伊藤拓馬先生「地学から過去、現在、近未来の気候変動を考える」(前篇)

「万国津梁」とは、「世界の架け橋」を意味する言葉。
沖縄国際大学で日々どのような研究や教育が行われているのかを発信していく番組です。
11月25日の放送は、経済学部 地域環境政策学科の伊藤 拓馬先生を迎えてお送りしました。
講義タイトルは「地学から過去、現在、近未来の気候変動を考える」(前篇)です。
再生