月別アーカイブ: 2015年10月

奥武島の観音堂400年祭り開催へ、地元に熱気

2015年10月28日(水)放送分
担当は上地和夫さんです。

琉球新報ニュースです。

南城市玉城奥武区の奥武観音堂前広場で来月1日、
奥武観音堂400年祭が開かれます。

400年ほど前、奥武島に漂着した中国船を島民が救助し、
その返礼に中国から贈られた黄金の観音像を祀ったのが観音堂の由来で、
祭りは5年に1度行われ、
島の守り神である観音堂に感謝をささげます。

18日には広場でリハーサルが行われ、
観音堂に奉納する棒術、臼太鼓を区民らが演舞し、
練習に熱がこもりました。

女性たちが踊る臼太鼓は観音堂祭のほか、
毎年十五夜に踊られ、
太鼓を打つ6人の音頭が7つの節を歌い、
女性たちは輪を描きながら貫花、四つ竹、
伊集の花を持って厳かに踊ります。

音頭を務めておよそ20年の嶺井美香子さん(48歳)は
「奥武島でも伝統の継承は課題だ。
臼太鼓をなくさずに受け継いでいきたい」と力を込め、
数え51歳まで参加できる音頭を終えた
「音頭アガイ」の中本節子(79歳)も練習を見守り、
「よそから嫁に来た女性たちも頑張ってくれている。
とてもありがたい」と目を細めました。

一方、棒術は奥武島棒術保存会の男性たちが演舞し、
津堅島から伝わり奥武島で発展した棒や櫂のほか、
もりを使った奥武島独特の演舞もあるということです。
再生

たらいまわし

芸能ゴシップからB級ニュースまで、独自にピックアップしたネタをもとに、個人的な見解をおしゃべりする井戸端会議的なぶっちゃけ番組。

パーソナリティー
SUSU、前堂ニイナ、小橋川結子アナウンサー

・何回目で体を許すか
・女性の三大欲求
・「あの人は今」状態の芸能人
・ロンドンにあった衝撃の看板

オープニングのセクシーな一言大募集中!
susu@rokinawa.co.jp

再生

伊江島特集2

赤瓦ちょーびんのぐぶりーさびら 

毎週日曜日 午前9時〜9時30分 放送中

10月25日放送分

フリーのガイドで
元沖縄観光コンベンションビューローの
歴史文化コーディネーターを務める赤瓦ちょーびんが
独特の語り口で沖縄の歴史、文化、民俗についてご紹介します。

今回は、『伊江島特集2』
を、お送りします。

ブログ始めました。
http://chobin.ti-da.net/

財団法人沖縄観光コンベンションビューローの沖縄観光情報WEBサイト
赤瓦ちょーびんと行く 沖縄散歩 
http://www.okinawastory.jp/special/sanpo/index.html
番組同様、歴史 風俗 イベント等 満載です。
赤瓦ちょーびんの 画像も ありますよ。

ちょーびんへの 質問コーナーも
随時 募集中です。
お待ちしています。

番組へのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで
aka@rokinawa.co.jp

再生

飲酒運転根絶めざし にこりんちゃんの旅がスタート!

2015年10月27日(火)放送分
担当は伊狩典子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

宜野座村商工会女性部は、
飲酒運転根絶への願いが込められたキャラクター
「幸せの赤い鼻にこりんちゃん」の人形が
県内各地を旅する取り組みを始めました。
にこりんちゃんは県警本部から旅をスタートし、
人から人へと手渡されながら
飲酒運転根絶の意識をリレーしていきます。

女性部部長の眞栄田絵麻(まえだ・えま)さんは
小学6年生の時に飲酒運転による事故で
母親を亡くしたということで、
いつもつらく暗い表情だった眞栄田さんに
担任の先生が掛けた
「つらい時こそ笑いなさい」という言葉を励みにした日々の中、
眞栄田さんの心にいたのが
にこにこ笑う「にこりんちゃん」でした。

そんな、にこりんちゃんが背負う小さなリュックサックには、
飲酒運転根絶へのメッセージを書き連ねる「メッセージ布」が入っている他、
飲酒運転の被害者である眞栄田さんと、
かつて飲酒運転で死亡事故を起こした
宮城貴子さんの思いをつづった冊子も入っており、
飲酒運転への考えを深められます。
旅の期間は無期限ですが、
半年に1回はメッセージ布の交換などのため
村商工会女性部に戻してもらう仕組みです。

再生

2015年10月26日 第264回目の放送分です

うちな~噺家、藤木勇人こと志ぃさーが、新メンバー秋田出身で沖縄文化に詳しいフリーのしゃべり手、佐々木仁子をアシスタントとして迎え、沖縄ヤマトグチと秋田ヤマトグチで番組内の各コーナーを軽妙につないでまいります。 そして定期レギュラーとして神奈川・東京WEBマガジン、ハブコネクションの釣本忠勝編集長にも登場していただき、大和での沖縄芸能情報をピンポイントで届けます
再生