カテゴリー別アーカイブ: 方言ニュース

うるま市与那城で 100年以上前の龕屋取り壊し

方言ニュース  
2017年7月10日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

うるま市与那城照間でこのほど、
100年以上前に作られた
龕屋の取り壊しが行われ、
区民およそ40人が集まり、
僧侶が龕屋に感謝を伝えてお払いする
様子を静かに見守りました。

龕屋は、遺体を入れたひつぎを墓まで運ぶ輿である
「龕」を収める場所で、
土葬から火葬が一般的になり、
1960年ごろを最後に利用されなく
なったため、取り壊しが決まったものです。

龕は必ず親族以外で担いだということで、
出棺した日は必ず日が暮れてから
死者を出した家の内外を塩で清め、
お払いの意味を込めて、
指笛に見送られながらもう一度龕を
担いで集落から離れた
十字路まで歩きました。

95歳の男性は
「龕の組み立ては慣れないと半日はかかる。
組み立てがうまいから、
照間の葬儀ではいつも呼ばれたよ」
と誇らしげに振り返りました。

また、71歳の女性は
「子どもたちは、龕屋を指で指したら
指が切れるから、指してしまったら口に指を入れて
片足で3回回らないといけないと言って怖がっていた。
ひつぎを墓に納めた後も死者が
ついてくるから重さはかわらないとも
いわれていた」と話し、
恐れとともに地域に親しまれた龕屋を惜しむように見詰めていました。

再生

琉球藍の存続に前向きな動き

「琉球藍の存続に前向きな動き」
方言ニュース7月6日(木)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

天候不良や農家の高齢化などを理由に
リュウキュウアイは激減し、染料の琉球藍が入手困難になる中、
藍染め作家が自ら染料を作ろうとする動きも目立ち始めています。

「『あなたの藍が欲しい』って言われたら、それはうれしい。
正直、もうけられるわけじゃないけど、好きだからやってる。」
土がついた作業着姿でてれくさそうに笑ってこう話すのは
本部町の藍染め作家の池原幹人さんです。

池原さんは2012年に工房「藍ぬ葉ぁ農場」をたちあげ、
リュウキュウアイの栽培や染料の基となる「泥藍」の精製、
染めまでを一貫して手掛けており、合わせて2千平方メートルほどの
畑を1人で管理しています。

宮古島市伊良部島出身の池原さんは、高校卒業後、
東京で服飾デザインの仕事をしていましたが、
「華やかな世界ではなく、一から物を作る仕事をしたい」と一念発起し、
名護市源河のリュウキュウアイを栽培する
工房に弟子入りし、3年かけて技術を学びました。

視察や栽培の相談にもできる限り対応し、技術継承にも前向きで、
近年の琉球藍不足で在庫の問い合わせが増加する中、
「自分はとにかく藍が好きだから、半端なことはしたくない。できるだけ役に立ちたい」
と増産に取り組み、年内出荷を目指しています。
再生

浦添市相撲連盟が発足10年

2017年7月5日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

浦添市相撲連盟が今月1日に、発足10周年を迎えました。

県内市町村で唯一の相撲連盟で、
相撲大会の開催や遠征費の補助などを通して、
子どもたちの育成や支援を続けています。

浦添市内では30年前から浦添青年会議所が
わんぱく相撲浦添大会を開催し、
2004年に市総合運動公園内に相撲場が設けられるなど
相撲競技が活発で、相撲に取り組む子どもたちを組織的に
支援しようという声が上がり、市相撲連盟が発足しました。

市内の唯一の相撲クラブ
「浦添てだこ相撲クラブ」の監督で、
市相撲連盟の幸地理事長は、
「市相撲連盟ができたことで組織として力士の育成や、
行政との交渉ができるようになった」と説明します。

2014年と15年に九州大会を連覇し、
2015年には県勢初の全国制覇を果たした浦添中学校相撲部の主力は、
てだこ相撲クラブの出身で、幸地さんは
「相撲は体と体がぶつかり合い、泥だらけになる。
人の痛みが分かり、人間が磨かれる。
相撲は人間形成のための手段の一つだ。
子どもたちが立派に育ってほしい」
と目を細めます。

今月末にある全国大会への出場が
決まっている新里一朗君(11歳)は
「市相撲連盟が支援してくれるので、ありがたい。
全国で活躍するような力士になりたい」と意気込んでいます。
再生

ま市児童劇団「石川ひまわりキッズシアター」 再結成し、思い伝える

2017年7月4日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

今年1月に解散を発表したうるま市石川の小学生児童劇団
「石川ひまわりキッズシアター」が再結成し、
このほど、行われた公演では、
事故の様子や遺族の心情など踊りを交えて表現しました。

劇団は宮森小ジェット機墜落事故の悲惨さや
被害者の思いを伝えようと、
2012年から活動を開始し、
事故を再現した劇や、
敗戦後、悲しみで落ち込んだ人々を
歌や三線で元気づけた
歯科医師の小那覇舞天を描いた劇を
各地で公演してきました。

事務局の人員不足などで一度は解散を決めたものの、
「やめたくない」という団員の訴えを受け、
関係者らは継続に向けた協議を続け、
再結成を決めました。

事故当時、宮森小1年だった
上間順一さん(64)歳は、解散の話を聞き、
「子どもたちの思いを大人が妨げることはできない」
と奮起して、事務局長に就任し、
「石川の歴史や文化を伝えたいという子どもがいる限り、
活動を続けたい」と決意しています。

劇団はおよそ3カ月間にわたり、
来年2月の自主公演の開催資金と
活動継続に向けた寄付を募っており、
インターネットを通じて資金を集める
クラウドファンディングサイト「YUIMA」で、
目標額を最低30万円として支援を呼び掛けています。
再生

八重瀬町具志頭で 「ワッターぐしちゃん写真・資料展」開催

方言ニュース
2017年7月3日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

八重瀬町具志頭の歴史や文化を紹介した
「ワッターぐしちゃん写真・資料展」が
6月24日から5日間、
具志頭公民館で開かれました。

区民から集まった具志頭に関する写真や
資料200点あまりと
県公文書館などの写真
合わせておよそ350点を展示。

豆腐作りの機械など区民23人が提供した
昔懐かしい道具およそ80点も
展示されました。

写真や資料では、十五夜や大綱引き、
門中行事、御願など具志頭にまつわる
文化や歴史が紹介されました。

民具コーナーではおよそ100年前の
「バサージン(芭蕉)」で作った着物や
木炭を入れて使うアイロン「火熨斗(ヒヌシ)」、
夜の漁で使った屋外用のランプ
「イチャグァーランプ」などが
展示されました。

イベントを運営した
具志頭字誌編集委員会の伊元編集委員長は
「期待以上に区民の関心があった。
字誌は3年目を目標に
できるだけ早めに仕上げたい」と
抱負を語りました。
再生

国頭村で大相撲祝賀会が開催

「国頭村で大相撲祝賀会が開催」
方言ニュース6月29日(木)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

大相撲幕内西前頭10枚目の宇良関の父親の出身地の国頭村で
宇良関の国頭応援会が発足し、このほど、応援会などを中心に
村民およそ70人が辺土名漁港内の港食堂に集まり、
盛大に大相撲祝賀会を開催しました。

村内では場所中、各集落で、のぼりおよそ250本を掲げるほど、
宇良関の活躍に応援が盛り上がっているということで、
祝賀会では国頭応援会の大嶺会長が
「宇良関の初土俵のころから応援している。
隣村の東村ではゴルフの宮里きょうだいが大活躍しており、
私たちも負けないよう宇良関をもっともっと応援し、相撲を盛り上げていきましょう」
と力強くあいさつしました。

また、宇良関の伯父で、宜名真区在住の宇良恵一さんも
「弟の子どもが相撲で活躍していることがおじい、おばあの元気につながっている」
とあいさつしました。

また、宜名真区に暮らす祖父母の宇良繁さんとサチ子さんも
孫の活躍に元気をもらい、遠く離れたやんばるから声援を送っているということで
宜名真区の山入端区長は
「宇良関の活躍は区民の励み、誇りで、村民のみならず
県民にも夢と感動を与えている。これからも頑張って三役、
さらに上を目指してほしい」
と宇良関にエールを送っていました。

再生

平和祈念資料館などで来館者減少

2017年6月28日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

糸満市の県平和祈念資料館と
ひめゆり平和祈念資料館で
来館者が減少傾向にあります。

県平和祈念資料館では2000年のリニューアル時には
48万1018人だった来館者が、
昨年度は37万2502人まで減少し、
ひめゆり平和祈念資料館では
1999年度の来館者100万6600人をピークに、
昨年度には57万9865人まで減りました。

県平和祈念資料館では県民の来場減が顕著で、
県内からの有料来館者は2000年の11万1401人から、
昨年度には7963人まで落ち込みました。

平和学習などで各学校が見学する場合は無料のため、
大人の来館者が減っているとみられます。

ひめゆり平和祈念資料館でも、
県内からの訪問校数減少が目立ち、
県外の訪問校数は増えた一方、
県内の訪問校数は1991年度の124校から、
昨年は72校にまで減少しました。

戦争体験者が減少し、
戦争体験者でない世代が増えていることが影響しているとの指摘がある中、
関係者は県民の来館者減の背景を
「県内のレジャー施設の多様化などの影響が大きい」と推測し、
「教育や芸能などのテーマと戦争との関係を扱う企画展を企画し、 
県民にアピールしていきたい」
と話しています。
再生

高校生がしまくとぅば学ぶ 中部農林高校で特別授業

2017年6月27日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

中部農林高校福祉科はこのほど、
特別授業「わらべ歌からしまくとぅばを学ぶ」を行い、
2年生39人がわらべ歌の手遊びなどを学びました。

講師は、宮城葉子さんが務め、
方言札などによってしまくとぅばが
次第に使われなくなっていった経緯から説明しました。
また、沖縄戦を経験した高齢者らは
「文化や言葉を残して欲しいという強い思いを持っている」
と説明し、こうしたことを理解した上で
触れ合うことを提案しました。

さらに、歌詞に含まれるしまくとぅばの名詞や
あいさつの言葉も理解しながら、
「普段から少しずつ使ってもらいたい」と呼びかけ、
こうした心掛けが高齢者との現場でのやりとりに役立つと
アドバイスしました。

これに対して生徒たちは、
指遊びの「てぃーたーみー」や
「いったーすぅや」などを歌いながら手や体を動かして学び、
高齢者とのコミュニケーションに生かそうと、
真剣に聞き入っていました。

授業終了後、科を代表して大島海鈴さんは
「習った言葉でたくさんおおじい、おばあと楽しみたい。
 これからもたくさんのしまくとぅばを覚えていきたい」
などとお礼を述べました。

生徒たちは来月と9月に高齢者施設での実習を予定しています。

再生

戦後70年の平和の詩 具志川に記念碑

方言ニュース  
2017年6月26日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

戦後70年のおととしに
「児童・生徒の平和メッセージ展」で
最優秀賞を受賞し、
沖縄全戦没者追悼式で朗読された詩
「みるく世がやゆら」の記念碑が、
うるま市具志川の具志川アシビナーに
建立され、記念碑の建立記念式典と
慰霊祭がきのう、開かれました。

「平和の詩」が記念碑として
建立されるのは県内で初めてです。

詩は、認知症を患った祖父の姉が戦争で
失った夫を思い起こす姿を描いており、
沖縄戦の記憶の継承を訴えています。

詩の作者の具志川区の出身で、
現在は東京に住む大学生の
知念捷(まさる)さんは、
記念式典で「後世に戦争の記憶を伝え、
平和を築く、みるく世への懸け橋と
なることを祈ります」
と願いを込めました。

また、今回、慰霊塔の改修も行われ、
戦争で亡くしたきょうだい3人が
慰霊塔に追加刻銘され、
東京から参列した(76)歳の男性は
「ずっと平和であるように願った。
きょうだいも具志川に戻って
安堵するだろう」と述べ、
冥福を祈っていました。

さらに、慰霊祭では
遺族代表として(81)歳の男性が
「ありったけの地獄を集めたと言われる
戦争で、多くの県民の命が奪われた」
と述べ、戦没者に手を合わせていました。
再生

給食で「慰霊の日献立」

2017年6月23日(金)
担当は、糸数昌和先生です。

琉球新報の記事から紹介します。

琉球大学付属中学校はきのう、
沖縄戦を振り返るきっかけにしようと、給食に「慰霊の日献立」を取り入れました。

給食は、ふかし芋や雑炊、豆腐のそぼろ煮、パイン缶などの質素な献立で、
生徒らは戦時中や戦後の貧しかった時代の食事の雰囲気を味わっていました。

この「慰霊の日献立」の取り組みは5年目で、献立を考えた照屋誠子栄養教諭は
「食事から、生きるのに精いっぱいで貧しい時代があったことを少しでも振り返ることができればと思った」
と話しました。

一方、「慰霊の日献立」を体験した1年生の生徒は
「今日一日だったらおいしく食べられるけれど、毎日このメニューが続くと考えるとつらい」
と感想を述べ、別の生徒は
「戦争の時はずっとこの食事だったと考えるとかわいそう。給食で再現するのはとても勉強になる」
と語っていました。

再生