月別アーカイブ: 2015年7月

佐藤未雲(18)/未雲さんに聞いてみよう(DJモーリー編)

7月31日(金)放送

ピンと!Style~『イロドリみどりさん』のコーナー

MC:DJモーリー
ゲスト:スペースチャイナ 代表   佐藤未雲(さとうみくも)さん

トークテーマ:未雲さんに聞いてみよう(DJモーリー編)
再生

幼稚園児にキャラクターの色紙をプレゼント

方言ニュース 

7月30日 放送分
今日の担当は伊狩典子さんです。

幼稚園児にキャラクターの色紙をプレゼント

琉球新報の記事から紹介します

那覇市首里崎山町の小橋川興謙(こばしがわ・こうけん)さん(69歳)は、
幼稚園児の大好きな漫画やアニメのキャラクターを描いた色紙を毎月の誕生会で10年間
プレゼントし続けています。

これまで市立城南幼稚園の園児たちに贈った色紙はおよそ370枚を数えます。
小橋川さんは子どもの頃から絵を描くのが好きでしたが、
退職後に改めて絵手紙教室で学び、
『久しぶりに絵を描いたらまあまあの出来だったので、趣味として描くようになった』
ということで、城南小の支援ボランティアとしてスクールゾーンでの立哨を始めた際、
元気にあいさつをした児童十数人に色紙を贈り始めたのを契機に、幼稚園児にも
贈るようになりました。

園児の要望は幅広く、知らないキャラクターも多いということで、小橋川さんは
『幼稚園の先生にパソコンで調べてもらったり、本屋に出向いて確認する』と
苦笑いしますが、水彩画で丁寧に描かれたイラストに大喜びの園児らを見て、
苦労も吹き飛ぶということです。

園児らの笑顔に囲まれながら、小橋川さんは
『園児はみんな孫みたいなもの。やめようと思ったこともあったが、
よろこんでくれるので続けたい』と語り、まなじりを下げています。

再生

県内在住外国人、言葉の壁で悩み

2015年7月29日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報ニュースです。

県がこのほど行った、
県内在住の外国人へのアンケート調査によりますと、
県内に住む多くの外国人は「日常生活での悩み」に
「言葉が通じないこと」を挙げ、行政に対し
「病院や役所などの公共施設で多言語による窓口対応」を
求めているということです。

日常生活での悩みに31%が「言葉が通じない」を挙げ、
「文化や習慣の違いや不理解」が19%と続きました。

また、「病気やけがをした場合の対応」「就職が困難」がともに14%で、
日本語について「不自由なく会話できる」は23%、
「日常会話ができる」は39%、「全くできない」は6%でした。

一方、およそ3割が窃盗などの犯罪被害に遭い、
健康保険や年金に加入していない人も13%おり、
犯罪被害は「窃盗、強盗など」が8%、
「空き巣」が3%、「詐欺など」「脅迫、恐喝など」がともに2%でした。

また、トラブルを経験した人は12%で、
その原因として26%が「言葉が通じないため」を挙げました。

この他、仕事は4割が正社員で非正規は2割、無職が2割で、
賃金の安さや残業の多さなどへの不満がありました。

こうしたことから、県は市町村の担当者を交えた
「県・市町村国際交流担当者連絡会」で
調査結果を生かし、対策を練る考えです。
再生