カテゴリー別アーカイブ: 方言ニュース

白保竿根田原洞穴遺跡、旧石器時代の墓地と確認

2017年5月24日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

県教育委員会はこのほど、
西原町の県立埋蔵文化財センターで、
石垣市の白保竿根田原洞穴遺跡の最終的な調査結果を発表し、
白保竿根田原洞穴遺跡を国内初の旧石器時代の墓地と確認しました。

遺跡からは少なくとも19体分の旧石器時代の人骨が確認されており、
世界でも最大規模だということで、
埋蔵文化財センターの金城所長は
「日本の人類学、考古学研究に新たな歴史を刻む重要な発見だ」
と強調しました。

出土した19体の中でも「4号人骨」はおよそ2万7千年前のもので、
港川人骨より5千年古く、頭骨を含めほぼ全身の骨格があり、
葬られた時の姿勢も明らかになりました。

県教育委員会は
「遺体を地下に埋めず地上の狭い岩陰に安置する
風葬に近い様式だったと考えられる」としました。

また、遺跡を墓地と判断した背景については、
5カ所の洞窟から、それぞれ複数の人骨が
見つかったことを挙げました。

センターの片桐千亜紀主任専門員は
「死者を弔う場所と生活する場所が洞窟の
外と中で分かれていた可能性が高い」と述べました。

「4号人骨」など頭骨がほぼ残っている4体の人骨は今月28日まで
県立埋蔵文化財センターで一般公開されます。
入場無料です。
再生

かつての沖縄の様子を垣間見る 企画展「写真と道具が語る世界」

2017年5月23日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

企画展「写真と道具が語る世界」が
沖縄市戦後文化資料展示室「ヒストリート2」で
来月4日まで開かれており、
日本復帰前後の沖縄や
ベトナム戦争の様子を収めた写真のほか、
世界の戦中、戦後の道具類が展示されています。

日本復帰関連では、
報道写真家の石川文洋さんが
1972年5月15日当日に県内各地を巡り、
学校で日本復帰について討論する授業風景や、
ドルを円にする両替する人が並ぶ銀行、
国際通りであったデモ行進などの様子を収めた写真が
展示されています。

ベトナム戦争関連では、
現地の兵隊やベトナム人の他、
当時帰還兵らを相手にした商売で繁盛した
旧ビジネスセンター通りの夜の風景などもあります。

道具類では沖縄とベトナムの戦中、
戦後の皿や工具などの日用品が並べられており、
両方とも共通して、
戦闘機の残骸などを活用したジュラルミン製の道具が多く、
人々が知恵を絞って生き抜いた歴史が
垣間見えるということです。

今回は、展示室が2009年に開館した後、
初めて開いた企画を復活させたもので、
来年中に展示室がゲート通りに
移転することを受け、
今の展示室に関わってきた関係者への
感謝の意味が込められています。
再生

第24回ふるさと歌自慢決勝大会 赤嶺清吉さんが優勝

方言ニュース
2017年5月22日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

昨日、うるま市民芸術劇場・響ホールにて
第二四回ふるさと歌自慢決勝大会が開催され、
赤嶺清吉(せいきち)さんが優勝を果たしました。

今年は、世界中にある支部を合わせて、およそ二千人あまりの会員の中から
三二名が応募し、一八人が決勝大会へ、
進みました。

4回目の挑戦で、優勝した赤嶺さんは
「8年前に怪我をし、
ずっと続けていた琉球舞踊が出来なくなった。
一念発起し、民謡歴25年の弟に5年前から弟子入りし、
やっと優勝できた」
と喜びを語り、
弟の清勇(せいゆう)さんは
「5年前に亡くなった末の弟も、私も
この大会に数回出場したが、
一番はとれなかった。
この優勝は、兄弟で勝ち取ったものだ」
と涙ながらに嬉しさを語りました。

親族4人の応援に来場した
宜野湾市立小学校2年の又吉遼太(りょうた)君は
審査を待つ間
「お姉ちゃんも、お母さんも
とっても緊張していた。
どっちも優勝してほしい。
僕も将来三線をたくさん練習して出てみたい」と話していました。

琉球民謡協会の上原政雄会長は
「平成生まれの出場者が増えてうれしい。
特にナークニーは、子供にふさわしい歌詞を
歌っていた。成長が楽しみだ」と語りました。

この大会の模様は
沖縄テレビでは、六月二十二日木曜日
午後三時五二分から
ラジオ沖縄では、六月十八日 日曜日
午後七時から九時まで放送予定です。

再生

地域のヒーロー集団「おやじの会」

2017年5月19日(金)
担当は、糸数昌和先生です。

琉球新報の記事から紹介します。
元PTA会長や自治会長ら中年男性20人ほどで構成された「おやじの会」が、
糸満市の西崎中学校で清掃活動などを通して子どもたちの安心と安全を守っています。

メンバーは「普通のおやじ」たちで、
教職員やPTA役員らが困っていると、おやじたちはさっそうと現れ、問題を解決して去って行きます。
3月には造園業の男性を中心に、卒業生向けに花文字の飾り、溶接業の男性らは新学期に向けて教室のタイル修繕をしました。

メンバーの一人は「世話になった地域に対し、当たり前のことをしているだけ」と話します。
そんな「おやじの会」のメンバー5人が
新任職員の歓迎をするために、このほど、西崎中学校に集まりました。
「困ったことがあったらいつでも言ってください。僕たちは暇だから、すぐ来ますよ」と話すと、
会場に笑いが起こりました。

「おやじの会」は何人で組織されているのか、
メンバーにも分からないということで、「できる人が勝手に集まっているから。暇なおやじの居場所づくりだよ」
と笑いを誘うと、
「そのおかげで、私たちや子どもたちが、安心していられるのよ」と、
ヒーローの飾らない言葉を聞いた教職員は思わずつぶやいていました。

再生

糸満市摩文仁の国立沖縄戦没者墓苑-ごみ問題-

「糸満市摩文仁の国立沖縄戦没者墓苑-ごみ問題-」
方言ニュース5月18日(木)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

糸満市摩文仁の国立沖縄戦没者墓苑の
海岸に面した崖下一帯に、
空き缶や家電などの長年不法投棄された
ごみが山積みになっている問題で、
県と糸満市の職員らおよそ20人が
このほど、現場を訪れ確認しました。

不法投棄の現場は、国立沖縄戦没者墓苑の裏の
崖下500メートルほどに広がっており、
これまで遺骨収集のボランティア団体と
市が清掃活動に取り組んできましたが
今後はごみ撤去に向け、県も活用できる事業を検討するなど、
関係部署や機関で協議を重ねていきます。

県の環境整備課は
「今すぐに撤去できるわけではないが、
県として何ができるか考えていく」
と話しました。
一方、不法投棄現場を「保安林地域」として
所有する糸満市農政課の担当者は
「遺骨収集作業よりごみ撤去を先に
考えなければいけず、はがゆい。
予算の問題もあり市や民間では難しい。
戦後処理の一環として県や国の協力も求めたい」と述べました。

再生

豚の血供給停止でチーイリチャーがピンチ!

2017年5月17日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

県北部食肉協業組合=名護市食肉センターが、
法律で定められた食肉処理の方法を取っていなかったとして
県の行政指導を受け、
沖縄の郷土料理「チーイリチャー」=(豚の血の炒め煮)の素材となる
豚の血の出荷を先月12日から停止していることが分かりました。

本島で豚の血を出荷しているのは名護市食肉センターだけで、
出荷再開には、大幅な設備改修や人員の確保が必要となり
再開のめどはたっておらず、
ファンから熱狂的な支持を集める「チーイリチャー」の販売を
中止せざるを得ない飲食店が多数出ており、
地域の食文化に影響を与えそうです。

このうち、チーイリチャーを
日ごろから食する文化が根付く金武町では、
チーイリチャーを販売する12店舗のうちすでに10店舗は
血の在庫がなくなり販売を停止し、
現在販売している飲食店も今月中に在庫がなくなる見通しで、
飲食店や町民からは「お祝い事や行事で
チーイリチャーは欠かせないので困る。
早く再開してほしい」と、悲痛な声が上がりました。

1969年からチーイリチャーを販売する
久松食堂は10日で販売を停止しており、
「一番の看板メニューでお客さんの7割がチーイリチャーを食べる。
早く再開してもらいたい」と、売り上げへの影響を懸念しました。
再生

暮らしを支えた女性たち企画展 南風原町文化センター

2017年5月16日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

戦後復興した織物業や、
ミシンで家族を支えた女性たちに焦点を当てた
企画展「暮らしを支えた女性たち~戦後復興した織物業とミシンの活躍」が、
南風原町立南風原文化センターで今月21日まで開かれています。

船舶用のロープを解いて繊維を取った戦後直後の様子や、
家族のために着物から仕立て直した洋服、
現代のおしゃれに取り入れられた伝統的な絣などが、
写真や証言を交えながら紹介されています。

センターによりますと、
南風原町で織物が盛んな喜屋武、照屋、
本部ではミシン仕事も盛んでした。
家で織る出機と、何人もの出機を束ねる織元がいるように、
縫い子と縫い子を束ねる家があり、
「織物を生産する仕組みがあったから、
ミシンも盛んになったのではないか」と指摘します。

授業の一環で訪れた
南風原高校郷土文化コース3年の女子生徒は
「学校で機織をモチーフにした歌や踊りを習うが、
歴史を学ぶ機会はあまりなかった。
機織も初めて体験できて良かった」と話しました。

娘のために作ったワンピースを企画展に提供した
70歳の女性は
「昔はみんな当たり前にミシンを使っていた。懐かしい」
と語りました。
再生

古酒泡盛の開封式おこなわれる

方言ニュース  
2017年5月15日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

元県議の宮平永治さんの後援会メンバーや
嘉手納町西区自治会の会員らで構成する  
100年古酒保存会はこのほど、
10年前に10種以上の
泡盛を詰めた一石甕の開封式を、嘉手納町内で開き、
長年待ち望んだ「この世に一つだけの泡盛」
を片手に、思い出話に花を咲かせました。

保存会発足は、泡盛や甕を好んで集めていた
知人から甕を譲り受け宮平さんが、
「せっかくだから使いたい」と有志54人を募り、
さまざまな酒造所の泡盛で1人1升を
持ち寄ったことがきっかけで、
開封日を迎えた宮平さんは「感無量だ」と満足げに話しました。

ラップやヒモを使って密封された
ふたを取ると、部屋に芳醇な香りが広がり、
「いい香りだな。これは熟してるな。」と、
会員たちの表情が一様に緩み、
泡盛はその場で飲んだほか、
会の名前のラベルを貼ったボトルに詰めて
会員たちに配られました。

ストレートで口にした嘉手納社交飲食業組合の阿嘉組合長は
「辛味が少なく、柔らかい味わいだ。
水を入れるのがもったいない」
とにこりと笑っていました。

再生

クラスメイトの紹介動画「障害があっても普通だよ」

2017年5月12日(金)
担当は、糸数昌和先生です。

全身に力が入らない病気のため、
人工呼吸器を装着しながら那覇市立高良小学校に通う6年生の湯地駿羽(ゆじはやと)君のことを
学校のみんなに知ってもらおうと、
昨年度5年1組で同じクラスだった児童が湯地君を紹介する動画を作成し、
「駿羽さんは僕たちと一緒。普通だよ。みんな仲良くしてね」と声をそろえています。

動画は、病気、呼吸器など機械のこと、学校生活の様子など9つのテーマに分かれており、
児童らは「病気について分かれば、いろんな人が駿羽さんに接してくれるかな。
障がいがあっても普通に接することができるよ」と期待し、
中には、目や口の動きから湯地君の感情を読み取る子もいるということです。

初めて同じクラスになった子は最初は戸惑うものの、他の子が普通に接するのを見て、
自然に接し方を学んでいったということで、 
5年1組の担任だった大城英子教諭は
「子どもたちは常に駿羽さんのことを考えて動いてくれた。駿羽さんは特別ではなく仲間」と振り返ります。
人工呼吸器を装着しながら地域の小学校に通うのは湯地君が県内で初めてですが、
母親の三代子さんは「駿羽のことを知りたい、知ってほしいという強い思いを感じた。
一緒に育ったからこその気持ちだと思う」と話しています。

再生

今帰仁村にて闘牛のシンポジウムが開かれる

「今帰仁村にて闘牛のシンポジウムが開かれる」
方言ニュース5月11日(木)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

「ウシオーラセーシンポジウムin北部」
がこのほど、今帰仁村の仲宗根公民館で開かれ、
沖縄こどもの国の高田勝園長が登壇し、
闘牛の魅力や理解を伝えながら、
どのように伝統文化を守っていくのかなどについて話し合いました。

この中で、高田さんは闘犬や闘牛に関して、
残虐性や違法性のイメージを抱く
人たちがいることに触れ
「闘牛においてどこを守って、どこを変えていかなければならないのか。
関係者らで話し合う必要がある」と強調しました。

また、高田さんは5年に1度の動物愛護管理法の見直しで、
闘牛が法規制の対象になりかねないとの懸念を示し、
「『愛護』という個人の感情が大きく影響する観点ではなく、
『福祉』という客観的な見方から闘牛の在り方を考えることで、
見直すべき点も見えるのでないか」と話しました。

熱心に闘牛を観戦してきた「闘牛女子」の久高幸枝(ゆきえ)さんは
「闘牛業界では各組合が独立した形で活動する場合が多い。
そうした中、北部闘牛組合と本部闘牛組合が同じ課題に向けて
話し合えた今回のシンポジウムの意義は大きい」と話しました。

再生