兼次小学校でヤギを飼育する「ヤギ部」が活動中

2023年12月29日(金)放送分

担当は赤嶺啓子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

今帰仁(なきじん)村立兼(そんりつかね)次(し)小学校(しょうがっこう)で5月から
2匹の親子ヤギの飼育が始まり、
今ではヤギと児童が正門で
朝のあいさつ運動をする姿が    
地域の明るい話題となっています。
親ヤギの名前はキラリで、
その赤ちゃんヤギは児童が
「おもち」と名付けました。
7月に4年生、5年生のヤギ好きの児童が
「ヤギ部」を立ち上げ、
そのメンバーが中心になって世話をし、
ヤギが好きな食べ物を紹介
手書きポスターも掲示しました。

他の児童もヤギの大好物の新鮮な草を
見つけては、手に抱えて登校する
ほほ笑ましい姿も見られます。
また、小屋の前に
地域住民が新鮮な草を置くことも多く、
お礼を言うタイミングがないので
「いつもおいしいエサをありがとうございます」
  などと手書きのポスターも小屋の前に
      掲示しています。
朝の正門では、キラリとおもちが
新鮮な草を食べながら児童を迎えますが、
上間(うえま)久(ひさ)仁(と)校長は「子どもたちも家庭での会話の
きっかけになっている。
ヤギが窓から職員室をのぞく
かわいらしい姿に教諭らも毎日、
癒やされているよ」と話しています。
再生