カテゴリー別アーカイブ: 沖国大ラジオ講座~万国津梁を目指して~

平敷卓先生「コロナ禍の地域経済と観光再生への展望」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
10月27日の放送は、経済学部 経済学科の平敷 卓先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「コロナ禍の地域経済と観光再生への展望」(前篇)です。

再生

石垣直先生「文化人類学による沖縄理解&地域で活躍する人材の育成」(後篇)

万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
10月20日の放送は、総合文化学部 社会文化学科の石垣 直先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「文化人類学による沖縄理解&地域で活躍する人材の育成」(後篇)です。

再生

石垣直先生「文化人類学による沖縄理解&地域で活躍する人材の育成」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
10月13日の放送は、総合文化学部 社会文化学科の石垣 直先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「文化人類学による沖縄理解&地域で活躍する人材の育成」(前篇)です。

再生

髭白 晃宜先生「大学生が主体的に関わる地域づくり」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
10月6日の放送は、産業情報学部 企業システム学科の髭白 晃宜先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「大学生が主体的に関わる地域づくり」(後篇)です。

再生

髭白 晃宜先生「大学生が主体的に関わる地域づくり」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
9月29日の放送は、産業情報学部 企業システム学科の髭白 晃宜先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「大学生が主体的に関わる地域づくり」(前篇)です。

再生

慶田花英太先生「スポーツを活用した地域活性化」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
9月22日の放送は、産業情報学部 企業システム学科の慶田花 英太先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「スポーツを活用した地域活性化」(後篇)です。

再生

慶田花英太先生「スポーツを活用した地域活性化」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
9月15日の放送は、産業情報学部 企業システム学科の慶田花 英太先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「スポーツを活用した地域活性化」(前篇)です。

再生

山口真也先生「もっと知って欲しい図書館と本の世界」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
9月8日の放送は、総合文化学部 日本文化学科の山口 真也先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「もっと知って欲しい図書館と本の世界」(後篇)です。

再生

山口真也先生「もっと知って欲しい図書館と本の世界」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
9月1日の放送は、総合文化学部 日本文化学科の山口 真也先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「もっと知って欲しい図書館と本の世界」(前篇)です。

再生

比嘉昌哉先生「支援が必要な児童生徒の学校生活と家庭生活を支える~スクールソーシ ャルワークの視点から」(後篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
8月25日の放送は、総合文化学部 人間福祉学科の比嘉 昌哉先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「支援が必要な児童生徒の学校生活と家庭生活を支える~スクールソーシャルワークの視点から」(後篇)です。

再生