カテゴリー別アーカイブ: 方言ニュース

棒術に魅了され(琉球新報 9月20日落穂より)

2018年10月2日(火)

担当は宮城葉子さんです。

きょうは琉球新報9月20日付の落穂から、
運転那美さんの記事を紹介します。

私が琉球空手を習い始めて今年で15年目になります。
2020年の東京オリンピックでは、
空手が正式競技種目として選ばれました。
ちなみに、私が通っている「空手道今野塾」は
作家の今野敏先生が主催しており、
首里手ショウリン流の系統です。

しかし、恥ずかしながら、今野塾に入るまで、
空手の歴史は沖縄から始まったことさえ知らず、
空手といえば極真空手だと思っていました。
那覇手、首里手、泊手など様々な系統がある中で、
私の習っている首里手は琉球王朝時代、
首里に住む士族たちによって継承・発展してきた唐手であり、
古武術として棒術とサイがあります。

棒術は一般的に六尺棒を用い、型や組み棒などを練習します。
また、サイは江戸時代の岡っ引きが使用した
十手に似た形状をしていて、基本的に2本1組で使用し、
突き、打ち、払いといった使い方をします。

私は特に棒術が好きで、
技や一つ一つのタイミングが難しくスリリングで、
決まった時の爽快感は病みつきになります。
空手の約束組み手だと尻込みしてしまう体格の良い兄弟子が相手でも、  
タイミング次第で勝つことができ、相手の鼻先3センチの所で止め、
「まいった」の顔を見るのはたまらないものがあります。

再生

宮古島市 ヤギふれあい牧場開放

方言ニュース  
2018年10月1日(金)放送分です。

担当は、糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

青空の下、カラフルに彩られた
コンクリートブロックで
のんびりと過ごすヤギたちがいます。

アロエベラの生産などに取り組む「しろう農園」が
このほど、宮古島市上野宮国にヤギふれあい牧場を
オープンしたもので、
アロエベラの畑におよそ20頭のヤギと、
餌やりなどをして触れ合えるということです。

当初、畑の雑草を食べさせるために
ヤギを飼育していましたが、
通り掛かる観光客らが足を止めて
写真撮影などしていたことから、
体験型の牧場として
開放することにしました。

カラフルな「ヤギピラミッド」でくつろぐヤギの姿を
眺めることができるほか、
有料の餌を購入した餌やりや
子ヤギとの
触れ合いも楽しめるということで、
観光で神奈川から訪れた31歳の女性は「マイペースなヤギたちが
とてもかわいくて、癒やされた。
また遊びに来たい」
と笑顔を浮かべていました。

農園は年中無休で開園し、
今後、ふれあい牧場での畜産や
農業体験なども行っていくということで、
「気軽に訪れてもらい、
ヤギたちとのんびり触れ合ってほしい」
と話しています。
再生

「 島立の心構えを学ぶ 」

「 島立の心構えを学ぶ 」
方言ニュース9月27日(木)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。

北大東村の北大東小中学校でこのほど、
小学校6年生から中学3年生の児童、生徒を対象に、
北大東小中学校出身の高校生の話を聞く
「先輩高校生から学ぶ会」が開かれました。

島の子どもたちは高校進学のため、
15歳で親元を離れ自立した生活を送らなければならないことから、
児童生徒や保護者に進路決定の参考にしてもらい、
島外での自立した生活を送る心構えを育成しようと、
村学力向上対策委員会が毎年開いているもので、
今年は県立那覇国際高校と県立首里高校の2年の女子生徒2人が招かれました。

2人とも県立離島児童生徒支援センターで寮生活をしながら通っており、
勉強と部活を両立させた日常の様子などを紹介しました。

在校生からは「受験勉強はどのようにしたか」や、
「友達はすぐできたか」、「困ったことや悩みは」などの質問が寄せられ、
2人は「毎日勉強して習慣化したほうがいい。島出身だと声を掛けてくれて友達もすぐできた。部活はしたほうがいい。寮は雰囲気もいいし、離島出身で似た境遇だから悩んだりした時も仲間や先輩たちに相談して励ましあっている」とアドバイスしていました。

再生

伊江島観光協会、観光長官表彰に輝く

2018年9月26日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

伊江島観光協会が、
観光庁主催の第10回観光庁長官表彰に選ばれました。

県内団体の受賞は初めてです。

伊江島観光協会は2003年から
農業や漁業、三線教室などの体験型民泊事業を始め、
昨年度は村人口のおよそ4倍に当たる
1万8617人を受け入れており、
島の各産業や島民を巻き込み、
教育旅行=修学旅行民泊を島の一大産業に
成長させたことが評価されました。

修学旅行に特化した伊江村の民泊は、
当初は300人程度の受け入れ人数だったということで、
伊江島観光協会の古堅会長は
「民泊で島全体が潤っている。
長年やってきたことが認められて、
島全体の励みにもなると喜び、
民泊を体験した子供が再び
来島することもあるということで、
「一般向けの民泊も充実させていきたい」と述べ、
さらなる受け入れ態勢の強化に取り組む意欲を見せました。

表観光庁長彰は、
魅力ある観光地づくりなどで観光の振興や
発展に寄与した個人や団体に
贈られるもので、
今回は他に熱海市や、
ぐるなびなど4団体が選ばれました。

表彰式は来月1日に東京で開かれます。
再生

阿波根昌鴻の魂を世界に 桑江良健さん絵画展

2018年9月25日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

8時間から10時間、毎日絵を描き続けて44年。
その集大成が
伊江島の阿波根昌鴻さんを描くことだったという
桑江良健さんの絵画展が今日から、
パレットくもじ6階の那覇市民ギャラリーで開かれています。

桑江さんは高校卒業後すぐに上京し、
1974年まで建築関係の仕事に就いたものの、
何かを求めて日本を飛び出して、フランスに渡り、
画家たちの集うモンマルトルの丘近くに住んだことが、
「絵描き」になる契機となりました。

その後、
放浪絵描きとしてヨーロッパ中を自転車、寝袋生活をしながら、
衝き動かされるように絵を描き続けてきました。
しかし、10年後に母親に呼ばれて沖縄へ戻り、
良健さんの画家としての可能性と人間性にほれ込んだ、
人形劇団「かじまやぁ」を主催する島袋純子さんと1987年に結婚し、
夫婦二人三脚の芸術家生活を
屋我地島で絵と人形を展示している「かじまやぁ」美術館で送っています。

純子さんによると、
「夫の画風は自然を写し取る」ことで、
伊江島土地闘争のリーダーの阿波根昌鴻さんを今描くことで、
世界の市民に阿波根さんをアピールすることが
良健さんの強い願いとなっています。
たたずまいが似通った阿波根さんの「命どぅ宝」の魂に触れ、
その魂を絵にしたのだと思えます。
再生

首里城「中秋の宴」で 新国王・王妃決定

方言ニュース 
2018年9月24日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報ニュースからお伝えします。

首里城公園「中秋の宴」が昨日、
首里城正殿前の御庭特設ステージで開かれました。

「国王・王妃公開選出大会」では
応募者48人の中から
新国王に大学職員の神山博行く(ひろゆき)さん(26歳)、
新王妃に会社員の長嶺彩葉(いろは)さん(25歳)が
選ばれました。

神山さんは
「琉球王国の歴史や文化を
国王の目線で体験できるのは貴重なので、
一生懸命頑張りたい」と語りました。

長嶺さんは
「琉球王国の歴史を世界に発信したい。
王飛躍を通して成長していきたい」と
笑顔を見せました。

組踊りの「万歳敵討(まんざいてぃちうち)」の途中に
小雨が降ったため中秋の宴は
一時中断したものの、
再開後に新国王と新王妃が選出されました。

2人は10月27日から始まる
首里城祭を皮切りに今後1年間、
首里城公園が企画する行事に
参加することとなります。

再生

宮古島エコマラソンの完走タオル・Tシャツのデザインが決まる

「 宮古島エコマラソンの完走タオル・Tシャツのデザインが決まる 」
方言ニュース9月20日(木)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。

エコアイランド宮古島マラソン実行委員会はこのほど、
宮古島市で11月4日に開催される第9回大会の完走記念タオルと
参加記念Tシャツのデザインをそれぞれ決定しました。

Tシャツのデザインは県内外から応募があった全91点の中から、
実行委員らの投票で、宮古島市の高木基継の作品に決定しました。

胸には「不可能を可能にする」、エコ活動マラソンも「私ならできる」などと
意味を込めた「I‘m posible」という造語があしらわれ、
背中には再生エネルギーを表す太陽や風車、
コースとなる伊良部大橋も表現しました。

また、タオルは去年から完走者に贈られていて、
今回初めてデザインを公募し、全21点の中から、
大阪府の高岡亜加根さんの作品が選ばれました。

カラフルな花々を背景にゴールテープを切るランナーが描かれており、作品の説明では
「宮古島市の市花であるブーゲンビリアを入れ、首からかけたときに、祝福の花輪をかけているような華やかさが出るように仕上げた」としています。

実行委員会は大会当日の完走者を対象に選考するコスプレ賞、
パフォーマンス賞についても「本番当日、ぜひ大会を盛り上げてほしい」と呼び掛けました。

再生

北部農林生の育てた黒毛和牛が最高評価

2018年9月19日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

北部農林高校畜産コースの生徒たちの育てた黒毛和牛が
このほど、牛肉の等級を示す牛枝肉格付けで
最高級の「A5」に認定されました。

県内農業高校では初めての快挙です。

格付けの正式名称は「A5・BMS№12」で、
BMSは肉にどれだけサシが入っているかを示めしています。

12が最高値となっており、
生徒たちはすべての肥育農家が目指すA5ランクの中でも
最高の評価を手にしました。飲食店などで提供される際には、
ステーキ150グラムで4千円近くになるということです。

北部農林高畜産コースでは2年生と3年生26人が
黒毛和牛の繁殖から肥育まで取り組んでおり、
今回出荷した和牛はおよそ3年かけて育ててきました。

毎日のブラッシングを通して毛づやや
体の張りを確認して体調を読み取り飼料も計算します。

夏休みや冬休み期間中も当番制を組んで世話をするなど、
休むことなく愛情を込めてきました。

和牛肥育が盛んな伊江島出身で、
地元で肥育農家になることを目標にしている
3年生の知念聖さんは
「良い牛に育てた自信はあった。
最高の評価をもらえてうれしい。
経験を生かして、もっといい牛を育てたい」と意気込んでいました。
再生

しまくとぅばとウチナーグチ 子ども達にも浸透させるには

2018年9月18日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の14日付の論壇から紹介します。

地域語として独特な響きを持つ「しまくとぅば」と、
共通語として誰にでも理解できる「ウチナーグチ」との共通点は
多々あると思われますが、全体から見ると、
言葉の違いは歴然で、
その違いを子どもたちに理解させた上で、
共通語としての「ウチナーグチ」を
徹底的に指導すべきではないでしょうか。

沖縄では終戦直後、
学校教育が再開されるやいなや各学校に、
いわゆる方言札に当たる方言使用禁止令が発布され、
地域でも自然に親兄弟がヤマトゥグチ使いました。

標準語励行が定着し、
「ウチナーヤマトゥグチ」という新語も生まれました。
標準語が日常化したことで方言がおのずから遠ざかり、
「ウチナーグチ」が若者の間から消え、
「しまくとぅば」も忘れられるようになってしまいました。
だからこそ「ウチナーグチ」の復活に全霊を尽くし、
努力を重ねることが大切です。

しかし、子どもたちに沖縄の言葉を教え、
普及継承発展を図るためには、
いきなり語尾の変化やイントネーションの使い分けが難しく
独特な地域性を持つ「しまくとぅば」から導入していくのではなく、
比較的平易で理解しやすい「ウチナーグチ」に重点を置いた
指導方法がいいのではないでしょうか。

これこそが将来「しまくとぅば」の保存に役立つと思われます。

再生

安室奈美恵さん「ありがとう」

方言ニュース 
2018年9月17日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。
琉球新報ニュースからお伝えします。

県出身の歌手、安室奈美恵さんが
昨日、引退しました。

90年代半ばには安室さんの
ファッションをまねた「アムラー」が
街にあふれる社会現象を生み、
歌と踊りで多くの人々を魅了してきました。

「平成の歌姫」と呼ばれ、アジアでも数々の
記録を打ち立てた安室さん。

音楽活動最後の地に選んだ古里・沖縄には
国内外から多くのファンが集まり、
引退を惜しみました。

15日におこなわれた最後のライブでは
いつもと変わらないキレのあるダンスと
笑顔を見せ、ファンを魅了しました。

ライブには安室さんと共演したことのある
アーティストらも参加し、
会場を盛り上げました。

きらきらと光る汗をぬぐいながら
心地よく歌う安室さんが
笑顔で「騒げ沖縄!」と叫ぶと
会場の盛り上がりは最高潮に達しました。

最後は出演者らとつないだ手を高く掲げて
「本当に本当にありがとうございました」
と観客に感謝して、手を振りながら
笑顔でステージを後にしました。

再生