カテゴリー別アーカイブ: 方言ニュース

全国高校駅伝大会 北山快走!

 方言ニュース   2020年12月23日 水曜日
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。
全国高校駅伝がこのほど、京都市で行われ、男子は2年連続12度目の出場となった県代表の北山が、去年、自らが打ち立てた
県高校記録を3分3秒縮める2時間7分31秒の快走を見せ、34位に入りました。
県勢男子の30位台は1997年の第48回大会の沖縄尚学の37位以来、23年ぶりで、目標に設定していた
2時間7分台を有言実行する走りで新たな県高校記録を打ち立てました。
特に5000メートル走13分台の猛者がひしめくエース区間の1区10キロには、
5000メートルの県高校記録保持者で、2年生の上原琉(りゅう)翔(と)を2年連続で起用し、10位台でタスキをつなぐことを
目標にしていた上原は6キロ地点までハイペースを維持する集団に食らいつきましたが、
「このペースで行くと後半失速する」と、緩やかな下り坂が続く6・5キロ以降、ペース配分を気にして集団から離れ、
17位の好成績でつなぎました。
1区に次いで長い3区も3年生の源河開偉(かい)主将が県勢区間最高の24分55秒で力走し、
「全員がベストに近いタイムで成果を発揮できた」と声を弾ませました。
大城昭子監督は「全国も確実にレベルアップしている。課題を持ち帰って研究したい」
と次を見据えていました。

再生

大学生がプラストロー廃止へ 宜野湾市へ陳情

方言ニュース 
2020年12月16日(水)
きょうの担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。宜野湾市に住む早稲田大学2年の林みなみさんが、先月、プラストローの廃止や、
代替品の導入を後押しする補助金や条例の制定を求める陳情を県議会に出しました。 アルバイト先のカフェでプラスチック製ストローの使用に
疑問を持ったことをきっかけに、プラストローの必要性に関するインターネットのアンケートを実施し、およそ千人が回答を寄せ、71%が店で冷たい飲み物を飲むための
ストローは「なくてもいい」
と答えたことによるものです。
林さんは、大学で国際関係や環境問題を学んでいますが
新型コロナウイルスの影響でリモート授業が続いているため、春から故郷に戻り市内のカフェでアルバイトをしています。
その中でプラストローが
大量消費される様子を見て、
店長に紙ストローなどへの交換を申し出ましたが、
コスト面が壁だということが分かり、「プラストロー廃止に向けた課題が分かって良かった。あきらめて捨て続けるのは嫌だ」と思い、世論調査を実施しました。
林さんは「変化をもたらすための移行期間を行政が後押ししてほしい。
美しい自然がある沖縄だからこそ、沖縄らしいSDGsとして全国に先駆けて取り組んでほしい」と話しています。  

再生

中城城跡 発掘成果展開催

 方言ニュース  
2020年12月14日
(月)
きょうの担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。
中城村教育委員会は世界遺産登録20周年を記念し、中城城跡の発掘成果展を護佐丸歴史資料図書館企画展示室で開いています。
2009年度から昨年度までの10年間の調査を公表しているもので、新たに発見された14世紀中ごろから後半に
造られた城壁や、鍛冶場跡があったと推定される調査を
解説しています。
このうち17年度から18年度に新たに見つかった城壁は、直方体に加工した石を
一段ごとに高さをそろえてブロック状に積み上げる「布積み」で、一の郭北側にあります。
上部は15世紀前半の城壁が積まれ、外側は19世紀後半から20世紀初めの城壁に覆われていました。
上部より石が緻密に組まれ、
戦のない穏やかな時期に造られたとみられるということです。
また、新たに出てきた城壁内部からは、築城以前に堆積した黒褐色土が見つかり、13世紀後半から14世紀前半に
人々が暮らしていた遺物もありました。
村教委員会の渡久地文化係長は、現在も城壁を調査中としつつ、「護佐丸が通説以上の
増改築をしたのかもしれない」と話し、「中城の変遷が見え、いろいろなことが分かってきた。調査の成果を見ていただきたい」
と来場を呼び掛けました。

再生

ブラジル県系1世に国際親善名誉賞贈る

 方言ニュース  2020・12・8(火)
琉球新報の記事から紹介します。きょうの担当は宮城葉子さんです。
那覇市は先月23日、姉妹都市のブラジル・
サンビセンテ市職員だった
故イハ・セイテツさんに、
那覇市国際親善栄誉賞を授与しました。セイテツさんは両市の相互訪問で
サンビセンテ市長に随行し、
職員交流にも尽力したもので、
長男のイハ・ロドリゴ・マサフミさんが
那覇市役所で表彰状を受け取りました。
セイテツさんは現在のうるま市石川出身の
 県系1世で、
1991年に職員交流で那覇市を訪れて以来、
 交流事業に深く関わりました。
99年には姉妹都市提携20周年を記念し、
セイテツさんが中心となってサンビセンテ市の伊波興徳公園に「守礼門」を建設しました。
しかし、新型コロナウイルスに感染し、
今年9月に65歳で亡くなりました。
両市は78年10月23日に姉妹都市提携と
  なったことから、授与式は姉妹都市締結の
記念日に開催され、
城間幹子市長は「イハ・セイテツさんは
親しみやすい笑顔と流ちょうなうちなーぐちで
交流の懸け橋となった。
空から両市の発展を見守ってほしい」
とあいさつしました。
また、1月から話の日本語学校に通っている
   マサフミさんは
「父の夢は沖縄にいる私と力を合わせて、
   両市の交流をより強くすることだった。
 父は私たちの心の中にいる。
  これから絆がもっと強くなるように頑張る」
           と語りました。(了)

再生

陶器の良さを知ってほしい オカリナ演奏

方言ニュース  2020年12月1日(火)
今日の担当は宮城葉子さんです。
琉球新報の記事から紹介します。
県内で唯一のオカリナ奏者の仲里尚英さんがこのほど、中城村新垣の朝日陶器で演奏会を開き、
自身が手掛けたおよそ20種類の音色や形が異なるオカリナを次々と吹き鳴らし、優しい音色を届けました。
仲里さんは高校卒業後に右耳が聞こえなくなる病に襲われ、やけっぱちの中、たまたま付けたテレビで
筋ジストロフィー患者の演奏を見て感銘を覚えました。
近くにあったオカリナを手にすると、人の心をひきつける音色に夢中になり、独学で練習に励み、
現在は小学校や福祉施設などを回り、精力的に演奏会を開いています。
当日は、ディズニーやジブリの名曲などを披露しながら、自作のオカリナを紹介しました。
半身不随の人も演奏できるようにと片手演奏が可能な物や、
小指がなくて演奏できない「カメさん」という女性に出会ったことがきっかけで開発した
カメ型のものなど、軽快なトークとともに多種多様な作品が続々と登場しました。
仲里さんは「今回は陶器の良さを知ってもらおうと企画した。今後も輪を広げ、たくさんの人に癒しと希望を届けたい」と思いを込め、
朝日陶器の山入端敏(さとし)社長は「なかなか聞くことができないので貴重な機会になった。とても癒された」と笑顔で語りました。 
再生

12年に1度の祭事、コロナ禍でも継承

 方言ニュース  2020年11月24日(火)
琉球新報の記事から紹介します。
うるま市勝連の南風原自治会はこのほど、琉球王国時代から葬具として利用されてきた「龕」を拝むガンヤー祭=御龕祭を実施しました。
12年に1度しか行われない祭事で、参加者らは龕が納められているガンヤー前に集まり、区民の無病息災や地域の発展を祈願しました。
この龕は286年前からあったと言い伝えられ、死者を運ぶ際に用いられましたが、戦後火葬が普及する中で、徐々に使われなくなり、
勝連南風原でも1956年以降は使用されていません。
その後も12年に1度のガンヤー祭は続けられてきましたが、今回は新型コロナウイルス感染拡大の影響で実施が危ぶまれました。
できなければさらに12年後となり、前回の実施から期間が24年開くことが
危惧されていましたが、「若い世代へ継承しなければならない」との強い思いで、コロナ対策をしながら実施することが決まりました。
当日は南風原公民館前から道ジュネーが始まり、旗頭を先頭に、締め太鼓や鉦鼓をたたくテークチリ、棒術、
ウスデークなどが披露されました。
祭りを終え、自治会の具志堅会長は
「感無量だ。先祖や先輩らがつないできた龕を次の世代へ継承していきたい。伝統を守ることで地域の繁栄があると感じた」と喜びました。
再生

東村産ゴールドバレルパインタルト グランプリ!

 方言ニュース   
 2020年12月7日(月)
きょうの担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。
日本一の洋菓子タルトを決めるコンテストで、ルネッサンスリゾートオキナワパティシエ・山城新和さんの作品が
グランプリに選ばれました。
山城さんは先月に東京で開催された「第9回スイーツコンテストTarte―1グランプリ」に、「東村産ゴールドバレルパインタルト」を出品し、全国69作品の中からグランプリに選ばれたもので、
ルネッサンスリゾートオキナワからは2年連続のグランプリ受賞となりました。

受賞作品は、パイナップルの断面をイメージして、生地にゴールドバレルを混ぜて焼き込み、ライムが香るムースと
パイナップルクリームを重ね、表面はパイナップルのジュレでみずみずしい新鮮な味わいを表現しました。
山城さんは「コンテストを辞退しようと思っていたが、
ゴールドバレルが廃棄の危機にあるという新聞記事を読んで、お菓子で役に立てないかと参加を決めた。
引き続き、県産食材の良さを県外へ発信したい」と抱負を述べました。
受賞作品は先月26日から発売されており、価格は税別でホール4200円、1カット750円です。 

再生

希望者急増 インフルエンザ予防接種

方言ニュース  
2020年12月2日(水)
きょうの担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

新型コロナウイルスとの同時流行を警戒して
インフルエンザの予防接種を希望する人が
増えた影響で、
インフルエンザワクチンが不足している
医療機関があり、
琉球新報には「予約していた日の前日に病院から『ワクチンがなくなった』と言われた」や、
「『在庫切れ』の返事ばかり。
入荷時期も未定と言われ心が折れた」
といった、
読者の悲痛な声が寄せられています。
新型コロナとインフルエンザは症状が似ており、重症化を防ぐためにも日本感染症学会は
従来の65歳以上の高齢者に加えて
基礎疾患のある人、
妊婦や小児へのインフルエンザワクチン
接種を強く推奨しています。
県医師会の宮里達也副会長は
「市町村による助成もあり、
例年より希望者が増えて、
需給のバランスが合わなくなった
可能性がある。ただし一時的なもので、
高齢者や小児・妊婦などが優先されて
後回しになる人たちも含め、
接種できないという事態にはならない」
と分析します。
一方、厚生労働省によりますと、
今シーズンのインフルエンザワクチンは
去年よりおよそ12%多い
およそ6356万人分を見込んでおり、再入荷により接種できる医療機関は
増える見通しですが、
需要に供給が追い付くかは不透明です。(了)

再生

沖縄市で元気な四つ子の子牛誕生

方言ニュース   
2020年11月30日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

沖縄市池原にある大湾畜産の牛舎でこのほど、
四つ子の子牛が生まれました。

管理する大湾守一さんによりますと、
四つ子誕生は極めてまれで、
さらに母子ともに健康な状態も
珍しいということです。

牛の世話に関わって20年という大湾さんは
「牛は1回の出産で
1頭ずつ生まれることがほとんどだ。
四つ子の誕生は聞いたことがなく、
びっくりしている」
と驚きを隠しません。

四つ子を産んだのは
黒毛和牛の「れい」10歳で、
今年2月ごろ、妊娠鑑定でエコー検査をした際、
4頭の妊娠が判明しました。

双子以上になると、
死産となる可能性が高くなり、
母胎への負担も大きくなることから、
獣医師も心配していました。

今月1日午前7時半ごろ、
陣痛が始まりましたが、
時間がたってもなかなか産まれず、
獣医師を呼びました。

牛舎には大湾さんの家族や獣医師が
集まって連携し、1頭ずつ引っ張り出し、
午後2時ごろ、4頭の出産を終えました。

3頭が雌、1頭が雄でした。
大湾さんは
「新型コロナウイルス感染症の
暗いニュースが多い中、うれしい出来事だ。
これからも健康に育ってほしい」
とうれしそうに話しました。

再生

「特殊詐欺」件数 過去5年で最少 声掛けが功を奏す

方言ニュース   
2020年11月23日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

電話やインターネットを介し、
架空料金の請求や還付金をほのめかすなどの手口で
金銭を要求する「特殊詐欺」について、
県警の去年の取扱件数は26件、
被害総額はおよそ2013万円となり、
過去5年で件数、
被害額ともに最少となりました。

金融機関やコンビニエンスストアの従業員が
異変に気付き、
被害を未然に防ぐ事例が多いということです。

被害を阻止した総額は過去5年で
2500万円を超え、
店頭での従業員らによる「声掛け」が
功を奏しています。

去年からの過去5年間で、県警が取り扱った
特殊詐欺の件数は合わせて213件で、
このうち未然に阻止した事例は76件でした。

阻止率はおよそ35・7%でした。

今年9月には豊見城市内のコンビニで
「ネット通販を利用したら15万円を
請求された」などと、女性客が店員に相談し、
「怪しい」と察した店員は警察に通報し、
被害を未然に食い止めました。

県警の松崎生活安全部長は
「県警と金融機関やコンビニ店などとの
連携強化が進んでいる。

年々、特殊詐欺の手口は多様化し、
被害者の年齢層も幅広くなっている。

県民一体となって犯罪抑止に力を入れていく
必要がある」と述べ、
継続した犯罪防止対策を呼び掛けました。
再生