月別アーカイブ: 2017年12月

園児らがアコウ植樹 名護市にアグーの森誕生

2017年12月19日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

名護市民会館前のアグー像前に、
沖縄らしさを演出する
「アグーの森」が生まれました。
去る5日には、植樹祭が開かれ、
名護市の星のしずく保育園の園児ら
17人がアコウの木を植樹しました。

園児ら一人一人が、
スコップを片手にアコウの木を植え、
40年後にはアグー像前に
アコウの大木が広がるように仕立てましたが、
6歳になる岸本愛羽(あうる)ちゃんは
「埋めたところが楽しかった」
と話しました。

アグーの森は、植物空間演出家の多田弘さんと
彫刻家の濱元朝和さんが手掛けたもので、
「子どもたちと幼樹を植えることで
沖縄の風景をつくり、代々見守っていくこと」が目的です。
また、来年1月8日まで沖縄本島北部で開催されている
「やんばるアートフェスティバルヤンバルニハコブネ」の
一環で行われました。

多田さんは
「今の沖縄には外来種が増え、
沖縄本来の木がどんどん減っている。
今の子どもたちの手で、沖縄の資産を
未来に残していってほしい」と話し、
濱元さんは
「失われつつある沖縄らしさを改めて表現し、
緑ある森をつくっていけば環境は良くなる」
と語りました。
再生

2017年12月18日 第376回目の放送分です

12月18日 第376回
うちな~噺家、藤木勇人こと志ぃさーが、秋田出身で沖縄文化に詳しいフリーのしゃべり手、佐々木仁子をアシスタントとして迎え、沖縄ヤマトグチと秋田ヤマトグチで番組内の各コーナーを軽妙につないでまいります。 そして定期レギュラーとして神奈川・東京WEBマガジン、ハブコネクションの釣本忠勝編集長にも登場していただき、大和での沖縄芸能情報をピンポイントで届けます 。
オキナワンドリーム
ゲストは、 一般社団法人 東京馬主協会専務理事 瀬谷 隆雄さんの人生について伺います。
東京井戸端ユンタク
テーマは、沖縄の泡盛・大和の日本酒

再生

オープニングトーク『来週24日はラジオ・チャリティ・ミュージックソン放送のため、番組はお休みです。』

12月17日放送分

ゲスト
「次郎工業から屋比久さん川武さん」
※紹介した情報は放送日時点のものです。

きしゅへんロックンロール第144回
「スマホの活用方法」
※au沖縄セルラーからのお知らせは放送日時点の情報です。

給食係
「沖縄県内のおいしいお店を紹介」

掲示係
「街で見かけたおもしろ看板や、地域の話題」

再生

沖視協の設立60周年記念式典行われる

方言ニュース 
2017年12月18日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報ニュースです。

沖視協=沖縄県視覚障害者福祉協会は
昨日、設立60周年記念式典を那覇市の
沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハで
開催しました。

式典には県内各地から
視覚障がい当事者やその介助者ら
合わせておよそ300人が出席しました。

沖視協の山田親幸(しんこう)会長は
「沖縄戦の影響などで
先人たちが苦労を重ねてきて今日がある。
60周年を迎えられてうれしい」と
あいさつしました。

式典には現在沖視協がある
松尾の土地を戦前に買い上げ、
そこで盲教育を始めた宮崎県出身(放送では宮城県となっていますが、正しくは【宮崎県】です)の
高橋福治(ふくじ)さんの息子・高橋一郎さんも
参加し
「日本一の視覚障がい者の
福祉団体になってほしい」と激励しました。
再生

宮城弘岩(みやぎひろいわ)さん【株式会社沖縄物産企業連合取締役会長】

沖縄羅針盤
毎週日曜日 午後4時半~5時 放送中
12月17日放送分

今週のコーラルラウンジは、株式会社沖縄物産企業連合取締役会長の宮城弘岩(みやぎひろいわ)さんとラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんのおしゃべりです。

宮城さんは、1940年生まれ。南風原町のご出身です。

早稲田大学を卒業後、台湾へ留学し、国立台湾大学を卒業しました。その後は国際監査法人、ロボットメーカー㈱山崎鉄工所、なとの勤務を経て、1980年に帰郷。沖縄県工業連合会専務理事、㈱沖縄県物産公社専務、沖縄県商工労働部長を経て、2000年に株式会社沖縄物産企業連合を立ち上げ、現在に至ります。

沖縄の物産を全国に展開する基礎を築いたビジネスマンとして広く知られた方で、若手経営者の育成にも尽力されました。物産公社時代には「わしたショップ」を開店させ、成功させたことでも知られています。

宮城さんのことを、沖縄経済界の多くの人が親しみを込めて「弘岩さん」と呼ぶ人が多いのはそのお人柄から。そんな弘岩さんが、現在の沖縄経済をどのように見ているのかを聞いてみたいと思い、コーラルラウンジにお招きしました。今週はその前編です。

※12月24日は「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」放送のため「沖縄羅針盤」の放送はお休みです。ポッドキャストの配信もございません。ご了承ください。

再生

経塚の由来

赤瓦ちょーびんのぐぶりーさびら 
毎週日曜日 午前9時~9時30分 放送中
12月17日放送分
フリーのガイドで
元沖縄観光コンベンションビューローの
歴史文化コーディネーターを務める赤瓦ちょーびんが
独特の語り口で沖縄の歴史、文化、民俗についてご紹介します。
今回は、『経塚の由来』
を、お送りします。

赤瓦ちょーびんホームページ始めました。

https://沖縄歴史観光.com
番組同様、歴史 風俗 イベント等 満載です。
赤瓦ちょーびんの 画像も ありますよ。
ちょーびんへの 質問コーナーも
随時 募集中です。
お待ちしています。
番組へのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで
aka@rokinawa.co.jp
再生

給食に楚辺ポーポーで、子供たち笑顔

2017年12月15日(金)
担当 糸数昌和先生

琉球新報の記事から紹介します。

読谷村楚辺で昔から受け継がれている楚(す)辺(び)ポーポーがこのほど、
読谷村伊良皆の古堅中学校の給食で振る舞われました。
調理の実演や体験も行われ、子どもたちは
「素朴でおいしい」「初めて作った」などと口々に話しながら、
楽しい給食時間を過ごしました。

生徒は普段よりも早く給食を食べ終え、
出来立ての楚辺ポーポーを食べようと長蛇の列ができ、
全員がポーポーをお代わりするなどおいしそうに頬張っていました。

給食時間の校内放送では
「小麦粉やベーキングパウダーを使う。以前はアブシバレーの時期に食べられていた」など、
楚辺ポーポーの作り方や由来も紹介されました。

企画した松田優子栄養教諭らは
「食育の一環として、ただ給食を食べるだけでなく、地域のことを知り、健康を考える機会にしたいと思って企画した。
 楚辺が発祥なのにポーポーを知らない子どもたちも多い。
 郷土料理なので、実践を通して興味を持ってもらえたらうれしい」
と話していました。

初めて楚辺ポーポーを作った女子生徒は
「自分で作ったポーポーは温かくておいしかった。家でも作れるように頑張りたい」と意欲を見せていました。

再生

石垣島製糖、今期の操業開始

2017年12月14日(木)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

石垣市の石垣島製糖はこのほど、
2017年から2018年期、
今期の操業を開始しました。

今期は台風被害が少なかったことなどから
砂糖生産量は前期に比べて23・1%増の
1万779トンを見込んでいます。

生産量が1万トンを超えたのは
2009年から2010年期が最後で、
計画通りなら8年ぶりとなります。

原料生産量の増加が見込まれることから、
砂糖生産はさらにさらに増える可能性があるということです。

収穫面積は、植え付けの1年半後に
収穫する去年の夏植えが増加したことから
前期に比べて30・3%増の
1435ヘクタールとなりました。

それに伴い、原料生産量も19・2%増の
9万1815トンを見込んでいます。

取引糖度平均は14・14度で前期を
0・29度下回る見通しです。

今期の製糖日数は来年4月22日までの140日です。

一方、天候に左右されるハーベスターによる収穫が全体の85%を占め、
収穫増も見込まれることから、製糖終了が延びる可能性もあります。

このほど行われた製糖開始式で松林社長は
「サトウキビの生育を見ると、
収穫が10万トン近くまで行くのではと大いに期待している。
今期は豊作の年であることは間違いない」とあいさつしました。
再生