カテゴリー別アーカイブ: 方言ニュース

沖縄市で風呂屋の歴史を振り返る企画展

方言ニュース  
2017年2月20日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。
県内の風呂屋の歴史をまとめた企画展が、
沖縄市中央の沖縄市戦後文化資料展示室
「ヒストリート2(ツー)」で開かれています。

風呂屋は戦前から市民に親しまれ、
展示資料によりますと、
沖縄で風呂屋が誕生したのは
1680年でした。

既に那覇地域には「湯屋(ゆや)」が
あったということですが、
入浴は習慣化されてはおらず、
徐々に増え出したのは明治期以降で、
その後、収容所から多くの人が帰郷した
戦後復興とともにさらに広がり、
全盛期の1960年代初頭には
県内に311軒、
沖縄市内だけで30軒以上が林立しました。

しかし、1970年代に入り、
家庭用風呂の普及や
湯沸かし用燃料の高騰で衰退が進み、
今では、県内には沖縄市安慶田の
「中乃湯(なかのゆ)」1軒のみとなりました。

企画展では、番台が外にあるなど
沖縄風呂屋の特徴の解説や写真、
旧コザ市内にあった店舗名なども
紹介されており、
沖縄市史編集の担当者は
「戦後の沖縄では風呂屋は市民の情報交換、
子どもたちの社会教育の場として親しまれた。
生活の香りを感じてほしい」
と来場を呼び掛けています。
再生

北中城村石平に「夫婦シーサー」が設置される

2017年2月17日(金)
担当は、糸数昌和先生です。

琉球新報の記事から紹介します。

北中城村石平の普天間川沿いに植樹されたヒカンザクラの近くにこのほど、「夫婦シーサー」が設置されました。
桜の開花を前に「満開の桜の下で、縁結びの名所になってもらいたい」と、
普天間川の再生を目指す「家人衆会」が設置したもので、
家人衆会では、普天間川の清掃や植樹活動などを2002年から実施しており、
2005年には川沿いの両脇のおよそ1キロに合わせて300本余のヒカンザクラを植樹しました。

楚南会長は
「およそ5年前から桜もつぼみを付け始め、3年前から、家人衆会で桜まつり』も始めた」
と川沿い周辺の活性化に挑んでおり、シーサーの設置を機に
「新たな石平の名物にし、中部地域の桜の名所にしたい」
と願いを込めています。

また、夫婦シーサー制作者で、40年以上陶芸に携わる山内米一さんは
「この場所に合う、優しい顔のシーサーを作品の中から選んだ」と語り、
石平地域の新名所確立へ向け
「若い男女がシーサーを参拝し、恋愛が成就できるような場になってほしい」と笑顔を浮かべていました。
再生

『平和のうた』が二ヶ月ぶりに再開

「『平和のうた』が二ヶ月ぶりに再開」
方言ニュース2月16日(木)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

おととし12月にスタートし、
琉球新報で毎週日曜日の1面に掲載されてきた企画「平和のうた」が、
およそ2ヶ月の休載を経て、12日付の紙面から再開されました。

「平和のうた」はより多くの人に参加してもらいたいとの思いから、
形式や決まり事にこだわりすぎず、ちむぐくるやユイマール精神、
先祖や自然への敬い、大切な人への思い、何気ない日常の尊さなど、
日々の暮らしの中で感じた「平和」を自由に表現するもので、琉球新報が募集しています。

新たな選者は出版社ボーダインクの喜納えりかさんが務めます。
「平和のうた」の選考はこれまで各分野の専門家を交えて行ってきましたが、
今年はあえて専門的な視点を外し、作者や読み手の感性を大事にしたいとの思いから、
喜納さん一人での選考を依頼したもので、
喜納さんは
「自分なりの目線で、相手の人生や来し方を想像しながら選考したい」と意気込んでいます。
12日に掲載された女性の短歌は
「作者の内側から出てきた切実な言葉が心に残った」ということで、
最初の選考を終えた喜納さんは
「選考を通して、会ったことのない作者の歩んできた人生を考える機会になった」
と語りました。
再生

東京の学生らが沖縄戦戦没者の遺骨収集

2017年2月15日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

東京のNPO法人国際ボランティア学生協会の
第1陣87人がこのほど、
南城市内で沖縄戦戦没者の遺骨収集作業を実施し、
戦没者の者と思われる細かい骨やくし、
歯ブラシの柄などが見つかりました。

18日からは第2陣の80人が来県し、
3日間にわたり収集作業をする予定です。

遺骨収集は全国各地の大学生が参加し、
2011年から4年連続で実施しているもので、
来県前に人骨の特徴や沖縄の歴史などについて学び、
知識を深めた他、南風原文化センターや
ひめゆり平和祈念資料館などを訪れ、
平和についても考えました。

学生たちはおよそ20の班に分かれて
収集作業に当たりましたが、
狭くて暗いガマ(自然壕)の中で
作業をしていた大学1年の男子学生は
「遺骨をお迎えしたいと思い初めて参加した。
もし遺骨が出て迎えられたら丁寧に取り上げたい。
将来の夢は社会科の教師なので、
歴史に触れる機会にしたい」と話し、
丁寧に掘った土を選別していました。

また、初めて参加した大学2年の女子大生は
「ガマは身を守るために入った所なので、
ちょっとでも遺骨が見つかればいいなと思う」と、
戦没者に思いをはせながら黙々と土を掘り起こしていました。
再生

東村立高江中学校 68年の歴史に幕

2017年2月14日(火)

担当は伊狩典子さんです。

琉球新報の記事からご紹介します。

東村立高江中学校で今月4日、
68年の学校の歴史に幕を下ろす閉校式が開かれ、
在校生や卒業生、
地元住民や村関係者らおよそ150人が出席し、
長年の歴史を刻んだ学校の閉校を惜しみました。

高江中学校は今年4月、
東中学校と有銘中学校と統合され、
新たに東中学校として開校します。

式典では、2人女子生徒があいさつし、
「高江中は地域的に
大変で厳しい場所にあるにもかかわらず、
負けることなく先輩方が学校の歴史を築いてきた。
本当に閉校してしまうんだと感じ、
心の中に寂しさをこらえることはできなかった」
と目に涙をためながら涙ながらに語り、
「皆さんと一緒に歩んだ日々は大事な宝物です。
私たちのふるさと高江地区が輝かしい
未来を育んでいきますように」と
前を見据えながらあいさつしました。

また、閉校式には、多くの卒業生も訪れ、
1974年卒業の57歳の女性は
「私たちの頃は、プールや体育館もなくて
運動場でバレーをして擦り傷をつくりながらやっていた。
思い出のある学校が統合されるのはやっぱり寂しいけど、
子どもたちは元気に明るく育っていると思う」
と話していました。
再生

十六日祭 先祖を供養

方言ニュース  
2017年2月13日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

きのう12日は旧暦1月16日にあたり、
後生の正月とされる「十六日祭」が、
特に盛んな宮古や八重山地方を含めて
県内各地で行われ、
仏壇や墓前にごちそうを供え、
先祖を供養する姿が見られました。

このうち、那覇市西の三重城では、
多くの家族連れがごちそうの入った重箱を広げ、
出身地の離島の方角に
感謝の祈りをささげていましたが、
4歳の孫娘を含む家族6人で来ていた
那覇市の(66)歳の男性は
「これからも家族を
見守ってくださいという気持ちで
毎年訪れている」と話していました。

また、浦添市の70代の夫婦は
出身の宮古島の方角に向かい、
手を合わせ、
夫は「先祖に気持ちが届くよう、
夫婦2人で仲良くしている」
と笑顔で話し、
妻は宮古島の言葉のミャークフツで
「先祖のおかげで私たちがいる。
家族仲良くしているので
安心してください」と語り掛けていました。
再生

子育てママの居場所づくり「やぁまぁる」

琉球新報の記事から紹介します。

那覇市内に住む県外出身の母親たち4人が、
親子の居場所づくりを始めています。
手掛けるのは那覇市に住む
西谷美穂さん(36)歳と
伊藤純子さん(40)らママ友4人で、
月に1度、伊藤さんが松尾にある平屋の
自宅を開放し、イベント「やぁまぁる」を
開いています。
4人は「県内に知り合いがいなくて
困っているママが気軽に来られる
場所にしたい」と話しています。
西谷さんは5年前に神奈川県から
沖縄に移住し、夫も本土出身者のため、
沖縄に親戚や家族はいませんが、
近所に住む仲間らと出会い、
友達がいたから育児の相談が
できたことから、
知り合いがいなくて1人で悩んでいる
ママもいると思い、
子育て中の母親たちの力になろうと、
仲間と親子で気軽に集える
居場所づくりを企画しました。 
このほど開かれた「やぁまぁる」では、
子どもたちがたくさんのおもちゃに
はしゃぐ姿も見られ、
初めて参加した(33)歳の女性は
「お母さん同士が集まる場所があると
ストレスが発散できる。
みんな子ども連れだから
気を使わなくていい」
と笑顔を見せていました。

再生

平和の礎に刻銘された名前が彫られたお守りが見つかる

「平和の礎に刻銘された名前が彫られたお守りが見つかる」
方言ニュース2月9日(木)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

八重瀬町安里で先月に発見された
日本兵と思われる遺骨のそばにあった遺留品から、
「村本福次」の名前が彫られたお守りのようなものが見つかりました。

つぶれてさびた水筒にくっついていたものが
偶然はがれ落ちて出てきたもので、
糸満市摩文仁の県平和祈念財団戦没者遺骨収集情報センターが
おとといまでに確認しました。

遺骨収集のきっかけとなった1983年の琉球新報連載の
「戦渦を掘る」に掲載されている独立混成第44旅団工兵隊の
村本福次隊長と同姓同名で、平和の礎では熊本県出身者として刻銘されています。

お守りらしき物は真ちゅう製で縦がおよそ3センチ、
横がおよそ2センチの楕円形で、さびや土などを取り除くと
「村本福次」の名前と、反対面に大日如来が彫られていました。

センターによりますと、平和の礎では熊本県出身者の刻銘版に
「村本福次」の名前がありますが、生年月日と死亡年月日は不明で、
同姓同名はいないということです。

再生

石垣市教育委員会が5人未満の公立幼稚園の休園措置見送り

2017年2月8日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

石垣市教育委員会は、
今年4月から実施する予定だった
5人未満の公立幼稚園の休園措置を見送りました。

地域の強い反発や過疎化対策に
逆行するという意見などを受け判断し、
2年後に先送りすることを決めたもので、
「休園対象になる人数も含めて検討する期間」と位置付けた上で、
市民や有識者、現場の教員も入った組織で
議論を深める必要性を提起しました。

市教育委員会は休園措置について、
集団での教育の大切さに加え、
幼稚園職員の平準化を理由に理解を求めていました。

休園に伴い3歳児枠に広げた幼稚園に
配置する職員を確保したい思惑が透けて見え、
子どもを預けたい保護者には安心できる環境が整うものの、
結果的には待機児童解消の目標に向けて
小規模園が犠牲になる構図となっています。

過疎地域の保育に詳しい熊本学園大学の宮里六郎教授は、
市教育委員会の主張する集団教育を疑問視し、
「幼稚園は地域づくりの拠点になり、
子育てのしやすさは地域に人を呼び込むことになる。
保育機能も加えるなど多機能をどう加えるかが大事ではないか」と提起しており、
2年の期限に縛られず、地域の特性に合わせた子育て環境について
議論を深めることが求められています。
再生

病理の仕事をもっと知って ドラマダンスに合わせPR

2017年2月7日(火)

担当は伊狩典子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

昨年末に放送されたテレビドラマ
「逃げるは恥だが役に立つ」のテーマ曲の「恋」に合わせ、
琉球大学大学院医学研究科 腫瘍病理学講座の医師らが踊る
「病理は地味だが役に立つ」が
インターネット上で話題になっています。

動画は医師の玉城智子さんが企画し、
講座の新年のあいさつを兼ねて制作したもので、
腫瘍病理学講座の医師や教授、学生20人が参加し、
実際に使用している顕微鏡などを前に
仕事場で撮影しました。
これまでに12万回以上再生されています。

映像編集やロゴマークを作成した医師の仲地里織さんは
「できるだけ本物に似るようにした」と振り返り、
玉城さんは
「医師や医学部以外の人にも広まり、
こんなに多く再生されるとは思っていなかった」
と驚いた様子で語りました。

病理医は患者の体からの組織や腫瘍の細胞などを
顕微鏡で観察し、
病気の種類や性質などを最終診断する
重要な役割を担っていますが、
全国的に病理医不足も課題だということで、
講座の吉見直己教授は
「病理医が増えることで早く診断でき、
患者さんの早期治療にもつながる。
今回の動画が病理医のことを
知ってもらうきっかけになってほしい」
と語っています。

再生