月別アーカイブ: 2016年10月

第6回世界のウチナーンチュ大会開幕

2016年10月28日(金)放送分

今日の担当は、糸数昌和先生です。

琉球新報の記事から紹介します。

第6回世界のウチナーンチュ大会はきのう、
沖縄セルラースタジアム那覇で開幕し、
26カ国と2つの地域から集まった海外のウチナーンチュと、
国内、県内のウチナーンチュが一堂に会し、
5年に1度の祭典の始まりを盛大に祝いました。

開会式は、県内外600人による三線の一斉大演奏で幕を開け、
かぎやで風節と安波節の2曲を心を合わせて弾き歌い、
沖縄の音色に聞き入った各国からの参加者は拍手や指笛で応えました。

観客席から鑑賞したハワイ2世のネリン・シマブクロさん(60)歳は
普段から琉球古典音楽を聞いており
「素晴らしい」と満足げに話し、
「人間国宝の照喜名朝一さんのファンで、
 年に数回ハワイに来てくれるのでいつも楽しんでいる。
 公演を見るために沖縄滞在を延ばした」と語りました。

また、三線を始めて13カ月で、
大演奏に参加したハワイ3世のダイアン・ナカソネさん(61)歳は
「みんなで一つになれていい経験だった。
 観客の声援などにエネルギーをもらえた」とうれしそうに話しました。

一方、大工哲弘さんは
「日本シリーズかと思うくらいスタンドいっぱいの人に感激した。
 ウチナーンチュに生まれて良かった。
 こういう大会は他府県ではないことだ」
と感慨深げに話しました。

再生

世界の若者ウチナーンチュ大会4日目

「世界の若者ウチナーンチュ大会4日目」
方言ニュース10月27日(木)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

世界の若者ウチナーンチュ大会4日目の22日、
地域対抗戦で競った「ウチナーンピック」の中で、
ひときわ目立って応援していたのは沖永良部チームで、
島内の和泊町連合青年団長の三島才(さい)輝(き)さん(31)歳が中心となり、
島出身者16人が参加しました。

三島さんは
「沖永良部は現在は鹿児島県だが、
移民した『世界のウチナーンチュ』と同じように
ルーツは沖縄だという気持ちで参加した」
と思いを語りました。

沖永良部は、方言や舞踊、文化や食べ物で沖縄と似た部分が多く残っていますが、
今年は、沖永良部を治めた北山王の次男の「世之主」が亡くなって
600年を迎えることもあり、沖縄とのつながりを深めたいという機運があります。

三島さんは沖永良部の法被を着て応援し、
「島の知名度を上げたい」と意気込んでいました。

再生

文化審議会が大宜見村役場旧庁舎を国の文化財にと答申

2016年10月26日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

文化審議会はこのほど、
大宜味村の大宜味村役場旧庁舎について、
国の重要文化財に指定するよう
松野文部科学大臣に答申しました。

近く答申通り告示されます。

旧庁舎は1925年に完成し、
県内では最初期の鉄筋コンクリート造建築
かつ現存する最古のもので、
役場庁舎としては全国的にも先駆的な事例だということです。

審議会は「沖縄県における鉄筋コンクリート造建築の普及発展を
理解する上で、高い価値を有する」と評価しました。

今回の指定で、重要文化財に指定された
県内の建造物は22件となります。

旧庁舎は2階建てで、
十字形と八角形を組み合わせた独特の
デザインを取り入れています。

1972年まで役場として使われていましたが、
その後も活用されており、
現在は村史編纂室として使われています。

設計は、熊本出身で国頭郡の建築技手だった清村勉氏が手掛け、
木造建築が主流の時代に、台風やシロアリ被害の対策として、
当時では珍しかった鉄筋コンクリート造を採用しました。

清村氏の親族からは「村の象徴として誇りに思う。
時代の生き証人として頑張ってほしい」と
喜びの声が上がっています。
再生

「海外に親戚がいますか?」

10月26日のアンケー島!

「海外に親戚がいますか?」

A「います!」69%
B「いません」31%

ティーサージ的沖縄の普通はAでした!

※世界のウチナーンチュ大会の情報については2016年10月26日現在のものです。

※10月27日(木)は公開放送のため、ポッドキャストの配信はございません。ご了承ください。

 

再生

那覇市歌うたう姉妹 20年ぶりに再現

2016年10月25日(火)放送分

担当は伊狩典子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

1961年から2015年3月まで、
ラジオ番組「那覇市民の時間」で流れていた「那覇市歌」を歌う
比嘉悦子さん(68)歳と伊澤智子さん(66)歳の姉妹が
このほど、那覇市役所を訪れ、
およそ20年ぶりに2人で市歌を披露し、
久茂地小学校の後輩でもある城間幹子市長とのコラボも実現し、
楽しく懐かしい歌声が響きました。

比嘉さんが6年生、
伊澤さんが5年生の時に歌ったもので、
去年3月までおよそ50年間流れていました。
合唱部だった2人はラジオ番組に出演し、
その中で歌われた那覇市歌を市が後に譲り受けて、
市のラジオ番組で流していました。

比嘉さんは現在、県立芸術大学の講師を務め、
伊澤さんはアメリカテキサス州ヒューストンで暮らしていますが、
久しぶりのデュエットにもかかわらず、2人の息はぴったりで、
「姉妹だから合うのかな。声の質は変わっていないよね」
とうれしそうに話しました。

2人が歌った市歌は多くの市民の耳に残り、
伊澤さんがアメリカで県人に話すと
「『えー』とびっくりされる」ということで、
市にも市民から「あの声を聞きたい」と要望が相次いだため、
市のホームページに2人が歌う那覇市歌を掲載しています。

再生