月別アーカイブ: 2015年2月

第74回「沖縄の〇〇は東京都の倍以上」

放送時間 毎週日曜日 朝10時~10時15分

メディアフラッグ代表の福井康夫が、自身の経験をもとに、
沖縄県内企業の皆様とのお話を通じて、
うちなー企業の魅力・可能性を発見し、
沖縄経済の明るい未来を一緒に考える「うちなー企業応援番組」

ゲスト 一般財団法人 沖縄観光コンベンションビューロー 会長 上原 良幸 さん 

再生

旧正月、海人の町糸満で大漁旗

方言ニュース2015年2月20日放送分

担当は糸数昌和さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

旧暦の元日にあたる昨日、
海人の町、糸満市の糸満漁港では、
漁船が大漁祈願と航海安全を願う大漁旗を掲げ、
華やかな雰囲気に包まれていました。

また、糸満市糸満の白銀堂には、
祈願用の木箱「ビンシー」を抱えた参拝者が朝早くから足を運び、
手を合わせて1年の健康と幸せを祈願しました。

糸満漁港で漁船に大漁旗を取り付けていた漁師の
金城薫(きんじょう・かおる)さん54歳は、
「大漁の年になることを願い、
 新たな気持ちで旗を揚げている。
 去年よりもさらに飛躍の年にしたい」
と語り、

旧正には欠かさず白銀堂に参拝に訪れるという
上原正子(うえはら・まさこ)さん73歳は
「今年も家族善意が健康に過ごせるようにと願って手を合わせた。
 年の初めに参拝に来ると気持ちがいい。
 きっといい年になる。」
と笑顔で話していました。

再生

沖縄全戦没者追悼式で朗読された詩が英訳される

方言ニュース 

2月19日 放送分
今日の担当は伊狩典子さんです。

沖縄全戦没者追悼式で朗読された詩が英訳される

琉球新報の記事から紹介します

去年6月の沖縄全戦没者追悼式で朗読された詩「空はつながっている」を
世界中の人に知ってもらおうと、イギリス・ケンブリッジの
嘉悦(かえつ)ケンブリッジ教育文化センターで日本文化を学ぶ子どもたちが
このほど、英訳しました。

詩は、石垣市真喜良(まきら)小学校3年の増田健琉(たける)君が書いたもので、
子どもたちに日本語を教えているセンターのロバーツ平浩子さん(49歳)が
子どもたちに英訳を呼びかけ、母親が日本人で父親がイギリス人の子や、
両親が日本人でイギリスで生まれ育った子、
幼いころに日本からイギリスに移り住んだ子どもら6人が英訳しました。

ロバーツ平さんは「沖縄にはここまで平和を考えている子どもがいるのかと驚いた。
どうしたら戦争がなくなるのかを必死で考えている様子に涙が出た。」ということで、
英訳された詩は、「とても美しい詩だ」と共感を呼び、フランス語、ドイツ語、
スペイン語、中国語、韓国語にも翻訳されました。

翻訳した16歳の女子生徒は「素直で真っすぐな気持ちが伝わってきた。
一人一人が同じように思えたら、きっと世界は変わるだろう」と話しています。

再生