カテゴリー別アーカイブ: 方言ニュース

白梅之塔の周辺修繕終わり元学徒安堵

2021年12月8日(水)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

沖縄戦で犠牲になった
県立第二高等女学校の学徒らを追悼する
糸満市真栄里の白梅之塔周辺の修繕が終わり、
このほど、元学徒らにお披露目されました。

白梅同窓会の中山きく会長は
「同窓会活動は途絶えても
白梅之塔の管理や慰霊祭、
戦争体験を伝える活動は絶やしてはならない。
心強い」
と語り、次世代に継承への期待を込めました。

白梅之塔は戦後、学友の追悼のため、
二高女出身者でつくる白梅同窓会が建立しましたが、
近年、周辺の劣化が進み、
訪れた元学徒が転倒してけがをする事態も
起きていました。

このため、慰霊祭や塔の管理、
平和学習など白梅同窓会の活動を引き継ぐ「若梅会」が
インターネットで資金を募る
クラウドファンディングを実施し、
県内外から多くの支援が寄せられ、
およそ2カ月半で目標額の188万円を
超える294万9千円が集まりました。

この日、同窓生らは感動した様子で
修繕された参道を歩き、
「段差がなくなり、つかまる所もできた。
慰霊祭の度にけが人が出ないか
心配しなくてすむ」
と涙を拭い、
「来るたび同級生を思い出す。
若い世代が語り部を引き継いでくれて、
戦争のない明るい世界をつくってくれると思う」
と語りました。

再生

古民家で夢の三線教室

2021年12月7日(火)放送分

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

「はいもう一回。アイ、シー、コウー」。
今帰仁村与那嶺の古民家で13日の夕暮れ時、
児童向けの三線教室が開かれ、
子どもたちは持ち慣れていない三線を手に、
元気良く声を出して工工四を追っていました。

三線の道に進んで40年の与那嶺直樹さんが
住人不在の実家を活用し、
「夢」だった三線教室を始めたもので、
実家の前には立派なリュウキュウマツが
そびえ立ち、「子どもの時から変わらない原風景」です。
直樹さんは20歳で野村流音楽協会に入会し、
三線を習い始めました。

今年4月に県庁を定年退職して村に戻ると、
与那嶺さんの三線の腕を知る老人会や
青年会の人たちから
「三線教室をやってほしい」
と熱烈なアプローチを受け、
三線教室開催を決めました。

指導したこの日、地元の兼次小学校の児童を
中心に9人が集まりました。
大事そうに三線を抱え、熱心に先生の話を
聞いていた小学4年の男子児童は
「楽しくて、1時間があっという間だった」
と充実した様子でした。

直樹さんは
「三線の力はすごい。
三線の音を聞くとおじぃ、おばぁが車いすから
立ち上がって踊りだす。
村に三線の文化を広めたい」
と力を込めていました。

再生

わんぱく横綱の當眞が断髪式

2021年12月6日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

大相撲を引退した元當眞はこのほど、
福岡県の九州場所宮城野部屋を訪れ、
断髪式を行いました。

恵まれた体格を生かし、
幼少期からわんぱく横綱として
全国に名をはせた當眞。
小中高で全国優勝を果たし、
鳥取城北高校卒業後に、
大相撲の宮城野部屋に入門し、
体重200キロ超の大型新人として、
憧れの初土俵を踏みました。

去年の三月場所で三段目筆頭に昇進しましたが、
けがや病気に苦しみ今年10月、
土俵を降りる決意をしました。

断髪式では、師匠の宮城の親方をはじめ、
部屋所属力士や父親らが
當眞のまげにはさみを入れ、
幼いころから親交があり、
式の最中に涙ぐむ姿を見せた元横綱白鵬が、
最後にまげを切り取り
「第2の人生を頑張れ。今度沖縄に行く時は、
社会人として良い付き合いをしよう」
と言葉を掛け、抱擁しました。

當眞は
「これまで自分を支えてくれた人たちの
顔が思い浮かんだ。わずか2年半だったが、
濃い時間だった」
と声を詰まらせました。

引退後、沖縄に戻って新たなスタートを切る當眞は
「相撲で培った力を次に生かすことで恩返しに代えたい。
ここで終わりではなく、ここから始まりだ」
と新たな土俵を求め、前へと進み出ます。

再生

晴れ着姿 笑顔輝く

2021年12月3日(金)放送分

担当は林京子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

コロナ禍で県内学生の修学旅行などが
相次いでキャンセルとなる中、
県立鏡が丘特別支援学校の生徒17人は
このほど、西原町内の結婚式場で
豪華なランチを食べ、ドレスやはかま、
タキシードなどの晴れ着を身にまとい、
着慣れない衣装ながらも生徒全員が
笑顔でおしゃれや食事を楽しみました。

予定していた東京への修学旅行が
コロナを理由に中止となったことから、
教員らが生徒の夢をかなえたいとして、
生徒に修学旅行の代わりにしたいことを
募ったところ、「ドレスが着たい」という
提案が、生徒同士の話し合いで採用されました。

生徒が着用した衣装は式場と
沖縄市の就労継続支援B型事業所が
無償で用意し、
本番の数日前には美容部員が学校を訪れ、
ネイルや眉ぞりなどを行いました。

純白のドレスを着た女子生徒は
「一度でいいからウエディングドレスを
着てみたかった。
学校の友達とおしゃれして写真を撮るのが
とても楽しい。
ほかの皆も楽しんでいるようで良かった」
と笑顔を見せました。

女性教諭は
「修学旅行が中止となったのは残念だったが、
多くの人が協力して生徒の夢をかなえてくれた。
かえって思い出になる出来事だと思う」
と目を細めていました。

再生

地域に恩返し

2021年12月2日(木)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

【まずは、お気軽にご連絡下さい。
なんでも手伝います!】
那覇市の首里大中町自治会青年部はこのほど
「なんでもお手伝い券」を発行し、
およそ230世帯の自治会会員に配布しました。

10月から依頼を受け、
大きな木の剪定や庭の草刈り、
縁側の古くなった木の撤去などを行い好評で、
地域住民からは感謝の言葉が伝えられているということです。

「自分たちができることをして地域に
恩返ししよう」との思いから始めたのが
「なんでもお手伝い券」で、
幼い頃に作ったお手伝い券や肩もみ券の
発想がきっかけになったということです。

青年部の部員はおよそ30人で、
20代から30代が多く、
首里大中町で育ったメンバーです。
文化の日に行われる「琉球王朝祭り首里」で
揚げる「旗頭」に誇りを持っています。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で
およそ2年間、行事や活動を自粛し、
青年会の亀谷貴昭部長は
「地域住民とのつながりが
薄くなっていることを肌で感じた」
ということで、
「地域とのつながりや、
日頃から顔と顔が見える関係を大切にして、
旗頭を揚げた時に心から応援して
もらえるよう地域を発信していきたい」
と語りました。

再生

3回目のワクチン接種券、今月から発送

2021年12月1日(水)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

今月から始まる新型コロナウイルスワクチンの
3回目接種について、
琉球新報がこのほど実施した
県内41市町村へのアンケートによると、
医療従事者を除く一般住民への
接種券発送について、
南城市や浦添市など13市町村が
今月中に開始するとしました。

来月中の発送を予定するのは
宜野湾市や沖縄市など22市町村で、
2月中の発送予定は伊是名村と那覇市でした。
南北大東村など4村が未定と回答しました。

3回目接種は、2回目を接種してから
原則8カ月が経過した18歳以上の人が対象で、
まずは医療従事者への接種から始まります。
3回目の接種で使用するワクチンは
当面はファイザー製で、
1、2回目と同様に全額公費負担となります。

厚生労働省は3回目接種について、
高齢者など重症化リスクの高い人、
介護職など高リスク者と接触機会の多い人、
医療従事者など感染リスクの
高い職種の人について特に推奨しています。

3回目ワクチンの接種期間は
来年9月末日を予定しており、
各自治体は2回目接種から8カ月が
経過した住民に順次、接種券を発送します。

再生

【蝶道】20年の歩み1冊に

2021年11月30日(火)放送分

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

うるま市ちょうちょう愛好会が
結成20周年の記念誌を発刊しました。
「チョウの舞う心豊かなまちづくり」の
スローガンの下、
県内各地で実施した研修会や観察会など、
これまでの蝶道の歩みをまとめたもので、
県内の毒草などの豆知識も掲載しています。

現在は団体としての活動は一時休会中で、
個人間でチョウの育成指導などの相談に
乗っていますが、
5代目会長を務めた又吉弘さんは
「チョウの一生を学ぶというよりも、
放蝶などの依頼が多くなり、
ここらへんでチョウを生かす活動に
戻ろうとなった」
と説明します。

知念實会長は
「休会中だが、情報交換など
連携は取り合っている。
何かあれば声を掛けてほしい」
と呼び掛けています。

一方、チョウの育成は小学生らの
情操教育にもぴったりだということで、
7代目会長の中村剛さんは
「自然環境を考えることなど、
チョウを育てることへの
理解が広がればうれしい」
と語ります。

記念誌はうるま市みどり町の知念整骨院、
天願のキャッスルハイランダーで、
500円で販売しており、
知念会長は
「ぜひ手に取ってもらいたい。
そしてチョウの育て方を知る
きっかけにしてほしい」
と話しました。

再生

映画館に客足戻る

2021年11月29日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

新型コロナウイルスの感染者の減少に伴い
先月末以降、県内の映画館に客足が戻りつつあります。

那覇市おもろまちのシネマQではこのほど、
人気アイドルグループ「嵐」の
初のライブ映画が封切りし、
中継と映画上映に千人以上の
観客が詰め掛け、
午前9時の初回は7時半から
観客が列をつくり入館を待つなど
熱気に包まれました。

嵐のファン歴10年以上という
那覇市の20代の女性は
「大きなスクリーンで見るライブ映像は
臨場感があった。映画館で観ることが
できて良かった」
と話しました。

シネマQ運営するスターシアターズの
真栄田将司さんは
「11月からお客さんが
少しずつ戻ってきている状況。
ライブを映画館で見ていただくのは
新しい試みだと思う。
映画館やエンタメ界に波及していけたら」
と話しました。

また、那覇市の桜坂劇場のスタッフは
9月に比べると、映画の上映やライブの催しに
観光客も訪れるなど
「客足が戻ってきている感触がある」
と話しました。

再生

誰でも来て元気になって

2021年11月26日(金)放送分

担当は林京子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

12人の子どもを出産し、
動画投稿サイト
「YouTube」で子育ての知識などについて
発信するユーチューバーとしても活動している、
助産師のHISAKOが先月、
「助産院ばぶばぶ」を
うるま市平安座島に正式オープンした。

HISAKOさんは大阪府出身で、
総合病院などでの勤務を経て、
去年4月に沖縄に移り住み、
これまでは市塩屋でコンテナを改装した
仮設の「ばぶばぶ」を開院していました。

平安座島の「ばぶばぶ」は診察スペースと
待合スペースを合わせて20畳ほどの広さで、
建物のデザインなどは
夫のMARKさんが担当し、
和風で落ち着いた内装になっています。

今は新型コロナウイルス感染防止対策のため、
時間が重ならないように各予約者を
受け入れていますが、
ゆくゆくは訪れた人たちが待合スペースで
顔を合わせてリラックスして過ごし、
子育ての悩みなどについて
コミュニケーションを取れる
空間になることが理想です。

HISAKOさんは
「妊娠や出産、子育ての悩みを抱えている人に限らず、
誰にでも来てもらいたい。
ここで元気になって笑顔で帰ってもらえるよう、
どんな悩みにでも寄り添いたい」
と話しました。

再生

合唱団結成2年で金賞

2021年11月25日(木)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

今月6日に埼玉県で開催された
第74回全日本合唱コンクール全国大会
小学生部門で、合唱団結成2年目の
那覇市立仲井真小学校合唱団が
金賞に輝きました。

合唱団は去年4月、音楽専科の
工藤かや教諭が赴任して結成されたもので、
それまで前任教諭が率いる音楽部の
マーチングが、毎年九州大会で
入賞を果たすなどの名声を上げていました。

合唱団には音楽部に所属していた
児童らが入団しましたが、
結成当初、楽器をやりたいという子どもたちに
「ごめんなさい」と謝っていたという
工藤教諭は、
「自分の得意とする合唱で子どもたちと
向き合わせてほしい」
と信頼関係を築く日々を重ねました。

大会では、2年生から6年生の
38人がステージに立ち、
課題曲と自由曲の同声合唱組曲
「時代」の2曲を歌いました。

団員は
「2曲目のクライマックスに
差し掛かる直前のハモリでは自分たちの歌が 
跳ね返ってる初めての体験をした。
体がふわっと浮く感じだった」
と目を輝かせ、銀賞を目指していたという
屋宜明李(あかり)団長は
「今までやってきたことを伝えられる歌を
ステージで歌えたことと、金賞を取れたことがうれしい。
自分たちを信じ、辞めなくてよかった」
と喜びを語りました。

再生