時に恋が成就したのかもしれない」と推測し、
児童にも説明しました。

ヤギの草を集めるのは大変ですが、地域の協力を得ながら世話をしているということで、
飼育委員で6年の山城達也君と吉原咲羽さんは
「ハッピーは子どもを産んでから、ゆったりして言うことを聞くようになった。
ホッシーも元気に育ってほしい」
と話しています。

再生

沖縄市の国道330号で乱横断が問題化

2017年8月17日(木)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

沖縄市内の国道330号などで、
歩行者が横断歩道以外で車道を横切る
「乱横断」が問題となっています。

「事故が集中している」とされる
コザ十字路と安慶名十字路の間では、
去年7月から今年6月までの1年間で
4人の人身事故が発生し、過去には死亡事故もありました。

沖縄署によりますと、
乱横断による交通事故が起きやすい状況や場所の特徴は、
車の交通量が少ない夜間や早朝、
直進が多く漫然と運転しがちな場所、
店など歩行者が横切るニーズがある場所などが挙げられ、
コザ十字路と安慶名十字路の間では、
車道を挟んで反対側にある道沿いのスーパーや飲食店を目的に
乱横断する人が多いということです。

胡屋十字路と胡屋北交差点の間も乱横断が目立ちます。

国道を管理する南部国道事務所が、
同じく乱横断が目立つ胡屋十字路と
中央パークアベニュー入り口の胡屋北交差点の間に
「横断キケン」「横断歩道を渡りましょう」と書いた看板を7カ所に設置し、
乱横断をしないよう呼び掛けていますが、
沖縄署交通対策課の呉屋課長は
「高齢者が夜間に1人で横切ることが多いため、
家族も含めて注意してほしい。
ハイライトを使うなどして早期の発見を心掛けてほしい」
と注意喚起しています。
再生

琉球絣事業協同組合、ポーラ賞受賞

2017年8月17日(木)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

伝統文化の継承や振興に貢献した個人や団体に贈られる
「第37回伝統文化ポーラ賞」の受賞者がこのほど決まり、
地域賞に県内から南風原花織の保存・伝承に貢献し
た琉球絣事業協同組合が輝きました。

県内からのポーラ賞受賞は2年ぶり22件目で、
10月24日に東京都で贈呈式が開かれます。

琉球絣事業協同組合の設立は1975年で、
生産者の減少に歯止めをかけるため、
1981年から琉球絣や南風原花織の
後継者育成事業を開始しました。

また、ことし1月、南風原花織が国の伝統工芸品に
指定されたことを受け、今月から南風原花織に特化した
後継者育成事業も始めました。

琉球絣事業協同組合の城間理事長は
「国の伝統工芸品に指定され、地域の皆さんが南風原花織の
素晴らしさを再確認でき、このような大きな賞につながったと思う。
尊い文化遺産を伝えていけるよう地域一丸となって頑張りたい」
と話しました。
再生

伝統文化ポーラ賞の受賞者決まる

「伝統文化ポーラ賞の受賞者決まる」
方言ニュース8月16日(水)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

伝統文化の継承や振興に貢献した個人や団体に贈られる
「第37回伝統文化ポーラ賞」の受賞者がこのほど決まり、
地域賞に県内から南風原花織の保存・伝承に貢献した琉球絣事業協同組合が輝きました。

県内からのポーラ賞受賞は2年ぶり22件目で、
10月24日に東京都で贈呈式が開かれます。

琉球絣事業協同組合の設立は1975年で、生産者の減少に歯止めをかけるため、
1981年から琉球絣や南風原花織の後継者育成事業を開始しました。

また、ことし1月、南風原花織が国の伝統工芸品に指定されたことを受け、
今月から南風原花織に特化した後継者育成事業も始めました。

琉球絣事業協同組合の城間理事長は
「国の伝統工芸品に指定され、
地域の皆さんが南風原花織の素晴らしさを再確認でき、
このような大きな賞につながったと思う。
尊い文化遺産を伝えていけるよう地域一丸となって頑張りたい」と話しました。

再生

阿麻和利出陣祭はじまる 世界遺産・勝連城跡を絵と光で彩る

2017年8月15日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

世界遺産の勝連城跡を
巨大な絵と光で彩る「阿麻和利出陣祭」が
今月20日まで開かれています。
期間中は午後7時半から10時まで
ライトアップされもので、入場は無料です。

児童らに城跡内にあったとされる
建物の巨大絵画を描くことで、
地元の世界遺産に
興味を持ってもらうことなどを目的とした
「勝連城復活プロジェクト」の一環で、
うるま市立南原小の児童299人と
園児31人全員が描いた縦9メートル、
横23メートルの巨大な城の絵を
「二の曲輪」に設置し、
城壁を含めてライトアップしました。

6年の男子児童は
「迫力がある。
こうして建物が建った様子を見ると、
昔もこうだったのかなと想像できる」
と話しました。

一方、うるま市健康支援課は去る7日の夜、
勝連南風原の世界遺産勝連城跡「三の曲輪」で
「お城とお月さまとヨガ」を開きました。

雲の晴れ間から満月も見ることができ、
参加者たちは夏の涼風を浴び、
ライトアップされた勝連城跡と
満月を眺めながら、幻想的な風景の中、
ヨガを楽しんでいました。

奥田しのぶさん(50)歳は
「世界遺産で、しかも満月を眺めながら
ヨガをすると聞いて駆け付けた。
すごく良い体験ができた」
と笑顔を浮かべていました。
再生

糸満で初の「イベント民泊」 糸満ふるさと祭りに合わせ

方言ニュース  
2017年8月14日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

今月19日と20の両日に開かれる
第29回糸満ふるさと祭りの期間中、
市内の宿泊施設不足に対応しようと、糸満市は初めて「イベント民泊」を
市内の民家で実施します。

県内でのイベント民泊は、
今年2月に広島東洋カープの
沖縄キャンプに合わせて実施した
沖縄市に次いで2例目で、
糸満市は、受け入れる市内の家庭と、
宿泊を希望する市外の人を募集しています。

糸満市では、これまで農家が簡易宿所の
営業許可を取って宿泊を受け入れる
「農泊」に取り組み、
現在およそ40件が登録していますが、
イベント民泊は、
旅館業法に基づく営業許可がなくても
一般家庭で年1回、
宿泊サービスを提供できる制度です。

宿泊は19日と20日を含む前後の数日間、
1人1泊素泊まり4千円で、
申し込みは15日までです。

糸満市は今回の反応を見て、
ハーレーや大綱引き、
ピースフルイルミネーションなどでも
民泊を広げたい考えで、
糸満市の担当者は「ふるさと祭りは
毎年さまざまなイベントが行われる。
イベント民泊でホテルとは違った
『ディープな糸満』を味わってほしい」
と宿泊を呼び掛けています。

再生

アタマジラミの新治療薬の臨床試験始まる

2017年8月10日(木)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

耐性が強く、国内の市販薬剤では効かない
沖縄のアタマジラミ症の新しい治療薬剤の臨床試験を、
琉球大学とアース製薬が共同で進めています。

アタマジラミはシラミの一種で、
頭に寄生して激しいかゆみを引き起こします。

頭同士の接触や寝具、タオルなどを介して移り、
幼稚園や保育園、学童など低年齢で流行することが多く、
命を脅かすものではありませんが、
かゆみが続くことで集中力が低下する弊害があり、
感染力が強く増殖も早いため、早期発見が重要です。

中学生にも感染が広がるなど県内でまん延している現状に、
琉大は、有効な薬剤がないだけでなく、
フケと勘違いするなどして発見が遅れることで、
きょうだいや保護者ら家族間に感染が広がっているとみており、
「治らないからと保護者が娘の髪を短く刈ってしまった事例もあり、
シラミが原因でいじめにつながりかねない」と
有効な治療薬がない現状を語っています。

研究を進める医師は
「新規薬剤は、海外ではすでに安価で市販されている。
有効な薬剤が簡単に安心して早く使えるようにしたい」と語り、
臨床試験への参加を呼び掛けていて、
30人ほどに使用してもらい、効果と安全性を確かめた上で
国内承認を目指す考えです。
再生

台湾の国立台湾大学が琉球人の遺骨を返還する意向を示す

台湾の国立台湾大学はこのほど、大学医学院体質人類学研究室で
琉球人の遺骨63体を保管していることを明らかにし、
沖縄側に返還する意向を示しました。

ただ時期や返還先などは示されていないことから、
研究者らは台湾大学への働き掛けを続ける方針です。
遺骨は1928年から1929年にかけ、
人類学者らが今帰仁村の百按司墓などから持ち出したものとみられます。
旧帝国大学の研究者らが持ち出し、返還されていない琉球人遺骨は
京都大学にも保管されていることが、研究者らによって明らかになっていますが、
これまで大学当局が遺骨を保管している事実を明らかにしたことはなく、
返還の意向を示すのも初めてです。

中華琉球研究学会は、「琉球民族遺骨返還研究会」代表の
松島泰勝龍谷大教授と連携し、遺骨の返還を台湾大学に働き掛けてきましたが、
琉球人遺骨と共に、台湾先住民の遺骨も返還するよう要求していますが、
松島教授は「実際に返還されるかどうかは不明確で、引き続き働き掛ける必要がある」
と話しました。
両団体は今月中に京都大学に対しても、台湾先住民の遺骨保管状況を質問し、
返還を求めることにしています。

再生

宜野湾高&南風原高コラボ演舞 全国高校総合文化祭

2017年8月8日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

宮城県でこのほど開かれた全国高校総合文化祭で、
パレード部門に参加した
宜野湾高校吹奏楽部と南風原高校郷土芸能部は、
仙台市のアーケード通りで「街角コンサート」を開き、
道行く人を楽しませました。

一昨年の高文祭で
雨のためパレードが中止になり、
南風原高校郷土芸能部が
演舞を披露できないまま帰ったことがあり、
今回、宜野湾高校吹奏楽部と一緒に
高文祭以外の別の場所でも
演奏や演舞ができないか模索したところ、
声がかかったもので、
宜野湾高校の吹奏楽部がポンポンを持ったダンスや
楽器を持たない「エアー吹奏楽」のパフォーマンスを、
南風原高校郷土芸能部は琉装を身にまとい、
四つ竹をカチカチと打ち鳴らした華やかな踊りや雑踊り、
エイサーを披露しました。

買い物に訪れた女性は
「耳慣れない音楽、踊りで見入ってしまった。
沖縄の伝統踊りは独特の上に華やかで、楽しい」
と語りました。

一方、郷土芸能部門には
八重山高校と八重山農林高校が参加し、
八重山高校は黒島の伝統芸能
「豊年笠おどり」や「コームッサー」をにぎやかに舞い、
八重山農林高校は、
「雨乞い祭祀儀礼」を再現した荘厳な演舞を披露し、
参加した女子生徒は
「緊張よりわくわくが大きかった。
すごく楽しめた良い舞台だった」
と笑顔で語っていました。
再生