月別アーカイブ: 2016年4月

安木屋一銀通り店 ②

GoGoダウンタウン 国際通り発
2016年4月26日(火) 放送

今日は安木屋一銀通り店(オフィスプロ 一銀通り店)にお邪魔しています。
サブマネージャー 菅さんにオススメ商品を伺います!

■□■□■□■□■□■□■□

オフィスプロ 一銀通り店
那覇市牧志1-1-14
 電話   098-862-6117
営業時間  10時~19時
定休日   日曜日、祝日
再生

浦添署・崎原署長 音楽で交通事故防止を

2016年4月26日(火)放送分

担当は伊狩典子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

事件事故の防止や被害者支援への訴えを
自作の曲に乗せて発信する歌う署長が
この春、浦添署に赴任しました。
崎原永克さん(55)歳で、
「言葉ではなかなか伝わらないことが、
音楽に乗せるとすっと心に入っていく」
と話しており、
今後も歌でメッセージを届けていく考えです。

崎原さんは、中学からギターをやっていましたが、
事件事故の防止に向けて初めて曲を作ったのは
「全てに衝撃を受けた」という22歳の警察学校時代で、
死亡事故の現場で花を供える女性を目にし、
飲酒運転根絶を訴える
「ガードレールに花添えて」を作りました。

県警広報相談課の初代・被害者支援室長となった時は、
多くの被害者に接し、遺族について曲にした
「ひとりで悲しまないで」をチャリティーコンサートで歌いました。
「ひとりで悩まないでひとりで苦しまないで」
「そっと手を差しのべてあげるから」などの詞に、
遺族の苦しみや「社会全体で被害者を支える」
とのメッセージを込めました。

女性の安全を守るための歌は、これを基にポスターが作られ、
他府県からも利用の希望があるということです。
「音楽で伝えると反応が全然違う」と
話す崎原署長は
「浦添に関する歌も作りたい」と意気込んでいます。
再生

2016年4月25日 第290回目のの放送分です

うちな~噺家、藤木勇人こと志ぃさーが、新メンバー秋田出身で沖縄文化に詳しいフリーのしゃべり手、佐々木仁子をアシスタントとして迎え、沖縄ヤマトグチと秋田ヤマトグチで番組内の各コーナーを軽妙につないでまいります。 そして定期レギュラーとして神奈川・東京WEBマガジン、ハブコネクションの釣本忠勝編集長にも登場していただき、大和での沖縄芸能情報をピンポイントで届けます 。
再生

映画祭

なんと!
しんいちろうが映画監督に・・・!
なので沖縄国際映画祭のお話でもりあがり、時間が足りず、イチローに挑戦はお休みです。
再生

安木屋一銀通り店 ①

GoGoダウンタウン 国際通り発
2016年4月25日(月) 放送

今日は安木屋一銀通り店(オフィスプロ 一銀通り店)にお邪魔しています。
スタッフの山内さんにオススメ商品を伺います!

■□■□■□■□■□■□■□

オフィスプロ 一銀通り店
那覇市牧志1-1-14
 電話   098-862-6117
営業時間  10時~19時
定休日   日曜日、祝日

再生

浦添市宮城 花が美しく彩る沿道を住民が手入れ

方言ニュース  
2016年4月25日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

花でいっぱいの通りにしたいと、
浦添市宮城で自治会を挙げた取り組みが
行われており、
区を走る「宮城大通り」の沿道や
ミニ公園「ポケットパーク」は
今月下旬のいま、住民が手入れした
花が多く咲き、通りを美しく彩っています。

自治会長らが中心となり、
婦人会や老人会などと協力して苗を植え、
世話をしてきたもので、
大通り沿いにあるポケットパークには
「てだこ(太陽の子)」の街にちなみ、
太陽の光をイメージして
花壇を配置しました。

また、うちなーぐちで「ナーグスク」と読む
宮城にちなみ、
七つの光が差しているように
ブロックを置きました。

苗は市から提供されたものだけでなく、 
住民が持ってくるものも多く、
新入学児童の親子が記念撮影したり、
お年寄りが散歩したりする姿がよく見られ、地域の憩いの場になっています。

花を植えるようになって、
虫やカエルもすみ着くようになり、
鳥も多く来るようになったということで、
児童生徒も参加した清掃活動も計画し、
「青少年の健全育成にも
役立てたい」としています。

知名会長は「子どもたちにとって
良い環境にしたい」と始めた取り組みに、
さらに力を入れてきたということで、
「通りいっぱいに花を咲かせていきたい」
と話しています。
再生