カテゴリー別アーカイブ: 方言ニュース

台風原因の赤土流出 農水産物に被害

方言ニュース    

2020年9月14日(月)放送分

琉球新報の記事から紹介します。

宜野座村の水産業者が台風などに伴う
赤土の流出被害に悩まされています。

村内のある海ブドウ養殖業者は先月から
今月に相次いだ台風による赤土流出で
被害額がおよそ500万円に上りました。

海ブドウの養殖は海から吸い上げた海水を
使用します。

台風などによる豪雨で赤土が海に流出すると、
その赤土が養殖用のいけすまで運ばれ、
赤土が付着した海ブドウは白く変色し、
成長が止まってしまうため、
出荷できなくなるということで、
業者は「被害は甚大だ。県や村は抜本的な
対策を講じてほしい」と訴えています。

また、赤土が海に流出すると日光が遮られ、
生育環境が悪くなってモズクが
枯れてしまうということで、
村漁業協同組合は6月、村に要請書を提出し、
赤土流出を「漁民いじめ」とし
「村の発展は村からいじめをなくすこと」
と対応を強く求めています。

一方、先月下旬から今月上旬の台風に伴う赤土流出は、
サトウキビを植える時期と重なり、
地面が露出している畑が多かったことも
影響していそうで、
村は農家に緑肥の種や、
畑を覆うビニールなどを提供していますが
追い付いていないのが現状です。

村の担当者は「サトウキビ農家に対策を周知し、
さらに進めていきたい」と説明しています。
再生

沖縄尚学高等学校内で、エコキャップ運動を実施

方言ニュース9月11日(金)放送分。
今日の担当は林京子さんです。
琉球新報の記事からお伝えします。

沖縄尚学高校2年の幸喜そらさんと岸前莉愛来さんはこのほど、ペットボトルのふたを集めてリサイクルする「エコキャップ運動」を校内で実施しました。

エコキャップ運動はペットボトルのふたをリサイクルして製品に変え、収益を途上国へのワクチン提供や医療支援などに役立てる取り組みで、SDGs=持続可能な開発目標のゴール3「すべての人に健康と福祉を」と、ゴール12「つくる責任つかう責任」を結び付けて展開し、 1か月ほどでおよそ4万個のキャップが集まりました。

幸喜さんと岸前さんは去年4月から学校の寮で生活しており、2人は「ボランティアが好き、人の役に立ちたい」という思いから寮生を対象にエコキャップ運動を始めましたが、「運動とSDGsを多くの人に知ってもらいたい」と思い、全校生徒を巻き込んだプロジェクトにしました。

幸喜さんは「2人で企画して実践したことで自主性が高まった」とうれしそうに話し、岸前さんは「沖尚に来てやりたいことに取り組み、楽しかったし、たくさん学ぶことがあった。SDGsは高校生でもできることがある」と達成感をにじませました。

再生

那覇西高校水泳部 仲間と一緒に献血へ

方言ニュース   

2020年9月7日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

県立那覇西高校水泳部の2年生メンバーらが
このほど、那覇市久茂地の
くもじ献血ルームで献血しました。

新型コロナウイルスによる臨時休校のさなか、
「部活ができないなら社会貢献を」という
マネジャーの玉城笑来さんの呼び掛けに
部員が応じたもので、
献血したのは玉城さんと水泳部員7人のほか、
那覇高校に通う玉城さんの双子の妹の
夏祈さんの合わせて9人です。

玉城さんは看護師の母親から
「コロナ禍で血液が不足している」
との話を聞き、献血に興味を持ちました。

4月に1人で献血を試みましたが
怖くてできなかったということで、
部活動の仲間と一緒なら献血できると思い、
LINEでメッセージを送ったり、
呼び掛けたりして賛同者を集めました。

夏休み明けも臨時休校で練習ができない中、
部活動の顧問から
「部活ができるのは世界が平和だからだ。
コロナ禍でも自分にできることを考えて」
と言われたことも後押しとなりました。

献血当日、玉城さんは先陣を切って挑戦し、
「怖かったけど、みんなの方が怖いと思い、
一番最初に行った。
終わってみると全然痛くなかった。
次回献血ができるのが楽しみ」と話し、
部員らは「自分の血が困っている人の役に立つ」
と達成感を口にしたということです。
再生

中城小学校でリモート読み聞かせが行われる

中城小学校でこのほど、読み聞かせサークル「くれよんの会」によるリモート読み聞かせが行われました。

新型コロナウイルスによる休校や活動自粛で、20年間続く週1回の読み聞かせも中断を余儀なくされ、児童も長引く自粛で思うように遊べず、制限される日々を過ごしている中、「絵本の読み聞かせを聞いているひと時だけでもストレスの軽減になれば」と感染症対策を整え、初の試みに取り組みました。

27人の会員のうち4人から5人で放送室から全校児童へ読み聞かせを行い、読み手、撮影者、モニターチェック、音声係が思いを込めて「スイミー」の絵本を発信しました。

4年生の女子児童は「くれよんの会の皆さんが教室に来られなくても、テレビを使って学校のみんなに会いたいと思う気持ちがうれしかった」とはにかんで答え、崎濱陽子校長は「地域の方々の頑張りは、児童や教職員にとっても勉強になる」と語りました。

会員らの打ち合わせは感染予防も考慮し、SNS=会員制交流サイトで行い、読み聞かせ当日、放送室で1回限りの本番を迎える会員らは、連携の強みを自信に変え、地域の子どもたちとのつながりを楽しみながら絵本の魅力を伝えていきます。
再生

例年と違うウンケー 重箱は小さめ

方言ニュース

2020年8月31日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事からお伝えします。

きょうは旧盆のウンケー。
お中元を持参して訪問し、仏壇に重箱を供え、
集まった親せきでオードブルを囲む姿が一般的ですが、
コロナ禍の今年は様子が異なっています。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、
大人数で集まることを控える家庭が
多くなっているためで、
今年のオードブルや重箱は「小さめ」が
売れ筋となっています。

宜野湾市のケータリング会社によりますと、
例年は5、6人用のオードブルを
複数台購入する客が多くいますが、
今年は3,4人用と小さいものを1台だけ
購入する客や、
「取り分けは感染が心配」という理由で、
弁当を注文する客が増えているということです。

「予約は例年の4割。
大打撃だが、注文してくれるお客様のために
柔軟に対応したい」として、
宅配の配達可能エリアを広げました。

一方、親戚宅を訪問するのを控える人が多いため、
お中元は「ネット注文」や「配送」が
トレンドとなっており、
イオン琉球では、お中元のネット販売が
2倍に増えました。

重箱やオードブルもネットスーパーで注文し、
ドライブスルーでも受け取れるようにした店舗もあり、
「いつもとは違うお盆だが、
先祖を思う気持ちは変わらないだろう。
気持ちに応えられる提案をしていきたい」
としています。
再生

道路美化ボランティア活動の輪が広がる

那覇市道壺屋松尾線の一部で、通称「神原ホルト通り」を清掃する「神花きっず」の活動の輪が広がっています。

神花きっずは市の支援を受けて道路美化を行う市道路ボランティアに登録しており、毎月最終日の日曜日の朝、ポイ捨てされた空き缶やペットボトル、弁当の容器、たばこの吸い殻などのごみを集めています。

沿道に季節の花も植えて市内の環境美化にも貢献しています。神花きっずの由利玲子(りょうこ)代表の家族が沿道の植物の根元にたくさんのごみが捨てられていたのを目の当たりにし、去年の春から家族4人でごみ拾いを始め、去年6月に地域住民らと13人で神花きっずを結成しました。

「神原ホルト通り通信」も発行して活動を発信し、参加を呼び掛けています。

メンバーのほかにも賛同者を募り、14回目の活動となった先月26日の清掃には壺屋と神原の両小学校、神原中学校の児童生徒や保護者、地域住民ら60人以上が参加しました。

神原中学校生徒会長の島袋葵さんは「清掃後のきれいな状態が保たれれば、ごみを捨てる人はいなくなると思う。ポスターを作り、美化を呼び掛けたい」と話しました。
再生

ハブクラゲ カツオノエボシに注意

方言ニュース    

2020年8月24日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

うるま市消防本部はハブクラゲや
カツオノエボシに刺されるなどして、
救急搬送された人が今月1日から19日の間に
11人に上っているとして、
「肌の露出を避け、
ハブクラゲ侵入防止ネットが設置された
ビーチを利用してほしい」
と注意を呼び掛けています。

救急搬送人数はハブクラゲに刺された人が9人、
カツオノエボシが2人で、
被害を受けた主な場所は
うるま市海中道路海岸線、
浜比嘉島の浜比嘉地区海岸、
比嘉漁港海岸などです。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため
クラゲ対策が整ったビーチが閉鎖された影響で、
海岸で泳ぐ人が増えている可能性があり、
県保健医療部の担当者は「自治体やホテルなど、
ビーチ管理者にネットの有無や
閉鎖されていないかを確認して遊泳してほしい。
または遊泳自体を控えてほしい」
と呼び掛けています。

猛毒を持つハブクラゲは6月から9月ごろ、
人に被害を与える大きさに成長し、
過去には死亡事故も発生していることから、
県はハブクラゲ発生注意報を発表しています。

また、カツオノエボシは外洋性のクラゲで
毒を持ち、風の強い日などに岸に
打ち寄せられることがあります。

去年の海洋危険生物の
被害件数は県全体で166件で、
このうち37件がハブクラゲが原因でした。

再生

那覇市の石嶺小学校で認知症についての理解を深める

認知症について正しく理解してもらおうと、認知症サポーター要請がこのほど、那覇市立石嶺小学校で1年生を対象に開かれ、オリブ山病院の精神科医の仲里尚実さんらが認知症を患った人への接し方を教えました。

認知症はさまざまな原因で脳の細胞が壊れ、日常の生活が困難になった状態を指すもので、仲里さんは認知症の高齢者が2025年に700万人を超え、65歳以上の5人1人が認知症になると推計されていることを紹介し、「人ごとではなく自分たちの問題だ」と強調しました。

また、仲里さんは、加齢による物忘れが「目の前の人の名前が思い出せない」のに対し、認知症の記憶障がいは「目の前の人が誰か分からないこと」と違いを説明し、「本人に自覚がないというのは間違いで、本人が一番苦しんでいる」と指摘しました。

その上で、仲里さんは「接し方次第で良くなることもある。症状に腹を立てず、説教をしないこと。相手に合わせて演技をして」と説きました。

受講した仰皇輝さんは「物忘れと認知症が違うものだと分かった。認知症になった人に優しく接したい」と感想を話しました。
再生

北部でシークヮーサー 原因不明の立ち枯れ

方言ニュース
   
2020年8月17日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

シークヮーサーの産地として知られる
沖縄本島北部地区で、
原因不明の立ち枯れの被害が広がっています。

幹が何らかの原因で腐り、
葉が黄みがかっておよそ1年で枯れるもので、
北部では名護市の他、大宜味村や本部町、
国頭村でも立ち枯れの報告があることから、
今後、県と共に実態の把握や
対応を検討する構えです。

被害が報告され始めたのは十数年前で、
大宜味村ではおよそ5千坪の農地の半分で
被害が確認されました。

シークヮーサーの木を食べる
ゴマダラカミキリなどによる食害の他、
土壌に病原菌が含まれている疫病の可能性も
考えられますが、
現段階で原因は特定できていません。

疫病に有効な農薬は2種類登録されていますが、
改善しない事例もあるということです。

本部町の栽培農家の男性は
「雨水の流れに沿って被害が出ている印象だ。
土を全部入れ替えない限り栽培は厳しい。
原因と対処法がはっきりするといいのだが」
と話しました。

県営農支援課は
「虫による食害や台風による被害などが考えられるが、
原因はよく分かっていない。
被害が多くなっているので、
まずは虫の被害か病気かを判断したい」
と述べ、
対策会議を開いて対応を協議する
考えを示しました。
再生

柳の木 風にそよぐよ 奥間川

国頭村奥間にある奥間川では、川沿いに植えられた柳の木が、川のせせらぎに合わせて風にそよぎ、地域の住民や訪れる人々に癒しを与えています。

奥間区の玉城逸男さん(70)歳が16年前から育て始め、10本が3メートルから4メートルほどの大きさに成長しました。

奥間区出身の玉城さんは、高校卒業後に本土で就職し、54歳の時に退職して、ふるさとに戻りました。

当時、奥間川の川沿いは樹木が生い茂り、水遊びや鑑賞に向いているとは言えない状態で、長年過ごした本土での生活で、川辺に並ぶ美しい柳の木を見てきた玉城さんは「川をきれいに、安全にすることで故郷に恩返しがしたい。沖縄にも柳の木を」との思いから、ボランティアで川の清掃活動と緑化活動を始めました。

そこで、柳の名所として知られる東京・銀座のある中央区役所に掛け合い、苗となる挿し木用の柳を入手し栽培しました。

今では川での水遊びに訪れる家族連れの姿が後を絶ちません。「もっと柳を増やしたい」と笑顔で語る玉城さんは、「多くの人に来てもらい、癒されていってほしい。ボランティアに参加してくれる方も大歓迎」と呼び掛け、妻の洋子さんと挿し木の栽培や緑化活動に励んでいます。
再生