月別アーカイブ: 2018年7月

県人移民110年記念ソング完成 沖縄ブラジル協会

2018年7月24日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

ブラジルにいるおじいぃ、おばぁたちの喜ぶ顔が見たいと、
沖縄ブラジル協会の西原篤一会長が
県人移民110周年を記念し、
ブラジルと沖縄の友好を歌った新曲を含む
オリジナル島唄の特製CDを完成させました。

来月現地で開催される記念式典へ出席するため、
今月15日からブラジル入りしている西原会長は
10枚を持参し、
ブラジル国内におよそ40カ所ある各県人会などへ寄贈する考えで、
遠く離れた故郷を思う県系人に思いをはせ、
「私の歌で沖縄の風を届け、みんなを笑顔にしたい」
と語りました。

このうち、移民110周年を記念して作詞作曲した新曲は、
三線の音色に合わせた「島人の情け唄」で、
ブラジルに居ながらも故郷沖縄を誇りに思い、
平和を願い続けるウチナーンチュの人情を歌いました。

西原会長は、
県系人がたどってきた長い移民史は
必ずしも幸福なものばかりではなかったと指摘し、
「地球の裏側には故郷を思い続ける人たちがいる。
島唄を通して、離れていても皆『どぅしぐわー』、
心はいつも寄り添っていると伝えたい」と話しました。

再生

2018年7月23日 第407回目の放送分です

7月23日 第407回
うちな~噺家、藤木勇人こと志ぃさーが、秋田出身で沖縄文化に詳しいフリーのしゃべり手、佐々木仁子をアシスタントとして迎え、沖縄ヤマトグチと秋田ヤマトグチで番組内の各コーナーを軽妙につないでまいります。 そして定期レギュラーとして神奈川・東京WEBマガジン、ハブコネクションの釣本忠勝編集長にも登場していただき、大和での沖縄芸能情報をピンポイントで届けます。
オキナワンドリーム
ゲストは、建築家の伊礼 智さんの人生について伺います。
ヤマトde沖縄酒場
「奄美料理 ほこらしゃ」を紹介

再生

フィリピンで戦死した家族を慰霊 墓参団が追悼式

方言ニュース  
2018年7月23日(月)放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

太平洋戦争中にフィリピンで亡くなった家族ら
戦没者を慰霊する墓参団の一行がきのう、
フィリピンのミンダナオ島ダバオ市内にある
旧日本人ミンタル墓地「沖縄の塔」の前で
法要慰霊追悼式を開き、
子や孫の世代も含めた48人が参加して、
戦没者を追悼しました。

このうち、ダバオ出身で、墓参には3回目の参加だという
与那原町の81歳の男性は
戦争で父親を亡くしました。

この男性自身は戦前、
母親ときょうだい5人で沖縄に
引き揚げたため、
戦争中の記憶はありませんが、
母親から父親の思い出を聞き、
父親の写真をいつも眺めてきたということで、
「幼くて父との思い出は残っていないが、
父が生活していた土地を踏みしめて、実感し、
涙が出てきた」と語りました。

墓参団はこの日、タモガン避難地「平和友好記念碑・納骨堂」などでも焼香し、
慰霊した他、夕方には懇親会が開かれ、
現地の日系人会とも交流しました。

墓参団はあさって、
沖縄に帰ってくる予定です。

再生

2018年7月21日放送  ハナとフナ

2018年7月21日(土) 放送分 
第211回

ラジオ沖縄でコッソリ放送中♪
オンエアの一部を抜粋してお届けしま★

~おしながき~
・オープニング
・たまトピ!
・おたよりコーナー
・エンディング

※ゲストコメント、曲は省いておりますm(__)m

★Twitter★
@tama_age
★ブログ★
http://tamaagee.ti-da.net/

再生

伊計島の散歩

赤瓦ちょーびんのぐぶりーさびら 
毎週日曜日 午前9時~9時30分 放送中
7月22日放送分
フリーのガイドで
元沖縄観光コンベンションビューローの
歴史文化コーディネーターを務める赤瓦ちょーびんが
独特の語り口で沖縄の歴史、文化、民俗についてご紹介します。
今回は、『伊計島の散歩』
を、お送りします。

お送りします。
学問どぅ、やいびーくとぅぐぶりーさびらのコーナーは、
『島クサラシ』
を、お送りします。

赤瓦ちょーびんホームページ始めました。

https://沖縄歴史観光.com
番組同様、歴史 風俗 イベント等 満載です。
赤瓦ちょーびんの 画像も ありますよ。
ちょーびんへの 質問コーナーも
随時 募集中です。
お待ちしています。
番組へのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで
aka@rokinawa.co.jp
再生

「 南大東村が葉野菜をコンテナ栽培 」
方言ニュース7月19日(木)放送分。
今日の担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

南大東村は今年度からコンテナで葉野菜の水耕栽培を始めました。
村旧東に設置したコンテナは2棟をつないでおり、
面積はおよそ70平方メートルあります。
無農薬で栽培でき、年間を通した生産計画が可能で、
現在はリーフレタスや水菜、小松菜、チンゲンサイの4種を栽培しています。
月曜日から土曜日までの週6日間、1日におよそ200株を出荷し、
年間およそ7トンの出荷を見込んでおり、村内5店舗で
1袋税込み180円で販売するほか、ホテルや飲食店でも使用されています。
村では夏場、日照りなどで葉野菜の栽培が難しく、
台風の影響でフェリーが数週間入港できないこともあり、
村産業課の川満課長は
「野菜をいつも安定的に供給し、給食でも島内産の安心・安全を提供したい」と話しました。
村民アンケートで要望を聞き、将来的にはコンテナを増設したい考えです。
村内でおよそ70年にわたり営業する商店の女性店長は、
台風の影響でレタスを1個700円で販売したこともあるということで、
「水耕栽培の葉野菜は台風に関係なくほぼ毎日入荷するので、
みんなとても喜んでいる。採れたてでみずみずしく、とてもおいしい。
サラダのバリエーションが増えた」と歓迎しました。

再生

2018年7月18日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

大阪北部地震で小学校のブロック塀の
下敷きになって児童が死亡したことを受け、
県教育委員会が県内の公立幼小中学校、
県立高校、特別支援学校を対象に
ブロック塀の劣化などを調査しました。

その結果、438校で合わせて
2144カ所のブロック塀があり、
そのうち300校917カ所で
建築基準法に定められている塀の高さの超過、
控え壁の補強の欠如などが確認されました。

また、建築基準法に適合・不適合にかかわらず行われた、
ひび割れやぐらつき、傾きなどの劣化調査では、
322校で確認されました。

一方、今回実施されたのは目視調査のみで、
構造計算などはなされておらず、
安全基準を満たしているかどうかの
判断ではないということです。

県教委員会は今後の対応について、
「安全性に疑いのあるブロック塀について、
県立学校は撤去や補強など、速やかな対応をする。
各市町村教育委員会に対しても
児童生徒の安全確保や地域に対する
注意喚起を依頼している」と話しました。

さらに、平敷県教育長は
「安全性に疑いのあるブロック塀の
対応について引き続き市町村と
連携して取り組む」とコメントしました。
再生

うるま市の闘牛 県内初の文化財指定

2018年7月17日(火)

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

うるま市教育委員会はこのほど、「うるま市の闘牛」を
市の無形民俗文化財に指定することを決定しました。
闘牛が文化財に指定されるのは県内では初めてで、
闘牛関係者からは
「長年、文化財に指定されることを望んでいたのでうれしい。
感無量だ」と喜びの声が上がりました。

うるま市闘牛組合連合会は去年の夏、
市無形民俗文化財指定に向け
教育委員会に申請書を提出し、
市文化財保護審議会は歴史の深さや
地域を代表する文化として
広く市民に親しまれている点が評価できると
教育委員会に答申していました。

県外では愛媛県の宇和島や島根県の
隠岐などで文化財指定がされていますが、
県内での文化財指定は例がなかったということで、
うるま市闘牛組合連合会の大城会長は
「先人たちが築いてきた闘牛文化は
観光や若手の育成に大きな励みになる」
と声を弾ませました。

また、県闘牛組合連合会の幸地会長は
「県内18ある闘牛組合の関係自治体でも
文化財に指定してほしい。
今後、県の文化財指定に向けて働き掛けていきたい」と語り、
全県的な動きにつながってほしいと期待しました。
再生