月別アーカイブ: 2021年4月

山川満夫先生「英語学習と動機づけ」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
4月28日の放送は、法学部 法律学科の山川 満夫先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「英語学習と動機づけ」(前篇)です。

再生

あおみどりの木

GO!GO!ダウンタウン 国際通り発 
2021年4月27日(火)

今日は、浮島道りのギャラリー「あおみどりの木」にお邪魔しています。 郷愁あふれる古い絵葉書を展示する「いったつもり展」についてお話を伺います。

再生

あおみどりの木

GO!GO!ダウンタウン 国際通り発 
2021年4月26日(月)

今日は、浮島道りのギャラリー「あおみどりの木」にお邪魔しています。 郷愁あふれる古い絵葉書を展示する「いったつもり展」についてお話を伺います。

再生

「倉敷民藝館賞」に人間国宝の平良敏子さん

方言ニュース    
2021年4月26日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

民芸品の制作などの分野で将来の活躍が
期待される個人・団体に贈られる
第14回「倉敷民藝館賞」に、
人間国宝の平良敏子さん(100)歳が
主宰する大宜味村の
芭蕉布織物工房が決まりました。

岡山県倉敷市の倉敷民藝館でこのほど、贈呈式が行われ、
合わせて、
特別企画展「もうひとつの芭蕉布物語~
芭蕉布織物工房の仕事~」も開かれています。

平良さんは戦時中に女子挺身隊として
倉敷に滞在した際、
倉敷紡績社長の大原総一郎氏と出会い、
戦後、織りを本格的に学びました。

また、初代館長の外村吉之介氏との交流もあり、
「沖縄に帰ったら、
沖縄の織物を守り育ててほしい」という
両氏の言葉に胸を打たれ、
芭蕉布に取り組む原動力となりました。

今回の受賞は、
芭蕉布織物工房が芭蕉布の制作だけでなく、
ワークショップを実施する継承活動にも
努めていることなどが評価されたもので、
平良さんは
「民藝協会の方などの言葉に励まされ今に至っている。
この賞はありがたい」
とコメントしました。

再生

松本哲治(まつもと・てつじ)さん 【浦添市市長】

沖縄羅針盤
毎週日曜日 午後4時半~5時 放送中
4月25日放送分

今週のコーラルラウンジは、浦添市市長の松本哲治(まつもと・てつじ)さんとラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんのおしゃべりです。

松本さんは1967年生まれ。浦添市のご出身です。

琉球大学法文学部卒業。東京の金融コンサルティング会社で勤務した後、1996年、アメリカのカリフォルニア大学バークレー校修士課程を修了。社会福祉学の修士号を取得します。沖縄に戻った後、病院勤務を経て、福祉活動を主たる目的とするNPO法人を設立。代表として活動しました。

2013年2月に行われた浦添市長選挙に無所属で出馬。現職や主要政党が支持する2候補を破り、初当選を果たしました。その後は、自民党、公明党の支持を得て市政を運営。今年2月に行われた浦添市長選挙において3期目の当選を果たしました。

今回は松本市長の1期目、2期目の市政運営を振り返り、3期目の抱負と課題をお聞きします。

再生