カテゴリー別アーカイブ: 方言ニュース

白保竿根田原洞穴遺跡、国の史跡指定へ向けた動き

方言ニュース2019年11月20日(水)
琉球新報の記事から紹介します。

国の文化審議会はこのほど、国の史跡として
石垣市の「白保竿根田原洞穴遺跡」を新たに指定するよう
萩生田文部科大臣に答申しました。

遺跡では国内最古となるおよそ2万7千年前の人骨などが発見されており、
学術的な価値の高さが評価されました。 

遺跡は石垣空港内にあって現地保存されており、
保存状態の良好な多量の人骨が発見されました。

旧石器時代に相当する更新世人類の人骨を伴う墓葬と墓城の発見は国内初の事例で、
石灰岩洞穴や岩陰を利用した葬送俗習の長い歴史をたどることが可能とし、
文化審議会は「形質人類学的な重要知見をもたらした画期的な意義を持つ」と評価しました。

答申を受け県の平敷教育長は「大変、うれしく思う。
白保竿根田原洞穴遺跡はわが国の正しい歴史理解のために欠くことができず、
遺跡の規模、遺構、出土遺物唐で学術上価値がある」とコメントしました。

また、石垣市の関係者からも喜びの声が上がり、市文化審議会の石垣委員長は
「島の東側は1771年の明和の大津波の被害が大きく、
全て波で流されたと思われていた。発見は奇跡的で非常に驚いた」と当時を振り返り、
「大変意義があり、島の誇りになる」と史跡指定を歓迎しました。

再生

県立芸大の移動大学 伊江島で芸能体験

2019年11月19日(火)

琉球新報の記事から紹介します。

県立芸術大学の移動大学が
先月26と27の両日、
伊江中学校で開かれました。

移動大学は芸大の教員や学生らが講師となり、 
地元の人々に芸術や芸能を体験してもらうもので、
伊江村で開かれるのは初めてです。
12回目となった今回は
村内の小中学生を対象に彫刻や紅型、
織遊びなど12の教室を開催しました。

初日は伊江中学校の生徒を対象に
絵画や吹奏楽を指導しました。
参加した児童らは普段、
体験できないメニューに興味津々で、
講師のアドバイスを聞きながら
作品づくりに没頭しました。

このうち粘土アニメ教室に参加した小学2年の男の子は
「粘土で恐竜を作って、すこしずつ形を変えながら撮影して
アニメーションを作るのが楽しかった」と喜んでいました。
また、2日目の夜は農村改善センターホールで
琉球芸能公演が行なわれ、
洋楽の演奏や空手演武をはじめ、
琉球芸能専攻の学生による琉舞などが披露されました。

さらに、伊江島に伝わる
「砂時計」や「雨降花染」などの創作舞踊も披露され、
会場から手拍子が送られるなど、
会場に詰め掛けたおよそ300人の村民は、
華やかな舞台を堪能していました。

再生

忘年会シーズン 飲酒がらみの事故に厳重注意

方言ニュース  
2019年11月18日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

去年、県内では飲酒絡みの人身事故が
78件発生しました。

人身事故全体に占める割合は1・76%で、
全国に比べておよそ2・1倍、
全国ワースト2位となっています。

飲酒運転の検挙件数は増加傾向にあり、
去年は2222件で、前の年に比べて180件も増加し、
人口千人当たりの検挙件数は1・64件で、
全国最多となっています。

県警が飲酒運転検挙者を対象に実施した
アンケートによりますと、
「朝6時から10時の出勤時間帯の」の
検挙者が最も多く、全体の31・1%で、
深酒によるものと思われます。

体質によって異なりますが、一般的に、
アルコール1単位のお酒を飲んだ場合、
完全に分解するのに
4時間かかるということで、
1単位はアルコール度5%のビールなら
500ミリリットル、
25%の泡盛なら100ミリリットル、
コップ半分に相当します。

ビール3杯飲むと分解までに12時間かかり、
睡眠時間を8時間とっても、まだアルコールが体内に残っていることになり、
飲酒量によっては、一晩寝てもアルコールが
抜けていない場合があるということです。

12月は忘年会シーズンです。
「飲酒雲煙をしない、させない、許さない」を
合言葉に、飲酒運転のない安全で安心な
美ら島、沖縄県を実現しましょう。
再生

50年ぶりの来沖で温かな時間を過ごす

「50年ぶりの来沖で温かな時間を過ごす」

方言ニュース11月15日(金)放送分。
今日の担当は林京子さんです。
方言ニュース 琉球新報の記事からお伝えします。

およそ50年前に少女時代を沖縄で過ごし、
当時交流のあった「ヒデコ」さんを探すため来沖している、
アメリカテキサス州のジェーン・クレーマーさんがこのほど、
「ヒデコ」さんの家族と那覇市内で面会しました。

「ヒデコ」さんは「池田秀子」さんと判明しましたが、
およそ2年半前に病気で亡くなっており、
生前の秀子さんの写真などを手に思い出話をし、心温まる時間を過ごしました。

クレーマーさんは1969年から1971年に
アメリカ民政府職員として沖縄に赴任していた父親の仕事の関係で、
アメリカ軍牧港住宅地区、現在の那覇新都心地区に住んでいました。

基地フェンスの道向かいに秀子さんの自宅があり、
2人は日本語や英語を教え合ったり、
フェンス越しに贈り物をし合うなどして交流しましたが、
離沖を最後に連絡が取れないまま、およそ50年が過ぎていました。

秀子さんは、外資系航空会社に勤務した後、
着付師や美容師をしながら娘と息子を育てたということで、
クレーマーさんは「彼女は知的だった。やっぱ活躍していたんだね」と喜びました。
夫の安武さんは
「秀子がもし生きていたら、再会をどんなに喜んだだろうか」としのびました。
クレーマーさんと家族は今後も交流を続けるつもりです。

再生

ガラス吹工の上原さん、現代の名工に選出

方言ニュース2019年11月13日(水)
琉球新報の記事から紹介します。

厚生労働省がこのほど発表した「現代の名工」に、
琉球ガラス村技術指導責任者でガラス吹工の
上原徳三さん(66)歳が選ばれました。

琉球ガラス作品を多彩な技法で制作する技能が高く、
次世代への技術継承に貢献したことなどが評価されたものです。

中学卒業後に奥原硝子製造所に入社し、
材料となる空き瓶を拾い集める雑務などが最初の仕事でした。

ガラス職人が作業をする工場に入れてもらえず、
職人を補助する仕事など、下積み生活は10年以上も続き、
「きついと思うこともたくさんあったけれど、苦労した経験が今に生きている。
ガラス作りは私の人生そのもの。多くの人に支えられてここまで来られた」
と目を細めます。

琉球ガラス村に入社後、自身の作品を生み出すようになり、
赤や青、水色など五つの色を組み合わせて、
鮮やかな色彩を表現することにこだわります。

ガラスを熱する時間によって浮かび上がる色が大きく異なるなど、
制作過程には難しさが伴いますが、
「思うような作品に仕上がらないこともある。今でも勉強を続けている」
と技術向上に余念がありません。

現在は若手職人の指導も行い、技術を継承しており、
「指導をする中で自分自身が学べることも多い。
これからもいい作品を生み出したい」
と意欲を示しました。

再生

首里城再建に向け20万寄付 ハワイの県系人ら

2019年11月12日(火)

琉球新報の記事から紹介します。

沖縄の文化などを伝える
ハワイの県系人らのグループ「御冠船歌舞団」の
和多エリックさんと金城ノーマンさんが
首里城再建のための寄付金
20万円を那覇市に託しました。

2人は
「沖縄の若者はあまり歴史を知らない。
この悲しみを機に、
もっと文化やしまくとぅばを教えてほしい。
観光地というだけではない首里城の意義を考えてほしい」
と願いました。

歌舞団は沖縄の歴史などを学ぶ
スタディツアーのため沖縄を訪れていたもので、
寄付金はツアー参加者26人が出し合いました。
火災が発生した時、一行は北部におり、
今帰仁城跡から首里城に向けて御願をささげ、
その日の夕方に首里城に駆け付けました。

ツアー参加者の70代女性は
「私たちは新しい城を見られるかわからない。
帰る前に気持ちを届けたい」と寄付を決めたということで、
5日に行われた寄付金贈呈式で和多さんは涙をこらえながら
「首里城は沖縄のシンボルだ。
世界のウチナーンチュの力を合わせて
新しい城を造りたい」と語りました。

この日の午後、
初めて焼けた首里城を見たという和多さんと金城さんは
「やっと焼失を信じることができた。
新しい城から世界に平和を発信したい」
と前を向いていました。

再生

首里城再建の支援金を装った詐欺に注意

方言ニュース  
2019年11月11日(月)放送分です。

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。
焼失した首里城の再建に向けた募金を装った
詐欺とみられるメールが一斉に
送信されていることが分かりました。

携帯電話会社からの連絡を装い
「首里城再建支援金の受け付けを
2019年11月6日より開始しましたので
お知らせします。
またお客さまの10月度ご利用請求額の
3桁を支援金として寄付させて頂ければと
存じます」などと書かれており、
URLが添付され、
クリックすると別のサイトに誘導されます。

携帯電話会社は
「そのようなメッセージは一切出していない」
として、利用者に注意喚起しています。

また、県警や消費生活センターでは現在被害を
確認していませんが、
注意を呼び掛けています。

一方、菅義偉官房長官は7日の記者会見で、
「取り締まりをしっかり行い、
注意喚起をしたい」と述べ、
火災で正殿などが焼失した
首里城の再建支援を巡り、
全国に広がる寄付の動きにつけ込んだ
詐欺行為に巻き込まれないよう 
注意を呼び掛けました。

再生

恩納村でたくさんの愛が叫ばれる

イベント「恩納村から愛を叫ぼう2019」が先月、
おんなの駅内海デッキで開かれました。

歌人「うんなナビー」の里にちなみ、
思いを寄せる人に愛や感謝を伝える催しは
去年に続き2回目で、12組が出場しました。

嘉手納町の仲本透さん45歳は9年間で100回求婚し続け、
今年4月にゴールインし、「愛してるよ。大事にするからね」と叫ぶと、
50メートル離れた対岸から
妻のルミ子さん(36)歳が「愛してま~す」と返しました。

また、本部町に住む61歳の崎浜まち子さんは、
34年連れ添う2歳下の夫、
昌和さんに「年上ということで素直でなかった私。
心から素直な気持ちで感謝、アイラブユー」と叫びました。

さらに、聴覚障がいのある那覇市の高良リカさん47歳は
内緒で連れて来た母のサヨコさんへ
「お母さんが、懸命に育ててくれたおかげで、言葉が話せるようになった」と感謝を伝え、
サヨコさんは「名前を呼ばれて人違いだと思い驚いた。とてもいい娘です」と涙を浮かべていました。

再生

首里城再建願い空手奉納演武

方言ニュース2019年11月6日(水)
琉球新報の記事から紹介します。

那覇市首里にある空手の6道場が今月3日、
首里崎山町の崎山公園で焼失した首里城再建を願う奉納演武を開き、
およそ70人が空手の型を披露しました。

崎山公園は琉球国王の武術鑑賞と稽古場で、
空手発祥の地を宣言する碑が建っています。

1938年には首里第一小学校の児童が正殿前で空手の鍛錬をしたこともあり、
首里の空手家にとって首里城は大きな心のよりどころで、
琉球王朝祭りでも演武が予定されていました。

この日は小林流守武館の呼び掛けで6道場が参加し、
日頃鍛錬を積んできた子どもたちが中心となり、
空手を通じて沖縄の人たちを「励ましたい」と演武で思いを伝えました。

さらに、崎山公園の高台から臨む首里城を背に勇壮に演じ、
空手発祥の地の象徴としても首里城が再び輝くことを期待しました。

守武館の上間康弘館長は
「喪失感から奮い立たせようと開催した。
首里城が空手発祥の地を発信してきた面もある。
今後は空手を通して首里城再建の力になっていきたい」
と力を込めていました。

再生

ハワイ沖縄連合会へ三線贈呈 「ウチナーンチュ大会で一緒に演奏を」

2019年11月5日(火)

琉球新報の記事から紹介します。

海外の県系人へ三線を贈る活動に取り組む
「世界の兄弟へ三線を贈るプロジェクト」実行委員会は
このほど、中城村の吉の浦会館で寄贈式を開き、
ハワイ沖縄連合会に三線10丁を贈呈しました。

実行委員会は2014年に活動を始めて以来、
ドイツなど海外6県人会に合わせて
10丁の三線を寄贈しています。
ハワイは来年、移民120周年を迎えることから、
今回の寄贈を決めました。

勝連代表は寄贈した三線を活用した
三線教室やイベントなどを通して、
愛好者が増えることに期待したいと呼び掛け、
「いつかハワイ県系人がこの三線をもって
世界のウチナーンチュ大会に参加し、
一緒に演奏できる日を楽しみにしている」
と期待を寄せました。

三線を受け取ったハワイ沖縄連合会の
糸村ジョーン昌一専務理事は
「ウチナーンチュのチムグクルを改めて痛感した」
と感慨深げに語り、
「皆さんの思いを必ず同志に伝え、
沖縄文化の普及・発展に生かしたい」と述べました。

再生