月別アーカイブ: 2017年3月

浦添市が印鑑登録証明発行で性別記載不要の条例改正

2017年3月29日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

浦添市議会は今月24日に開いた本会議で、
印鑑登録証明書の発行に際し、
申請があった場合には男女の別を
記載しなくても良いとする条例改正案を
全会一致で可決しました。

浦添市によると、県内初の取り組みということです。

浦添市は性の多様性を認め合う
「レインボー都市宣言」をことし1月1日付で行っており、
その一環で、自動交付機については、
システムの改修が必要なことから
当面は窓口での受け付けに限定しての対応になります。

他府県でも同様の取り組みが広がっており、
印鑑登録証明書の登録用紙に
性別を記載する項目がない自治体もあります。

また、23日に答申があった
第3次浦添市男女共同参画行動計画案では、
他の各種証明書にもできるだけ
取り組みを広げることを盛り込みました。

国の事務処理要領では、
印鑑登録証明書で「男女の別」が登録事項となっていますが、
一方で国は去年12月、印鑑登録証明書と住民票の写しに
性別を記載しなくても「差し支えない」と通知しています。
再生

第51回 県立芸大 琉球芸能専攻22期生 卒業記念公演 途上~芸道無限~

3月28日(火)

内容:木曜芸能公演「百花繚乱」
   3月30日(木)県立芸大 琉球芸能専攻22期生 卒業記念公演 途上~芸道無限~

MC:玉城美香
出演者:テンブス館スタッフ 池根愛美さん
    出演者 比嘉愛美さん
        比嘉幸雅さん

再生

勝負

3月28日(火)
テーマ「勝負」

※現在お楽しみ頂いている「ティーサージ・パラダイス」、「チャットステーションL」のポッドキャストは、3月いっぱいで新規ファイルのアップを終了致します。

なお、スマートフォンやタブレットで利用できる「ラジオクラウド」アプリでは、これまで通り2番組のポッドキャスト音源が聴けるほか、「ラジオクラウド」だけで楽しめるコンテンツもあります。ぜひ、あなたのスマートフォン、タブレットで「ラジオクラウド」アプリをダウンロードしてください。

再生

浦添商業高 2代にわたる生徒から恩師へサプライズ

2017年3月28日(火)

担当は伊狩典子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

恩師に感謝を伝えようと、
浦添商業高校の比嘉藤子教諭と
情報処理科2年6組の29人はこのほど、
6組の担任で新年度から
他の学校に移る中石エリ子教諭にサプライズで
「思い出新聞」を贈りました。浦添商業で20年前、

中石教諭の教え子だった比嘉教諭は、
「今になって初めて先生の思いが分かった」
と感謝を胸に生徒らと新聞づくりに取り組み、
2代にわたる教え子からの思いがけないプレゼントに、
中石教諭は「教師冥利に尽きる」
と顔をほころばせました。

国語科の中石教諭は、
自称「生活態度などをがみがみ言う母親タイプ」で、
高校時代はウーマクーだったという比嘉教諭は教員となり、
母校に赴任した4年前に中石教諭と再会し、
「同僚ではあるが自分にとっては先生」と
職場の悩みを聞いてもらっているうちに、
人前で見せない涙もこぼすこともあったということです。

比嘉教諭は生徒たちを
「予想以上の作品を創り上げた。
まだまだ出していない力がある」とたたえ、
「自分がそうだったように数十年後に
結果が出ることもある。だからこそ教員はやめられない」
と恩師と生徒たちに囲まれて
満面の笑みを浮かべていました。

再生

「家にいる時、玄関の鍵はどうしていますか?」

3月28日のアンケー島!

「家にいる時、玄関の鍵はどうしていますか?」

A「掛けています。防犯が大事」68%
B「掛けていません。家族が帰ってくるし…」32%

ティーサージ的沖縄の普通はAでした!

※現在お楽しみ頂いている「ティーサージ・パラダイス」、「チャットステーションL」のポッドキャストは、3月いっぱいで新規ファイルのアップを終了致します。

なお、スマートフォンやタブレットで利用できる「ラジオクラウド」アプリでは、これまで通り2番組のポッドキャスト音源が聴けるほか、「ラジオクラウド」だけで楽しめるコンテンツもあります。ぜひ、あなたのスマートフォン、タブレットで「ラジオクラウド」アプリをダウンロードしてください。

再生

2017年3月27日 第338回目の放送

3月27日 第338回
うちな~噺家、藤木勇人こと志ぃさーが、秋田出身で沖縄文化に詳しいフリーのしゃべり手、佐々木仁子をアシスタントとして迎え、沖縄ヤマトグチと秋田ヤマトグチで番組内の各コーナーを軽妙につないでまいります。 そして定期レギュラーとして神奈川・東京WEBマガジン、ハブコネクションの釣本忠勝編集長にも登場していただき、大和での沖縄芸能情報をピンポイントで届けます 。
オキナワンドリーム
ゲストは、元小学校養護教諭現在カウンセラー、玉置 美恵子さんの人生について伺います。
東京井戸端ユンタク
テーマは、沖縄の豚料理・大和の豚料理
再生

2017年3月27日 第338回目の放送分です

3月27日 第338回
うちな~噺家、藤木勇人こと志ぃさーが、秋田出身で沖縄文化に詳しいフリーのしゃべり手、佐々木仁子をアシスタントとして迎え、沖縄ヤマトグチと秋田ヤマトグチで番組内の各コーナーを軽妙につないでまいります。 そして定期レギュラーとして神奈川・東京WEBマガジン、ハブコネクションの釣本忠勝編集長にも登場していただき、大和での沖縄芸能情報をピンポイントで届けます 。
オキナワンドリーム
ゲストは、元小学校養護教諭現在カウンセラー、玉置 美恵子さんの人生について伺います。
東京井戸端ユンタク
テーマは、沖縄の豚料理・大和の豚料理
再生

メンズデー!「女性にモテたくて始めたことがある(あった)」

3月27日のアンケー島!

メンズデー!「女性にモテたくて始めたことがある(あった)」

A「もちろんあるよ」70%
B「ないなー」30%

ティーサージ的沖縄の普通はAでした!

※現在お楽しみ頂いている「ティーサージ・パラダイス」、「チャットステーションL」のポッドキャストは、3月いっぱいで新規ファイルのアップを終了致します。

なお、スマートフォンやタブレットで利用できる「ラジオクラウド」アプリでは、これまで通り2番組のポッドキャスト音源が聴けるほか、「ラジオクラウド」だけで楽しめるコンテンツもあります。ぜひ、あなたのスマートフォン、タブレットで「ラジオクラウド」アプリをダウンロードしてください。

再生

被災地に日本一早い沖縄の新茶を届ける

方言ニュース 
2017年3月27日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

東日本大震災で今も避難生活を続ける
人たちにお茶の葉を届けようと、
国頭村奥の一番茶を収穫、包装して贈る
「『日本一早い沖縄・奥の新茶を
東北・被災地の皆さんに飲んでもらおう!』
プロジェクト」がきのう、
国頭村奥の茶畑や奥集落センターで開かれ、
県内各地から親子連れなどおよそ30人が参加し、
被災者に思いを寄せながら
一つ一つ茶葉を摘んでいきました。

今回で4回目の開催で、
お茶は地元団体を通して宮城、岩手、福島の
3県の人たちに送られます。

奥区の糸満区長によりますと、
ことしの茶の生育は
例年より10日ほど遅く、
来月、4月に入ると収穫のピークを迎えるということです。

西原町から家族5人で訪れた(5)歳の男の子は
「採るのが楽しい。
小さい若葉を5個分採るんだよ」
と話しながら、
さらによい葉を選んで摘んでいました。

また、那覇市から家族4人で参加した男性(36)は、4歳の息子の横で、
「被災地の人々がおいしいお茶を飲んで
笑顔になってほしい」と、
思いを込めながら
初めての茶もみに挑戦していました。
再生