カテゴリー別アーカイブ: 沖縄羅針盤

衆議院議員、国場幸之助さん

国場さんは自由民主党所属の。
73年生れ、那覇市の出身。早稲田大学を卒業。
2000年には沖縄県議会選挙に出馬しトップ当選する。
2012年の衆議院選挙で当選し国会議員となる。
現在は三期目を務めている。
那覇空港第二滑走路供用開始の那覇空港談義です。
再生

㈱沖縄ティーファクトリー代表取締役内田智子さん締役

内田さんは福岡県の出身、商社の社員として紅茶の取引でスリランカに滞在している間に、紅茶の魅力にはまります。
スリランカで紅茶のテイスティングとブレンドの術を習得します。
紅茶貿易の仕事で何度も訪れていた沖縄へ移住します1995年のことでした。
沖縄がスリランカと同じ赤土を持ち、インド・アッサムと同緯度に位置していると気づき、2000年より紅茶栽培を始めます。
試行錯誤を重ね、沖縄の大地に根付いた三品種「べにほまれ」「べにひかり」「べにふうき」から作る琉球紅茶が出来ます。
そうして、紅茶の魅力をやがて30追及してきた内田さんが今月本を出しました。
そのタイトルは「紅茶の流儀」、この本に込めた内田さんの紅茶学、そして沖縄への想いを語ってもらいます。

再生

箆柄暦(ぴらつか)主催 萩野一政さん

萩野さんは1966年愛知県岡崎市の出身。1986年東洋大学進学を機に上京。
卒業後はそのまま東京で15年間、ソフトウェア開発に携わる。
その後、2002年に来沖し、その翌年箆柄暦(ぴらつか)がスタート。
今年は沖縄移住18年、そして今月の3月号でめでたく創刊200号を迎えます。

再生

沖縄観光コンベンションビューロー会長の下地芳郎さん

新型コロナウイルスの感染拡大により、沖縄観光の先行きを危惧する声が広がっています。
今回はOCVBの下地会長に緊急インタビューしました。
下地さんは1957年生まれ。宮古島市のご出身です。
明治大学を卒業後、1982年に沖縄県庁に入庁。初代の沖縄県香港事務所長や観光振興課長、観光政策統括官などを務めた後、
2013年に退職、琉球大学での教職に転じられ、琉球大学国際観光学部教授、国際観光学部長を務められました。
そして、昨年6月からOCVBの会長に就任されました。
再生

大阪大学特任教授新藤一彦(しんどうかずひこ)さん 

新藤さんは1964年生まれ、東京都出身、1991年に東京工業大学大学院修了、同年NTT入社します。NTT研究所にて主にエネルギー系の研究開発に従事します。沖縄との出会いは1997年から、沖縄新エネ開発株式会社に出向し風力発電に適した鉛蓄電池の開発導入に関わります。その後も沖縄に居残りNTT沖縄研究ラボを開設しで沖縄の環境・エネルギーに関する研究調査を行いました。2000年に東京のNTT研究所に戻り、研究戦略部門のリーダーを歴任。昨年9月にNTTを退職、10月から大学人に転身、大阪大学の特任教授としてイノベーション創出やベンチャー起業を目指す学生達の指導にあたっています。話題は沖縄と研究開発の親和性やエネルギー問題についてです。
再生

北中城村村長 新垣邦男さん

新垣さんは北中城村村長とともに沖縄県町村会会長もお勤めです。
1956年生まれ、那覇市首里の出身。御両親が北中城村に移転され現在は
北中城村が本家です。
日本大学を卒業後、北中城村役場の職員として公務員生活を開始、2004年の村長選挙で初当選。
現在は4期目を務めています。一昨年前からは沖縄県町村会会長も務められ、県内外を精力的に飛び回っておられます。今回は対談では、北中城村長としての話から沖縄全県的な話題に及びます。

再生

琉球芸能実演家 比嘉大志さん

比嘉さんは、1996年那覇市生まれで宜野湾市育ち。5歳の時に島袋流千織の会の比嘉政子先生に師事し琉球芸能を始める。2006年に沖縄タイムス伝統芸能グランプリを受賞、2017年沖縄県立芸術大学を卒業する。国立劇場おきなわの第4期組踊研修の修了生でもある。そして昨年教師免許を習得しました。いよいよ今月教師免許の披露公演を控えています。
再生

うるま市長島袋俊夫(しまぶくとしお)さん

島袋(しまぶく)さんは1952年生まれ、うるま市天願の出身。天願区の区長や旧・具志川市議会議員、具志川市議会議長を務めました。
2009年にうるま市、市長に初当選、三期目をお勤めです。そ
して、沖縄県市長会の会長、中部市町村会長として、沖縄全域の課題や政策提言にも積極的です。
島袋(しまぶく)市政3期の成果や課題、特に力を入れてきた経済政策や子育政策について、加えて沖縄県市長会会長としての提言も話してもらっています。

再生

日本トランスオーシャン航空の亀川智子(ともこ)さん

亀川さんは、浦添市のご出身。1987年に南西航空、現在の日本トランスオーシャン航空に入社。客室乗務員の経験を活かし後輩の育成にも力をいれています。またラウンジでのVIP接遇担当の経験から接客のプロとして大学や企業などで話し方や言葉遣いなどおもてなしの講座も開いています。
再生

文化庁芸術祭大賞受賞

この番組のMCである富田めぐみさんプロデューサーの「五月九月(ぐんぐぁちくんぐぁち)が文化庁芸術祭大衆芸能部門の大賞を受賞しました。今回は、富田さんがインタビューを受けます。
再生