カテゴリー別アーカイブ: 方言ニュース

賞金の一部を首里城復興へ寄付、中城村の吉長さん親子

方言ニュース2020年3月31日(火)
琉球新報の記事から紹介します。

読谷村の体験王国むら咲きむらで開催された
「ランタンオブジェコンテスト」で、
首里城をつくり金賞に選ばれた中城村の吉長千博さん親子がこのほど、
5万円の賞金のうち3万円を首里城復興への支援金として琉球新報社へ託しました。

吉長さんは「当たり前にあると思っていた首里城が焼失して初めて、
ウチナーンチュにとっての宝だったことに気付かされた。
県民の力で再建できるよう今後も支援していく」と述べました。

吉長さんは9歳と4歳の息子とおよそ1週間かけて作品を作り上げました。

制作した首里城は針金や布、琉球松などごく身近にある材料を
使うことにこだわったということで、
「首里城の再建も寄付金を基に、時間がかかっても沖縄にある材料、
沖縄に住んでいる人、沖縄の技術で造ることが大事」だと話し、
「そうすることにより、県民がより愛着を持ち、大事にできるはずだ」と信じています。

首里城に行ったことがなく、写真を見ながら作品をつくった9歳の息子は
「復元されたら必ず見に行く」と話し、一日も早い再建を願いました。
再生

別れの季節 海の上からお見送り

方言ニュース   
2020年3月30日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

竹富町西表島にある町立船浦中学校の
生徒らがこのほど、上原港に集まり、
転勤で学校を離れる教員を見送りました。

港には在校生や保護者らおよそ30人が集まり、
生徒らは校歌を歌い、
離任する3人の教員を笑顔で送り出しました。

また、校歌を歌ったりテープを投げたりするなど、
島を離れる教員を激励する離島ならではの
光景が見られ、
船上から教員が、桟橋から生徒らが、
互いに見えなくなるまで手を振り合いました。

船が桟橋を離れると生徒数人が海に飛び込み、  
海上から手を振りました。

海に飛び込んだ2年生で、
生徒会長の末吉英星さんは「寂しいけれど、
また新しい気持ちで頑張ってという
気持ちで送り出した」と話しました。

仲田欣五校長は
「本島ではなかなか見られない光景で、
とてもありがたい。
離れる教員の励みにもなると思う」
と語りました。
再生

車椅子のミュージシャン謝花さん、旅立つ中学生にエール

那覇市立寄宮中学校は去る2日、年間を通して生徒の人権教育に協力した車いすのミュージシャン謝花勇武さん(41)歳を学校に招いて、3年生を送る会を開き、謝花さんがボーカルを務めるバンド「コンスタントグロウ」の代表曲「さくらはまだか」を合唱し、1年間の絆を確認しました。本来は卒業式に招いて一緒に歌う予定でしたが、新型コロナウイルスによる肺炎拡大のために出席者が制限されるため、急きょ送る会が企画されました。清掃中に流れている「さくらはまだか」は学校のテーマソングのような位置付けで、急な合唱でも3年生は歌詞を見ることなく歌い上げました。徐々に筋力が低下する脊髄性筋萎縮症により、車いす生活をする謝花さんは生徒に「自分を好きになって」と伝えたかったということで、「中学生は悩みが多いが、自分を好きになってあげると、大切な人もできる。僕はこの体が好きで、誰にも譲りたくない。その感覚を持ってもらいたかった。自分のために、自分の人生を歩んで」と、旅立つ生徒にエールを送りました。卒業後、格闘家を目指す男子生徒は「勇武さんのおかげで自分を好きになり自信を持つことができた。みんなで歌えて良かった」と感謝しました。
再生

新型コロナ、県内のイベント会社や劇場などに打撃

方言ニュース2020年3月25日(水)
琉球新報の記事から紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に、
政府が最初にイベントや公演の自粛を要請した
先月26日から今月15日までの影響について、
琉球新報はイベント関連会社や
県内の劇場などを対象にアンケートを実施しました。

それによりますと、対象期間の損失額は、
イベント関連会社5社が合わせておよそ1412万円、
劇場13カ所が合わせておよそ594万円、
ライブハウス4カ所が合わせておよそ332万円でした。

また、中止になったイベント件数はイベント関連会社が68件、
劇場が81件、ライブハウスが20件でした。

劇場とライブハウスは損失の割合が最大なものとして、
外部の団体や個人に劇場を貸した際に発生する
貸劇場料の損失を挙げる回答が多く見られました。

回答金額に音響や照明の使用料を含んでいない劇場もあり、
実際の損失はさらに膨らむと思われます。

「チケットの売り上げだけでおよそ600万円の損失がある」と答えた
県内のイベント運営会社の担当者は「3月は全公演が中止。4月もほぼない状態だ」
と先を見通せない現状に肩を落とし、
「仕事がない人には自宅待機をしてもらっている。
5月以降も同じ状況が続けば、会社の存続も厳しくなる」と嘆息しました。

再生

クラウドファンディングでアメリカ横断へ

2020年3月24日(火)

琉球新報の記事から紹介します。

沖縄市の比嘉麻乃さん(25)歳は、
先天性脳性まひのため車いすで生活する姉の美紀さん、
それに兄と共にアメリカ横断の旅を実現しようと、
リフト付きキャンピングカーのレンタル費用を
クラウドファンディングで集めています。

麻乃さんは学生時代に世界一周や
ヒッチハイクを経験しました。
旅先ではやりたいことを
追及していきる人たちと出会い、
旅から戻ると、きょうだいの生き方について
考えるようになりました。

美紀さんは念願の一人暮らしを始めたものの
精神的に不安定になり、
生きる希望を失いつつありました。
兄はやりたいことに踏み出せず、
仕事を転々とする日々を過ごしています。

麻乃さんは「家族を元気にしたい」との思いが生まれ、
旅を決めました。
英語が大好きという美紀さん。
居住する友人に会いたいという願望もあり、
旅先をアメリカにしました。

5月7日に出発し、
およそ40日かけて横断する予定で、
美紀さんは
「旅は不安のほうが大きいけれど楽しみ」とほほ笑み、
麻乃さんは「楽しむことが一番の目的。
旅を通して2人が生き生きと過ごすきっかけになってほしい。
応援してくれる温かい人たちがいることを知った」
と笑顔を見せています。

再生

やんばる すっかり「うりずん」の季節

方言ニュース    
2020年3月23日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

少年のころにやんばるで育った人には懐かしい
ギーマが咲き、夢中になって探し回った
ツルグミが赤く熟し、
やんばるはすっかり「うりずん」の季節を
迎えています。

日当たりの良い山道脇でよく見られるギーマは
2メートルから4メートルのほどの低木で、
花は白色でやや赤みを帯びており、
釣り鐘上の花を下向きにいっぱい付けます。

果実は少年らの大好物で、
方言名がそのまま和名になりました。

ゲーマ、ギマとも呼ばれるツルグミは
半つる性の常緑低木で、
1月に白い小さな花を付けます。

芳香があり先端が4つに裂け、
3月か4月に果実は熟します。

方言でクービとも呼ばれ、
かつてやんばるの子どもたちは競って
果実を摘んで食べていました。

那覇から久しぶりにやんばるに来たという
76歳の男性は
「ゲーマもグミも懐かしい思い出ばかり。
よく食べたよ」
と笑顔で思い出話をしていました。

一方、山道を行くと土手などでは
真っ白い花「シャリンバイ」が迎えてくれます。

「車輪梅」と書き、
枝の分裂する様子が車輪のようで花が梅に
似ていることからその名が付き、
白色または淡紅色の花をいっぱい付けます。

花は香りがあり、樹皮から作られた染料は
大島紬に使われます。
再生

県立辺土名高校で飼育されているヤギが2匹の子ヤギを出産

県立辺士名高校で飼育しているヤギの「もも」が去年の8月に続き、先月20日、2匹の子ヤギを出産しました。今回の出産はちょうど昼休み時間で、生徒らが立ち会いました。第1発見者は環境科1年の岸田梨愛奈さんと普通科2年の杉山純さんで、2人は昼食時間、普段は穏やかな「もも」の尋常でない鳴き声に気付き、環境科担当の東竜一郎教諭にすぐさま連絡しました。3人が駆け付けた時は「もも」が苦しそうにもがき白目をむいて失神しており、子ヤギは頭が見えているものの足が引っ掛かり、難産の様子だったということです。声を掛けながら1匹目を東教諭が引っ張り出すと、続いて2匹目も無事誕生しました。杉山さんは「初めは人の叫び声だと思った。無事誕生して良かった」と話しました。また、岸田さんは「2匹目が出てきた時は驚いた。寄り添っているのを見てかわいいと思った」と喜びました。辺士名高校では環境科の生徒がヤギの生態の研究もしていることから、生まれた子ヤギは「辺士名高校生き物博物館」の一員となり、研究にも一役買うことになります
再生

県内稲作発祥の地で田植え

方言ニュース2020年3月18日(水)
琉球新報の記事から紹介します。

稲作発祥の地とされる受水走水がある南城市玉城仲村渠区はこのほど、
仲村渠稲作会の大城洋介会長や区民と共に下田区の田んぼで稲作の苗を植えつけました。

仲村渠樋川から流れる豊富な水を活用して稲作発祥の文化を復活させようと
2017年に「稲作会」を発足させ、取り組んできたもので、
田植えには山川区長、親子連れの会員らおよそ50人が参加しました。

稲の植えつけには瑞慶覧長敏市長も駆けつけ、
ズボンの裾をまくり上げて稲代に入って苗を取り、
一列に並んで懸命に田植えに取り組みました。

また、父母らと一緒に訪れた4歳児や小学生も、苗を運んだりして作業を楽しみました。

一息入れた瑞慶覧市長は
「5月ごろまでに稲穂が順調に育っているのを楽しみにしている」と語りました。

稲作会では、受水走水の親田で古代米を大切に育てて販売し、
毎年開催される綱引きの費用に充てています。

再生

アメリカ大統領へ届け アミークス小の生徒たちが手紙

2020年3月17日(火)

琉球新報の記事から紹介します。

うるま市のアミークス小学校でこのほど、
4年生の生徒47人がアメリカの大統領に向けて
手紙を書きました。

去年10月にあった首里城消失の現状だけでなく、
豊かな自然など沖縄の魅力について伝える内容です。
手紙は生徒たちが選んだギフトと一緒に
ホワイトハウスへ送ります。

アミークス小学校では毎年、
「郷土学習」の一環として首里城を訪れていましたが、
去年の消失を受け、
改めて魅力を海外に発信するための取り組みを始め、
先月2月には焼け跡で外国人観光客に英語で聞き取りをしたり、
アメリカ軍基地内の小学生に
首里城の歴史や文化を伝えたりしました。

今回書いた手紙は首里城の状態や
観光業への影響について説明しながらも、
県内に数多くある観光地や伝統工芸品など
沖縄の魅力も紹介するポジティブな内容となりました。

また、ホワイトハウスに手紙と合わせて送られるギフトには、
児童らが校外学習で選んだシーサーの置物やコースター、
ホタル石の雑貨、箸などがあり、
シーサーの持つ魔除けなど、ギフトの説明も添えられています。

男子児童は
「首里城は燃えてしまったけれど、
きれいな海など他にもいいところがたくさんある。
ぜひ大統領にも沖縄に来てほしい」はにかんで話しました。

再生

県内の小中学校 臨時休校期間 短縮

方言ニュース   
2020年3月16日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

八重瀬町と今帰仁村は12日、
新型コロナウイルスの感染拡大防止のための
小中学校の臨時休校期間を短縮し、
きょうから学校を再開することを決めました。

八重瀬町の臨時休校は当初24日までの予定でしたが、
県内で新たな感染者が出ていないことなどから
きょうから学校を再開しました。

給食の手配が間に合わず、
きょうは給食なしの午前中授業で、
あすから給食を提供します。

教室の換気やうがい、
手洗いを徹底するなど感染防止に努め、
中学校は校内での部活動も再開します。

また、今帰仁村は一部で授業日数が
不足していることや、
県内で新たな感染者が出ていないことなどから
小学校は24日、中学校は17日としていた 
春休み前日までの休校予定を短縮し、
きょうから再開しました。

給食も提供し、
今月、3月分の給食費は村が負担します。

一方、臨時休校を実施していない伊平屋村は、
修了式が予定されている19日まで
休校しないことを決定しました。
再生