カテゴリー別アーカイブ: 方言ニュース

県内の緊急出動件数が過去最多を記録

方言ニュース2020年1月15日(水)
琉球新報の記事から紹介します。

県内のおととしの救急出動件数が前の年に比べて154件増えて
7万8309件となり、前の年に続き過去最多となりました。

これは消防庁の「救急・救助の現況」で分かったもので、
出動件数は増加傾向が続いていて、
10年前の2008年と比べて36%も増えました。

一方、搬送人員は46人減の7万1401人でした。

救急需要の増加により一部の消防では空白時間ができ、
現着が遅れる原因にもなっています。

去年はインフルエンザ患者が流行期の冬場以外の時期に増加したこともあり、
出動数は最多を更新する可能性があります。  

また、出動件数の増加に伴い搬送人員数も増加傾向にあります。

中でも、65歳以上の高齢者の割合が年々上昇しており、
おととしは前の年に比べて1021人増の3万8583人で、
全体の54%を占めました。  

一方、出動数増加の一因に不適正利用の多さもあり、
那覇市消防局などによりますと、「病院が分からない」
「早く受診してもらえる」「無料だから」などの理由で
救急車を呼ぶ事例があるということで、
担当者は「去年は熱中症による搬送などが多かった。
一方で不適正利用も変わらず目立つ。
多くは必要な通報だろうが、軽症も6割を占める。
市民には適正利用をお願いしたい」と話しました。

再生

久高島の伝統を後世へ ガンシナ注連七縄作り

2020年1月14日(火)

琉球新報の記事から紹介します。

かつてイザイホーの神事に参加していた高齢者らが
先月12月、久高島内で荷物運び用の輪型の敷物を模した
しめ縄のお守り「ガンシナ注連七縄」作りに精を出しました。

しめ縄作りをしているのは「結回の会」のメンバーで、
久高島由来の知恵と技術を次世代へ継承しようと、
去年に立ち上げられました。

「久高島の高齢者の作業所支援資金づくり」として、
就労場所にもなっています。
「ガンシナ注連七縄」作りのスタートは、
畑への種下ろしから始まりました。
麦踏をして強く育った麦を収穫し、
アダンの幹根から作った縄やカヤ、レモングラスなども合わせ、
お守りを結んで完成します。

製作は旧正月までで、インターネットで販売されます。
先月18日、4人が集まり作業を進めましたが、作り手の一人であり、
島の祈り手でもある内間誠子さんは
「私たちは自然に守られ、生かされている。
感謝が祈りになり、島立になる」と話し、
アダンや麦など、久高島素材を使って一つ一つ、
丁寧に作り上げました。

また、内間鶴さんは
「昔は自然にあるものものを使って道具を作り、生きてきた。
自然に生かされていたということを今の若い人に感じ取ってほしい」
と話しました。

再生

飲酒がらみの交通人身事故 3年ぶり全国ワースト

方言ニュース  

2020年1月13日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

去年、県内で発生した交通人身事故に占める
飲酒が絡む事故の構成率が2・27%となり、
3年ぶりに全国ワーストとなる
見込みであることがこのほど、
県警への取材で分かりました。

県警交通企画課は「大変ショックを受けている。県全体で問題意識を共有し、県民一丸となって
飲酒運転根絶に向け取り組む必要がある」
としています。

県警によりますと、
飲酒絡みの事故は2017年が82件で
死者は6人、
おととしは78件で死者は2人でした。
去年は死者は1人に減少し
過去最少となりましたが、
事故件数は前の年より15件増加し
93件となりました。

県内の飲酒絡みの人身事故の構成率は
1990年の統計開始以降、
全国ワーストが続いていましたが、
17年は1・59%と全国ワースト4位、
おととしが1・76%とワースト2位と
「最下位」を脱却していました。

全国の平均は毎年およそ0・8%で
推移しています。

一方、去年の交通事故死者数は36人で
14年と並び統計史上最少となりました。

バイクによる事故死が多く、
死亡者数36人のうち、
14人が二輪車乗車中の事故で、
そのうち5人は17歳以下でした。
再生

中尾区が地区散策マップ制作

方言ニュース2020年1月8日(水)
琉球新報の記事から紹介します。

名護市仲尾区は地域の名所や拝所、
植物などを記した「仲尾散策マップ」を制作しました。

公益社団法人県地域振興協会から30万円の助成を受けたもので、
沖縄初の手掘りトンネルとして1919年に開通した仲尾トンネル、
直径がおよそ2・7メートルの西又ガーの井戸など、
主要12カ所を紹介しています。

地図制作の作業は去年の8月から始め、
区民や市職員、識者らが地域を回ってまとめました。

仲尾は別名で「勘定納」とも呼ばれ、
その由来は琉球王国時代に上納米の保管庫が設置され、
勘定したことに由来します。

仲尾には船が寄港し、その名残を示す係船石も地図で掲載しています。

また、50年代、70年代の仲尾の風景、自生する植物、
羽地内海の魚介類なども紹介しています。

地図を希望する人は仲尾集落センターで受け取ることができるということで、
先月23日に区民らとお披露目した玉城区長は
「地図を見ながら仲尾をぜひ巡ってほしい。
多くの人が訪れたらいい」と呼び掛けました。
再生

琉球料理の祝全を現代に再現 名護市

2020年1月7日(火)

琉球新報の紙面からお伝えします。

名護市の料理研究家
宮城都志子さん74歳が主催する料理教室で
「琉球料理の祝膳」と題して
伝統料理の再現が行われ
宮城さんと生徒たちは
あわせて19品を作り上げ、食卓を彩りました。

13年続いている宮城さんの料理教室は
さまざまな料理に取り組んでおり
今回は料理研究家の新島正子さんが記した
琉球料理のレシピ本を参考に調理しました。

菜飯(セーファン)やラフテー
ミミガーエームンのほか
かつて士族が使っていたという
「東道盆」に
昆布巻きやかまぼこなどが
華やかに盛り付けられていました。

宮城さんと生徒たちおよそ10人は
3時間以上かけて調理に取り組み、
調理後には皆で食卓を囲み
琉球料理に舌鼓を打ちました。

生徒の山田梨枝子さん66歳は
「身近な材料で料理を作るのは楽しい」
と話していました。
再生

首里城の再建を願い「新春の宴」

方言ニュース    
2020年1月6日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

正月三が日に開かれる首里城公園の
「新春の宴」が首里城公園で行われました。

正殿前の御庭で琉球王国時代の正月儀式
「朝拝御規式」は例年、再現されてきましたが、
今年は開催が見送られるなど規模を
縮小して行われましたが、
正殿などの焼失後初となった今回も
例年通り家族連れや観光客が足を運び、
焼け残った建物の前で行われる儀式を
目に焼き付けながら再建を願いました。

また、下之御庭では御座楽の音色が響く中、
国王と王妃が登場し、
来場者は骨組みがあらわになった奉神門を
バックにその姿を写真に収めていました。

北海道から家族と訪れた公務員の44歳の男性は
「首里城内は入れないと思ったが、
予想よりも中まで来られたので、
びっくりしている。
再建されたらまた来たい」と語りました。

一方、新年を迎えた県内各地の神社や寺には
元日の深夜から多くの参拝客が訪れ、
新たな年の目標やこの1年の幸福や
無病息災を願い手を合わせました。

このうち、那覇市若狭の波上宮は
初詣に訪れた家族連れや友人同士でにぎわい、
参拝客はさい銭を投げ込むと
静かに手を合わせて願っていました。

妻と子ども二人の4人で訪れた
那覇市の介護士の49歳の男性は
「成人して離れて暮らす子ども2人と
家族の安全無事を願った」と話しました。
再生

佐賀の男性が琉球王国ゆかりの品々を寄贈

方言ニュース2020年1月1日(水)
琉球新報の記事から紹介します。

主に明治期の沖縄で行政幹部を務め、
発展に寄与した11代斎藤用之のひ孫で、
佐賀市に住む14代用之介助さんが、
11代が持ち帰った琉球王国ゆかりの盃などを
県立博物館・美術館に寄贈します。

首里城の火災を受け、
「沖縄の人を少しでも勇気づけたい」と決心したもので、
来年2月に寄贈する予定です。

盃は3枚あり、最後の国王・尚泰が廃藩置県後の
1883年に王家の別邸「識名園」で開いた園遊会の記念品です。

このうち2枚には朱色の漆に金箔で日本政府を表す「五七桐家紋」が、
もう一枚には尚家の家紋「左三つ巴」がそれぞれ描かれています。

盃に加え、11代が購入した琉球漆器の重箱や
「沖縄糖商同業組合新築記念」と記されたスズ製の銚子も贈られます。

博物館の外間一先主任学芸員は
「戦前の資料は多くが沖縄戦で燃えてしまった。
琉球王国から沖縄県になっていく歴史を物語る貴重な資料で、
本当にありがたい」と話しました。

用之介さんは、11代が沖縄で収集した資料について
「歴史的参考にしてほしいと書き残したことから、
これでも日記や行政資料などおよそ470点を博物館に贈った。
今回の寄贈が廃藩置県後に県外に散逸した尚家の宝や
歴史的資料が沖縄の戻るきっかけになってほしい」と願っています。

再生

五月九月 2019年度文化庁芸術祭大賞受賞

2019年12月31日(火)

琉球新報の紙面からお伝えします。

琉球芸能大使館主催の舞台
「五月九月(ぐんぐぁちくんぐぁち)」が
2019年度文化庁芸術祭の大衆芸能部門で
大賞を受賞しました。

「五月九月」は関東参加公演の部に参加し
関西参加公演の部も含む
大衆芸能部門53公演の中から
唯一大賞に選ばれていて
県内の団体で大衆芸能部門が
大賞に選ばれたのは初となります。

また、音楽部門関東参加公演の部では
「照喜名朝國独奏会」が優秀賞に選ばれており 
琉球古典音楽の優秀賞受賞は
1979年(当時は古典音楽部門)に
朝國さんの父で師匠である
人間国宝の照喜名朝一さん以来2人目となります。

「五月九月」は、喜劇にのせて
琉球舞踊や組踊の抜粋、先島の芸能など
多彩な芸能が楽しめる作品で
県内では2013年から上演され
東京では今年初めて公演しました。

授賞理由では
「レベルの高い琉球の伝統芸能を
堪能できる構成も秀逸。
海上交易を通じて育まれてきた
沖縄独自の文化の豊かさを
改めて感じさせた意義も大きい」
などと評価されました。

「照喜名朝國独奏会」は
「十七八節」など独唱曲を中心に
組踊、毛遊び、琉球舞踊を組み入れた公演で
授賞理由では
「企画性に富んだ構成で、
沖縄の芸能と魅力を十分に伝える内容だった」
などと評されました。

表彰式は来年2月13日に東京都内で行われます。

再生

新年を前に 沖縄平和祈念像で「浄め」

方言ニュース   
2019年12月30日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

新年を前に糸満市摩文仁沖縄平和祈念堂で
このほど、沖縄平和祈念像のほこりを払う
「浄め」が実施されました。

平和祈念像は故・山田真山画伯が原型を
制作した高さおよそ12メートル、
横幅およそ8メートルの像で、
「浄め」は6月23日の慰霊の日前と
年末の年2回実施されています。

この日は祈念堂の職員や沖縄バスのバスガイド、
県工芸振興センターの職員らおよそ20人が
黙とうをささげ、像に上り、
平和を祈念しつつ
像の隅々までほこりを拭き取ったり、
供えられた千羽鶴を整理したりしていました。

平和祈念堂を運営する沖縄協会の
新垣専務理事は
「首里城の火災など1年の間にあった
さまざまなことを考えながら清めてほしい」
とあいさつしました。

また、バスガイドの後上里弥生さんは
「平和祈念堂はバスガイドとして案内する
最初のコースなので、
初心に戻る気持ちになれる。
来年も平和であってほしい」と語りました。

平和祈念堂では
あさって31日大晦日の午後10時から
翌1月1日元日の午前1時まで
第42回「摩文仁・火と鐘のまつり」が開かれます。

再生

北大東島で人生が180度変わる

「北大東島で人生が180度変わる」

方言ニュース12月27日(金)放送分。
今日の担当は林京子さんです。
方言ニュース 琉球新報の記事からお伝えします。

北海道函館市出身で糸満市に住む葉名尻享さん(36)歳は、北大東島で人生が180度変わりました。教員の道に進むべきか迷っていた時、臨時教諭として赴任した北大東島で海と出合い、漁師になったことによるもので、セーイカとマグロを求めて漁に励みます。葉名尻さんは、体育教諭を目指して琉球大学に進学し、大学院卒業後、 24歳で北大東小学校に臨時教諭として1年間赴任しました。教育学部で学んだものの進路に迷っていた時、 北大東の知人に誘われ、タコを捕りに海へ行きました。祖父が漁師のため幼少から海が好きで、最初は潜って鼻血を出すこともありましたが、休日は海で過ごし、30メートルほどの深さまで潜れるようになりました。任期を終え、沖縄本島に帰った後もスッキリせず、「人生一度きり。好きなことをやろう」と26歳で北大東島に戻り、2年間、民宿で働きながら島の人たちの指導の下、潜ってエビやタコを捕りました。結婚を機に沖縄本島に帰り、セーイカの船に乗り、独立して3年で14トンの漁船「海香丸」とボートを購入しました。葉名尻さんは「島ではいつも歓迎してもらっている。何かあった時には手伝い、島に恩返ししたい」と日焼けした顔で力強く語りました。

再生