年男の牛主ら生年祝い闘牛大会

 方言ニュース    
2021年1月5日 火曜日
きょうの担当は宮城葉子さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

2021年は丑年。年男となる1973年、昭和48年生まれの牛主ら15人がこのほど、
丑年を迎えるのを前に、うるま市の石川多目的ドームで一堂に会し、来月28日に、石川多目的ドームで開催される「昭和48年生 生年祝い大闘牛大会」を告知しました。
ドームには出場予定の闘牛のイーグル王も連れて来られ、
主催者の1人で、うるま市の登川潤さんは
「新型コロナウイルスに負けないようみんなに希望を与えられる大会にしたい」と意気込みを語りました。
大会は来月28日午後1時試合開始で、10試合を予定しています。
出場する牛はまだ確定していません。

来月初旬から前売り券を
およそ1400枚販売しますが、新型コロナ感染対策のため、ドーム収容人数よりも観客数を制限します。
チケット代は男性が3千円、
女性は2千円、中高生は千円、小学生以下は無料となっています。
登川さんは「丑年生まれのみんなで1年を盛り上げていこうと企画した。沖縄にとって良い1年となることを願っている」と話しました。
        

再生