月別アーカイブ: 2017年7月

空手発祥の地、県外で知名度低く課題も

2017年7月27日(木)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

県が沖縄伝統空手・古武道の継承と振興を目的に実施した初の実態調査で、
沖縄が空手発祥の地であることを知らないのは県外で65・5%に上り、
後継者不足や空手のみで生活できる人も少ないなど県内での課題も分かりました。

「沖縄が空手発祥の地」と回答したのは
県内で96%だったのに対し、県外は34・5%でした。

このうち「発祥の地」と回答した県外の人でも21・8%は
「なんとなく知っている」と回答し、
「確かに知っている」の12・8%のおよそ1・6倍に上りました。

空手愛好家は現在、海外を含め県内外で1億3千万人いるとされていますが、
県外での認知度の低さが浮き彫りとなりました。

また、県内の空手道場経営者は「門下生の人数が少ない」、
「道場の規模が小さい」、「後継者がいない」などの悩みを抱えており、
36・9%が空手以外で主な収入を得ていて、
空手で収入を得ていない人も21・2%いました。

一方、県内道場の37・4%はアメリカやオーストラリア、スイスを筆頭に
欧米圏から門下生を受け入れており、門下生は繰り返し沖縄を訪れることが多く、
空手を通しての交流が根付いていることが改めて示されました。

県は調査結果を基に今年度中に「沖縄空手ビジョン」を策定し、
沖縄伝統空手・古武道の継承へ力を入れます。
再生

山田宝石 ②

GoGoダウンタウン 国際通り発
2017年7月25日(火) 放送

今日は国際通りにある老舗の宝石店・山田宝石にお邪魔しています。
お話は野崎みどりさんにお話伺います。

■□■□■□■□■□■□
山田宝石
那覇市久茂地3丁目29−69
(国際通り 松尾消防署通り入り口近く)
電話   098ー867−2985
営業時間 10:00〜19:00
(日曜日は10:100~18:00)

再生

民謡「汗水節」を広めよう 虹の会が記念誌発行

2017年7月25日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

勤労の大切さなどを歌った民謡「汗水節」の
普及啓発活動の5年間を記録した
「未来につなぐ汗水節の心『流汗化玉』」の
出版報告会と感謝の夕べがこのほど、
八重瀬町の具志頭農村環境改善センターで開かれ、
町民らおよそ200人余が参加し、
これまでの活動の歩みを振り返りました。

汗水節は昭和初期に
旧具志頭村出身の仲本稔氏が作詞し、
宮良長包氏が作曲したもので、
勤労や奉仕の大切さを歌った
沖縄を代表する教訓歌です。

汗水節の心に引かれた有志らは、
2012年に
「汗水節の心普及啓発事業実行委員会=虹の会」を設立し、
仲本稔氏についての創作劇や
子どもの汗水節大会、
環境美化活動などさまざまな普及活動を展開してきましたが、
虹の会編集委員会がこのほど、「流汗化玉」に活動をまとめ、
500部発行しました。

玉栄編集委員長は
「5年間の集大成となった。
これまで賛助会員を含め1200人余の協力、支援があり、
まさに汗の結晶だ。
ますます実になって素晴らしい
八重瀬町になることを願っている」
と述べました。

この日は汗水節の普及に尽力した人たちへ
花束が贈られた他、
余興では創作舞踊や獅子舞などが披露され、
最後は参加者全員で汗水節を大合唱しました。

再生

2017年7月24日 第355回目の放送分です

7月24日 第355回
うちな~噺家、藤木勇人こと志ぃさーが、秋田出身で沖縄文化に詳しいフリーのしゃべり手、佐々木仁子をアシスタントとして迎え、沖縄ヤマトグチと秋田ヤマトグチで番組内の各コーナーを軽妙につないでまいります。 そして定期レギュラーとして神奈川・東京WEBマガジン、ハブコネクションの釣本忠勝編集長にも登場していただき、大和での沖縄芸能情報をピンポイントで届けます 。
オキナワンドリーム
ゲストは、マジシャンで映像作家の三志郎さんの人生について伺います。
東京井戸端ユンタク
テーマは、沖縄の古民家・大和の古民家

再生

山田宝石 ①

GoGoダウンタウン 国際通り発
2017年7月24日(月) 放送

今日は国際通りにある老舗の宝石店・山田宝石にお邪魔しています。
お話は野崎みどりさんにお話伺います。
誕生石のお話です。

■□■□■□■□■□■□
山田宝石
那覇市久茂地3丁目29−69
(国際通り 松尾消防署通り入り口近く)
電話   098ー867−2985
営業時間 10:00〜19:00
(日曜日は10:100~18:00)
再生

アレルギーをもつ人も旅行楽しんで 旅行会社が観光ツアー

方言ニュース  
2017年7月24日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

食物アレルギーのある子どもや家族に
食事と旅行を楽しんでもらおうと、
県内の旅行会社などが共同で行う
県内観光ツアーがおとといから
きょうまでの日程で行われています。

ツアーは、バリアフリー観光の
認知度向上を目的にしており、
県外から家族連れら40人が参加しました。

参加者はおとといには、
小麦などアレルギーを引き起こす
10の素材を除去した23品の
ビュッフェを楽しみましたが、小麦アレルギーがある男の子の母親は
「外食となるとすしか牛丼だけだった。

ツアーに参加して4回目だが、
ご飯が一番の楽しみ」と笑顔で話し、
男の子も「豚肉を使ったギョーザが大好き。
全部食べたら、ギョーザをおかわりする」
とご飯を頬張っていました。

また、ツアーに初めて参加し、
卵や小麦など7品目にアレルギーがある男の子の母親は「旅行に行く際には専門の
業者を使うが、常に不安が残っていた。『何でも食べていいよ』と
言えるのがうれしい」と話しました。

メニューは事前の聞き取りを基に構成し、調理器具もアレルギーを引き起こす
素材が混入しないよう、他の調理器具と
分けて使いました。

ツアーは5回目で、今回から県が
1人当たり2万円を補助しており、
参加者からの聞き取りを
参考に改善を図ります。

再生

オープニングトーク『信ちゃん46歳の誕生日、リスナーさんからはおめでとうメールが来るけど、TSJメンバーからはぬーんねーん!(笑)』

7月23日放送分

給食係
「沖縄県内のおいしいお店を紹介」

きしゅへんロックンロール第123回
「スマホの活用方法」
※au沖縄セルラーからのお知らせは放送日時点の情報です。

掲示係
「街で見かけたおもしろ看板や、地域の話題」

再生

浜田太(はまだふとし)さん【株式会社エアポートTVネットワークジャパン・代表取締役】

沖縄羅針盤
毎週日曜日 午後4時半~5時 放送中
7月23日放送分

今週のコーラルラウンジは、株式会社エアポートTVネットワークジャパン・代表取締役の浜田太(はまだふとし)さんとラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんのおしゃべりです。

浜田さんは1953年生まれ、鹿児島県大島郡龍郷町(たつごうまち)のご出身です。

東京工芸大学で写真技術を学び、卒業後は講談社の写真部で勤務します。1978年、Uターンで奄美に戻られました。

帰郷を機に浜田太プロスタジオを設立。1995年、情熱情報誌「ホライズン」を発刊します。奄美の自然を取り上げる浜田さんの作品は内外から高い評価を受け、特に天然記念物「奄美の黒うさぎ」を撮った作品は多くの賞を受賞しています。2005年、株式会社エアポートTVネットワークジャパンを設立し、さらなるメディア事業に乗り出し、沖縄営業所も開設しました。

奄美の黒うさぎの子育てを撮った作品が国際的な賞を受賞したとのことで、まずはその話からお聞きしました。そして、後半は、軌道にのってきたメディア事業についても伺います。

再生