カテゴリー別アーカイブ: 沖縄羅針盤

武田誠(たけだまこと)さん【株式会社沖縄科学AVセンターの取締役営業部長】

沖縄羅針盤
毎週日曜日 午後4時半~5時 放送中
10月28日放送分

今週のコーラルラウンジは、株式会社沖縄科学AVセンターの取締役営業部長の武田誠(たけだまこと)さんとラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんのおしゃべりです。

武田さんは1961年生まれ。うるま市具志川のご出身です。

沖縄科学AVセンタ-は、音響技術と映像技術を融合させ、イベント施設や放送局メディアやホテルなどに提供する専門会社です。国立劇場おきなわやOIST、沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハのホールなどにもその技術が提供されています。同社は今年、創業から60年の節目を迎えています。

武田さんのお父様はアメリカ人で軍属でした。玉城デニー知事の誕生の話題とも絡んで、武田さんの生い立ちにも話が及んでいるようです。

再生

中西俊之さん

京都に本社を置き、東京、上海そして沖縄でITビジネスを展開するベンチャー企業、
ビジネスラリアート株式会社代表取締役社長の中西俊之(なかにしとしゆき)さんが今日のゲストです。中西さんは1971年生まれ。滋賀大学を卒業後、家電販売店に就職。営業畑を経験します。
その後1999年に、ビジネスラリアート設立、現在に至ります。
11年前に沖縄支社を開設し沖縄進出、アジアへの展開の拠点と考えています。

日本中、或いは世界中をビジネスで飛び回っている中西さんですが、今年9月は台風に悩まされそうです。そして災難にも遭遇!!!
関空に閉じ込められ、沖縄にも閉じ込められたとのこと!

再生

緒方修(おがたおさむ)さん【東アジア共同体研究所「琉球・沖縄センター」所長】

沖縄羅針盤
毎週日曜日 午後4時半~5時 放送中
10月21日放送分

今週のコーラルラウンジは、東アジア共同体研究所「琉球・沖縄センター」所長の緒方修(おがたおさむ)さんとラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんのおしゃべりです。

緒方さんは、1947年生まれ。熊本県のご出身です。

在京ラジオ局の文化放送の番組プロデューサーを務めた後、沖縄大学の教授に転身、専門は「メディア論」です。

現在は民間のシンクタンク、東アジア共同体研究所「琉球・沖縄センター」の所長を務めています。この研究所は、元総理の鳩山由紀夫さんが設立したシンクタンクです。

「琉球・沖縄センター」が開設されて4年。その活動について聞きます。

再生

清水克彦さん

清水克彦さんは、東京のラジオ局、文化放送の番組ディレクター。コーラルラウンジには四回目の出演です。前回は2014年の県知事選挙の取材に来県している際の出演でした。
そして、今回も知事選の取材のために来県、四年ぶりの出演になりました。
清水さんは愛媛県出身。1962年生まれです。
早稲田大学教育学部卒業後、文化放送に入社。報道や編成、制作部などで勤務し、政治、社会、社会、の各分野の番組制作を手掛けてきました。
特に重要な政治決戦となる選挙では、全国各地に出向き現地からの中継レポートを行っておられます。
今回は、先週投開票があった沖縄県知事選の取材のため来県されました。沖縄を離れる一時間前にコーラルラウンジに寄ってもらいました。
清水さんにの目に「沖縄県知事選」とどのよに映ったのか、訊いてみます。

再生

ミゲール・ダズールさん

ミゲールさんは、沖縄空手案内センター広報担当。
1971年 フランス ブルターニュ地方出身。
フランスで少年時代に始めた空手を通して沖縄に興味を抱き、1993年来沖。
フランス語講師や、翻訳・通訳業などを行いながら沖縄空手を学ぶ。
「沖縄空手通信」の編集や、「沖縄空手案内センター広報担当」などを通し、世界に沖縄空手の情報を発信。
内閣府のクールジャパンアンバサダー、沖縄ニューカレドニア友好協会副会長も務める。
舞台作品「沖縄空手御庭」を、富田めぐみと共同プロデュース。

再生

宮城姉妹

宮城姉妹は2012年にブラジルのサンバカーニバルにて日本人初の姉妹パシスタ(女性花形ダンサー)として出演しました。それをきっかけに「沖縄とブラジルの懸け橋になろう」、そんな思いで立ち上げた歌と踊りで、沖縄から元気を発信する姉妹ユニットです。目立つ衣装で県内外のテレビ・ラジオ 番組にも出演。祭事、イベント等、LIVEも多数展開。

<宮城姉妹プロフィール>
お姉さんの佳代子さん、
学生時代から歌、踊りが好きで、県内放送局のオーディションでボーカルに選ばれCDデビューしました。社会人となってからは、ヒップホップやジャスダンス、フラメンコ等、様々なダンスにも挑戦。サッカーFC琉球チアダンスチームの立ち上げメンバーとして貢献。宮城姉妹では衣装デザインも担当しています。
妹の弥生(YAYOI)さん
姉と共にクラシックバレエを習います。学生時代は世界のダンスに憧れヒップホップを中心に、ジャズ、ハウス等、様々なストリートダンスに挑戦。FC琉球チアダンスチームではチームリーダとして活躍しました。その後、姉の誘いでサンバダンサーへ転身。テレビCMダンスの振付や、宮城姉妹では作詞を担当。
お二人は那覇市出身、年齢は不詳、一つ違いの実の姉妹。ご両親のルーツは大宜味村。
そんな宮城姉妹は先月、ブラジルを訪問して思いっきり踊って沢山の交流をしてきたそうです。お話はそのあたりから・・・
再生

知事選挙公開討論会を終えて

去る9月5日、南風原町立中央公民館で県知事選挙公開討論会が行われました。
島田勝也さんは、討論会にコーディネーターとして参加。佐喜間淳候補と玉城デニー候補のお二人に厳しい質問を投げかけました。きょうはその討論会を終えての感想をお送りします。
再生

JTB沖縄代表取締役 杉本健次さん

杉本さんは1960年生まれ、福岡県の出身です。
地元福岡の西南学院大学を卒業後、㈱日本交通公社
(現 ㈱JTB)入社されます。
旅行商品の企画・開発・販売部門で腕を磨きます。
そして、2010年に執行役員大阪中央支店長、
2014には取締役京都支店長を歴任、
2016年から㈱JTB沖縄代表取締役社長、
現職に就任されました。
何といってもJTBは旅行業界のトップ企業です!
そのJTBが沖縄を最重要拠点と位置づけているとのこと、
杉本さんからどんなお話が聞けるのか???

再生

エッセイスト 宮里千里

宮里さんは、1950年、沖縄那覇市生まれ。
エッセイスト、民俗祭祀採音者、書店店主、そして元那覇市の職員です。
著書には『アーコークロー』」『シマ豆腐紀行』『ウーマク!』『沖縄 時間がゆったり流れる島』などがあります。
宮里さん、多くの方に「千里さん!」と親しく呼ばれている有名人です。
そして、那覇市の職員時代には先日亡くなった翁長雄志知事の側近だったということでも知られています。
先週は翁長さんの話をたっぷりとしてもらったが、今日は千里さん自身のことをたっぷりと話してもらいます!
千里さんは1970年代から南島の音の記録を行い、沖縄の祭祀に関する音のアーカイブを作成しています。
そのアーカイブの価値は研究者の間でも大変高く評価されている。
沖縄の「祭事の音」について、どんな音なのでしょうか!?

再生