カテゴリー別アーカイブ: 沖国大ラジオ講座~万国津梁を目指して~

前村昌健先生「テクノロジーと経済社会の発展」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
4月13日の放送は、産業情報学部 産業情報学科の前村 昌健先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「テクノロジーと経済社会の発展」(前篇)です。

再生

奥山貴之先生「それぞれにとっての日本語」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
4月6日の放送は、総合文化学部 日本文化学科の奥山 貴之先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「それぞれにとっての日本語」(後篇)です。

再生

奥山貴之先生「それぞれにとっての日本語」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
3月30日の放送は、総合文化学部 日本文化学科の奥山 貴之先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「それぞれにとっての日本語」(前篇)です。

再生

山川彩子先生「沖縄県の水産業と環境」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
3月23日の放送は、経済学部 地域環境政策学科の山川 彩子先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「沖縄県の水産業と環境」(後篇)です。

再生

山川彩子先生「沖縄県の水産業と環境」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
3月16日の放送は、経済学部 地域環境政策学科の山川 彩子先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「沖縄県の水産業と環境」(前篇)です。

再生

宮里新之介先生「放課後児童クラブにおける心理支援」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
3月9日の放送は、総合文化学部 人間福祉学科の宮里 新之介先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「放課後児童クラブにおける心理支援」(後篇)です。

再生

宮里新之介先生「放課後児童クラブにおける心理支援」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
3月2日の放送は、総合文化学部 人間福祉学科の宮里 新之介先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「放課後児童クラブにおける心理支援」(前篇)です。

再生

安志那先生「社会と文学が交差する場~『老人文学』を見つめる」(後篇

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
2月23日の放送は、総合文化学部 日本文化学科の安 志那先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「社会と文学が交差する場~『老人文学』を見つめる」(後篇)です。

再生

安志那先生「社会と文学が交差する場~『老人文学』を見つめる」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
2月16日の放送は、総合文化学部 日本文化学科の安 志那先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「社会と文学が交差する場~『老人文学』を見つめる」(前篇)です。

再生

平山篤史先生「心理学で育てる社会人基礎力」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
2月9日の放送は、総合文化学部 人間福祉学科の平山 篤史先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「心理学で育てる社会人基礎力」(後篇)です。

再生