カテゴリー別アーカイブ: 方言ニュース

チビチリガマ入り口に仏像12体を設置

「チビチリガマ入り口に仏像12体を設置」
方言ニュース1月31日(水)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

沖縄戦で住民が「集団自決」に追い込まれた読谷村波平の
自然壕チビチリガマを損壊した少年4人がこのほど、
ガマ入り口にある「世代を結ぶ平和の像」を制作した
金城実さんらとガマ周辺を清掃し、新たに仏像12体を設置しました。

少年たちは保護観察所のプログラムの一環で
保護司らとともにチビチリガマを訪ねたもので、
あらかじめ遺族会や金城さんが土台部分を制作した仏像に
顔や腕を付けて完成させ、ガマ周辺に12体を設置しました。
ガマの中の遺骨にも手を合わせました。
また、沖縄戦や「集団自決」の事実について、
チビチリガマ遺族会から話を聞き、沖縄戦最大の悲劇に数えられる
「集団自決」を語り継ぐ大切さを学びました。

遺族会の与那覇会長によりますと、少年たちは
「歴史を知らず、大きなことを犯してしまった。
今後、このような事件がないようにしたい。沖縄戦を伝えていきたい」
などと述べ、改めて謝罪し、遺族の言葉にも真剣な表情でうなずいていたということです。

金城さんは「作業着を着て、黙々と仕事をしている様子を見てうれしかった。少年たちが後世に沖縄戦を伝えることを期待している」と話しました。
ガマの入り口に設置された平和の像にも損傷が及んでおり、
遺族会は今後、少年たちと修復作業を進めていくことを検討しています。

再生

沖縄市の音楽史をiPadで 音楽資料館おんがく村

2018年1月30日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

沖縄市中央の音楽資料館「おんがく村」が、
情報通信端末「iPad」で
沖縄市の音楽史にまつわる写真を
閲覧できるサービスを始めました。

音楽家個人やグループなどの写真
およそ千点を収めており、
閲覧はおんがく村にある
3台の端末でのみ可能で、
写真は1920年代以降のものを収容します。

年代別のほか、
民謡、ロック、ジャズ、フォークのジャンル別、
音楽家の個人名やグループ名でも検索ができます。
それぞれ写真に解説が付いており、
所蔵するカセットやレコードなどの音源も視聴できます。

現状で最も古い写真は、
普久原恒勇さんの養父の普久原朝喜さんら4人の歌い手が
三線を手に記念撮影した1929年の物で、
照屋林助さんと小那覇舞天さんが談笑する様子や、
結成当時の紫、コンディショングリーンなど
伝説的なロックバンドのライブシーンを収めた
写真など貴重な物も多くあります。

今後随時増やす予定で、
おんがく村では
「珍しい写真や懐かしさを感じる写真が多いので、
ぜひ見てほしい。所蔵している資料があれば、
画像を取り込んで返却もできるので、
ご協力をお願いしたい」と呼び掛けています。

再生

長寿の村 大宜味村で福祉まつり

方言ニュース  
2018年1月29日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。
第3回大宜味村健康と福祉まつりが
このほど旧大宜味小学校体育館で開かれ、
この中で、「がんじゅうおじい、おばあファッションショー」が
注目を集めました。

モデルは介護認定を受けず自宅で元気に
過ごしている3組の夫婦を含む
平均年齢92歳の12人で、
あでやかな衣装をまとったモデルたちが、
スポットライトを浴びてさっそうと登場し、
パフォーマンスを披露すると、
会場には笑いがあふれました。

最初に登場したのは4月に100歳を迎える
最高齢の宮城ハルさんで、
ピンと伸びた姿勢でポーズをとりました。

また、トリを飾ったのはタキシードと
ウエディングドレス姿で登場した
86歳の大城仲太郎、キミ子さん夫婦で、
仲むつまじい2人に客席から
拍手が送られました。

観客席から祖母の晴れ姿を見ていた
志良堂愛さんは、「大宜味のおじい、おばあたちはすごい。
でもうちのおばあちゃんが
一番かわいかった」と笑顔で話しまし「た。

さらに、福祉まつりでは、
8020運動ダイヤモンド賞の24人と、
介護認定を受けていない90歳以上の
高齢者29人を対象とした
ちゃーがんじゅう賞の表彰なども行われました。
再生

宮古に待望の信号機が設置される

方言ニュース1月24日(水)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

宮古島署はこのほど、
宮古島市下地の前浜港に進入する手前の交差点に信号機を設置し、
下地幼稚園の園児らを招いて点灯式を開催しました。

園児のダンスやアトラクションの後、大城署長や市、
与那覇自治会の関係者が点灯ボタンを押し、信号が点灯しました。
その後、青信号を園児らが渡り初めしました。
前浜港は、「東洋一白い砂浜」と呼ばれる与那覇前浜ビーチとつながっており、
地元住民だけでなく多くの観光客が訪れます。
一方、宮古島署によりますと、この交差点では
過去10年間に7件の交通事故が発生しています。

今回、車両用と横断用の信号機8基が設置されたもので、
与那覇自治会の池村会長は
「20年来、信号機の設置を県へ要請してきて、やっと認められた」と話しました。
大城署長は
「管内の事故は減っているが、観光客が増えて物損事故も増えている。
今回、地域の念願がかなって信号機を設置することができた」と話しました。

再生

水の大切さを壁新聞に うるま市の銘苅さん最優秀賞

2018年1月23日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

水の大切さや地球環境について学び、理解を深める
「第3回全国小学生『わたしたちのくらしと水』
壁新聞コンテスト2017」で、
うるま市立赤道小学校5年の
銘苅果子(かこ)さんの作品が
最優秀賞を受賞しました。

全国161小学校
5022作品の中から選ばれたもので、
県内からの最優秀賞受賞は初めてです。
校内でこのほど開かれた授賞式で、
銘苅さんは
「大きな賞をもらってとってもうれしい」と
満面の笑みを浮かべました。

受賞した作品「沖縄の水の歴史新聞」は、
水道が県内で整備される前の水の普及方法や、
沖縄の水不足対策、沖縄本島の11ダムを訪問して
分かったことなどをまとめたもので、
紙面の構成にもこだわり
「みんなが見て忘れないように」と、
背景に沖縄本島の地図を描き、
雨水から水道となって各家庭に届くまでの順路なども
イラストで紹介しました。

授賞式に出席した父親の格(いたる)さんは
娘について
「自分で調べてまとめることが好きで、
今回のコンテストも自ら挑戦したいと進んで調べていた」
と語りました。

銘苅さんは4年生から2年連続で、
「琉球新報学校新聞コンクール」の県知事賞を
受賞しています。

再生

買い物支援のワゴン車が地域で大活躍

方言ニュース  
2018年1月22日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

本部町社会福祉協議会は
10人乗りワゴン車を購入し、
買い物支援を実施しています。
介護保険事業の一部を活用したもので、
「地域買物安心ふれあい号」として
町内に住所がある1人暮らしや
高齢者のみの世帯を対象としています。
買い物への交通手段がない人の送迎を行う場合に、
運転手は使用者で確保し、
使用後は燃料給油と洗車をする条件で
貸し出しています。

去る16日には町内豊川区が
送迎サービスの活動の一環で
「ふれあい号」を利用して買い物支援を行い、
7人が参加しました。
豊川区は身近な店舗が減少しているため、
町内のスーパーや市場などに買い物に
行かなければいけない状況になっており、
月1回、第3火曜日の午前中に
「ふれあい号」を借りて
買い物を楽しんでいます。

区の公民館を出発し町内のスーパーや
市場などを回り買い物をして公民館に
帰るコースで、
希望があれば自宅まで送迎し、
地域から喜ばれています。
公民館の職員、女性の会役員の3人が支援しており、
本山区長は「世間話もしながら
楽しく買い物しているので、
生きがいにもなる」と話しました。

再生

伊江島の海底洞窟で新種エビ発見

2017年1月18日(木)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

伊江島の海底洞窟からテッポウエビ類の
新属新種が見つかりました。

千葉県立中央博物館の駒井智幸博士と
県立芸術大学の藤田喜久准教授が共同で発見し、
生活環境にちなみ
「クラヤミテッポウエビ」と命名したもので、
8日付の学術誌「ズータクサ」に掲載されました。

伊江島の海底洞窟はこれまでも新種や未記載種が見つかっており、
沖縄の生物多様性の高さを改めて示す発見となりました。

新種のエビは伊江島のサンゴ礁の
水深およそ17メートルにある海底洞窟で
発見、採取されたもので、
甲羅の長さが6ミリ程度の小型種です。

目が小さく足が細長いなど、
洞窟環境下に生息する甲殻類に
よく見られる特徴を備えていました。

はさみ足などの形態的特長は
テッポウエビ類の既知属とは
異なっていたため、新属と認められました。

藤田准教授は伊江島の海底洞窟について
「2011年以降だけでも5種の新種が
確認されるなど甲殻類の宝庫だ。
海底洞窟の調査は容易なものでないが、
今後も継続し、一つでも多く解明したい」と述べました。
再生

サバニの文化財・文化遺産指定を要請

方言ニュース1月17日(水)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

糸満帆掛サバニ振興会がこのほど、市役所に上原市長を訪ね、
糸満の人たちが作り育ててきたサバニと、付属する帆や櫂、
水中眼鏡など糸満海人文化の諸道具を含めて
市の文化財・文化遺産として指定するよう要望しました。

糸満帆掛サバニ振興会は去年11月、
島根県の重要有形民俗文化財で美保神社に保管されているサバニの実測調査をしました。

このサバニは、糸満の漁師十数人がアギヤー漁をするため、
1937年ごろから4年間、島根県沿岸などで使用されたもので、
戦後、漁師たちが戻る際にサバニを譲りました。

運んだ2艘のうち1艘は不明で、糸満に同じ型のサバニは残っておらず、
誰が製作したか分からないということです。

調査に参加したサバニ大工で振興会の大城会長は
「接着剤のない時代に複雑な接合技術で造船していることに驚いた。
技術は神業で、これまで見たことがない」と話しました。

これを受け、糸満市教育委員会では、糸満海人工房・資料館で展示されている、
基本的な型で作られ帆柱など一式そろった
およそ50年前のサバニの市有形民俗文化財指定に向け、
作業を進めており、水中眼鏡も指定する考えで、
サバニの製造技術も「保持者として認定可能」とし、
糸満海人文化の保存継承に取り組む構えです。

再生

新曲の踊り披露 粟国村伝統行事『舟起こし』で

2018年1月16日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

旧正月を盛大に祝う伝統が残る粟国村。
旧暦1月2日に当たる2月17日に行われる
村伝統行事「船起こし」で、今年初めて、
村出身の国指定重要無形文化財「組踊」
胡弓保持者の新城清弘さんが作った歌
「粟国航路の通い船」が披露されます。

村の女性らおよそ140人からなる村女性連合会が、
曲に踊りを振り付けた
玉城流扇寿輪舞会会主の上門加代子さんに  
直接指導を受けながら、
本番に向けて毎週の稽古に励んでいます。

「船起こし」は1年間の航海の安全を願い、
フェリーあぐにの船内で開かれるもので、
新城さんは10年以上前、
フェリーの完成に合わせて「粟国航路の通い船」を作り、
10年前に上門さんが振り付けし映像を
記録していました。

実際に村内で披露されたことはありませんでしたが、
去年6月に新城さんがこの映像を見せたところ、
村女性連合会のメンバーから
「『船起こし』で踊りたい」との声が上がり、
上門さんは
「粟国村の地域活性化のためになればうれしい」
と指導を快諾しました。

上門さんは、
島の女性たちが踊りやすいよう
振り付けを変えるなど工夫も施し、
村女性連合会の呉屋貴美江会長は
「この歌は船起こしにぴったり。
しっかり身に付けて今後も続けていきたい」
と継承への意気込みを語りました。

再生

小5の仲宗根いっしん君 ウズラの卵のふ可に成功

方言ニュース  
2018年1月15日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

宜野湾市のはごろも小学校5年の
仲宗根いっしん君は去年6月、
スーパーで買ったウズラの卵19個を
温めて5羽のふ化に成功しました。
母親の絵理さんによると、「ダメもと」の
挑戦は予想をうれしく裏切って、
1羽は今も元気な鳴き声を上げています。
仲宗根君は2匹ずつのリクガメと
イグアナを世話する動物好きで、
中でも卵や子どもを成長させるのが大好きです。
「とてもかわいかった」という
今回のウズラは、
「動物はこれ以上増やさない」という母親を説得し、
姉と3時間から4時間ごとに
卵を回転させるなど世話をしました。
学校にいけなかった日は、
日中も世話を欠かさず、
育つ過程を丁寧に写真に収めて
縦1メートルほどのポスターにまとめ、
ポスターは校内で金賞を受賞しました。
仲宗根君は現在、学校とは別にある
市教育委員会の適応指導教室に通っており、
ウズラを育て上げたことで自信を
深めて大きく成長したということで、
絵里さんは
「不登校を悩んだ時期もあったが、
本人も行きたくても行けないのだから仕方がない。
焦らず子どもとの信頼関係を大事にして、
子どもがやりたいことに協力していきたい」
と笑顔で話しました。
再生