月別アーカイブ: 2017年6月

戦後70年の平和の詩 具志川に記念碑

方言ニュース  
2017年6月26日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

戦後70年のおととしに
「児童・生徒の平和メッセージ展」で
最優秀賞を受賞し、
沖縄全戦没者追悼式で朗読された詩
「みるく世がやゆら」の記念碑が、
うるま市具志川の具志川アシビナーに
建立され、記念碑の建立記念式典と
慰霊祭がきのう、開かれました。

「平和の詩」が記念碑として
建立されるのは県内で初めてです。

詩は、認知症を患った祖父の姉が戦争で
失った夫を思い起こす姿を描いており、
沖縄戦の記憶の継承を訴えています。

詩の作者の具志川区の出身で、
現在は東京に住む大学生の
知念捷(まさる)さんは、
記念式典で「後世に戦争の記憶を伝え、
平和を築く、みるく世への懸け橋と
なることを祈ります」
と願いを込めました。

また、今回、慰霊塔の改修も行われ、
戦争で亡くしたきょうだい3人が
慰霊塔に追加刻銘され、
東京から参列した(76)歳の男性は
「ずっと平和であるように願った。
きょうだいも具志川に戻って
安堵するだろう」と述べ、
冥福を祈っていました。

さらに、慰霊祭では
遺族代表として(81)歳の男性が
「ありったけの地獄を集めたと言われる
戦争で、多くの県民の命が奪われた」
と述べ、戦没者に手を合わせていました。
再生

新コーナー「YOU刊スポーツ」

おしながき
・ピンスポのコーナー「沖縄市嘉間良」
・カタコト方言「ないぎさー」
・YOU刊スポーツ
※ ねるとん大喜利は今回のお題の性質上、配信はありません。ご了承ください。

日曜の13時からの2時間半、ダイヤルはAM 864kHzで!

メールアドレスは → ss@rokinawa.co.jp
公式ツイッターは → https://twitter.com/service_sunday/
Twitterハッシュタグはこちらで → #ss864
LINE BLOGもやってます → http://lineblog.me/service_sunday/
再生

上半期反省会

こちらはフリー。

おしながき
・お便りテーマ「上半期の反省」

日曜の13時からの2時間半、ダイヤルはAM 864kHzで!

メールアドレスは → ss@rokinawa.co.jp
公式ツイッターは → https://twitter.com/service_sunday/
Twitterハッシュタグはこちらで → #ss864
LINE BLOGもやってます → http://lineblog.me/service_sunday/

再生

オープニングトーク『ナンブ祭りでの信ちゃんのコーディネートは短パンにトレパン、上着はない(笑)かもしれないよ』

6月25日放送分

ゲスト
「沖縄製粉から上間さん」
※紹介した情報は放送日時点のものです。

きしゅへんロックンロール第119回
「スマホの活用方法」
※au沖縄セルラーからのお知らせは放送日時点の情報です。

給食係
「沖縄県内のおいしいお店を紹介」

掲示係
「街で見かけたおもしろ看板や、地域の話題」

再生

山代寛(やましろひろし)さん【沖縄大學教授、副学長、医師】

沖縄羅針盤
毎週日曜日 午後4時半~5時 放送中
6月25日放送分

今週のコーラルラウンジは、沖縄大學教授、副学長で医師の山代寛(やましろひろし)さんとラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんのおしゃべりです。

山代さんは1961年生まれ。島根県松江市の出身です。山代さんの苗字、山代のしろはお城の「城」ではなく代表の「代」です。

島根県内の高校を卒業後、琉球大学医学部に進学。琉大医学部の一期生です。外科医として医師の道を歩まれますが、2008年、大學教授に転身、今年4月からは沖縄大學の副学長を務めておられます。

ご本人曰く「不思議な神のお導きにより沖縄へ、自称禁煙学教授、禁煙対策が自分の天職だと思っている」とのこと。

山代さんは、コーラルラウンジには7年振り二度目のご出演で、沖縄大學のこと、故郷島根のこと、そして天職である禁煙問題について、じっくりと話してもらいました。

今週はその後編です。
再生

2017年6月24日放送 一生ピーピーなんて言わせない!

2017年6月24日(土) 放送分
第155回

ラジオ沖縄でコッソリ放送中!
マンガ、アニメ、ゲームの話題をおしゃべり♪
オンエアの一部を抜粋してお届けします★

~おしながき~
・オープニング
・おたよりコーナー

※曲は省いておりますm(__)m

★Twitter★
@tama_age
★ブログ★
http://tamaagee.ti-da.net/

再生

第159回 写真家・山田實さん

アートパレット 第159回
2017年6月25日(日) 放送分

芸術家の宝庫である沖縄から、
様々なゲストをお迎えしてアートの魅力を発信していく情報番組です。

今回は、先月亡くなった写真家・山田實さんのインタビューを
再放送でお届けします。

再生

慰霊碑の琉歌

赤瓦ちょーびんのぐぶりーさびら 
毎週日曜日 午前9時~9時30分 放送中
6月25日放送分
フリーのガイドで
元沖縄観光コンベンションビューローの
歴史文化コーディネーターを務める赤瓦ちょーびんが
独特の語り口で沖縄の歴史、文化、民俗についてご紹介します。
今回は、『慰霊碑の琉歌』
を、お送りします。
「沖縄のなーんだ」の、コーナーでは、
『ウルトラマン』を、
お送りします。
学問どぅ、やいびーくとぅぐぶりーさびらのコーナーは、
『沖縄戦と文化』
を、お送りします。

赤瓦ちょーびんホームページ始めました。

https://沖縄歴史観光.com
番組同様、歴史 風俗 イベント等 満載です。
赤瓦ちょーびんの 画像も ありますよ。
ちょーびんへの 質問コーナーも
随時 募集中です。
お待ちしています。
番組へのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで
aka@rokinawa.co.jp
再生

給食で「慰霊の日献立」

2017年6月23日(金)
担当は、糸数昌和先生です。

琉球新報の記事から紹介します。

琉球大学付属中学校はきのう、
沖縄戦を振り返るきっかけにしようと、給食に「慰霊の日献立」を取り入れました。

給食は、ふかし芋や雑炊、豆腐のそぼろ煮、パイン缶などの質素な献立で、
生徒らは戦時中や戦後の貧しかった時代の食事の雰囲気を味わっていました。

この「慰霊の日献立」の取り組みは5年目で、献立を考えた照屋誠子栄養教諭は
「食事から、生きるのに精いっぱいで貧しい時代があったことを少しでも振り返ることができればと思った」
と話しました。

一方、「慰霊の日献立」を体験した1年生の生徒は
「今日一日だったらおいしく食べられるけれど、毎日このメニューが続くと考えるとつらい」
と感想を述べ、別の生徒は
「戦争の時はずっとこの食事だったと考えるとかわいそう。給食で再現するのはとても勉強になる」
と語っていました。

再生