月別アーカイブ: 2014年2月

2月23日 放送分     インターナショナル 島んちゅエリート 後編

沖縄羅針盤
毎週日曜日
午後4時半~5時 放送中
2月23日 放送分

インターナショナル
島んちゅエリート 後編

 

inamura-koubou

今週のコーラルラウンジは、
先週に引き続き、
中央大学客員教授の稲村公望(いなむら・こうぼう)さんと
ラウンジ常連客で
沖縄大学地域研究所
特別研究員の島田勝也さんとの
おしゃべりです。

稲村さんは、1948年生まれ。
徳之島の出身。
鹿児島ラサール高校、
東京大学法学部、卒業後、
1972年郵政省入省。
福岡の郵便局長、
郵政局国際課長、
タイの日本大使館
1等書記官等を経て、
1996年~1999年、
沖縄郵政管理事務所長を
務めます。
その後、
総務省大臣官房審議官、
日本郵政公社常務 理事、
を歴任し、今の職に
就かれています。

2012年に『黒潮文明論
ふるさとは心も姿も美しく』
を出版。
稲村さんの言う
“黒潮文明論”
とはいったい何なのか?
先週からの
話の続きをどうぞ!!

再生

第21回「クリエイティブは記憶だ」

放送時間 毎週日曜日 朝10時~10時15分

メディアフラッグ代表の福井康夫が、自身の経験をもとに、
沖縄県内企業の皆様とのお話を通じて、
うちなー企業の魅力・可能性を発見し、
沖縄経済の明るい未来を一緒に考える「うちなー企業応援番組」

ゲスト 株式会社ウェッジ  代表取締役 木村 光希 さん

再生

舜天王

赤瓦ちょーびんのぐぶりーさびら 

毎週日曜日 午前9時〜9時30分 放送中

2月23日放送分

フリーのガイドで
元沖縄観光コンベンションビューローの
歴史文化コーディネーターを務める赤瓦ちょーびんが
独特の語り口で沖縄の歴史、文化、民俗についてご紹介します。

今回は、『舜天王』
を、お送りします。

「沖縄のなーんだ」の、コーナーでは、
『屋良ムルチの話』を、
お送りします。

学問どぅ、やいびーくとぅぐぶりーさびらのコーナーは、
『はぶ避けの呪文』
を、お送りします。

ブログ始めました。
http://chobin.ti-da.net/

財団法人沖縄観光コンベンションビューローの沖縄観光情報WEBサイト
赤瓦ちょーびんと行く 沖縄散歩 
http://www.okinawastory.jp/special/sanpo/index.html
番組同様、歴史 風俗 イベント等 満載です。
赤瓦ちょーびんの 画像も ありますよ。

ちょーびんへの 質問コーナーも
随時 募集中です。
お待ちしています。

番組へのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで
aka@rokinawa.co.jp

再生

いま、注目のクリエイター 前平雄一朗さんの巻 ⑤

GoGoダウンタウン 国際通り発
2014年2月21日(金) 放送

今週は、いま注目の若手クリエイター、前平雄一朗さんにお話を伺っています。

中城城跡で行われた、プロジェクションマッピングの制作に携わった前平さん。
国際通りを見て思うこと、これからの目標をお聞きしました!

再生

北中城村キャラクターお披露目

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

北中城村の魅力を県内外に紹介する
地域活性化キャラクターの披露会が
昨日、村役場で行われ、
北のペーチン、中ゆくりん、城まーいの三体がお披露目されました。

今後、各イベントで村づくりの三本の柱である
健康、平和、観光を呼びかけます。

北のペーチンは
村の冬の風物詩となっているヒマワリを取り入れており、
エイサー、運動が好きで、
村の観光情報を紹介します。

また、平和を呼びかける中ゆくりんは
顔が村の形で、
緑色を用いて特産品のアーサや
自然あふれる様子を表現しています。

そして、一番おっとりしている癒し系の城まーいは
健康情報や村の食材を使った得意の料理で
健康を呼びかけます。

3体は話すことができ、
元気いっぱいに自己紹介し、活躍を誓ったということで、
特別住民票を交付した新垣村長は
「村づくりに大きな役割を果たすことを期待したい」
と述べていました。

再生

沖縄こどもの国のアジアゾウが妊娠

2014年2月20日(木)放送分

担当は伊狩典子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

沖縄市の沖縄こどもの国はこのほど、
アジアゾウの琉花(りゅうか)ちゃん(13)歳が
妊娠したことを発表しました。
お相手は、2007年12月に
インドから一緒に入園した
琉人(りゅうと)君(11)歳です。

2頭は人間でいうと20歳前後で、
琉花ちゃんは2歳年上の
「姉さん女房」になります。
2頭の交尾が初めて確認されたのは
去年5月17日で、それから4日間で7度交尾し、
ことし2月のエコー検査で胎児の姿が
確認されました。

性別は不明で、体重はおよそ4キロ、
猫ぐらいの大きさだということです。
ゾウの妊娠は県内で初めてで、
来年3月ごろ出産する予定ですが、
ゾウの出産は戦後、
国内で10頭しか例がなく、
関係者は県内初の出産に
期待を募らせており、
理事長を務める東門美津子沖縄市長は
「琉人と琉花はとても仲がいい。
 赤ちゃんの誕生が期待できる」
と喜んでいました。

なお、琉花ちゃんの一般公開や
平日夕方の園内散歩、
土曜日と日曜日のふれあいコーナーは
継続して実施ということです。
再生