カテゴリー別アーカイブ: 方言ニュース

クラスメイトの紹介動画「障害があっても普通だよ」

2017年5月12日(金)
担当は、糸数昌和先生です。

全身に力が入らない病気のため、
人工呼吸器を装着しながら那覇市立高良小学校に通う6年生の湯地駿羽(ゆじはやと)君のことを
学校のみんなに知ってもらおうと、
昨年度5年1組で同じクラスだった児童が湯地君を紹介する動画を作成し、
「駿羽さんは僕たちと一緒。普通だよ。みんな仲良くしてね」と声をそろえています。

動画は、病気、呼吸器など機械のこと、学校生活の様子など9つのテーマに分かれており、
児童らは「病気について分かれば、いろんな人が駿羽さんに接してくれるかな。
障がいがあっても普通に接することができるよ」と期待し、
中には、目や口の動きから湯地君の感情を読み取る子もいるということです。

初めて同じクラスになった子は最初は戸惑うものの、他の子が普通に接するのを見て、
自然に接し方を学んでいったということで、 
5年1組の担任だった大城英子教諭は
「子どもたちは常に駿羽さんのことを考えて動いてくれた。駿羽さんは特別ではなく仲間」と振り返ります。
人工呼吸器を装着しながら地域の小学校に通うのは湯地君が県内で初めてですが、
母親の三代子さんは「駿羽のことを知りたい、知ってほしいという強い思いを感じた。
一緒に育ったからこその気持ちだと思う」と話しています。

再生

今帰仁村にて闘牛のシンポジウムが開かれる

「今帰仁村にて闘牛のシンポジウムが開かれる」
方言ニュース5月11日(木)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

「ウシオーラセーシンポジウムin北部」
がこのほど、今帰仁村の仲宗根公民館で開かれ、
沖縄こどもの国の高田勝園長が登壇し、
闘牛の魅力や理解を伝えながら、
どのように伝統文化を守っていくのかなどについて話し合いました。

この中で、高田さんは闘犬や闘牛に関して、
残虐性や違法性のイメージを抱く
人たちがいることに触れ
「闘牛においてどこを守って、どこを変えていかなければならないのか。
関係者らで話し合う必要がある」と強調しました。

また、高田さんは5年に1度の動物愛護管理法の見直しで、
闘牛が法規制の対象になりかねないとの懸念を示し、
「『愛護』という個人の感情が大きく影響する観点ではなく、
『福祉』という客観的な見方から闘牛の在り方を考えることで、
見直すべき点も見えるのでないか」と話しました。

熱心に闘牛を観戦してきた「闘牛女子」の久高幸枝(ゆきえ)さんは
「闘牛業界では各組合が独立した形で活動する場合が多い。
そうした中、北部闘牛組合と本部闘牛組合が同じ課題に向けて
話し合えた今回のシンポジウムの意義は大きい」と話しました。

再生

与那国の児童らへ与那国語カード配布

2017年5月10日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

与那国町立久部良小学校の多目的室で
このほど、与那国町教育委員会から児童らへ
「与那国語会話カード集」の贈呈式が開かれました。

与那国語会話カード集は昨年度の
沖縄振興特別推進交付金を活用したもので、
町内の幼稚園から中学生までの
全児童生徒に一つずつ贈られます。

贈呈式で崎原教育長が
「与那国語には漢字はありません。
ひらがなとカタカナだけでなので、
しっかり会話カードで遊んでください」とあいさつし、

与那国語辞典編纂室の上地艶子さんは
「与那国の方言が消滅危機にある」と話しました。

島の方言を継承しようと、
身近なものの名称を方言で当てる
クイズも行われました。

以前に与那国語を用いた「カルタ」を
配布したこともありますが、子どもたちは
「新しいカードをまたもらえてうれしい。
大人になっても大事にしたい」などと話し、
小学4年の女の子は
「私が与那国方言を話せるようになり、
自分の子どもに教えたい」と話していました。
再生

上間綾乃さん うちなーぐちの温かさ、唄で伝える

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の「想い語らな くとぅば 私 うちなー」の記事から、
唄者の上間綾乃さんの記事を紹介します。

上間さんがうちなーぐちに興味を持ったのは7歳の時、
歌三線を始めたのがきっかけでした。
祖母が当時通っていた三線教室で、
祖母と同世代の人たちが、先生の技術を学んだ後、
みんなで楽しくうちなーぐちでおしゃべりをしている姿に
「楽しそうだな」と思ったということで、
いつの日からか、積極的に先生や祖母に
「今話した言葉の意味はなんですか」
「この歌詞の意味はなんですか」と聞き、
その意味を知るたびに
とても楽しくなっていきました。

そんな上間さんは、2012年にメジャーデビューし、
「唄者」として活動を始めてから、
「悲しくてやりきれない」を訳して歌ったとき、
うちなーぐちには言葉だけでない温かみがある
と感じるようになりました。

歌詞の「悲しい」という表現に対し、
うちなーぐちには直訳できる言葉がないことに気付き、
相手のことを思って私も苦しいという
意味の「肝ぐりさ」が一番当てはまると思い、訳しました。

訳を通して、うちなーぐちには常に
柔らかくて相手を思い合う言葉があると感じる上間綾乃さん。
もっと多くのひとにうちなーぐちの良さを知ってほしいと、
今後もできることを続けていきます。
再生

南風原町で母の日のプレゼントづくり

方言ニュース  
2017年5月8日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

母の日を1週間後に控えたきのう、
南風原町観光協会は、
はえばる観光案内所で、
手作りのフォトフレームなど母の日の
プレゼントを作るイベントを開きました。

フォトフレームは、
造花などで飾り付けた台紙に、
町の公式キャラクター「はえるん」と
記念撮影した写真を貼ると完成するもので、

開始時間は土砂降りの雨だったにも
かかわらず、
30人以上の親子連れが訪れ、
会場は、子どもたちの笑い声であふれました。

この中で小学2年の女の子は
「おかあさんへ いつもありがとう」
とメッセージを書き、
「ありがとうと書くのは
少し恥ずかしかったけど、
お母さんはいつも公園とかに
連れて行ってくれるので、
ありがとうと思っている」と話しました。

また、豊見城市から家族で訪れた
5歳の男の子は
「ままおしごといそがしそう 
ありがとう」と書き、
「洗濯とご飯作ってくれてありがとう。
ママ大好き」と語り、
母の日には「お手伝いしたい」
とにっこり笑っていました。
再生

小6のアマチュア棋士、優勝

2017年5月5日(金)
担当は、糸数昌和先生です。

こどもの日のきょうは、
琉球新報の記事の中から、特技を極めようとする小学生の記事を紹介します。

宜野湾市立長田小学校6年の小林恕掌(じょしょう)君は、
先月行われた将棋の第30回アマチュア竜王戦沖縄予選のS級で、
小学生ながら大人たちを次々に負かして優勝しました。
県内初のプロ棋士を目指し、日々、努力を重ねています。

小林君が始めて将棋を指したのは小学1年の時で、
母の実家で祖父に駒の並べ方から教わりました。
「おじいちゃんが手を抜いて負けてくれた。うれしかったし、楽しいなと思った」
と振り返る小林君は、それ以来、将棋の魅力にはまりめきめきと力をつけています。

今は将棋道場や学校のクラブ活動、自宅で週6日は将棋を指す日々を送っています。
目標とする棋士を聞かれると、小林君は即答で史上最年少プロ棋士の
藤井聡太四段(14)歳を挙げ、
「全国大会で活躍し、小学生のうちにプロ棋士養成機関の奨励会に入りたい」と力強く語っています。

再生

県がハブ咬症注意報発令!

2017年5月3日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

ハブの行動が活発になる暖かい季節を迎え
県は今月1日付で、ハブ咬症注意報を発令しました。

近年、ハブにかまれて死亡する例は
ほとんどなくなっていますが、
年間数十人がハブにかまれています。

かまれた後、後遺症に悩まされる事例も多く、
県は注意を呼び掛けています。

去年、県内でハブにかまれた件数は
合わせて56件で、男性が42人、女性は14人で、
男性が多かったということです。

種類別ではハブが37件、ヒメハブ5件、
サキシマハブが13件、タイワンハブが1件でした。

県によりますと植木鉢を移動させた時や、
畑の資材を片付けた時、枯れ葉の掃除中など、
屋外で作業中にかまれる事例があり、
かまれた場所は手の指が25件、
脚の下の部分が10件でした。

注意報で県は草刈りやネズミの駆除など環境整備をして
ハブの生息や侵入しにくい環境を整えること、
田畑や山野、草地などへの出入りや、
夜に歩く際は十分に注意すること、
ハブにかまれた場合は激しい動きをしないで
身近な人に助けを求めることの3点を、
県民や観光客に呼び掛けています。
再生

捨て犬捨て猫防止キャンペーンが開かれる捨て犬捨て猫防止キャンペーンが開かれる

「捨て犬捨て猫防止キャンペーンが開かれる」
方言ニュース5月4日(木)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

ゴールデンウイーク期間中に沖縄本島北部地域をはじめ
県内各地で犬や猫を捨てたり、置き去りにするケースが増加することから、
県環境部は大型連休前の先月28日、「捨て犬捨て猫防止キャンペーン」を
那覇市のパレットくもじ前交差点付近で行い、専門学校の学生や動物愛護団体の
メンバーらおよそ100人が「大切なペットを捨てないで」
と訴えながら、チラシ千枚を配布しました。

県自然保護課の金城課長は年々、県内の犬や猫の殺処分数は減少している
と説明した上で、「いまだに年間1600匹が天寿を全うできない状態にある」と指摘し、
野生化した犬や猫がヤンバルクイナなど希少生物を捕食するなど、
脅威となっていることにも触れ、
「ペットを飼う際には責任を持ってほしい」と呼び掛けました。
また、専門学校で動物飼育ショップビジネスを学ぶ学生は
「動物と人間が幸せに暮らせる社会の実現に向け、命の尊さを広く伝えたい」
と訴えていました。

再生

あの世のお金「ウチカビ」 新デザインでお目見え

2017年5月2日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

旧盆や清明祭に欠かせない
あの世のお金「ウチカビ」ですが、
先月上旬から新しいデザインのウチカビ「古琉球」が
県内のスーパーにお目見えしています。

浦添市内の企業が発案したもので、
「鳩目銭」を紙に打刻している従来型に比べ、
高価とされる古銭「寛永通宝」を打刻しており、
「これならより多くのお金を祖先に持たせることができる」
と胸を張っています。

ウチカビはあの世での通貨といわれる紙銭で、
仏壇やお墓に手を合わせた後、
燃やしてご先祖さまに送るもので、
今回考案されたウチカビは2種類です。

断切金箔と朱色を施したつややかなウチカビと、
木くずを練り込んで重さを出した2つで、
木くずを練り込んだ黄土色タイプは、
燃やす際に飛び散りにくく
使いやすいということです。

ウチカビを開発した男性は、
仕事で東南アジア各国を訪れる機会が多く、
掛け軸、船形、紙幣、洋服などの形をした
多種多様なウチカビに目を見張り、
収集したということで、
「ウチカビは沖縄の財産。
時代に合ったデザインがあれば若者の継承につながる」
と夢を広げています。
価格はいずれも税込み498円です。
再生

石垣島で初の山羊まつり開催

方言ニュース  
2017年5月1日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

ヤギ文化の継承や新たなヤギ肉ブランドの確立を目的に、
「第1回石垣島山羊まつり」がきのう、
石垣市総合体育館南側広場で開かれ、
来場者はヤギと触れ合ったり、
ヤギ汁やヤギそばを頬張ったりして、
まつりを楽しみました。

闘山羊も行われ、
会場を盛り上げました。

まつりは石垣市制施行70周年記念事業の
一環として開かれたもので、
まつりに参加、使用されたのは
すべて石垣島産のヤギです。

会場では優良ヤギおよそ20頭の
展示があったほか、ステージでは
地元高校生のダンスなども披露され、
家族連れを中心に朝から多くの市民や
観光客らが足を運び、
子どもたちは触れ合いコーナーや
展示された優良ヤギに草やミルクを
あげるなどして、
ヤギとの交流を楽しんでいました。

子ヤギに触ったり、草をあげたりした3歳の女の子は
「初めて触ったけれども、かわいかった。
小さいから怖くなかった」
とにっこりとしていました。

市山羊生産組合の宮國組合長は
「石垣島のヤギは海風が吹いて塩分・
ミネラルが豊富な草で育っているので
良質だ。市場も拡大していきたい。
ヤギを身近に感じてもらうため、
触れ合いの場も多く作っていきたい」
と話しました。

再生