カテゴリー別アーカイブ: 方言ニュース

しまくとぅば『聞くこと話すこと』できるが25%

2022年1月5日(水)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

沖縄の日本復帰50年の節目を前に、
県民像やその変化を探ろうと、
琉球新報社は去年11月、
県民意識調査を実施しました。

調査は今回で5回目ですが、
この中で、「しまくとぅばをどの程度使えるか」
との質問に、「聞くことも話すこともできる」
と答えた人が前回から15.8ポイント
減って25.4%にとどまりました。
話せる人は4分の1ほど程度となり、
危機的状況が浮き彫りになりました。

しまくとぅばについて
「どう思うか」との質問に対して、
愛着があると回答したのは
「ある」「どちらかと言えば」
を合わせて77%となり、
好意的な意見が大部分を占めました。

しかし、どの程度使えるかについては
「聞けるが、話せない」
「ある程度聞けるが話せない」
「まったく聞けないし、話せない」
の合計が72.8%に達し、
話せない人が大部分を占めました。
琉球諸語はユネスコにより
消滅の危機にあると指定されていますが、
危機に拍車がかかっています。

このほか、泡盛を最も好きと答える人や
模合の参加者も減少の一途をたどり、
特に若年層でその傾向は強く、
沖縄独自の文化や慣習への意識が
大きく変化していることがうかがえました。

再生

牛の命救いたい

2021年1月4日(火)放送分

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

うるま市立石川中学校2年の
平良桃碧(とうあ)さんは、
牛の第二の心臓といわれるひづめの
管理をする「牛削蹄師(ぎゅうさくていし)」を目指しています。

沖縄闘牛界で大活躍した愛牛の梨夢神(りむじん)の
死がきっかけとなりました。
また、今年5月、ほかの闘牛の削蹄で、
牛舎を訪れた男性削蹄師との
出会いも人生を変えました。
削蹄後に、牛が歩く様子を見て、
技術力の高さに圧倒され、
「もしかしたら、梨夢神も
助けられたのかもしれない」
と思ったということです。  

弟子入りを志願し、見習いとして、
18歳から受けられる削蹄師の資格試験に向けて、
日々修業に励んでいますが、
「実技は大丈夫と思うけど筆記が
難しいんだよな」
と語ります。

牛削蹄師は和牛、乳牛、闘牛を扱いますが、
一方で、桃碧さんは闘牛の削蹄には
少し及び腰だということです。

「爪も硬いし、勝負にも影響するから、
師匠でも汗まみれになるぐらい難しい。
闘牛の削蹄師になれるかは分からないけど、
とりあえずたくさん修業する。
沖縄の牛は爪の病気がほかの県よりも
多いと聞く。たくさんの牛を救いたい」
と、はにかみながらも、
力強く前を見据えています。

再生

8万冊の本に囲まれ一夜

2021年12月31日(金)放送分

担当は林京子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

嘉手納町立図書館でこのほど、
「親子お泊まり会」が開かれ、
町内の4組の親子が集まり、
閉館後の図書館で読書を楽しみました。

図書館でのお泊まり会は県内初とみられ、
ポップアップテントを持参して、
図書館の好きな場所で寝床を用意し、
およそ8万8千冊の本に囲まれて
朝を迎えました。

企画の第一声を上げた島袋館長は
「広い図書館で泊まれたら楽しいだろうな」
と漠然と考えていたということで、
今回は保育園児から小学校高学年の子どもと、
その親が参加し、テントの中で寝そべって、
本を読み聞かせる親子の姿もありました。

毎日本を2冊から3冊読むという
5歳の女の子は初めてのお泊りだということで、
お気に入りのプリンセスの本を集め、
テントに持ち込み、
「図書館でのお泊り、どきどきワクワク」
と興奮した様子でした。

保護者にとっても本をじっくり読む時間に
なったということで、
「普段は仕事や家事でゆっくり本を読むことが
できなかったのでいい機会になった」
といった感想が寄せられました。

図書館では今後、家族単位だけでなく、
小学校高学年や大人向けのお泊り会も
企画していきたい考えです。

再生

飲酒による交通事故、全国の倍

2021年12月30日(木)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

県内の人身事故のうち、
飲酒が絡む事故の構成率が、
先月末時点で全国ワーストの水準になっていることが
このほど、県警への取材で分かりました。
去年は全国ワースト9位だったものの、
今年は最下位の数値で推移しています。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う
緊急事態宣言が明けた10月以降は、
飲酒運転の摘発件数が急増しており、
県警は飲酒の機会が増える年末年始に向けて
注意喚起しています。

県警によりますと、
飲酒が絡む人身事故の構成率は、
先月末時点で1.76%で、
全国平均の0.79%の
およそ2.2倍となっています。

飲酒運転の敵発件数は今年4月から9月までは
月に80件以下だったものの、
緊急事態宣言が明けた10月は137件、
先月は144件と急増しています。
今月は22日時点で230件を超え、
先月を大幅に上回っています。

県は過去に27年連続で
ワーストだったことがあり、
今年は再び全国最下位になる可能性が
あるということで、
県警の金良建交通部監理官は
「飲酒後、翌朝に運転して
二日酔い運転で摘発される例もある。
家族や同僚など身の回りで
飲酒運転に注意を呼び掛けてほしい」
と話しました。

再生

宮古と渡名喜は成人式を中止

2021年12月29日(水)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

来年の成人式の実施形式などについて
琉球新報が県内全41市町村を対象に
アンケートを実施したところ、
宮古島と渡名喜の2市村が中止、
37市町村が規模縮小など例年とは異なる
形式で実施を検討していることが分かりました。
新型コロナウイルス感染症の流行が
小康状態の中、2市町は例年通り
実施すると回答しました。

宮古島市は「感染状況は落ち着いているものの
依然として予断を許さない状況にあり、
感染リスク回避で決定した」と
2年連続の中止を決めた上で
今年同様に新成人を対象に
1万円の「成人祝金」を給付します。

一方、例年と異なる形式で実施すると答えた
37市町村は時間短縮や来賓者数の削減、
式典の簡略化などを挙げています。

ワクチン接種・陰性証明を
「求める」としたのは2市町で、
与那国町は島外からの参加者が多いため、
特に県外からの参加者へ証明を求めており、
石垣市は教育委員会が
式典への「入場条件」として
ワクチン接種2回接種の証明書、
陰性証明書の提示を求めるとしました。

医療提供体制がぜい弱な離島ならではの事情や
世界最悪レベルの爆発的感染が起きた
沖縄の事情を踏まえ
行政側が気をもむ様子がうかがえます。

再生

「沖縄のお母さん」と再会

2021年12月28日(火)放送分

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

名護市の名護十字路近くの
ダイニングバー「彩」にこのほど、
スリランカ出身で
元沖縄工業高等専門学校留学生の
ラヒル・ワナマルさん(32)歳が妻の
ヘランカ・カウシャリャさんを伴って
訪れました。

ラヒルさんが『沖縄のお母さん』と慕う
「彩」の店主、新城文さん(74)歳は
「立派になって会いに来てくれた。感無量だ」
と目を細めました。

新城さんは子育てが一段落した
1990年代後半に「彩」を開業し、
常連客らに家庭料理などを振る舞う傍ら、
「何かの縁だよ」とラヒルさんら留学生たちを
店に招いて、常連客や地域住民らとの
交流の機会をつくったり、
沖縄料理をごちそうしたりしてきました。

ラヒルさんは沖縄高専卒業後、宇都宮大学、
大学院に進学し、横浜市の外資系企業に就職し、
同じスリランカ出身で東京大学大学院の
カウシャリャさんと結婚しました。

ラヒルさんは
「沖縄では新城さんが
車で買い物や観光に連れて行ってくれた。
困ったことはないかなどと
よく気に掛けてくれたので心強かった」
と懐かしそうに話しました。

新城さんは
「交流を通して海外の価値観や文化に触れ、
刺激を受けられる名護は小さな国際都市だ。
たくさんの市民が交流の機会を持つことができたら」
と笑顔を見せました。

再生

6年ぶり運動場心ひとつ

2021年12月27日(月)放送分

担当は林京子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

創立45周年を迎えた那覇市立上間小学校と
上間こども園の運動会がこのほど、
上間小の運動場で開催されました。

運動場は2015年11月から使えない状況で、
運動場での運動会の開催は6年ぶりとなり、
真新しい運動場で児童554人、
園児100人が学年ごとに、
玉入れやかけっこなど日頃の練習の成果を
披露しました。

「みんなが主役の上間っ子 
心を一つにレッツゴー」をテーマに、
開会式では児童会役員を先頭に
児童、生徒全員そろって入場しました。

誓いの言葉では、全員で
「上間っ子がんばるぞ!オー!」
と声高々にこぶしを挙げ、
元気よく頑張ることを宣誓しました。

こども園の園児は、縄跳びなどを取り入れ、
軽快な音楽に合わせてダンスを披露し、
5年生は運動場の完成を祝い迫力ある
エイサーを披露しました。
6年生98人は組体操と
ウエーブの圧巻な演技を見せました。

6年生の男子児童は
「新しい運動場で心を一つにみんなで
一丸となってがんばった運動会だった」
と笑顔で話しました。

運動場の整備・改修工事はおととしに着工し、
今年8月に完成予定でしたが、
天候不良などの理由により完成が遅れ、
今月完成しました。

再生

石垣市で3回目の接種が始まる

2021年12月23日(木)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

石垣市内の高齢者施設などでおととい、
新型コロナワクチンの
3回目の接種が始まりました。

国がワクチンの3回目の接種について、
医療従事者や高齢者施設の入所者と
職員の接種間隔を、
従来の8カ月から6カ月に前倒しすると
発表したことを受け実施したものです。

市によりますと、
高齢者らへの3回目の接種は
県内で初めてとみられるということで、
おとといは市内3カ所の高齢者施設などで
接種が行われました。

対象は入所者や施設利用者、
施設職員など合わせておよそ100人で、
ファイザー社製のワクチンを使用しました。
市によりますと、今回接種を受けた人は、
2回目の接種から7カ月ほどの間隔が
空いているということです。
市は高齢者施設への巡回接種を進め、
来月1月以降、高齢者向けの集団接種を始める予定です。

中山義隆市長は報道陣の取材に対して、
オミクロン株の流行を念頭に
「高齢者施設でオミクロン株が発生すれば
クラスターになるので、
まずは施設から先に打ち始めたい」
との考えを示していました。

再生

忘・新年会なし76%

2021年12月22日(水)放送分

担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

東京商工リサーチ沖縄支店が
今月に入り県内企業を対象に実施した
アンケートで、
年末年始の忘年会・新年会を「開催しない」と
回答した企業が76.7%を占め、
先々月の前回調査から28.1ポイント
増加しました。

感染力が強いと言われる新型コロナウイルスの
「オミクロン株」の出現もあり、
自粛ムードが広がっています。

調査は今月1日から9日にかけて実施され、
60社が回答しました。
それによりますと、
忘新年会の開催を検討する企業は、
「緊急事態宣言の対象区域となっていなければ開催する」が
13.3%、「まん延防止等重点措置の対象区域と
なっていなければ開催する」が8.3%、
宣言や措置の状況に関係なく開催すると
答えた企業が1.7%でした。

一方、状況次第で開催すると答えた企業に
会の持ち方を聞いたところ、
「2次会を自粛する」が64.3%、
「開催時間を短縮する、つまり制限する」が42.9%、
「人数を制限する」が28.6%となり、
多くの企業が制限を検討していました。
「特に制限を設けない」は21.4%でした。

再生

親類と対面、出会いに感謝

2021年12月21日(火)放送分

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

自らのルーツを求めて沖縄を訪れた
ハワイ県系3世のゲイル・ナオミ・ションさんが
このほど、西原町で親類と対面を果たしました。
親類は元西原町議会議員の与那嶺義雄さんです。

ナオミさんは
「7、8年前に息子が沖縄に来たときは
親類が見つけられなかったが、
今回は会えて良かった。
私と沖縄をつないでくれた皆さんに感謝したい」
と喜びました。

ナオミさんは現在、生まれ育ったハワイを離れ、
神奈川県横須賀のアメリカ軍基地で働いており、
沖縄には首里にルーツがある県系3世で、
夫のフィリップさんと2人で訪れました。

元ハワイ沖縄連合会のデビット新川さんに
親類を探していることを相談したところ、
読谷村に住む沖縄ハワイ協会の
瀬分(せわけ)コリン善久(よしひさ)さんや
西原町幸地自治会の翁長区長らへとつながり、
対面につながりました。

与那嶺さんと対面したナオミさんはその足で
与那嶺さんとともに、門中墓や御願所、
公民館などを回りました。

ナオミさんは初来県の感想について
「ウチナーンチュのホスピタリティーに感動している」
と話し、与那嶺さんは
「海外のウチナーンチュは
自身のルーツへの思いが強い。
われわれの門中の多くがハワイへ飛び立ち、
中には州の下院議員もいる」
と語りました。

再生