月別アーカイブ: 2015年12月

宮古島 伊良部大橋にLED照明設置

2015年12月29日(火)放送分

担当は上地一夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

ことし1月に開通した伊良部大橋で、
夜間における利用者の安全確保を目的に
道路照明が設置されました。
環境対策などから全てに
LED=発光ダイオードが採用されたほか、
伊良部島側の海中道路部部分などは
ウミガメなど生態環境への配慮から、
照明が照らす部分を道路に限るように
設置場所や器具を工夫しました。

当初、照明を付けない案も検討されていましたが、
地元などの要請を受け、付けたということで、
県宮古土木事務所の小橋川所長は
「3540メートルにわたる照明は夜間通行のためのみならず、
新たな夜景スポットとして観光資源にもなると期待している」
と話しています。

ところで、伊良部大橋開通直後から
多くの観光客が伊良部島を訪れるようになり、
宮古島を訪れる観光客も大幅に増加したことから、
今年度の宮古島の観光客数目標の50万人達成に期待がかかる反面、
宮古島市伊良部商工会などの調査で生活必需品など
島民の島内消費が大幅に減り、市中心部に買い物客が流れる
「ストロー減少が」生じていることも分かっています。
再生

2015年12月28日 第273回目の放送です

うちな~噺家、藤木勇人こと志ぃさーが、新メンバー秋田出身で沖縄文化に詳しいフリーのしゃべり手、佐々木仁子をアシスタントとして迎え、沖縄ヤマトグチと秋田ヤマトグチで番組内の各コーナーを軽妙につないでまいります。 そして定期レギュラーとして神奈川・東京WEBマガジン、ハブコネクションの釣本忠勝編集長にも登場していただき、大和での沖縄芸能情報をピンポイントで届けます 。
再生

徳永さんと街歩き♪ ①

GoGoダウンタウン 国際通り発
2015年12月28日(月) 放送

今日はアイランドブラザーズのオーナー
徳永さんと一緒に締めくくりの街歩き!
国際通りをおしゃべりしながら歩きますヨ。
今年5月にオープンしたVOLCOM STORE OKINAWAの前からスタートです!

再生

県内各地で年越し準備

方言ニュース 
2015年12月28日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

クリスマスも終わり、県内各地では
年越しの準備が本格化していますが、
中城村登又では子どもたちや
地域住民らがこのほど、
リュウキュウマツや竹など地元の材料を
使った門松を
「いいお正月を迎えられますように」
との願いを込めて製作しました。

要らなくなったござを活用してごみ箱や
空き缶に巻き付け、中に砂を入れて
飾り付けて手作りの門松が完成し、
9歳の女の子は「初めて作ったので
松を飾るのが難しかった。
お正月に家族みんなでご飯を食べるのが楽しみ」と
新年を待ち望んでいる様子でした。

一方、国頭村辺戸の若水を首里城に
献上する伝統行事
「美(ヌー)御水(ビー)の奉納祭」が
このほど、那覇市の首里城で行われ、
王府の役人にふんした男性が、
首里城正殿裏で待ち構えていた
高級女神官の阿母(あむ)志(し)良(ら)礼(れ)役の女性に
若水を献上し、来る年の平和と御万人の健康長寿を祈りました。

この行事は戦前に途絶えていましたが、
1998年に復活しました。
当初は若水をバスで運んでいましたが、
去年から国頭村辺戸から首里城まで人が走って若水を運ぶ
「若水役伝」も再現しており、
首里城を訪れた観光客らは、
厳かな儀式に見入り、
写真や動画に収めていました。
再生

琉球八社2

赤瓦ちょーびんのぐぶりーさびら 

毎週日曜日 午前9時〜9時30分 放送中

12月27日放送分

フリーのガイドで
元沖縄観光コンベンションビューローの
歴史文化コーディネーターを務める赤瓦ちょーびんが
独特の語り口で沖縄の歴史、文化、民俗についてご紹介します。

今回は、『琉球八社2』
を、お送りします。

「沖縄のなーんだ」の、コーナーでは、
『神道』を、
お送りします。

ブログ始めました。
http://chobin.ti-da.net/

財団法人沖縄観光コンベンションビューローの沖縄観光情報WEBサイト
赤瓦ちょーびんと行く 沖縄散歩 
http://www.okinawastory.jp/special/sanpo/index.html
番組同様、歴史 風俗 イベント等 満載です。
赤瓦ちょーびんの 画像も ありますよ。

ちょーびんへの 質問コーナーも
随時 募集中です。
お待ちしています。

番組へのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで
aka@rokinawa.co.jp

再生