カテゴリー別アーカイブ: 方言ニュース

「江戸上り」の魅力を解説

2021年7月28日(水)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

琉球王国時代の「江戸上り」について学ぶ
講演会がこのほど、神奈川県川崎市の
「東海道かわさき宿交流館」で開かれました。

東海道五十三次「川崎宿」があった川崎市では、
東海道にちなんだ講演会を開催しており、
琉球歴史研究家の上里隆史さんが、
独立国家であった琉球王国と薩摩の
複雑な関係や幕藩体制国家の中、
琉球に対する庶民の関心の高さについて
錦絵や歴史的文献を用いて紹介しました。

上里さんは「江戸上り」と言われる
琉球使節団について「『江戸立ち』が
本来の言い方と説明した上で、
上里さんは江戸上りが
「東海道の一大エンターテインメントだった」
と語り、
見物人があふれる街道の様子など、
当時の印刷物から解説しました。

本土でなじみがある参勤交代と
全く異なる様相に、
会場からは何度も驚嘆の声が上がり、
来場者の中には「祖父が江戸上りに
楽童子として参加していた」
と話す人もいました。

78歳の女性は、楽童子が美男子で
歌舞音曲や書芸にも秀でた
スーパーエリートだったと聞いて、
「祖父は筝の名手で1842年に14歳で
参加したと聞いている。
少年が何のために参加していたのかと
思っていたが、美少年だったとは、
今とても驚いている」と話し、
会場を沸かせました。

再生

東村有銘小学校の児童が豊作祈願体験

2021年7月27日(火)放送分

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。
旧暦の5月15日あたる6月24日、
東村立有銘小学校の児童は、
米の豊作を祈願する「5月ウマチー」を再現し、
校内にある拝所と井戸に稲や餅などの供え物をして、
かつて「米どころ」として知られた有銘区の
歴史を体感しました。

有銘小では去年から総合学習の時間に稲作が
盛んだった区の歴史について学ぶ機会があり、
児童らの提案で米づくりに挑戦することになりました。

地域住民らの協力で今年1月、
校内の中庭に田んぼが完成し、
3月には堆肥まきや田植えを体験しました。
その過程で児童らはウマチーについて知り、
具志堅区長らの協力を得て再現しました。

供え物の稲は児童らが育てたもので、
「ウチャク」と呼ばれる餅は家庭科の授業で
地域住民と一緒に作りました。
根神などをまつった仮設拝所や「チンガー」と
呼ばれる井戸に供え手を合わせました。

6年生の女子児童は「ウマチーは初めて。
昔こんな行事をやってたとは知らなくて驚いた」
と目を輝かせました。
平良校長は「子どもたちが地域の伝統文化を
知り身近に感じてくれるとうれしい。
いろんなアイデアもあるので、
今後も地域の歴史を活用した
取り組みをしたい」と語りました。

再生

プロ御用達の万能釣り針が人気

2021年7月26日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

読谷村の漁師が制作した
オリジナル万能釣り針「読谷パワーテンヤ」が、
魚が釣れると人気です。

釣り針は読谷村漁協所属の
漁師の比嘉淳二さんが製作したオリジナルで、
読谷村漁協が運営している
読谷村地域振興センター内の「天ぷら家」で
販売してされています。

スジアラやハタ、ハマフエフキが
初心者でも釣りやすい重りが付いています。
この釣り針は読谷村漁協の全員が使用しており、
真栄田漁協でもプロの漁師が使用する
御用達となっています。

比嘉さんは重さや大きさが異なる
5種類の釣り針のほか、
折れにくい釣りざおも
製作しているということで、
「魚の生態を研究しながら道具作りをしている。
これからも他の人とは違う発想で、
オリジナルの道具作りをしていきたい」
と話しました。

天ぷら屋でしか商品を販売していないと話す
この店の店舗責任者の男性は
「お客さまからも根魚系が釣れたと
喜ばれている。夜釣り、船釣り、
何でも対応できる万能商品で、
技術も要らないのでお薦めです」
PRしていました。

再生

大井川に再びホタルを

2021年7月23日(金)放送分

担当は林京子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

今帰仁村仲宗根区で
「大井川にホタルを呼ぼう会」
がこのほど発足しました。

近くで食堂を営む玉城薫さんが、
大井川周辺の不法投棄のごみ撤去と
美化強化に取り組んだことに続き、
通り会で次は新たに川に昔の頃のように
ホタルを呼び戻したいと発足したもので、
玉城さんが、昔の頃のような川のイメージを
村内の画家の運天肇さんに伝え絵に
描き下ろしました。

絵には「なちかさぬふるさとよ大井川」
と書かれ、ポンポン船や魚群が描かれており、
運天さんは「皆さんの昔の思い出深い、
川の雰囲気だけでも絵で復活させたかった」
と話しました。

この日はセレモニーも開かれ、
幼少期に川で遊んだ記憶のある区民らは
「水深も4メートルほどもあり水量も豊富で、
泳いだり魚やエビなどを食料にしたり、
生活に欠かせない川だった」
と昔話に花を咲かせました。

近くに住む最高齢の92歳の2人も参加し、
「ほたるこい」の替え歌をギター演奏に合わせて歌い、
「ほっ、ほっ、ほーたるこい、大井川のみーずは
甘いぞ、ほっ、ほっ、ほーたるこい」
と近隣の住民と通り会の参加者全員で、
ホタルが飛び交うきれいな川になってほしいと
願いを込めて合唱しました。

再生

21市町村の小中学校で夏休みを短縮

2021年7月22日(木)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

新型コロナウイルス感染拡大を受けた
緊急事態宣言に伴い、
公立小中学校の休校措置を実施していた
23市町村のうち、
21市町村が小中学校の夏休みを
1日から9日間程度短縮します。
18町村は休校措置を講じていませんでした。

南城市、宮古島市は休校措置を実施したものの、
夏休みの短縮はしません。
夏休みを短縮しない南城市は
「元々他の市町村に比べて一週間短いので、
通常通りの予定だ」としており、
宮古島市は「授業の組み替えなどで対応可能だ」
と説明しました。

夏休み明けの登校は通常登校となる見通しです。
一方、部活動については、県教育委員会が
「緊急事態宣言中は原則中止とする」
としている一方、
夏休み中は練習時間を
2時間以内とすることや
県内外での合宿・遠征や県外校との
練習試合などを行わないことを条件に
活動を認めており、市町村の公立校も
県の方針に準じるとみられます。

再生

那覇新市民会館、なはーとが10月31日に開館

2021年7月21日(水)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。
那覇市はこのほど、
久茂地に建設した新市民会館=那覇文化芸術劇場なはーとを
報道各社に公開しました。

10月31日に開館するもので、
およそ1600席の大劇場と、
およそ300席の小劇場などを備えています。

首里織、広場=うなー、海など
沖縄の要素を設計に取り入れ、
外観は、首里織を題材にしたデザインの
日よけ=ルーバーで建物を覆っているのが特徴です。

共用ロビーは、うなーのように開館時間中は
誰でもくつろぐことができ、
ロビーに面したガラス張りのスタジオや
練習室の様子を見ることもできます。

大劇場の内装は海の中をイメージし、
天井のデザインは海底から見た海面の
ゆらめきを表しています。

小劇場の客席は
王家の着物をイメージした黄色で、
首里織風のデザインが施されています。

大劇場と小劇場のそれぞれの舞台と
同程度の大スタジオ、小スタジオがあり、
4つの小規模な練習室も備えています。

城間幹子市長は「素晴らしい施設ができ、
関連業者や地域の皆さまの協力に心から感謝する。
これからは器に魂を吹き込んでいくのが仕事だ。
多くの方に利用してもらい、
交流する中で文化芸術の 発信拠点になるよう努める」と述べました。

再生

東村高江小学校でやちむん窯の登り窯復活へ

2021年7月20日(火)放送分

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

東村高江小学校のグラウンド横に
現在使われていない登り窯があります。

陶芸家の森貴希さんや地域住民らが、
窯を復活させる取り組みを始めており、
やちむんを活用した地域活性化にも
期待の声が上がります。

当時の高江小中学校に本格的な登り窯が
造られたのは1980年ごろで、
陶芸教室も開かれるようになり、
当時を知る女性は「いろんな作品が生まれ、
中には名人と呼ばれる人もいた」
と振り返るなど、
高江区民の思い出も詰まっています。

近年は少子化が進んで陶芸教室の開催も減少し、
2017年に高江中学校が閉校してからは
使用されなくなりました。

そこで、登り窯を復活させようと、
陶芸家を探したところ、
読谷村のやちむん工房で修業し、
独立後の活動拠点を探していた森さんに
たどり着き、今年4月、森さんは家族4人と移住しました。

県内の小学校に登り窯があるのは
高江小学校のみとみられますが、
森さんは「学校に工房ができると思わなかった。
子どもたちがやちむんに触れる機会をつくりたい。
地域の人々が交流できる場になればうれしい」
と意気込み、
来月までの修復を目指しています。

再生

旧知念村、合併後に人口が減る

2021年7月19日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

2005年12月末の4町村合併直前は
4万759人だった南城市の人口が、
今年5月末で4520人増の4万5279人に
達しました。

喜びの声が上がる一方で、
旧知念村はおよそ970人減少しており、
地元では「陸の孤島になってしまうのでは
ないか」と心配されています。

最も人口が増えたエリアは、旧大里村で、
およそ3400人増え
1万5665人となりました。
交通網に恵まれていることが要因として
考えられます。
次に増えたのが旧玉城村でおよそ10%増え、
旧佐敷町は微増となりました。
一方、唯一減少したのが旧知念村で、
968人減少して4803人となりました。

旧知念村では比較的大きな集落の商店が
店じまいし、追い打ちをかけるように
村内唯一のスーパーだった
JAおきなわ知念支店が、
今年5月に佐敷支店に統合され閉店しました。
知念支店近くに住む80代の女性は
「うちは子どもたちが
買い物を手伝ってくれるが、
年寄りだけの家庭は不安だと思う。
暮らしやすい地域づくりに
取り組むことが重要だ。
若者が生まれ故郷を離れないよう、
交通網の整備や、
世界遺産の斎場御嶽の入場料を
地域活性化に生かすことはできないか」
と指摘しました。

再生

宮森事故62年悼む

2021年7月16日(金)放送分

担当は林京子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

1959年に宮森小学校へアメリカ軍の
ジェット機が墜落した事故から62年を
迎えた先月30日、うるま市の宮森小学校で
児童会主催の追悼集会や、
石川・宮森630会と遺族会による
慰霊祭が開かれ、セミの声が響く中、
事故の犠牲となった児童らの冥福と
恒久平和を誓いました。

追悼集会には、5年生と6年生の児童
およそ150人が参加し、
事故で亡くなった児童らの名前が刻まれた
「仲よし地蔵」に手を合わせ、
花を手向けました。
平和を誓う群読や放蝶も行われました。

集会後には6年生全員が
「平和の鐘」を響かせましたが、
最初に鐘を鳴らした児童は「1年生の時よりも、
詳しく学んだ今がさらに事故の恐怖を感じる」
と話しました。

また、慰霊祭には、事故体験者や関係者など
およそ30人が参加しました。
石川・宮森630会の久高政治会長は、
多くの活動支援に感謝し、
「今もアメリカ軍機が飛び交い、
同じ事故が起きるのではという危機感がある。
事故の悲惨さをしっかりと語り継ぐ
必要がある」と語りました。

再生

県医師会に初の女性会長

琉球新報の記事から紹介します。

県歯科医師会の会長に、
米須敦子さん(58)歳が就任しました。

県歯科医師会によりますと、
女性の会長は全国で初めてです。
先月27日の定時議員会で選任されました。

米須会長は
「口腔ケアは健康寿命の延伸にもつながり、
必要とされている診療科。コロナ禍においても
しっかり取り組んでいきたい」
と抱負を語りました。

また、米須会長は、
新型コロナウイルスの流行した去年以降、
県内の診療現場でクラスター=感染者集団が
発生していないことを強調し、
「通常の感染対策と合わせたコロナ対策を
継続しており、感染に強い診療科と示された」
と説明しました。

一方、子どもの虫歯本数については、
沖縄は全国平均より上回るものの
「継続した健診で本数は減ってきている。
子どもの口の健康も維持できるように
努めていきたい」と語りました。

再生