カテゴリー別アーカイブ: 方言ニュース

障害に負けず、トライアスロン出場へ

2017年4月7日(金)
担当は、糸数昌和先生です。

琉球新報の記事から紹介します。
豊見城市消防本部に勤務し、6年前、胸から下がまひする病気になった赤嶺政則さん(54)歳が、 
今月16日に石垣市で開かれる「石垣島トライアスロン大会」に、一般参加者と同じ枠で出場します。

プロ以外の車いすの選手が本大会に出場するのは初めてで、
サポート役となる消防士仲間や大会事務局への感謝を胸に
「完走できれば私の後に続く障がいのある選手にも道が開ける」と意気込んでいます。

赤嶺さんは2011年に原因不明の病にかかる前からトライアスロンに取り組んでおり、
倒れた年も宮古島トライアスロンへの出場が決まっていたということで、
「出場を断念した悔しさが忘れられない」と語ります。

腕の力だけで泳ぎ、ハンドバイクと呼ばれる手こぎの特注バイクに乗りますが、
競技用車いすは速度が出過ぎて他のランナーに危険なため、ランは日常用の車いすで走りますが、
赤嶺さんは「完走し、宮古島トライアスロンにも挑戦したい」と話し、
最終目標はトライアスロンの最高峰と言われるハワイの大会への出場です。

「他の人ではなく自分が病気になって良かったと思う。今しかできないことをやるだけ」と、
目標達成に向け、赤嶺さんの目は前を向いています。

再生

雇用の情勢、改善傾向に

「雇用の情勢、改善傾向に」
方言ニュース4月6日(木)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

県内の2月の有効求人倍率は月間有効求職者数が増えたことにより、
前の月より0・06ポイント減の1・02倍となりました。

これは沖縄労働局が発表したもので、
5ヶ月連続で1倍を超えましたが、全国最下位でした。
新規求人倍率は0・36ポイント減の1・40倍でした。
一方、新規求人数は前の年の同じ月に比べて
1・5%増の1万1885人を記録し、
1963年の統計開始以来、過去最高値となりました。

新規求人数のうち、製造業とサービス業の求人が特に増加しました。
製造業では弁当や惣菜を作る食品関連を中心に求人が増加し、
前の年の同じ月に比べて65・3%増加しました。

サービス業はコールセンターや情報通信関連業務を紹介する
人材派遣会社からの求人を中心に60%増加しました。

新規求職申し込み件数は前の年の同じ月より730件減って
7867件となり、2ヶ月ぶりに減少しました。
一方、県統計課が発表した2月の完全失業率は前の年の同じ月に比べて
0・3ポイント減の3・9%でした。
沖縄労働局の待鳥局長は
「企業の求人意欲は衰えておらず、雇用の情勢は改善傾向にある」と評価しました。

再生

漁港の放置廃船問題で放置等禁止区域設定

2017年4月5日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

県内漁港で廃船が放置されている問題を受け、
県は今月1日から県内7漁港を
漁港漁場整備法に基づく「放置等禁止区域」に設定しました。

違反した場合は、所有者に30万円以下の
罰金などを科すことができます。

1日から放置等禁止区域に指定されたのは、
利用が多い名護、辺土名、泡瀬、平敷屋、泊、糸満、石垣の各漁港で、
禁止区域に指定する漁港は段階的に拡大し、
2021年度には県管理の27全漁港を
放置等禁止区域とする方針です。

放置船は従来、廃棄物処理法を除けば
漁港管理当局に規制の枠組みがありませんでしたが、
指定により罰則を伴う撤去要請ができます。

県内では昨年5月時点で県管理、
市町村管理漁港で合わせて677隻の放置船が確認されており、
県管理漁港では昨年度に41隻が撤去されましたが、
このうち26隻は持ち主による自主撤去で
区域指定を前に制度周知の効果が表れた形です。

おととしには泊漁港で発生した火災で放置廃船が延焼し、
現場近くに重油タンクがあったことから危険性が指摘され、
漁業関係者からは、緊急時の危険性や停泊の邪魔になっているなどと
問題視する声が上がっていました。
再生

うるま市で豊漁などを祈願 サングヮチャー

2017年4月4日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

旧暦3月3日に当たる3月30日から
3日間、豊漁や海の安全、健康などを祈願する
「サングヮチャー」が、
うるま市与那城の平安座島で行われました。

このうち、中日となった31日には、
島民の無病息災などを願う
「トゥダヌイユー」と「ナンザモーイ(ナンザ拝み)」が
島内で開かれ、
各地から、伝統行事を見ようと
多くの人が駆け付けました。

「ナンザモーイ」では、手作りのタマン、
和名がハマフエフキのみこしを島民が担ぎ、
沖合およそ700メートル先の岩の島、
ナンザまで行進し、島の発展などを祈願しました。

平安座島出身の高校生の上里陽海(よう)さんは
「島の伝統行事が残っているのは、誇らしいことだと思う。
毎年なるべく参加するようにしている」と話していました。

再生

名護で60年ぶりのサバニ「遥龍」進水式

方言ニュース  
2017年4月3日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

名護市内でおよそ60年ぶりに造られた
沖縄の伝統木造帆船の帆かけサバニ
「遥龍(はる)」の進水式がきのう、
名護市21世紀の森ビーチで行われ、
駆け付けた多くの関係者らが
完成を喜びました。

船は神奈川県の佐藤道明さん(51)歳の依頼を受け、
造船技術の向上と継承に努める団体「フーカキサバニ」が
中心となって造ったもので、
製造期間は3カ月で、
全長は7・5メートルです。

進水式で遥龍が海に浮かぶ様子を見ながら
佐藤さんは「きょうの日を迎えることができて幸せだ。
関係者に感謝している。
多くの子どもたちに乗ってほしい。
授業などで活用してくれたら、
こんなにうれしいことはない」
と満面の笑みを浮かべ、
造船を手掛けた長嶺誠さん(36)歳は
「帆かけサバニはくぎを使わず、
安定性よりも速さを重視した船だ。

出来上がった遥龍は海上を
スムーズに移動していた。
仕上がりは良い感じだ」と話しました。

船の製造過程は一般公開され、
子どもたちもサバニ造りに
関わったということで、
市文化財保存調査委員会の岸本委員長は
「サバニの製造過程を公開することは珍しい。
文化の継承のために大切だ」と話しました。
再生

渡名喜村、村唯一の美容室の閉店に別れを惜しむ

「渡名喜村、村唯一の美容室の閉店に別れを惜しむ」
方言ニュース3月30日(木)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

美容室がなかった渡名喜村へ9年間通い、
「島の美容室」を営業して村民のおしゃれに
貢献し続けた茨城県の福田隆俊さん(57)歳が
今月21日、島で最後の営業を終えました。

娘の出産を機に、志ある若い美容師へ引き継ぐことを決めたためで、
22日朝、島を離れる福田さんを見送ろうと、
港には多くの島民が訪れて別れを惜しみました。

茨城県で美容室を営む福田さんは2008年に初めて渡名喜村を訪れ、
旅行中、親しくなった島の子どもたちの髪型が整っていないことに気付きました。

沖縄本島からの日帰りが難しい渡名喜では、
島民は髪を切りに泊まりがけで本島へ出向くか、自分で髪を切ったり、
家族に髪を切ってもらったりする場合がほとんどで、
「必要性を強く感じた」という福田さんは、はさみを持って島を再訪し、
髪を切ってあげると、とても喜ばれ開業を決めたということです。

翌年、古い空き家を借りて店を開業し、
毎月欠かさず10日間島へ通い、営業を続け、
子どもからお年寄りまでの散髪やパーマはもちろん、
理容の免許を生かして男性のひげそりも行い、
利益は求めず、料金は茨城の店のおよそ半分に抑えました。
福田さんは「今後もなるべく島を訪れたい」と力を込めていました。

再生

浦添市が印鑑登録証明発行で性別記載不要の条例改正

2017年3月29日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

浦添市議会は今月24日に開いた本会議で、
印鑑登録証明書の発行に際し、
申請があった場合には男女の別を
記載しなくても良いとする条例改正案を
全会一致で可決しました。

浦添市によると、県内初の取り組みということです。

浦添市は性の多様性を認め合う
「レインボー都市宣言」をことし1月1日付で行っており、
その一環で、自動交付機については、
システムの改修が必要なことから
当面は窓口での受け付けに限定しての対応になります。

他府県でも同様の取り組みが広がっており、
印鑑登録証明書の登録用紙に
性別を記載する項目がない自治体もあります。

また、23日に答申があった
第3次浦添市男女共同参画行動計画案では、
他の各種証明書にもできるだけ
取り組みを広げることを盛り込みました。

国の事務処理要領では、
印鑑登録証明書で「男女の別」が登録事項となっていますが、
一方で国は去年12月、印鑑登録証明書と住民票の写しに
性別を記載しなくても「差し支えない」と通知しています。
再生

浦添商業高 2代にわたる生徒から恩師へサプライズ

2017年3月28日(火)

担当は伊狩典子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

恩師に感謝を伝えようと、
浦添商業高校の比嘉藤子教諭と
情報処理科2年6組の29人はこのほど、
6組の担任で新年度から
他の学校に移る中石エリ子教諭にサプライズで
「思い出新聞」を贈りました。浦添商業で20年前、

中石教諭の教え子だった比嘉教諭は、
「今になって初めて先生の思いが分かった」
と感謝を胸に生徒らと新聞づくりに取り組み、
2代にわたる教え子からの思いがけないプレゼントに、
中石教諭は「教師冥利に尽きる」
と顔をほころばせました。

国語科の中石教諭は、
自称「生活態度などをがみがみ言う母親タイプ」で、
高校時代はウーマクーだったという比嘉教諭は教員となり、
母校に赴任した4年前に中石教諭と再会し、
「同僚ではあるが自分にとっては先生」と
職場の悩みを聞いてもらっているうちに、
人前で見せない涙もこぼすこともあったということです。

比嘉教諭は生徒たちを
「予想以上の作品を創り上げた。
まだまだ出していない力がある」とたたえ、
「自分がそうだったように数十年後に
結果が出ることもある。だからこそ教員はやめられない」
と恩師と生徒たちに囲まれて
満面の笑みを浮かべていました。

再生

被災地に日本一早い沖縄の新茶を届ける

方言ニュース 
2017年3月27日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

東日本大震災で今も避難生活を続ける
人たちにお茶の葉を届けようと、
国頭村奥の一番茶を収穫、包装して贈る
「『日本一早い沖縄・奥の新茶を
東北・被災地の皆さんに飲んでもらおう!』
プロジェクト」がきのう、
国頭村奥の茶畑や奥集落センターで開かれ、
県内各地から親子連れなどおよそ30人が参加し、
被災者に思いを寄せながら
一つ一つ茶葉を摘んでいきました。

今回で4回目の開催で、
お茶は地元団体を通して宮城、岩手、福島の
3県の人たちに送られます。

奥区の糸満区長によりますと、
ことしの茶の生育は
例年より10日ほど遅く、
来月、4月に入ると収穫のピークを迎えるということです。

西原町から家族5人で訪れた(5)歳の男の子は
「採るのが楽しい。
小さい若葉を5個分採るんだよ」
と話しながら、
さらによい葉を選んで摘んでいました。

また、那覇市から家族4人で参加した男性(36)は、4歳の息子の横で、
「被災地の人々がおいしいお茶を飲んで
笑顔になってほしい」と、
思いを込めながら
初めての茶もみに挑戦していました。
再生

高嶺小の4人、お年寄りを助ける

2017年3月24日(金)
担当は、糸数昌和先生です。

琉球新報の記事から紹介します。

糸満市立高嶺小学校の児童4人が
先月9日の夕方、糸満市大里で道路に倒れて動けなくなっていた女性のお年寄りを助けました。
女性を助けたのは4年の玉那覇盛音(せおん)君、伊敷佑(たすく)君、
上原祐(ゆう)太(た)君、1年の伊敷侑(あつむ)君の4人です。

女性は、南城市奥武の大城サダ子さん(79)歳で、
糸満市大里の知り合いに魚を届けに行き、知り合いの家の前で転んで立ち上がれなくなっていたところ、
下校途中の児童が大城さんを見つけましたが、起こすことできず、通り掛かった車を呼び止めて助けを求めました。

大城さんを運転手が後ろから抱きかかえて起こして車の中に座らせ、
大城さんは車の中で落ち着きを取り戻し、孫のような4人を
「礼儀作法もよく、素晴らしい。とてもしっかりしていて涙が流れた」と感謝しました。

4人は『おばあちゃんが「助けて」と叫んでいたので持ち上げたが、
駄目だったので車が通るたびに大きな声で「助けてください」と叫んだところ4台目で止まってくれた』と話し、
「おばあちゃんを見てびっくりした。車が止まってくれるか心配だったが、止まってくれたのでよかった」
と笑顔を見せていました。
再生