カテゴリー別アーカイブ: 方言ニュース

日本サッカー協会 田嶋会長 サッカー専用スタジアムに期待

方言ニュース   
2019年8月5日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

日本サッカー協会の田嶋幸三会長が
このほど、琉球新報社を訪れました。

田嶋会長は金武町で開催された
南部九州総体のサッカーの決勝に
合わせて来県したもので、
県が計画している那覇市奥武山に
建設予定のサッカースタジアムについて話し、
沖縄でのサッカーの盛り上がりに期待しました。

この中で田嶋会長は
「サッカー専用のスタジアムが完成すれば、
沖縄でのサッカーの盛り上がりは
確実に期待できる」と期待し、
「J1や海外のサッカークラブを
呼び込んで試合ができるほか、
サッカーファンやサポーター拡大につながる。
FC琉球の飛躍向上にも
つながる」と語りました。

J2に昇格したFC琉球については
「かつてJ1にいた有名なクラブと試合ができる。
そこで一歩一歩勝ち抜けばJ1にも近づく」と語る一方で、
「全県レベルでサポーターに
なってくれるように、
クラブ自身が地域との絆をより深めて
いく必要がある」と指摘しました。

また女子サッカーについても触れ
「沖縄は中学生を中心に競技人口の割合が多い。
協会では女子サッカーの
プロ化に力を入れている。
沖縄はプロのチームを育める場所として
期待は大きい」と強調しました。
再生

おなじみの黄色と赤色の箸『ウメーシ』の危機

「おなじみの黄色と赤色の箸『ウメーシ』の危機」

方言ニュース8月2日(金)放送分。
今日の担当は林京子さんです。
方言ニュース 琉球新報の記事からお伝えします。

「ウメーシ」と呼ばれ、沖縄そば店や食堂でもよく見掛ける
沖縄でおなじみの黄色と赤色の配色が印象的な箸が
食卓から消える危機に直面しています。

製造元の鹿児島県薩摩川内市の竹材加工業社が廃業し、
先月いっぱいで生産がストップしたためで、
那覇市内の卸業者が抱える在庫分がなくなり次第、
市場への新規の出荷はできなくなる見込みです。

正式な商品名は「竹塗箸」で、30年ほど前から
県内で流通している竹製の箸ですが、
抗菌作用を持たせるためにウコンを使った染料で染め、
滑り止めに漆を塗りつけています。

生産中止について、那覇市内の卸業者は
「1本ずつ手作りしていたが、職人の高齢化が進み、
後継者の確保ができなくなった。
原材料の高騰によるコスト増もネックになった」と話し、
「福井県にも土産品として同じ種類の製品を作る業者がいるが、
入荷コストは倍。今後は食堂などでも見る機会が減っていく。
沖縄文化の象徴がなくなってしまうようで寂しい」と肩を落としています。

また、年に一度、正月明けに入荷するのが恒例だった
県庁地下の食堂の男性店主は
「ウメーシを市場に買いに行って『今年もがんばろう』という気持ちになった。
張り合いがなくなってしまう」とため息をつきました

再生

国際数学競技大会で県勢快挙

2019年8月1日(木)
担当 上地和夫先生

琉球新報の記事から紹介します。
「優数杯」国際数学競技大会がこのほど香港で開催され、
うるま市赤道のぐしかわ珠算教室に通う
沖縄アミークスインターナショナル小学校5年の鍛治山美莉亜さんが、
暗算競技の小学校高学年の部で優勝を果たしました。
また、北谷第二小学校6年の末吉崇輝さんが準優勝で、
日本から初参加となった大会で、快挙を成し遂げました。
さらに、具志川中学校2年の奥田姫夢さんは、
参加者らおよそ千人の前で暗算の模範演技を披露しました。

大会には中国や台湾などから24団体、およそ800人が参加し、
小学校高学年の部にはおよそ90人が出場しました。
3人は英語読み上げ算競技全国大会の上位入賞者で、
今回の優数杯では関係者の推薦を受け、出場することになったもので、
鍛治山さんは「優勝できてうれしかったが、 満点が取れない問題もあって悔しかった」と語りました。
末吉さんは「鍛治山さんに10点差も付けられて悔しかった」と話し、
奥田さんは「大勢の人の前で緊張した。問題が解けるか心配したが正解できてよかった」
とほっとした様子でした。
再生

墓参団がダバオへ、フィリピンでの戦没者慰霊

2019年7月31日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

太平洋戦争中にフィリピンで亡くなった犠牲者を慰霊する
第55回「ダバオ慰霊と交流の旅墓参団」の一行は28日、
フィリピン・ミンダナオ島のダバオ市内にある
旧日本人ミンタル墓地「沖縄の塔」の前で法要慰霊追悼式を開き、
犠牲者を哀悼しました。

子や孫の世代を含めた100人余りの墓参団は、
戦時中に亡くなった人々をしのび、
戦争の惨禍を次世代に語り継ぐ決意を新たにしました。

このうち、フィリピンで生まれ、
戦争で父親と兄弟2人を亡くしたという県ダバオ会の安里勝さんは
これまでに 15回ほど墓参団に参加していますが、
自身も戦時中に砲弾の破片で頭に傷を負い、
1週間ほど生死の境をさまよった経験があります。

安里さんは戦後、家族の供養を続けてきたということで
「父と兄弟らの魂は沖縄に戻っている。
ただ、この地で亡くなった人々が
安らかに眠ってほしいと祈った。
来年以降も元気だったら有志での墓参に参加したい」と語りました。

遺族の高齢化などに伴い、大規模な墓参は今回が最後となりますが、
県ダバオ会は来年以降も希望者を募り、墓参を続けたい考えです。

一行は31日に帰沖します。
再生

自身のルーツを訪ねて 県系4世・エミリーさん親戚と対面

2019年7月30日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の紙面からお伝えします。

自身のルーツをたどるため
ニューカレドニアから来沖した
県系4世のエミリー・トセイ・ミヤザトさん17歳が
宜野湾市普天間に住む親戚の
上間美代子さん78歳、真境名貞子さん72歳
と対面しました。

「やっと会えたね」、「こんなすてきな日はない」と
歓迎の言葉を掛けられたエミリーさんは涙を浮かべ、
異国の地に住む家族との対面を喜んでいました。

エミリーさんは、
1910年に移民としてニューカレドニアに渡った
旧兼城村出身の宮里長盛さんを曽祖父に持っていますが
それ以外は沖縄のルーツに関する情報が
ほとんどありませんでした。

来沖を機に
琉球新報などで情報を呼び掛けたところ
上間さんと真境名さんが名乗り出ました。
上間さんと真境名さんは
「沖縄の家庭料理を食べさせてあげたい」と
ソーメンチャンプルーやヒラヤーチーを振る舞い、
また宮里家の家系図や
エミリーさんの祖父らが来沖した際の写真を見せながら
親族の思い出話を披露しました。

初めて訪れた沖縄に対しエミリーさんは
「不思議と懐かしさがこみ上げてきた」と
温かなもてなしに感動し
「改めて沖縄のルーツを大切にしたいと思った」
と話していました。

エミリーさんは来月7日まで滞在する予定です。

再生

泡盛を飲む割合 東京は27・5%

方言ニュース  

2019年7月29日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

電通沖縄がこのほど、沖縄県民と
東京在住者を対象に実施した
飲酒動向調査によりますと、
泡盛を飲む人の割合は沖縄が
55・8%だったのに対し、
東京は27・5%でした。

泡盛が飲まれない理由について、
東京では52・1%が「泡盛を
よく知らないから」
と回答しました。

飲んでいるお酒は、東京と沖縄共に
ビールの割合が最も高く、
東京ではワインや日本酒、焼酎、
ウイスキーなどが沖縄より高い割合で
飲まれています。

沖縄は泡盛と発泡酒を飲む割合が
東京よりも多かったということです。

泡盛が飲まれない理由は、
東京は「度数が強すぎる」が42・5%、
「一般的な感じがしない」が38・3%、
「お店に置いていない」が32・9%で、
沖縄は「味が好きではない」や
「香りが好きではない」などが
理由に挙がりました。

知っている泡盛の飲み方は、沖縄は
水割りが87・5%と最も高く、
シークヮーサー割りやコーヒー割りなど
幅広い飲み方が上がりました。

東京はロックが最も高い59・2%で、
ストレートの44・2%。
泡盛カクテルは15・4%、
コーヒー割りは6・7%にとどまりました。

電通沖縄は「東京在住者に泡盛が認知されていない。
泡盛の浸透のためにいろいろな飲み方を
提案することも重要になる」と述べました。

再生

那覇市の小学生、犬や猫の殺処分ゼロを目指して団体を立ち上げる

方言ニュース7月26日(金)放送分。
今日の担当は林京子さんです。
方言ニュース 琉球新報の記事からお伝えします。

那覇市立壺屋小学校5年生の女子児童5人が、
犬や猫の殺処分ゼロを目指して
団体「わんにゃんレスキュー壺屋小」を立ち上げ、募金などに奔走し、
「動物は悪いことを何もしていないのに殺されてしまっている」と、
協力を呼び掛けています。

手作りの募金箱は9月下旬まで、
ペットボックス那覇店やコンビニなどに設置され、
集まった募金は犬や猫の保護・殺処分ゼロを目指す活動を支援する
「ペットリボン基金」に寄付されます。

5人の女子児童本を通して殺処分の問題を知り、
「気持ちが伝わるはずだから」とあえて手書きで作ったポスターには
「あなたの1円が一つの命に変わります」
「この命 灰になるために生まれてきたんじゃない」
などの思いが込められているということで、
メンバーの田仲未莉(みり)さんは
「自分たちが頑張れば殺処分が無くなるのではないか」
と真っすぐなまなざしで語ります。

協力する店舗も積極的で、ペットボックス那覇店は
「小学生とは思えない行動力に応えてあげたい。
店頭で気持ちを込めて募金してくれる人も多い」と感心しています。

再生

入域観光客数増も、消費額の拡大が課題

2019年7月25日(木)
担当 上地和夫先生

琉球新報の記事から紹介します。
入域観光客数の増加に後押しされて、昨年度の観光収入は前の年度に比べて
5・1%増の7334億7700万円と過去最高を記録しました。
しかし、観光客1人当たりの県内消費額は7万3355円で前の年度を上回ったものの
伸び率は0・7%にとどまりました。
県は2021年度に観光収入を1兆1千億円まで引き上げることを目指しており
目標達成のために、県内消費額の拡大に向けた施策の推進が課題となります。
1人当たりの観光消費額は国内客が前の年度に比べて6・2%の増加だった一方で
外国人は空路客が10・1%減、海路客が5・1%減と、ともに前の年度を大きく下回りました。
中国客が大量の商品を購入する「爆買い」が見られなくなったことや
ビジネスホテルなど安価な宿泊施設の利用が増えていることが背景にあるということで
消費拡大にはマリンレジャーなど体験型の推進と同時に、魅力ある土産品の開発も求められます。
こうしたことを受け、県は滞在日数が長い欧米の観光客や富裕層の誘客で観光収入の上昇につなげる考えで
県文化観光スポーツ部は「中長期的に取り組むべき課題」としており
直通便の誘致など具体的な施策が進むか注目されます。
再生

国頭の海岸でアオウミガメの産卵確認

2019年7月24日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

国頭村謝敷海岸でこのほど、
日本ウミガメ協議会会員の嘉陽宗幸が
希少種のアオウミガメの産卵を確認しました。

嘉陽さんはこの日午前6時ごろ、
アオウミガメの産卵調査中に
砂浜の草むらでウミガメを見つけたもので、
「通常は夜間に産卵が見られるが、
砂の掘り起こし作業などに時間を要すなど、
何らかの原因で遅れて朝方の産卵になった」ということです。

この日は午前6時47分ごろ、
産卵を終えたウミガメが海に向かって動き出し、
見学に来ていた人も手伝ってウミガメのサイズを計測しました。

生態研究のための金属のタグを前足につけて、
全員で海に誘導しました。

計測の結果、甲長が98センチ、
甲幅は75センチでした。

その後、卵が安全な深さにあることを手掘りで確認し、
カメの産卵場所である目印を付けて保護対策をしました。

謝敷海岸では、今年に入りアオウミガメ9カ所、
アカウミガメ10カ所の産卵場所が確認されていますが、
嘉陽さんは「行楽客や海浜利用者は
海浜へ出入りする際には注意して、
無事に卵からふ化するよう大事に見守ってほしい」と話しました。
再生

名護市伊差川区ガイドマップブック完成

2019年7月23日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の紙面からお伝えします。

名護市伊差川区のガイドマップブックが完成し
伊差川の小学生全員に配布されました。
ガイドブック「伊差川探検隊」は
名護市文化財保存調査委員長の岸本林さんが監修しており、
子ども目線で作られているのが特徴で
B4サイズで14ページ、地図のイラスト付きで
全ページカラーで紹介しています。

この日は「伊差川誌」の概略版も発行され
中学、高校の代表を招き
伊差区公民館で贈呈セレモニーが開かれました。

「伊差川誌」は1991年に発刊されましたが
A5判で文字が小さく、
子どもたちにも読みやすくしようと
今回、B5判に一新しています。

ガイドブックは
宿道(すくみち)の所在地、旧伊差川街道、
伊差川馬場、金川(ハニガー)銅山抗口跡などのほか
公民館やJA羽地支所など商店を含め
200余の企業も紹介しており
区内の大木や名木指定候補も紹介され
興味を引く作りとなっています。

また「声楽譜附工工四」を著した
音楽家「伊差川世瑞顕彰歌碑」や
旧学校跡地の場所なども
分かりやすく地図入りで説明されています。

ガイドブックや概略版を受け取った子どもたちは
「自分が生まれる前の伊差川の写真があり、とても新鮮」
などと感想を語っていました。

再生