ニュースの枝葉~若者の選挙参加について

今年、2016年は選挙イヤー。
6月には県議会議員選挙の投開票が行われる予定で、
7月には国の有り方を決める国政選挙の告示もあり
参院選にあわせて衆議院の解散、衆参同日選挙があるのかが注目されています。

また、今年6月19日から「改正公職選挙法」の施行で、選挙権が18歳に引き下げられることから若者の政治へのかかわりに期待が寄せられています。

こうした中、今度の土曜日に
若者の政治参加を目的にした「那覇市みらい会議~
若者の政治参加がまちを変える」が
那覇市旭町の沖縄県市町村自治会館で開かれます。

これは、那覇青年会議所が主催し、那覇市と県教育委員会が後援しているもので、
当日は那覇市内の学校に通う高校生がこれまでのディスカッションでまとめた内容をもとに、那覇市の城間幹子市長に政策を提言します。

詳しい内容について、
一般社団法人 那覇青年会議所 の末広尚希理事長にうかがいました。

再生