カテゴリー別アーカイブ: 方言ニュース

海ブドウ廃棄回避へクラウドファンディング

方言ニュース2020年6月3日(水)
琉球新報の記事から紹介します。

糸満市真栄里で海ブドウの洋食屋販売を手掛けている
「海ブドウ農園『ぷちぷち』」が新型コロナウイルス感染症の影響を受けて
売り上げが落ち込み、
ネット上で寄付を募るクラウドファンディングを開始しました。

目標金額は400万円で、集まった資金は全て養殖場施設の維持や
事業の継続費、雇用維持費などに充てられます。

店は観光客向けに海ブドウの摘み取り体験も提供していますが、
3月から予約のキャンセルが相次ぎ、4月からは予約がゼロの状態が続いています。

また、政府の緊急事態宣言を受けて、摘み取り体験や店内の飲食を4月末に中止し、
観光客の来店がなくなっただけでなく、飲食店からの注文もほぼなくなり、
行き場のない1トンから2トンの海ブドウが廃棄の危機に直面しています。

オーナーの山城有希さんによりますと、
海ブドウの植え付けから収穫まで1カ月から2カ月かかるため、
新型コロナウイルス感染症が収束し、再び注文を受けた場合に
出火できるよう養殖をやめることは難しいということです。

山城さんは「見事に育った海ブドウを廃棄したくない。
皆さんの力を借りたい」と訴えています。
再生

うるま市の眞榮里さんが伊計島自治会に寄付

方言ニュース2020年6月2日(火)
琉球新報の記事から紹介します。

うるま市勝連平敷屋で「宿&喫茶アガリメージョー」を経営する
眞榮里良人さんが伊計島の自治会を訪れ
伊計島産小麦を活用して自身の店舗で販売した体験型商品の
売り上げの半分を地域に寄付しました。

3年前から自治会が中心となり
50年ぶりに小麦の栽培を復活させた伊計島では
自治会が栽培する小麦は伊計島共同売店のみで販売されてきました。

今年の3月中旬から「宿&喫茶アガリメージョー」で
訪れた客自らが麦を焙煎し挽いた粉を麦茶にして味わうことができる
「ゲスト焙煎×本気の麦茶」として販売を開始しましたが
新型コロナウイルスの影響もあり4月から店舗営業を自粛する中
ネットで体験チケットを販売していました。

平敷屋で昨年11月に店をオープンさせた店主の眞榮里さんは
親交のある伊計島の玉城正則自治会長と
地域づくりを通してさまざまな交流を続けており

今回の寄付を通して「地域の良いものを活用し
自分にできる応援をすることで地域がまた良いものを生み出す。
そういった仕組みにつながれば」と期待を寄せ

玉城自治会長は「いろいろなチャレンジを通して
地域づくりのイメージも具体的になる。
行動し続けることが大事だ」と協力に感謝を述べていました。
再生

投票所でも3蜜対策

方言ニュース    
2020年6月1日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。
今月7日に投開票される県会議員選挙に向け
県内41市町村のうち29市町村が
独自の感染防止対策を導入する予定で、密閉、密集、
密接の3密を回避するために投票所や
開票所の人員削減に取り組むということです。

これは琉球新報社がこのほど行った
県内41市町村の選挙管理委員会への
新型コロナウイルス感染拡大防止対策に
ついてのアンケートによるものです。

県選管は投開票所で事務従事者の
フェースガードや手袋の着用、消毒・換気の
徹底、作業員の削減など感染防止対策を、
各市町村の選管に通知しており、
自治体独自の対策として最も多かったのは
フェースシールドの配布で、
那覇市や宜野湾市、浦添市、沖縄市などの
11市町村が投票所の職員に
フェースシールドを配ります。

本部町と伊江村では投票所を訪れた
有権者に対して非接触型の体温計で検温を実施し、
本部町ではさらに体調不良者用の記載台を設けます。

投票日当日に投票所で業務に当たる職員の数は、
7市町村が前回の県議選より削減する一方、
名護市や宜野湾市など5市町村が増員します。

名護市選管は「投票所前でアルコール消毒や
密にならないような配列などをする職員が
必要なため、人員を増やさなければならない」
と説明しました。
再生

県高野連が甲子園中止で代替大会の開催を決定

方言ニュース2020年5月27日(水)
琉球新報の記事から紹介します。

県高校野球連盟が県独自の大会開催を決定したことを受け、
球児の保護者からは歓迎と喜びの声が上がりました。

また、野球同様に全国規模の大会が中止になった他の競技の関係者からは、
代替大会の開催に向けた後押しになると期待する声もありました。

前原高校野球部父母会の池原堅二会長は
「甲子園中止の報道を受けて3年生の息子は
気丈に振る舞っていたが言葉は少なかった。
なんと言葉を掛ければよいか分からなかったが、
これでまた『頑張ってね』と声を掛けられる」と声を詰まらせました。

県高等学校体育連盟ソフトボール専門部の渡口竜次委員長は
「生徒の頑張りを見てきた教員として、最後の晴れ舞台を中止にするのはつらい。
県高野連の代替大会開催は生徒たちの自信にもなるだろう。
ソフトボールも県独自の大会開催を検討している」と話しました。

同じく代替大会開催に向けて調整中という
県高体連なぎなた専門部の瀬長睦子委員長は
「高野連の決定は私たちにとっても大きな後押しにつながる」と期待し、
「頑張ってきた3年生に何とか最後の舞台をつくりたい」と力を込めました。

再生

読谷村の漁師親子が珍しいイカを釣り上げる

方言ニュース2020年5月26日(火)
琉球新報の記事から紹介します。

読谷村都屋漁港を拠点とする漁師、国吉真さんと航さん親子がこのほど、
大東島の沖合で全長1・8メートルに及ぶオオホウズキイカと、
2・5メートルを超えるシチクイカを釣り上げ、写真と動画に収めました。

いずれも大東島沖合でセイイカ漁の最中に水揚げしたもので、
オオホウズキイカはソデイカを抱えながら引き揚げられ、
「ソデイカでさえ大きいのに、その数倍の大きさに驚いた」ということです。

水揚げ後、イカを託された美ら島財団総合研究センター動物研究室の宮本圭さんは、
世界でも南アフリカと沖縄周辺にしか生息していないとされるオオホウズキイカは
特に珍しいと指摘し、「恐らく写真も研究者の標本のようなものしかない。
とても貴重な資料だ」と述べました。

宮本さん自身も2015年に1度見たきりだということで、
撮影された動画は「もしかすると世界で一番きれいな
オオホウズキイカの映像かもしれない」と太鼓判を押し、
真さんは「予想外の生物が釣れると面白いね。
沖縄の海の豊かさを改めて実感したさ」と満面の笑みを浮かべました。

オオホウズキイカは現在、美ら島財団で冷凍保存されています。
再生

豚熱ワクチン 本島内の初回接種終える

方言ニュース   
2020年5月25日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

今年1月から沖縄本島中部で発生した
豚熱の感染防止に向けたワクチン接種で、
県農林水産部はこのほど、
沖縄本島内の全養豚場を対象に実施してきた
初回接種を終えました。

接種頭数は196の農場で
17万1822頭でした。

豚熱の感染を抑え込む
一つの節目を迎えた形ですが、
ワクチンは今後も数年は継続して
接種していく必要があり、
防疫の取り組みは続きます。

県は3月6日に沖縄本島でのワクチン接種を
開始しました。

豚熱の発生地域から離れた北部と南部の
両端にある養豚場から始め、
ウイルスが存在しない清浄性を確保しながら
接種地域を広げていきました。

接種に必要な手数料は1頭当たり160円で、
初回に限って農家負担を全額免除とし、
およそ2749万円を公費で負担します。

2回目以降は農家の負担になります。

県内の豚熱感染は1月8日から3月12日に、
うるま市と沖縄市で合わせて7例を確認し、
10の養豚場で1万2381頭の豚を殺処分しました。

沖縄は他県に比べて養豚場が密集し、
野生のイノシシを介した感染の可能性も
否定できないことから、
県はワクチン接種で感染を抑える判断に
踏み切りました。
再生

久米島の血統不一致牛問題、購買者へ状況報告

方言ニュース2020年5月20日(水)
琉球新報の記事から紹介します。

久米島町内の家畜人工授精師が種付けした牛で
血統不一致が相次いでいる問題で、
県とJAおきなわ、県家畜改良協会の3者はこのほど、
子牛の購買者との意見交換会を那覇市のJA会館で開き、
再発防止に向けた取り組みやDNA検査の状況を購買者に報告しました。

沖縄の家畜市場で子牛を購入している
県外の大口購入者5人が参加しました。

購買者は県内で飼育される母牛の全頭DNA検査を県に求めていますが、
費用が農家負担になることや検査に時間がかかるなどの理由で、
現在は生産農家から検査の要望がある分や、
競りに上場する牛の検査に限定されています。

また、購買者とJAおきなわは種付け時のミスや不正の抑止力強化を高めるため、
家畜人工授精師の抜き打ち検査をすることも県に求めています。

鹿児島県の水迫畜産の水迫社長は
「疑いながら牛を購入している。
県には受精師の管理を徹底してほしい」と話します。

県とJAおきなわ、県家畜改良協会は再発防止に向けたマニュアルを作成しており、
来月中には完成する見込みで、JAおきなわの普天間理事長は
「JAは子牛の登記を信頼して牛を競りに出している。
スピード感を持ち再発防止策を作らなければいけない」と話しました。
再生

方言ニュース2020年5月19日(火)
琉球新報の記事から紹介します。

沖縄市宮里の玉代勢泰興さん(73歳)の自宅玄関先の植木に
4月下旬からメジロが営巣し、
今月5日、卵から2羽のひながかえりました。

玉代勢さんは「メジロは警戒心が強いが、
こんなに出入りのある場所に巣を作るなんてどうしたんだろう」と驚き、
子育てを見守っています。

玉代勢さん夫妻は巣を見つけて以来、
猫などの外敵から見えないよう巣の周りに別の植木鉢を集め、
夜間も玄関の外灯をつけずに静かに生活しています。

県指定文化財八重山古典民謡保持者の玉代勢さんは、
自宅で研究所を開いており、
生徒たちとともに三線の演奏を始めると、
メジロも音色に合わせて「ピー、ピー」とさえずっているそうです。

鳥が好きな玉代勢さんの自宅では、
以前から庭に、ヒヨドリやヤマバトなどが営巣したこともあり
「孫たちを呼んで見せたいが、新型コロナが落ち着くまでは自粛している。
ひなの写真を添付して『名前を付けてね』とメールした」と話しています。
再生

慰霊の日 規模縮小で開催

方言ニュース   
2020年5月18日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

玉城デニー知事はきょう、
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、
6月23日の「慰霊の日」に開催する
沖縄全戦没者追悼式に安倍総理の
出席を求めず、
知事や県議会議長ら県内の招待者のみ
16人程度の参加者で
規模を縮小して開催することを発表しました。

総理あいさつは沖縄総合事務局長が
代読する方向で調整が進められています。

式典は県などが主催し、
最後の激戦地となった糸満市摩文仁の
平和祈念公園で例年開かれていますが、
会場も平和祈念公園の広場から
国立沖縄戦没者墓苑に変更します。

児童・生徒による「平和の詩」は
休校の影響が懸念されましたが、
受付期間を再調整するなどして
実施する方向で検討しています。

戦後75年の節目の開催となることから
広島市長、長崎市長、
国連代表者の招待も予定していましたが、
メッセージを送ってもらう方向で調整しています。
再生

南風原町兼城の空手道場のようす

「イャイ!」という元気な子供たちの声が響くのは南風原町兼城の沖縄剛柔流空手道正道館南風原総本部道場です。館長の仲村渠良一さんが17年ほど前、「人間力の素晴らしい子を育てたい」と開いたもので、8年ほどから学童としての役割も担っています。地域からは「たくましい子を育ててほしい」と求められ、現在では近隣の小中学生らおよそ130人が通っています。ほかの習い事と掛け持ちをする子どももいて送迎することもあります。「礼儀を大事にし、いつもゆずり合う心を育てる」「よくけいこし、強い心と体をつくる」「常に平和を願いだれでも愛せる人になる」を道場訓として掲げており、上級生らは下級生を挟むように立って手本となり、稽古は進んでいきます。仲村渠さんは「私が直接指導しなくても、子どもたちは自主的に練習に取り組んでいる」と笑顔を見せます。また、仲村渠さんの妻の由美子さんも子どもを指導しており、稽古を終えた子どもたちに「お母さんが迎えに来たよ」と優しく声を掛け、「いじめられる子にも、いじめる子にもならないでほしい」とその成長を見守っており、この考えは剛柔流開祖の宮城長順の遺訓にもつながっています。
再生