作成者別アーカイブ: xmlrpc

250組の披露宴司会を務めた糸満市の古波蔵さんの自伝が発刊

「250組の披露宴司会を務めた糸満市の古波蔵さんの自伝が発刊」

方言ニュース8月16日(金)放送分。
今日の担当は林京子さんです。
方言ニュース 琉球新報の記事からお伝えします。

およそ250組の結婚披露宴の司会を務めた
糸満市の古波倉正安さん(79)歳がこのほど、
披露宴のプログラムや地域活動などをまとめた自伝
「私の宝物と(我が家の家宝)」を発刊しました。

20代の頃、郵便局員だった古波倉さんが
司会を始めたきっかけは同僚の結婚披露宴の余興です。

高等弁務官役がおはこで
「面白半分の英語でメッセージを読み上げた。大人気だった」と振り返り、
「度胸がある」と同僚から強引に披露宴の司会を任されました。

当時はあまり司会がおらず口コミで依頼が増え、
知っている人からのお願いは断れず、仕事の傍ら司会を務め、
積み重なって250組になりました。

昭和のプログラムには、高砂殿や糸満市文化会館など懐かしい会場名が並び、
1997年ごろからは媒酌人を立てない披露宴、
平成の半ばには子連れの披露宴が増えるなど、
沖縄の披露宴の変遷が分かる貴重な1冊ですが、
最後のカチャーシーは今も昔も変わりません。

10月で80歳になる古波倉さんは数年前から
地域の司会だけを引き受けており、
「気が小さいから、ここまでになるとは自分でもびっくり。
プログラムは財産。子や孫たちに自分の足跡を残したい」と穏やかに語りました。

再生

慰霊塔の実態調査結果まとまる

2019年8月15日(木)
担当 上地和夫先生

琉球新報の記事から紹介します。

県保護・援護課がこのほど発表した県内の慰霊塔の管理状況などに関する実態調査結果よりますと
慰霊塔の総数は442基で、2012年の前回調査から2基増えました。
増加した2基は前回調査以前に建立されていましたが、未報告でした。
また、自治会や同窓会などの「民間・その他」が管理する慰霊塔237基のうち、
管理者が「管理上の課題・懸念がある」と回答した慰霊塔は104基ありました。
管理者不明の62基と合わせると、管理上の課題があるものは166基で、
前回調査の61基から100基以上増えました。
県は「関係者の高齢化に伴い十分に管理できなくなっていることが改めて分かった」としています。
一方、「地方自治体等」が管理する慰霊塔は143基で、
管理者不明の慰霊塔は前回調査から24基増加しました。
県は、民間管理の慰霊塔については、後継者確保の成功事例の情報を共有するなどの対応を検討し、
管理者不明の慰霊塔については、管理者や土地所有者の調査や周辺住民らへの意向確認などの対応を検討します。
その結果、慰霊塔の移設や集約などの要望があれば、国の責任で実施するよう要請する考えです。

再生

田場裕規 先生「令和と萬葉集」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
8月14日の放送では、総合文化学部 日本文化学科の 田場裕規先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「令和と萬葉集」(後篇)です。
再生

空手会館で沖縄古武道世界大会

2019年8月14日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

先月28日と29日の2日間、
豊見城市豊見城の沖縄空手会館で、
令和元年記念沖縄伝統古武道世界大会が開催されました。

沖縄の伝統文化としての古武道の保存、継承を図るとともに、
国内外に向けて発信しようと4年に1回開催されているもので、
今回はドイツやアメリカなど
世界8カ国からおよそ130人の武道家が参加し、
鍛錬の成果を披露しました。

大会では、棒やサイの型、棒組手の競技が繰り広げられ、
参加者は日頃の鍛錬の成果を競い、
詰め掛けた観衆は、選手たちの気迫あふれる型や組手に
息をのみながら見入りました。

また、競技以外にもヌンチャク、棒、サイ、
トンファーヌンチャクの4つの武具に関するセミナーもあり、
参加者らは親睦を図りながら理解を深めました。

島袋常雄大会会長は
「セミナーでもヌンチャク、棒、サイ、
トンファーの全てを体験できたことが
非常に好評だった」と話し、
「われわれは沖縄伝統古武道の伝統を
引き継ぎ普及することを目的としている。
海外からの参加者に型の崩れがなかったことを
非常に意義深く感じている」と大会を振り返りました。

次回大会は2023年を予定しています。
再生

沖縄尚学高等学校附属中学校校長 名城政一郎(まさいちろう)さん

名城さんは1958年那覇市の出身です。1983年明治大学経営学部卒。同大学大学院で経済学修士号修得、沖縄に戻り尚学院副学院長就任。
2004年8月米ミネソタ州セント・ジョンズ大学客員講師(日本近現代史)、2009年にて入学。2009年セント・メアリーズ大学大学院にて教育学の博士学位を取得しました。
その後は、沖縄に戻り沖縄尚学で国際化・グローバル社会を見据えた教育の在り方に取り組みます。
名城さんとは沖縄尚学の歴史やグローバル教育については話してもらっています。
二週目は、名城さんが描く「グローバル教育」について訊いています!
再生

琉球料理に関する知識の普及・促進をめざし 琉球料理保存協会設立

2019年8月13日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

琉球料理の普及・継承を目指す
一般社団法人「琉球料理保存協会」が
このほど県庁で記者会見し、
今月21日に設立総会を
那覇市内で開催すると発表しました。

琉球料理保存協会は今年1月に設立され、
琉球料理に関する知識の普及を促進するため、
料理講習会の開催や県民への広報活動を行います。

会見には、副理事長で
かりゆしグループオーナーの
平良朝敬氏ら理事8人が出席し、
理事長に就任した
琉球料理研究家の安次富順子さんは
「琉球料理は他に類を見ない沖縄に
根付く独特の食文化だ」と指摘し、
「欧米食の流入などによって
琉球料理離れが進んでいる。
この流れを止めて沖縄に伝わる食文化の
進展に寄与するために会を立ち上げた」
と設立の意義を強調しました。

また、既に県認定の「琉球料理伝承人」ら
46人が正会員になっているとし、
安次富さんは
「より広く賛同者を募りたい」と呼び掛けました。

会員の年会費は個人5千円、法人2万円で、
問い合わせは事務局、
電話098(943)2336となっています。

再生

2019年8月12日 第461回目の放送分です

8月12日 第461回
うちな~噺家、藤木勇人こと志ぃさーが、秋田出身で沖縄文化に詳しいフリーのしゃべり手、佐々木仁子をアシスタントとして迎え、沖縄ヤマトグチと秋田ヤマトグチで番組内の各コーナーを軽妙につないでまいります。 そして定期レギュラーとして神奈川・東京WEBマガジン、ハブコネクションの釣本大漁編集長にも登場していただき、大和での沖縄芸能情報をピンポイントで届けます。
オキナワンドリーム
ゲストは、麹町いずみやの花島豊さん・岡山進也さんの人生について伺います。
ヤマトde沖縄酒場
亀戸 琉花を紹介

再生

女性社長 沖縄は全国3位

方言ニュース  
2019年8月12日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。
県内に本社を置く企業
1万1288社のうち、
代表者が女性の企業は1174社で10・4%を占め、
全国平均の7・9%を上回り、
全国3位の高水準となりました。

これは帝国データバンク沖縄支店が発表したもので、
1989年の2・8%から30年間で
7・6ポイント増加しました。

就任経緯別では「同族承継」が
43%と最も多く、
「創業者」が41・7%でした。

一方で「内部昇格」は11・6%、
「外部招聘」は1・3%にとどまりました。

年代別では60代が38・9%、
50代が21・7%、
70代が17・5%の順でした。

また、去年5月から今年4月までの1年間に
女性が社長に就任した会社は県内で131社あり、
就任経緯は創業者が
50%と最も多くなりました。

帝国データバンク沖縄支店は、
女性社長の割合が多い背景について
「一概には言えないが、活発な女性が多く、
起業する環境が整っている。
創業者から継承した子どもがなくなり、
その妻が代表に就任するケースも多い」と話し、
今後も女性の活躍推進の流れはより不可欠になるとして
「起業意欲が旺盛な女性に対する支援や
補助金政策などのハード面と、
環境整備などソフト面の双方の支援が
必要となる」と指摘しています。

再生

盂蘭盆とは?

赤瓦ちょーびんのぐぶりーさびら 
毎週日曜日 午前9時~9時30分 放送中
11月5日放送分
フリーのガイドで
元沖縄観光コンベンションビューローの
歴史文化コーディネーターを務める赤瓦ちょーびんが
独特の語り口で沖縄の歴史、文化、民俗についてご紹介します。
今回は、『盂蘭盆とは?』
を、お送りします。
「沖縄のなーんだ」の、コーナーでは、
『エイサー』を、
お送りします。
学問どぅ、やいびーくとぅぐぶりーさびらのコーナーは、
『エイサーシンカは何者?』
を、お送りします。

赤瓦ちょーびんホームページ始めました。

https://沖縄歴史観光.com
番組同様、歴史 風俗 イベント等 満載です。
赤瓦ちょーびんの 画像も ありますよ。
ちょーびんへの 質問コーナーも
随時 募集中です。
お待ちしています。
番組へのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで
aka@rokinawa.co.jp
再生