月別アーカイブ: 2021年7月

上江洲律子先生「フランス文学への誘い~『星の王子さま』を一度、または、もう一度読んでみませんか?」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
7月28日の放送は、経済学部 地域環境政策学科の上江洲 律子先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「フランス文学への誘い~『星の王子さま』を一度、または、もう一度読んでみませんか?」(後篇)です。

再生

「江戸上り」の魅力を解説

2021年7月28日(水)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

琉球王国時代の「江戸上り」について学ぶ
講演会がこのほど、神奈川県川崎市の
「東海道かわさき宿交流館」で開かれました。

東海道五十三次「川崎宿」があった川崎市では、
東海道にちなんだ講演会を開催しており、
琉球歴史研究家の上里隆史さんが、
独立国家であった琉球王国と薩摩の
複雑な関係や幕藩体制国家の中、
琉球に対する庶民の関心の高さについて
錦絵や歴史的文献を用いて紹介しました。

上里さんは「江戸上り」と言われる
琉球使節団について「『江戸立ち』が
本来の言い方と説明した上で、
上里さんは江戸上りが
「東海道の一大エンターテインメントだった」
と語り、
見物人があふれる街道の様子など、
当時の印刷物から解説しました。

本土でなじみがある参勤交代と
全く異なる様相に、
会場からは何度も驚嘆の声が上がり、
来場者の中には「祖父が江戸上りに
楽童子として参加していた」
と話す人もいました。

78歳の女性は、楽童子が美男子で
歌舞音曲や書芸にも秀でた
スーパーエリートだったと聞いて、
「祖父は筝の名手で1842年に14歳で
参加したと聞いている。
少年が何のために参加していたのかと
思っていたが、美少年だったとは、
今とても驚いている」と話し、
会場を沸かせました。

再生

東村有銘小学校の児童が豊作祈願体験

2021年7月27日(火)放送分

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。
旧暦の5月15日あたる6月24日、
東村立有銘小学校の児童は、
米の豊作を祈願する「5月ウマチー」を再現し、
校内にある拝所と井戸に稲や餅などの供え物をして、
かつて「米どころ」として知られた有銘区の
歴史を体感しました。

有銘小では去年から総合学習の時間に稲作が
盛んだった区の歴史について学ぶ機会があり、
児童らの提案で米づくりに挑戦することになりました。

地域住民らの協力で今年1月、
校内の中庭に田んぼが完成し、
3月には堆肥まきや田植えを体験しました。
その過程で児童らはウマチーについて知り、
具志堅区長らの協力を得て再現しました。

供え物の稲は児童らが育てたもので、
「ウチャク」と呼ばれる餅は家庭科の授業で
地域住民と一緒に作りました。
根神などをまつった仮設拝所や「チンガー」と
呼ばれる井戸に供え手を合わせました。

6年生の女子児童は「ウマチーは初めて。
昔こんな行事をやってたとは知らなくて驚いた」
と目を輝かせました。
平良校長は「子どもたちが地域の伝統文化を
知り身近に感じてくれるとうれしい。
いろんなアイデアもあるので、
今後も地域の歴史を活用した
取り組みをしたい」と語りました。

再生

プロ御用達の万能釣り針が人気

2021年7月26日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

読谷村の漁師が制作した
オリジナル万能釣り針「読谷パワーテンヤ」が、
魚が釣れると人気です。

釣り針は読谷村漁協所属の
漁師の比嘉淳二さんが製作したオリジナルで、
読谷村漁協が運営している
読谷村地域振興センター内の「天ぷら家」で
販売してされています。

スジアラやハタ、ハマフエフキが
初心者でも釣りやすい重りが付いています。
この釣り針は読谷村漁協の全員が使用しており、
真栄田漁協でもプロの漁師が使用する
御用達となっています。

比嘉さんは重さや大きさが異なる
5種類の釣り針のほか、
折れにくい釣りざおも
製作しているということで、
「魚の生態を研究しながら道具作りをしている。
これからも他の人とは違う発想で、
オリジナルの道具作りをしていきたい」
と話しました。

天ぷら屋でしか商品を販売していないと話す
この店の店舗責任者の男性は
「お客さまからも根魚系が釣れたと
喜ばれている。夜釣り、船釣り、
何でも対応できる万能商品で、
技術も要らないのでお薦めです」
PRしていました。

再生

中村正人(なかむら・まさと)さん 【うるま市市長】(後編)

沖縄羅針盤
毎週日曜日 午後4時半~5時 放送中
7月25日放送分

今週のコーラルラウンジは、うるま市市長の中村正人(なかむら・まさと)さんとラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんのおしゃべりです。

中村さんは1965年生まれ。うるま市具志川のご出身です。

前原高等学校を卒業後、日本文理大学へ進学。1998年に旧具志川市議会議員に初当選し、6期22年、地域に貢献をモットーに活動しました。

今年4月のうるま市長選挙で初当選し、第3代のうるま市市長に就任しました。今回は後編です。先週に引き続き、市長が掲げる重要政策についてお聞きしています。

再生

オープニングトーク「日本民間放送連盟賞 九州・沖縄地区審査会でみぃか~と信ちゃんが出演した「スナック・ラジオ沖縄」が地区1位に!」

7月25日放送分

給食係 「沖縄県内のおいしいお店を紹介」

きしゅへんロックンロール第329回
「スマホ・アプリの活用方法教えて」

掲示係 「街で見かけたおもしろ看板や、地域の話題」
再生