月別アーカイブ: 2017年8月

Oバック

パーソナリティー SUSU・小橋川結子アナウンサー

ゲストパーソナリティー 寿パンチ

■今週のフクヤマ

■今週のやってらんねー

・童貞のイメージ

【オトナの学校~夜の特別授業~】

1時間目「国語」
2時間目「生物」
3時間目「地理」

ヨルノイッポン大募集中!

次回のお題 「エロとスケベの違いを教えてください」

おまけあり

お題も募集中!
susu@rokinawa.co.jp
再生

一日で学べる認知症予防&健康教室が開かれる

「一日で学べる認知症予防&健康教室が開かれる」
方言ニュース8月30日(水)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

琉球新報胡屋・久保田・安慶田販売店はこのほど、
琉球新報中部支社で健康教室認定インストラクターの青木慶哉さんを招き、
「一日で学べる認知症予防&健康教室」を開きました。

この中で、青木さんは、認知症になりにくい人の生活習慣を
食事法と運動、睡眠、ストレスへの対処、知的活動の5つの観点から説明しました。
食事法では糖分を控えることや、ココナツオイルや青魚など
認知症に役立つ食べ物を紹介し、
「糖分は過剰摂取すると老化を進める。
ご飯1杯分の糖分を含むビールより赤ワインを飲むなど、食べ物を意識することが大事だ。
楽しみながら脳が求める食事をしてほしい」と話しました。

また、認知症予防ツールとして新聞を取り上げ、
金口木舌などのコラムを時間を意識しながら、
声に出して意味を考えて読むことで、
脳の活性化や機能チェックができるとなどと紹介しました。

75歳の夫と参加した73歳の女性は
「大変面白かった。新聞のコラムを声に出して読む訓練はぜひやってみようと思った」
と話し、夫は
「食事には日頃から気を付けているがより詳しく知れた。
ビールを飲むができるだけ赤ワインを飲むようにしたい」と笑顔を見せました。

再生

第73回 家庭円満菓子(かていえんまんがし)、大新城忠勇伝(うふあらぐしくちゅうゆうでん)

8月29日(火)

内容:木曜芸能公演「百花繚乱」
8月31日(木)
昼の部「現代喜劇・家庭円満菓子(かていえんまんがし)」
夜の部「琉球史劇・大新城忠勇伝(うふあらぐしくちゅうゆうでん)」

MC:玉城美香
出演者:テンブス館スタッフ 池根愛美さん
一般社団法人 沖縄俳優協会 会長 新垣勝夫さん
一般社団法人 沖縄俳優協会 事務局 玉城敦子さん

再生

あらん

こちらはコーナー。

おしながき
・ピンスポのコーナー「ラジオ沖縄1F」
・カタコト方言「あらん」
・ねるとん大喜利「君の◯◯を✕✕」 ※公開中の映画「君の膵臓を食べたい」より
・YOU刊スポーツ

日曜の13時からの2時間半、ダイヤルはAM 864kHzで!

メールアドレスは → ss@rokinawa.co.jp
公式ツイッターは → https://twitter.com/service_sunday/
Twitterハッシュタグはこちらで → #ss864
LINE BLOGもやってます → http://lineblog.me/service_sunday/

再生

出演者が語る 写真展「大琉球写真絵巻」プレイベント

2017年8月29日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

来月5日から那覇市民ギャラリーで始まる
写真家の石川真生さんの写真展「大琉球写真絵巻」を
周知し盛り上げようと、このほど、
若狭公民館でプレイベントが開かれました。

「大琉球写真絵巻」は、
沖縄の歴史的場面を友人、知人らが演じ、
その様子を一連の写真として紹介する企画で、
今回は出演した人たちが、
シーンを作り上げるまでの
石川さんとのやり取りなど撮影秘話を
リレートーク形式で披露しました。

去年発生した
アメリカ軍属女性暴行事件をテーマにした作品で、
被害者の母親役を務めた山城珠代さんは
「私がやっていることが良いのか悪いのか
今も答えは見つからない。
でも、風化させてはいけないという思いがあり、
それは真生さんも同じ」と語り、
別の作品でアメリカ兵役を演じた
写真家の石川竜一さんは
悩みながら撮影に臨み、
「僕の知らない人たちの記憶を体験させてもらい、
考えさせられた」と感謝を伝えました。

先月にがんの手術を終えたばかりの
石川さん本人も駆け付け、
笑ったり涙を拭ったりしながら
それぞれのトークに耳を傾けていました。

石川さんを支援しようと、あさって31日まで
クラウドファンディングで
治療費や写真展の費用も募っています。
再生

2017年8月28日 第360回目の放送分です

8月28日 第360回
うちな~噺家、藤木勇人こと志ぃさーが、秋田出身で沖縄文化に詳しいフリーのしゃべり手、佐々木仁子をアシスタントとして迎え、沖縄ヤマトグチと秋田ヤマトグチで番組内の各コーナーを軽妙につないでまいります。 そして定期レギュラーとして神奈川・東京WEBマガジン、ハブコネクションの釣本忠勝編集長にも登場していただき、大和での沖縄芸能情報をピンポイントで届けます 。
オキナワンドリーム
ゲストは、沖縄民謡サンシンサークル 美ら唄クラブ 和光 隆信さんの人生について伺います。
東京井戸端ユンタク
テーマは、沖縄のアメリカン・大和のアメリカン

再生

潮平小学校の児童 ポスターで交通事故防止を呼びかけ

方言ニュース
2017年8月28日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

糸満市の潮平公民館前の坂道から
国道331号の潮平交差点に向けての
旧県道82号、那覇糸満線で、
今年4月以降、児童と走行中の車が
接触する事故が相次いでいます。

いずれも大きなけがはありませんでしたが、
潮平小学校の通学路でもあることから
児童の安全を確保しようと、
潮平自治会と民生委員らはこのほど、
道路沿いにポスター50枚を掲示し、
ドライバーと児童に
注意を呼び掛けています。

ポスターは、潮平小学校が作成した
「事故多発 あぶない」「とまれ あぶない」
「徐行 あぶない」の3種類で、
民生委員らは、ドライバーと児童の
両方の目に入りやすい高さと場所を
考えて掲示しました。

民生委員らは
「これまでも事故はあったものの、
今年は連続しており、
通学路でもあることから、
いつ大きな事故が起こるか分からない」と話し、
「子どもが横断歩道を渡っている時に
一時停止せずに曲がるドライバーもいる」
と運転手のマナーの悪さを指摘します。

金城会長は「ポスターの効果が少しでも
出てほしい。今後も事故の根絶を
目指してみんなで協力していきたい。」
と安全運転を呼び掛けました。

再生