カテゴリー別アーカイブ: 方言ニュース

県内の腎臓提供、低調

2019年6月5日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

亡くなった人から腎臓の提供を受ける
「献腎移植」が県内では低調です。

腎臓の移植を待つ人は県内に200人ほどいますが、
2018年に献腎移植を受けたのは
わずか2人にとどまっています。

家族などから提供を受ける「生体移植」が
8割から9割を占めるのが現状で、
豊見城中央病院はアステラス製薬、琉球新報社と共催で
15日(土)に「第9回腎移植フォーラム」を開きます。

豊見城中央病院の大田守仁外科部長は
「移植医療に関心を持ち、
家族と話し合うきっかけにしてほしい」と呼びかけています。

大田医師によりますと、
沖縄は人口に対する透析患者の割合が
全国で8番目に高くなっていて、
かつては臓器提供者が多く、
1994年には提供数が全国1位になったこともあります。

大田医師は
「本人が生前に意思表示しておらず、
家族も悩んだ末に提供しないケースが多い」と指摘しています。

腎臓は人体に2つあるため、
1人の提供で2人分の命が救われます。

県内の献腎移植は
2016年39人、2017年35人、
2018年は26人となっており、大田医師は
「万が一の事があったらどうするか
意思表示をしてほしい」と話していました。

フォーラムは15日(土)午後2時半から
那覇市泉崎の琉球新報ホールで開催されます。

参加は無料で事前申し込みが必要です。

お問い合わせは琉球新報社営業局、
電話番号098-865-5200となっています。
再生

油絵で未来への継承を 宮森小ジェット機墜落事故

2019年6月4日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

米軍のジェット機が
現在のうるま市石川の宮森小学校に墜落した事故で、
石川中学校の巡回教員だった
読谷村の伊波則雄さん(81)歳はこのほど、
当時の様子を大きなキャンバスに描いた油絵を
完成させました。

伊波さんは、
墜落しバラバラになった機体の残骸を
大きく絵の中心に据え、
犠牲になった生徒12人の姿も描きました。

絵の左上には
「人が燃えてる 人が倒れてる 血を流してる」などの
言葉も書き添えてより具体的に描写し、
縦130センチ、横160センチの大きなキャンバスに
3カ月かけて描きました。

途中、体調を崩して断念しかけたこともありますが、
「脳裏に焼き付いている記憶をきちんと形にしなければいけない」
との思いが勝り、
何とか最後まで描き上げることができました。
6月30日で、事故から60年が経過しますが、
伊波さんは「絵で語り継ぐことが自分なりの方法だ」と話し、
絵を通し、次の世代へ事故の記憶を継承していく考えです。

うるま市の石川歴史民俗資料館では
6月の1ヶ月間、
事故に関する資料展示会があり、
伊波さんの絵も展示される予定で、
多くの人の観賞を望む伊波さんは
「二度とこういう事故があってはならないという
気持ちが芽生えてくれたらうれしい」と静かに語りました。

再生

戦前の軽便鉄道 一般公開

方言ニュース
2019年6月3日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報からお伝えします。

2015年に旭橋開発工事に伴い発見された
戦前の県営鉄道(軽便鉄道)の
「転車台」遺構の移設・保存工事が終わり、
一般公開されています。

転車台は機関車を方向転換させる回転台で
県内では那覇駅にのみ設置っされていたとされています。

転車台の上に機関車が乗った
6分の1サイズの模型と説明板も設置されており、
15日土曜日の10時半と午後2時に
現地解説会が催されます。

転車台の遺構は那覇バスターミナルの
建設予定地で見つかり、
那覇市が施設西の交通広場に移設・保存し、
直径およそ6.8m、高さおよそ1.1mで
中央に回転軸の土台があります。

城間幹子那覇市長は
「転車台の遺構は
沖縄の鉄道・交通の歴史を語るうえで大変貴重な文化財。
交通広場のシンボルとなり
多くの皆様に親しまれることを願う」
と述べていました。
再生

火災で逃げ送れた少女を助け出した玉城さんに表彰状が送られる

方言ニュース5月31日(金)放送分。
今日の担当は林京子さんです。
方言ニュース 琉球新報の記事からお伝えします。

埼玉県越谷市で発生した火災で逃げ遅れた(16)歳の少女を
助け出した那覇高校3年の玉城弘次廊さんにこのほど、
越谷市の高橋努市長からの表彰状が贈られました。

玉城さんは先月30日、連休で両親の友人宅に滞在していたところ、
隣の民家で火災が発生し、2階の部屋で少女が助けを求めていたため、
雨どいをよじ登って救助しました。

那覇市役所で行われた表彰状の伝達式で、
多くの関係者や報道陣に囲まれた玉城さんは
「当たり前のことだと思っていたけど意外にすごいことをしたんだなと思いました」と緊張した様子で語りました。

一躍「ヒーロー」になった玉城さんは
「てんぐにならず、高校生らしい初心を忘れない」との思いで頭を丸刈りにして現れ、
那覇市の城間幹子(みきこ)市長は
「勇気ある行動が誇らしい。同じ那覇高校の出身なのでとてもうれしい」とたたえ、
「ぜひ那覇市消防局に入って」とスカウトしました。

これに対し玉城さんは「就職が決まるなら うれしい」と場を和ませ、
「人を助ける仕事を将来の視野に入れていきたい」と語りました。

再生

伊良部島小中学校・新しい学び舎の完成祝う

宮古島市伊良部の伊良部小・中学校、佐良浜小・中学校の4校が統合した
市立伊良部島小中学校、愛称・結の橋学園の開校式が26日
学校の体育館で開かれ、319人の児童生徒や下地敏彦市長ら関係者が出席し、新たな学びやの完成を祝いました。
新校舎は旧佐良浜中学校の一角に建てられましたが
校舎の完成は労務人材不足などの影響で遅れ
4月の始業式後も工事が続けられた後、今月完成を迎えました。
開校式では、児童生徒が校歌を元気に歌い上げ、新しい校舎に歌声を響かせました。
宮城校長はあいさつで、
「継続性ある小中9年の一貫教育を通し、グローバルな視点とローカルさも大切にしながら
チャレンジ精神あふれる次世代の担い手を育成したい」と述べました。
伊良部島小中学校は、小学校1年からの外国語活動で英語に親しむことや
総合学習などの時間に地域行事参加・地域人材を活用することで
伊良部の良さを理解、再発見することなどを教育課程の特色としており、
開校式の後には、校舎の見学や祝賀会も開かれました。
再生

那覇空港のバリアフリー整備状況、高評価

2019年5月29日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

全国各地の空港を中心に、
公共施設のバリアフリー整備状況を点検している
兵庫県の大久保健一さんと
NPO法人県自立生活支援センター・イルカの仲盛雄二さんはこのほど、
那覇空港の旅客ターミナル新エリアを訪れ、
施設内の整備状況を確認しました。

空港内の各階に設置されている
多目的トイレやエレベーターなどを点検して回った2人は、
「大きな問題点は特になかった。
エレベーターは全国に誇れる広さ。
全国の空港のモデルになる」と評価しました。

一方で、改善点として、
インフォメーションセンターの車いす専用カウンターが
利用しやすくなるよう車いすマークを設置することや、
喫煙所にある灰皿を車いす利用者が
使いやすい高さにすることなどを挙げました。

施設点検に同行した那覇空港ビルディングの東江さんは
「バリアフリーに気をつけて施設を造ったつもりだったが、
見えていない部分があった。
できるものはすぐに改善していきたい」
と話しました。
再生

玉城知事 しまくとぅば連絡協議会と意見交換 「県民のアイデンティティだ」

2019年5月28日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

玉城デニー知事は
このほど、しまくとぅば連絡協議会の池原稔会長らと
県庁で意見交換し、しまくとぅばについての認識を問われ、
「沖縄文化の基礎になっている。
県民のアイデンティティーで、シマへの愛情だ」と
しまくとぅばを交えながら思いを込めて語りました。

また、玉城知事は
「生まれジマの言葉を忘れることは、生まれ故郷を忘れる」
という沖縄のことわざを紹介しながら、
沖縄の肝ぐくるや祖先への思いだと説明し、
普及継承の必要性を示しました。

さらに玉城知事はしまくとぅばに関連して
制定を目指す「琉球歴史文化の日」については
今年度中を目指し、
その後はイベントなどで啓発する考えを示しました。

一方、連絡協議会はしまくとぅばを話せる人が
3割程度に減少しているとして行政の取り組みを求め、
アメリカハワイ州のように第2公用語にすることや
学校教育での普及を提案しました。

これに対し、玉城知事は公用語化について
「その方向性は必要だと思う」との認識を示す一方、
地域ごとにくとぅばが異なるため実施を困難視し、
学校教育での導入は
「学校教育家庭特例制度」を有効活用し、
各市町村で取り組む必要があると話しました。

再生

GWの渡嘉敷村 過去最高を更新

方言ニュース  
2019年5月27日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

ゴールデンウィーク期間中の渡嘉敷村は
国内外からの観光客でにぎわいました。

渡嘉敷村営旅客船での那覇・泊港から
渡嘉敷村への入域乗船者が合わせて7178人となり、
去年の6314人から864人増えて、
過去最多を記録しました。
渡嘉敷村船舶課が公表しました。

10連休中、旅客船は、1日で
「フェリーとかしき」が1往復、
高速船「マリンライナーとかしき」が3往復で運行しました。

天気にも恵まれ、3日から5日にかけては
フェリー、高速船ともほぼ満席状態で、
村人口およそ700人の小さな島は
家族連れや仲間同士などの観光客らで膨れ上がり、
各宿泊施設なども満杯状態となり、
村の2大ビーチの阿波連、渡嘉志久の両ビーチでは、
ケラマブルーの海を満喫する観光客らでにぎわいました。

家族5人で千葉県から2泊3日で訪れた45歳の男性は
「きれいな海を思い切り楽しんで
心身ともにリフレッシュできた。
家族サービスもでき、仕事を頑張る意欲も湧いた」
と笑みを浮かべました。

村の我喜屋船舶課長は
「乗客船のクレジット決済が可能になり、
利便性の向上が図られた。
特に外国人の利用客が目立っている」
と船舶利用増の要因を語りました。

再生

玉城デニー知事、しまくとぅばについて意見交換

玉城デニー知事はこのほど、しまくとぅば連絡協議会の池原稔会長らと県庁で意見交換し、しまくとぅばについての認識を問われ、「沖縄文化の基礎になっている。県民のアイデンティティーで、シマへの愛情だ」としまくとぅばを交えながら思いを込めて語りました。また、玉城知事は「生まれジマの言葉を忘れることは、生まれ故郷を忘れる」という沖縄のことわざを紹介しながら、沖縄の肝ぐくるや祖先への思いだと説明し、普及継承の必要性を示しました。さらに玉城知事はしまくとぅばに関連して制定を目指す「琉球歴史文化の日」については今年度中を目指し、その後はイベントなどで啓発する考えを示しました。一方、連絡協議会はしまくとぅばを話せる人が3割程度に減少しているとして行政の取り組みを求め、アメリカハワイ州のように第2公用語にすることや学校教育での普及を提案しました。これに対し、玉城知事は公用語化について「その方向性は必要だと思う」との認識を示す一方、地域ごとにくとぅばが異なるため実施を困難視し、学校教育での導入は「学校教育家庭特例制度」を有効活用し、各市町村で取り組む必要があると話しました。
再生

県内でも物価高騰相次ぐ

人手不足による人件費や物流費の高騰により先月から今月にかけて全国的に食品や飲料の値上げが相次ぐ中、
県内の一部スーパーでも乳製品やサバ缶、大型ペットボトル商品がそれぞれ5%から10%前後値上がりしています。
来月からはカップ麺の値上げが予定されており、
小売り業界は原価の値上がりにより乳製品を使用したドレッシングなどの
加工品も徐々に価格が上がると予想しています。
県内の各スーパーの担当者らはメーカーの値上げに対応せざるを得ないと説明し、
値上げ対象商品の特売日の頻度を減らしたり、
プライベートブランド商品で現行価格を維持するなど対応策を講じています。
10月には消費税の増税も控えていますが、
浦添市内のスーパーで買い物をしていた女性は「普段使うものだから買わないわけにはいかない」と話し、
節約のため特売日などを利用しているということです。
また、那覇市のスーパーで買い物する50歳の男性は
「高いな、お金がもったいないなと思うこともあるが、値上げの要因の一つである人件費が
上がって社会全体の雇用が潤うなら悪いことではない。残念がることではないのでは」と話しました。
再生