月別アーカイブ: 2018年8月

2018年8月27日 第412回目の放送分です

8月27日 第412回
うちな~噺家、藤木勇人こと志ぃさーが、秋田出身で沖縄文化に詳しいフリーのしゃべり手、佐々木仁子をアシスタントとして迎え、沖縄ヤマトグチと秋田ヤマトグチで番組内の各コーナーを軽妙につないでまいります。 そして定期レギュラーとして神奈川・東京WEBマガジン、ハブコネクションの釣本忠勝編集長にも登場していただき、大和での沖縄芸能情報をピンポイントで届けます。
オキナワンドリーム
ゲストは、三線工房きよむら 清村斉さんの人生について伺います。
ヤマトde沖縄酒場
中目黒にある「れきお」を紹介

再生

2018年8月27日 ギャラリーショップRENEMIA

GoGoダウンタウン 国際通り発
2018年8月27日(月) 放送

今日は牧志公園近くにあるギャラリーショップRENEMIAにお邪魔しています。

■□■□■□■□■□■□■□■□

「RENEMIA(レネミア)」
那覇市牧志2-7-15
営業時間
13:00〜18:00 (日曜定休)
TEL&FAX 098-866-2501
再生

伝統を気軽に楽しんで 沖縄市で「エンターテイナーショー」開催

方言ニュース  
2018年8月27日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

伝統芸能を気軽に
多くの人に見てもらおうと、
沖縄市観光物産振興協会は先月7月から
琉球芸能によるエンターテイナーショー
「琉球芸能うとぅいむち~沖縄市への誘い」を
沖縄市上地の民謡クラブ「なんた浜」で開催しています。

通常は1演目に数十分かかるものを、
1演目当たり3分から5分に短縮し、
およその10演目を45分程で
鑑賞できるもので、
県立芸大の卒業生らが出演し、
若手の技術向上も狙います。

また、会場が市繁華街中心部にあることから、
周辺施設への経済波及効果も
期待できるということです。

このほど開かれた公演には、
県内外からおよそ30人の観客が訪れ、
福井県から観光で来た24歳の女性は
「初めて生で沖縄の芸能を見られて、
もっと沖縄のことが好きになった」と話し、
一緒に訪れた友人と
カチャーシーを笑顔で踊っていました。

市観光物産振興協会の山田事務局長は
「観光客だけでなく、
沖縄の伝統芸能を見たことがない県内の方にも
ぜひ楽しんでもらいたい。
鑑賞後は、コザの夜の街を歩いて楽しんでほしい」
と、来場を呼び掛けています。

再生

青い目が見た大琉球

赤瓦ちょーびんのぐぶりーさびら 
毎週日曜日 午前9時~9時30分 放送中
8月26日放送分
フリーのガイドで
元沖縄観光コンベンションビューローの
歴史文化コーディネーターを務める赤瓦ちょーびんが
独特の語り口で沖縄の歴史、文化、民俗についてご紹介します。
今回は、『青い目が見た大琉球』
を、お送りします。
「沖縄のなーんだ」の、コーナーでは、
『外国人に関わる沖縄の地名』を、
お送りします。
学問どぅ、やいびーくとぅぐぶりーさびらのコーナーは、
『薬草』
を、お送りします。

赤瓦ちょーびんホームページ始めました。

https://沖縄歴史観光.com
番組同様、歴史 風俗 イベント等 満載です。
赤瓦ちょーびんの 画像も ありますよ。
ちょーびんへの 質問コーナーも
随時 募集中です。
お待ちしています。
番組へのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで
aka@rokinawa.co.jp
再生

2018年8月24日 ジュンク堂書店那覇店

GoGoダウンタウン 国際通り発
2018年8月24日(金) 放送

今日は本の話題。
ジュンク堂書店 那覇店から店長の森本さんにオススメの1冊を伺います。

■□■□■□■□■□■□■□■□

ジュンク堂書店 那覇店
那覇市牧志1-19-29 D-NAHA (地下1階~3階)
電話 
098-860-7175
営業時間
午前10時~午後10時
年中無休!
再生

県内各地 ウンケーの風景

2018年8月24日(金)
担当 糸数昌和先生

旧盆入りウンケーのきのう、
県内各地の家庭では、家族や親戚らが一同に会し、料理や果物を仏壇に供え、先祖の霊を迎えました。
このうち、八重瀬町の男性宅では、
母親を合わせた4世代30人ほどが集まり、門前で先祖を迎え、仏壇に向かって手を合わせた後、
ウンケージューシーやもずく汁など女性陣が腕によりを掛けて作った料理を全員でいただきました。
一方、石垣市内の各地では、八重山の伝統行事「アンガマ」が行われ、
あの世からの使いとされるウシュマイとンミーが、
花がさをかぶった子孫を引き連れて集落の各家庭を回り、
歌や踊りをささげて祖先を供養し、子孫繁栄を願いました。
このうち、ある男性宅では、ウシュマイとンミーが甲高い声で
八重山の言葉であるスマムニを交えた独特の珍問答を披露し、
子どもたちからの「どこで生まれてどこで育ったの」という質問には
「グソー生まれ、登野城育ち。一緒にグソーに行く?」と回答して
子どもたちから「嫌だ」との言葉を引き出し、笑いを誘っていました。
4年ぶりにアンガマを呼んだというこの男性は
「親父もずっとアンガマをしていたので、良い供養になったと思う」
と笑顔で話していました。
再生

2018年8月23日 ジュンク堂書店那覇店

GoGoダウンタウン 国際通り発
2018年8月23日(木) 放送

今日は本の話題。
ジュンク堂書店 那覇店から店長の森本さんにオススメの1冊を伺います。

■□■□■□■□■□■□■□■□

ジュンク堂書店 那覇店
那覇市牧志1-19-29 D-NAHA (地下1階~3階)
電話 
098-860-7175
営業時間
午前10時~午後10時
年中無休!

再生

2018年8月23日

「 奄美世界遺産に向け猫対策 」
方言ニュース8月23日(木)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。

「奄美、徳之島、沖縄島北部および西表島」の世界自然遺産登録を目指し、
鹿児島県奄美市では官民を挙げて、希少動物を捕食してしまう「ノネコ」と
その予備軍、「野良猫」への対策が進んでおり、2020年の登録実現へ、
関係者は「生態系保全へ住民の意識を高めたい」と口を揃えています。
ノネコは捨て猫などが野生化したもので、国の天然記念物で絶滅危惧種の
アマミノクロウサギといった固有種の生き物を食べてしまうことが問題となっており、
奄美大島には600匹から1200匹いるということです。

奄美市は2011年に猫の飼い方を定めた条例を制定しましたが、
島民は古くからネズミを捕まえてくれるネコを家畜と捉え、
屋外で放し飼いするのは当然との風潮があります。

ノネコ増加を防ぐためには野良猫の繁殖を防ぐことが必要なため、
野良猫を捕まえて不妊・去勢措置を施す取り組みも活発で、
島内では昨年度922匹に措置が施されました。

しかし党内の野良猫の生息数は五千匹から一万匹と推定されており、
年間五十匹程度の不妊・去勢している女性グループは
「焼け石に水。ペットを飼うことへの責任を持ってほしい」と話しています

再生

2018年8月22日 ジュンク堂書店那覇店

GoGoダウンタウン 国際通り発
2018年8月22日(水) 放送

今日は本の話題。
ジュンク堂書店 那覇店から店長の森本さんにオススメの1冊を伺います。

■□■□■□■□■□■□■□■□

ジュンク堂書店 那覇店
那覇市牧志1-19-29 D-NAHA (地下1階~3階)
電話 
098-860-7175
営業時間
午前10時~午後10時
年中無休!

再生