カテゴリー別アーカイブ: 方言ニュース

屋富祖通りかつての賑わい復活へ

2019年2月7日(木)
担当 上地和夫先生

琉球新報の記事から紹介します。

浦添市の屋富祖通りとその周辺地域で
この1年間に30代前半を中心にした若い層が
バーや居酒屋を続々とオープンさせており
1年間に15店舗以上が増えるなど活性化が進んでいます。
屋富祖通りは国道58号屋富祖丁字路から内側に入った一帯で
かつては映画館が4軒もあり多くの人でにぎわっていましたが
大型店舗の進出や車社会の進展などで客足が遠のいていました。
一方で、昔ながらの街として地元の人を中心に親しまれています。

屋富祖通り会の銘苅俊一会長42歳は
「レトロな街並みが残っていながら新しい店が並ぶ意外な街に市外からも来てほしい」と語り
濱辺大資さん33歳は東京から地元・浦添に戻り
「友人など周囲の人が喜べる場所をつくりたかった」と
ミュージックバー「ブロス」をリニューアルオープンさせ
週末を中心に県内外からDJを呼ぶなどしてイベントを重ねており
「繁華街復活」への手応えは十分だと話しています。

月に1回ほど屋富祖に足を運ぶ前里和樹さん23歳は
「店員もお客さんもかしこまっていない雰囲気が温かい。気軽におしゃべりをしに行ける」と
屋富祖通りの魅力を語っていました。
再生

全国植樹祭と首里城公園の話題

2019年1月30日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から2つ紹介します。

沖縄で初開催される
「第43回全国育樹祭」が
12月14日、15日に
開催されることが決定しました。
1993年に
天皇皇后両陛下がお手植えした
リュウキュウマツとフクギを
皇族がお手入れします。

決定を受け玉城デニー知事は
「開催準備を着実に進め
花と緑であふれる県の魅力を
全国へ発信する機会となるように
成功に向け取り組む」との
コメントを発表しています。

全国育樹祭は
皇太子さまがお手入れしますが
本年度は皇位継承があり
臨席者は未定となっています。

首里城公園は今月1日から
70歳以上の県民限定で
入場料を無料にするサービスを
試験的に始めています。

首里城正殿など
有料区域の管理が
県に移管されるのに合わせて
実施するもので
入場の際には
現住所と生年月日が確認できる
運転免許証や社会保険証の提示が
必要となります。
再生

大正時代の給食はおいしい!? 渡嘉敷で給食テーマに試食会

2019年2月5日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

渡嘉敷小中学校はこのほど、
渡嘉敷村の座間味村長らを招き、給食試食会を開き、
学校給食が始まった明治から現在までの
各時代の献立を紹介しました。

これは村学校給食調理場の
玉城恵子栄養教諭が企画したもので、
「昔の学校給食について知ろう」がテーマです。
明治、大正、昭和の給食を調理再現し、
平成の給食も提供し、大正時代の給食献立では、
「五色ご飯、揚げ豆腐、白菜のごま和え、
栄養味噌汁、牛乳」を提供しました。

座間味村長ら招待者は脱脂粉乳、瓶入り牛乳、
現在の県産100%生乳を味の違い、
においや色を確認しながら味わいながら、
「みんなで一緒に食べると楽しくておいしいね」
と話し掛け、児童生徒は、
おいしそうに残さず食べていました。

このうち、小学6年の男の子は
「お母さんの作る食事も学校の給食も
同じようにおいしい」とにっこりし、
小学5年の男の子は
「大正時代のおにぎり給食がおいしかった。
お代わりできたらいいな」
と笑顔を見せていました。

また、玉城教諭は
「学校給食は昔と違い、子どもたちが望ましい食習慣や
食に関する正しい知識、実践する力を身につけるための
重要な役割を担っている」と強調しました。
再生

きょう「立春」 各地で夏日

方言ニュース  
2019年2月4日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

きょうは二十四節気の起点「立春」です。

暦の上では寒さが明けて
春が始まる日とされ、
きのうの沖縄地方は宮古島市や
石垣市のほか那覇市でも25度の
夏日に達なりました。

こうした中、北中城村荻道ではきのう、
ヒマワリとオオゴマダラの郷まつりが開かれ、
地域外からも多くの人が訪れ、
鮮やかな黄色の花を楽しみました。

那覇市内の31歳の男性は27歳の妻と
6カ月の長男と満喫し、
「去年も妻の妊娠中に来た。
今回は3人の思い出になった」
と笑みを浮かべました。

一方、浦添市のみのり幼稚園では1日、
きのうの「節分」の日を前に
豆まきが行われ、
突然大きな音をたてて現れた赤鬼と青鬼が
園児らを追いかけ回し、絶叫が響きました。

園児たちは小さい手に豆を握りしめ「鬼は外、福は内」と
泣いたり笑ったりしながら、
元気よく豆を投げ鬼を追い払いました。

「泣かなかった」と涙目の伊波良都君は
「鬼をやっつけた、
大きくなったらお相撲さんになりたい」
と誇らしげに話し、
「自分の心の中の鬼も追い払って」
と園児に声を掛けた友利綾先生は
「インフルエンザ菌も吹き飛んだはず」
と健康祈願も忘れませんでした。

再生

渡嘉敷村の村花『ケラマツツジ』が見頃を迎える。

「渡嘉敷村の村花『ケラマツツジ』が見頃を迎える。」
方言ニュース2月1日(金)放送分。
今日の担当は糸数正和さんです。
方言ニュース 琉球新報の記事からお伝えします。

渡嘉敷村の村花「ケラマツツジ」が満開となり、見ごろを迎えています。
渡嘉敷島の野山や山里付近に数多く自生するケラマツツジは、
ケラマ諸島に由来し、島の名物の一つです。

1月から5月頃までの長期間直径7~10センチの真っ赤な花を枝一面に咲かせます。
阿波連(あはれん)照山(てるやま)園地(えんち)とその遊歩道に植樹されている
2千本余りも満開となり、花見に訪れる住民や観光客らを喜ばせています。

京都から去年10月に村内へ移住した女性は
「南国の独特の真っ赤な大きな花びらは、目に鮮やかで心も体もほっとした気分になる」と目を細めました。

ケラマツツジは2月2日の「とかしきマラソン」のコース沿道を彩るということで、
大会関係者は「つつじを眺めながら眼下にひろがるケラマブルーの海も楽しんでほしい」と話しています。

再生

イリオモテヤマネコの交通事故死を防げ!西表島で除草活動

2019年1月31日(木)
担当 上地和夫先生

琉球新報の記事から紹介します。

世界自然遺産登録を目指す竹富町・西表島で
国の天然記念物「イリオモテヤマネコ」などの希少動物の交通事故死を防ごうと
日本航空、日本トランスオーシャン航空、琉球エアーコミューターのJALグループ3社主催の除草活動が行われ
島内外のおよそ80人が参加し、集落から離れた県道215号線沿いの2カ所で雑草を刈り取りました。

西表島ではイリオモテヤマネコの交通事故死が多発しており
世界自然遺産登録に向けて課題にもなっています。

除草は運転手が道路に飛び出すヤマネコの存在を早めに確認できるような環境をつくり
事故の防止につなげようと実施され
参加者らは2班に分かれて大見謝ロードパーク周辺や船浦海中道路東側周辺の県道沿いに生い茂った雑草を
鎌や草刈り機などを使って黙々と刈り取っていました。

NPO法人どうぶつたちの病院沖縄の職員でうるま市から参加した黒田ゆうびさん30歳は
「この作業が一つでも事故を防ぐことにつながればうれしい。
島外の人も参加して継続的に作業をできる体制ができればいい」と話していました。
再生

久部良小学校で与那国のしまくとぅば教室開催

2019年1月30日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

与那国町立久部良小学校で
「しまくとぅば教室」が開かれました。

与那国町在住の与那国語の話者8人を講師に
3年生以上の児童らがグループに分かれて活動し
子供たちの言葉をしまくとぅばに言い換えるなどしながら
楽しく与那国語の習得に取り組んでいました。

教室では標準語のしり取りをして
出た単語を与那国語で言い表すと
どういう言葉、発音になるのかを確かめたり 
短い文章を作ったりするなど
児童たちも積極的に質問していました。

祖納西集落在住の崎原用能さんのグループの児童3人は
「ラッキョウ おいしい」という言葉を言い換えると
「ダッキュー マン」となることを知り
「なんだかウルトラマンみたいだね」と話し
笑い声が絶えませんでした。

最初は講師も児童も緊張した面持ちでしたが、
遊びの要素も交える中でリラックスしながら
与那国語に触れていた様子でした。

最後に児童代表が挨拶やお礼をすると
講師の一人である祖納西集落在住の東迎高健さんが
与那国語を交えて児童らに激励のエールを送っていました。
再生

伝統行事「火返し」 辺野古で今年も実施

2019年1月29日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

名護市辺野古でこのほど、
火の用心を呼び掛ける区の伝統行事
「火返し」が行われ、
火の霊になった青年らが集落を駆け回り、
区民らが青年に水を掛けて火の邪気を
追い払いました。

火返しは1918年1月25日、
辺野古で20軒余りが焼失する大火災が
発生した翌年から、
火の悪魂払い行事として続いています。

この日は午後8時すぎから集まった青年らが
拍子木を打ちながら集落を回り、
「かまどの前をちゃんと掃除して、
バケツに水を入れて、火に気をつけてください、
アッチャレレー」と火の用心を呼び掛けました。

青年らは2度集落を回った後、
神アサギに集まり火をつけ
「今年も火事のないように」と御願し、
火を消し終わると3カ所に分かれ、
ドラを鳴らしながら
「ホーハイ!ホーハイ!」と集落内を駆け回り、
火の霊が来たことを知らせました。

区民らはバケツやホース、
消火剤に見立てた水風船で青年らに水を掛け、
火災がないように願い、
「火返し」を終えた青年らは海に向かって御願しました。

子どもと一緒に水風船を投げた37歳の男性は
「子どもたちに小さい頃から火の恐ろしさを教えて、
火を消す大切さを体験してもらいたかった」
と伝統行事の大切さを語りました。

再生

児童養護施設の子供たちにクリスマスプレゼントを

方言ニュース  
2019年1月28日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

那覇市松山などの繁華街で飲食店を営む有志らが、
児童養護施設の子どもたちに
クリスマスプレゼントを
手渡す取り組みが広がりを見せています。

取り組みは「サンタプロジェクト」で、去年で6回目を迎えました。
沖縄本島南部の4施設にいる3歳から
小学3年生およそ80人が対象です。

嘉手川秀徳さん(33)歳が、
亡くなった兄の子どもに思いを巡らせ、
親のいないなどの子どものために何かをやりたい」と
友人らと計画しました。

お菓子を購入して施設を「アポなし訪問」し、
怪しまれるなどしましたが、
続けるうちに理解を得て協力者も増えました。

施設には親から虐待を受け
大人を怖がる子もいましたが、
嘉手川さんは「びくびくしていた子が、
贈ったおもちゃのマイクで歌って
踊ってくれて、やってて良かった」
と振り返ります。

ある施設に入所する小学3の男の子は
「クリスマスの時期が1年で一番楽しく、みんな格好いい」と話し、
施設の職員は「子どもたちが、
こういう大人になりたいと思える
きっかけにもなる」と感謝しています。

今年は募金を活用し、施設の高校生の卒業祝いに、
ディズニーランド旅行をプレゼントする予定で、
今後は訪問する施設数を増やしたり、
NPO法人設立も視野に入れています。

再生

ひめゆり平和記念資料館で30周年事業が行われることが発表

「ひめゆり平和記念資料館で30周年事業が行われることが発表」
方言ニュース1月25日(金)放送分。
今日の担当は糸数正和さんです。
方言ニュース 琉球新報の記事からお伝えします。

今年の6月23日に開館30周年を控え、
ひめゆり平和祈念資料館はこのほど
30周年事業を行うことを発表しました。

1989年6月23日にひめゆり同窓会によって設立された
ひめゆり平和祈念資料館は設立以降、2200万人が来場しました。

30周年事業は今年2月に資料館のプロモーションビデオを
ユーチューブに公開することを皮切りに
6月にはひめゆり平和祈念資料館の開館までを追った
ドキュメンタリー映画の上映やひめゆり学徒の足跡をたどるフィールドワーク、
30周年記念誌の発刊など様々な企画を行います。

なかでも、2020年7月には2004年以来となる
展示リニューアルを予定しており、祖父母の世代でも戦争を知らない
現在の若者にもより伝わる展示を目指すということです。

再生