カテゴリー別アーカイブ: 方言ニュース

希羽ちゃん両親 「たくさんの支援に感謝」

方言ニュース   
2018年6月4日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

県内外からの募金による支援を得て、
おととし2月にアメリカでの
心臓移植手術に成功したものの、
今年3月に間質性肺炎のため亡くなった
翁長希羽ちゃんの両親で、
熊本市に住む父親の司さんと
母親の涼子さんがきょう、
浦添市役所に松本市長を訪ね、
支援に礼を述べました。

浦添市で育った司さんは
「悲しい結果になったが、
たくさんの人に支援していただいたことに感謝したい。
希羽は笑顔のかわいい子だった。
今日も近くで見守ってくれているはずだ」
と笑顔を見せました。

また、涼子さんは「アメリカの病院で
最大限のことをしていただいたが、
『国内で移植手術を受けられたら
もしかして結果は違っていた
かもしれない』
と思うこともある。
国内で移植手術が受けられるよう、
たくさんの人に臓器移植について
意識を持ってもらえれば」
と述べました。

一方、同席した妹の花ちゃん(2歳)は、
投げキッスやハイタッチなどで
周囲を和ませ、
父親の司さんは
「希羽としぐさが似ていて
ドキッとする時がある」と話しました。

訪問を受けた松本市長は
「浦添市民や県民などたくさんの人が一緒に頑張った。
同じような境遇にある人たちのために
経験を生かしてほしい」と話しました。
再生

紛失した10万円が持ち主へ

2018年6月1日(金)
担当 糸数昌和先生

那覇市の浮島通りで金物店を営む富川安盛さん86歳は、
ことし1月に現金10万円を紛失しました。
「きっと見つからないだろう」と覚悟していましたが、
拾った人が匿名で豊見城署に届けたことで、無事に手元に戻り、富川さんは
「どうしてもお礼を伝えたいが名前も住所も分からない。新聞を通してどうか伝わりますように。ありがとう」
と感謝の気持ちを語りました。
富川さんは模合金の10万円が入った封筒と財布を上着のポケットに入れて
タクシーに乗車し、下車する際に封筒を落としてしまったのだろうと振り返り、
周囲の人たちから「見つからないだろう」と言われ、
富川さん自身も諦めていましたが、
那覇署に紛失届を提出したところ、落とし物として届けられているとの報告がありました。
お礼をしようと、警察に問い合わせましたが、本人が匿名を希望しているとのことで分かりませんでした。
富川さんは
「現金が見つかったこと以上に、人の温情の深さに感動の気持ちでいっぱいだ」と語り、
涙をにじませ、封筒は人の優しさを思い返すための「宝物」として大切に保管しているということです。

再生

「沖縄が全国一の観光県に。」

「沖縄が全国一の観光県に。」
方言ニュース5月31日(木)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

先月、4月の入域観光客数は、前の年の同じ月に比べて9・7%増の83万3200人で、4月としては初めて80万人の大台を超え、過去最高を更新しました。

これは県文化観光スポーツ部がこのほど発表したもので、
単月で過去最高を更新するのは54カ月連続で、
前の年の同じ月の実績を上回るのは67カ月連続となりました。

国内客は2・7%増の55万6400人、外国客は27・2%増の27万6800人でした。
国内客は春休みやゴールデンウイークの旅行需要があったほか、
沖縄国際映画祭などの大型イベントが奏功し、
東京、関西、福岡方面共に好調に推移しました。

外国客は航空路線の拡充やクルーズ船の寄港回数が増加し、
全体の押し上げにつながりました。
全体では、懸念されていたはしかの影響は一部にとどまりました。

また、今月、5月は航空各社の予約状況が安定していることや、
クルーズ船の寄港回数が32回増の59回と過去最高となる
見通しであることから増加が見込まれるものの、
夏に向けてはしか発生の影響も懸念されることから、
県観光政策課は「終息傾向にあることを積極的に発信していく」と語りました。

再生

レジ袋辞退、減少傾向

2018年5月30日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

5月30日は「ゴミ0」の日ですが、
県内のスーパーやドラッグストアで、
レジ袋を辞退する人の割合が年々減っていることが
県環境部の調べで分かりました。

レジ袋の有料化が始まった2008年度にレジ袋を辞退した人は、
全事業者の平均で80・6%おり、
翌2009年度には最高の80・7%を記録しましたが、
その後は毎年減り続け、昨年度は75・6%に落ち込み、
レジ袋を購入する人が増加しています。

県は今後、コンビニエンスストアにも
レジ袋有料化導入を求めることを検討しています。

コンビニエンスストアへのレジ袋有料化導入を巡っては、
県が2008年のスーパーなどの導入時に求めましたが
実現しなかった経緯があり、
県環境整備課は辞退率が減少傾向にあることについて、
正確に分析しているわけではないとしつつ、
「県民に買い物袋、マイバッグ持参の機運が広まっている印象はある。
観光客の増加など別の要因があるかもしれない」と推測します。

その上で「自然豊かな美ら島を次世代に継承するため、
過剰包装をなくすなどレジ袋辞退をきっかけに、ごみの減量を心掛けてほしい」と、
マイバッグ持参を呼び掛けました。
再生

329年前の三線、現代に コレクター翁長さん入手

2018年5月29日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

琉球の歴史書「球陽」が記録する人物
「志堅原比屋」が使ったとされる
329年前の三線を
沖縄コレクター友の会の翁長良明さんが
このほど入手しました。

製作の年代が明らかな現存する三線では
最古の物とみられます。
県立博物館・美術館の学芸員らが現物を確認し、
棹の部分は当時のものと判断したもので、
来年2月に開かれる県立博物館・美術館の企画展でも
展示する予定です。

翁長さんが三線収集家から入手したもので、
棹の部分には西暦で1689年に相当する
「康熙28年」や作り手の名前とみられる
「真壁里之子ウチ」「志堅原比屋求之」などが刻まれており、
胴などその他の部分は張り替えなど
手が加えられているとみられます。

「球陽」などの資料によりますと、
志堅原比屋は南風原間切宮平村へ行って三線を弾き、
照屋という男が三線を譲ってほしいと頼んだため、
志堅原比屋は照屋へ三線を売ったということで、
照屋の前に幽霊となって現れた女がいましたが、
その三線を弾くと二度と姿を見せなくなったという逸話が
伝えられています。

翁長さんは「三線を弾く人たちの間ではよく知られる名器だ。
音色が良い。材質は最高のクロキだ。
今後も大事に保管していきたい」と語りました。
再生

映画のモデル安里要江さん 大阪の生徒に戦争体験語る

方言ニュース  
2018年5月28日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

沖縄戦の語り部で、映画「GAMA 月桃の花」のモデルにもなった
安里要江さん97歳はこのほど、
北中城村内で、大阪府東大阪市立意岐部中学校の
3年生19人に、「戦争は絶対あってはならない。
私の経験を子どもたちに歩ませたくない。
戦争をなくすよう、一緒に動いていきましょう」
と自らの戦争体験を語りました。

当時2児の母親だった安里さんは沖縄戦で母親と夫、
子ども2人を亡くしました。

糸満市の壕でアメリカ軍に
保護されるまでのおよそ3カ月間、
砲弾が飛び交う中をひたすら逃げ回り、
地面には死体が散らばり、
子どもたちは泣き叫ぶしかなく、
「本物の戦争をこの目で見た」
と悲惨な状況を振り返りました。

また、子どもたちに何とか食べ物を与えようと、
安里さんは砲弾を避けながら、
道に落ちているものを探し回ったということで、
「子どもの命が一番だった」
と何度もつぶやきました。

講話を聞いた生徒は「事前に本などを
読んで戦争体験は知っていたけど、
実際に聞くとじーんときた。
これから戦跡などに行くときには
戦争で死んだ人たちを思い、
勉強したい」と語りました。

再生

コスモスとかかしで話題

2018年5月25日(金)
担当 糸数昌和先生

琉球新報の記事から紹介します。
今帰仁村平敷区の「乙羽岳入り口」付近の一角に、鮮やかなコスモスが咲いています。
そのコスモス畑に常にいるのが、
農作業をしたり、三輪車にまたがったりしているかかしたちで、
きれいに咲いたコスモスとユニークなかかしが村内外で話題となり、連日、多くの人が訪れています。
この場所を管理しているのは、
平敷区の女性有志らでつくる「ひまわりサークル」のメンバー9人で、
上間玲子代表65歳は
「この場所を明るくすることで、地域のPRにつながる。
何より、仲間とおしゃべりしながら作業することが楽しい」と話します。
おととし7月から花壇を管理しており、
その美化活動が認められ、去年12月には本部署から花の苗が贈呈されたということで、
上間代表は「人が集まる場所をつくったことで防犯につながった。評価されてうれしい」と笑顔を見せます。
これまでひまわりサークルが作ったかかしは50体になりますが、
手作りのかかしは農作業をしていたり、
三輪車にまたがったりとまるで本物の人間のようで、
先月末からこいのぼりも泳いでおり、今月、5月いっぱい見ることができます。
再生

「ウミガメの産卵支援にビーチクリーンが行われる」

名護市の嘉陽海岸でこのほど、美ら島自然学校主催の
「ビーチクリーン大会in嘉陽」が行われ、
ウミガメが産卵にやって来る自然豊かな嘉陽海岸を
「みんなできれいにしよう」との呼び掛けで、
一般の応募者や嘉陽区民、美ら島自然学校のスタッフらおよそ30人が参加し、
長さおよそ1キロの海岸を2時間かけて清掃しました。

今回が2回目の開催で、拾い集めたごみは燃やしていいもの、
金属、瓶・ガラス、漁具類など7種類に丁寧に分別しました。
また、休憩時間を利用して専門家による
ウミガメの産卵や漂着物に関する講話もありました。

市内から家族5人で参加した(5)歳と(2)歳の兄弟は
「ビーチクリーンは初めて。とても楽しい」と話し、
母親と一緒に汗を流していました。
次回は来月、6月3日に名護市安部区の海岸を予定しています。

再生

県内観光関連団体が官邸にはしか対策の提言書提出

2018年5月23日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

県や沖縄観光コンベンションビューローなど
観光関連32団体でつくる沖縄観光コンベンション推進協議会は
今月18日、総理大臣官邸に菅官房長官を訪ね、
はしかの感染拡大に関する対策を
盛り込んだ提言書を提出しました。

菅官房長官は「過剰に反応することなく、
冷静に対応する必要がある」などと述べ、
対策を講じる考えを示しました。

県内でのはしか感染拡大は、
タイで感染した台湾人観光客の来県が発端です。

関連団体は、はしか感染拡大は
東京オリンピックなどを控えた日本全体の問題だとして、
2回目のワクチンの接種率向上、感染症の国内、地域への侵入防止、
それに観光戦略における感染症対策の強化を求め、
協議会の平良会長は
「沖縄は安全なので、旅行に来てほしい」
と呼びかけました。

ところで、県観光推進課によりますと、
はしかが理由とみられる旅行のキャンセルは18日の時点で
5369人となり、16日の時点から69人増加しました。

キャンセル数の増加率は16日の時点に引き続き、
2回連続で100人を下回りました。
再生

巨大外来種ヘビ捕獲 うるま市の住宅で

2018年5月22日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

うるま市勝連平安名の野原勝さんの自宅で
このほど、体長1メートル75センチの外来種のヘビ、
タイワンスジオが発見され、捕獲されました。

野原さんは
「近くには保育園や小学校などの施設がある。
子どもたちの所にヘビが行かないでよかった」
とほっとした表情を見せました。

この日の午前7時半すぎ、野原さん宅に
タイワンスジオが入り込む姿を通行人が発見し、
報告を受けた野原さんは、
地元で「ハブ取り名人・名犬」として知られる
當真嗣満さんに連絡し、
當真さんは愛犬の「ハッチー」と野原さんの自宅に
駆け付けました。

そして、當真さんらの手により発見から1時間後に
タイワンスジオは捕獲されました。
當真さんは「子どもたちにも、
草むらにはハブやタイワンスジオのようなヘビがいるかもしれない
という意識を常に持っていてほしい」
と注意を促しました。

無毒ですが、攻撃性があるタイワンスジオは、
うるま市や沖縄市など沖縄本島中部で多く発見され、
去年は23件の発見報告が県に上がっており、
県自然保護課は
「タイワンスジオはハブと模様が似ている。
どちらも見つけたら最寄りの行政機関に連絡してほしい」
と呼び掛けています。
再生