今年の子どもの名前調査結果発表!

2023年11月6日(月)放送分

担当は上地和夫さんです。

ベネッセは1日、今年1月から9月に生まれた
赤ちゃんの名前の調査結果を発表しました。最多の1位は、男の子が去年5位の蓮(れん)、
女の子が8年連続で陽葵(ひまり)でした。
2位と3位は男の子が碧(あお)、陽翔(はると)、
女の子が凛(りん)、翠(すい)となりました。
名前の読みはいずれも主な読み方です。
男の子のトップ10では4位に湊(みなと)、
5位に蒼(あおい)が入るなど、
7つが漢字1文字でした。
女の子のトップ10でも4位が紬(つむぎ)、
8位が葵(あおい)で、
4つが1文字の名前となりました。
ベネッセは1文字人気について、「太」「子」など
性別を連想させる漢字を使わず
ジェンダーレスな名前を選ぶ親が増えたと
分析しています。
画数や漢字の持つ意味より、
読みや音の響きを重視する傾向もあるとみています。
ベネッセはランキングの発表を始めた
2005年から19年分の集計結果も発表し、
男の子の1位から3位は連、
大翔(ひろと)、悠真(ゆうま)で、
女の子は陽菜(ひな)、葵、凜でした。
再生